PixelやNexusのOSをダウングレードする方法! Googleファクトリーイメージでソフトウェアバージョンを下げよう

スポンサーリンク
Android

この記事では、PixelシリーズでAndroid OSをダウングレードする方法を解説します。

同じGoogleデバイスである、Nexusシリーズにも当てはまる内容ですので、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PixelでAndroid OSをバージョンダウンする方法

本パートでは、具体的にOSをダウングレードする手順を解説します。

Pixel/Nexusシリーズは、GoogleがファクトリーイメージFactory Image)を公開しているため、過去のイメージファイルから好きなOSバージョンへ戻せる可能性があります。

【ファクトリーイメージとは?】– Googleデバイスで提供される、工場出荷状態のイメージファイルのこと。これを用いることで過去のOSバージョン戻すことができる。

次の流れで説明します。

説明の流れ
  • 手順①
    パソコンのadb環境を用意する
  • 手順②
    ブートローダーをアンロックする
  • 手順③
    ファクトリーイメージを読み込む
  • 参考
    flash-all.batの実行に失敗する原因
Pixel 3a XLをAndroid 11からAndroid 9へダウングレードするケースを例に説明します。

なおファクトリーイメージを読み込むと、Androidが強制的に初期化されます。

大切なデータがあれば、事前のバックアップを忘れずに。

手順①:パソコンのadb環境を用意する

次の3つを用意します。

  • パソコンのadb環境を用意する
  • USBケーブルを用意する
  • USBデバッグとOEMロック解除を有効にする

パソコンのadb環境を用意する

お使いのパソコンでadbコマンドを使用できる環境を用意して下さい。

Windows・Macそれぞれにおける手順は関連記事で解説しています。

Windowsでadbコマンドを使う方法! Android SDKを入れてパソコンのコマンドプロンプトから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...
Macでadbコマンドを使う方法! Android Studioを入れてmacOSのターミナルから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...

USBケーブルを用意する

パソコンとAndroidを接続するケーブルも必要です。

AndroidのUSB端子の形状(micro USB / Type C)に合わせ用意しましょう。

USBデバッグとOEMロック解除を有効にする

Android設定アプリのアイコン設定の システム から 開発者向けオプション を開きます。

開発者向けオプションを開く手順

開発者向けオプションの一覧より、USBデバッグOEMロック解除、それぞれを有効にして下さい。

▼USBデバッグ

開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にする手順

▼OEMロック解除

開発者向けオプションでOEMロック解除する手順

手順②:ブートローダーをアンロックする

ブートローダーBootloader)とは、Androidの起動直後にOSを読み込んで、最初に実行するプログラムのことです。

OSを差し替えてもブートローダーでガード可能なため、セキュリティ上、通常はロックがかかっています。

が、機種によっては、このロックを解除(=Bootloader Unlock)する方法が用意されており、ファクトリーイメージの読み込みが可能となります。

まずAndroidでブートローダーを起動するため、次のadbコマンドを実行します。

adb reboot bootloader

Androidでブートローダーを起動する手順1

続いて次のfastbootコマンドで、ブートローダーを解除します。

ブートローダーを解除するとAndroidは強制的に初期化されます。
fastboot flashing unlock

fastbootコマンドでブートローダーを解除する手順1

うまくコマンドが通ると、Bootloader Unlockに関する画面が表示されます。

音量上げ・下げ キーでメニューを「Unlock the bootloader」に切り替え、電源 キーで決定します。

fastbootコマンドでブートローダーを解除する手順2

「Unlock the bootloader」メニューが出るまで、音量キーを押下する。

これでブートローダーをアンロックできました。

そのまま 電源 キーを押して、Androidを再起動して下さい。

手順③:ファクトリーイメージを読み込む

まずGoogleのデベロッパー向けサイトからファクトリーイメージをダウンロードします。

端末ごと歴代のAndroid OSバージョンが公開されているため、ダウングレードしたい希望バージョンを見つけて下さい。

Pixelのファクトリーイメージをダウンロードする手順1

Pixel 3a XLのAndroid OS 9のイメージをダウンロードする例。

あくまでファクトリーイメージが用意されるOSバージョンへのみ変更可能です。例えば、Pixel 3a XLでAndroid 8以前のバージョンは存在しないため、ダウングレードできません。

ダウンロードしたファイルを展開しましょう。

Pixelのファクトリーイメージをダウンロードする手順2

次にAndroidでブートローダーを起動します。

パソコンとUSB接続の上、次のadbコマンドを実行します。

adb reboot bootloader

Androidでブートローダーを起動する手順1

または端末の電源をオフにして、画面が変わるまで 電源 キーと 音量下げ キーを同時に長押しでもOK。

Androidでブートローダーを起動する手順2

Pixel 3a XLの例。

端末が再起動され、通常とは異なるfastbootモードの画面が表示されます。

Androidでブートローダーを起動する手順3

以降の流れはWindowsとMacで異なるため、それぞれ解説します。

もし両方のパソコンをお持ちの場合、Windowsの方が操作がカンタンかつ速いためオススメです。

Windowsの手順

Macの手順は、コチラをタップしてジャンプ。

ブートローダーを起動したAndroidとパソコンを接続します。

その後、展開したフォルダに含まれるファイル「flash-all.bat」をダブルクリックで起動します。

WindowsでPixelをダウングレードする手順1

展開したフォルダは「C:\」直下など、「Android SDKプラットフォームツール」を保存したディレクトリのパスに合わせて下さい。

コマンドプロンプトのアイコンコマンドプロンプトが自動起動し、ファクトリーイメージの読み込みが進みます。

しばらく時間がかかるため、待ちましょう。

ボクの環境では、Windowsで実行した場合、完了まで2-3分ほどかかりました。

最後に次のメッセージが表示されれば完了です。

Finished. Total time: ●●s

WindowsでPixelをダウングレードする手順2

Macの手順

Windowsの手順は、コチラをタップしてジャンプ。

ブートローダーを起動したAndroidとパソコンを接続します。

その後にcdコマンドを使って、カレントディレクトリをダウンロードしたファクトリーイメージのフォルダへ変更します。

まず下記コマンドを入力し、後ろに半角スペースを空けます。

cd

MacでPixelをダウングレードする手順1

続けてダウンロードしたファクトリーイメージのフォルダをドラッグ&ドロップし、 enter で実行します。

MacでPixelをダウングレードする手順2

これでカレントディレクトリが変更されます。

試しに下記コマンドを実行して下さい。

ls
ファクトリーイメージのフォルダに含まれるファイルが表示されるはずです。

MacでPixelをダウングレードする手順3

最後に下記コマンドで「flash-all.sh」ファイルを実行します。

sh flash-all.sh

MacでPixelをダウングレードする手順4

ファクトリーイメージの読み込みが進みます。

しばらく時間がかかるため、待ちましょう。

ボクの環境では、Macで実行した場合、完了まで3分ほどかかりました。

最後に次のメッセージが表示されれば完了です。

finished. total time: ●●s

MacでPixelをダウングレードする手順5

以降の流れは、Windows・Macで共通です。

ファクトリーイメージの読み込みに成功すると、Android側で自動的に再起動・初期化が進みます。

OSダウングレード後に端末が初期化される説明

最初の初期設定画面が表示される。

Android設定アプリのアイコン設定からAndroid OSバージョンを確認し、ダウングレードできていれば成功です!

Android 11から9へダウングレードに成功した例

Android 11→9へダウングレードした例。

参考:ファイルflash-all.batの実行に失敗する原因と解決策

ファイル「flash-all.bat」を実行してもうまくいかない場合、よくあるミスとその対処法を解説します。

エラーメッセージ原因
waiting for any deviceAndroidのブートローダーが起動していない
パスはサポートされませんファクトリーイメージの保存場所に問題あり
Checking product FAILEDファクトリーイメージが端末に対応していない
Windowsの手順を例に紹介します。

エラー例①:waiting for any device

コマンドプロンプトのアイコンコマンドプロンプトで次のメッセージが表示された場合、

< waiting for any device >

コマンドプロンプトのエラー「waiting for any device」

Androidのブートローダーが起動されているか確認して下さい。

エラー例②:パスはサポートされません

コマンドプロンプトのアイコンコマンドプロンプトで次のメッセージが表示された場合、

パスはサポートされません

コマンドプロンプトのエラー「パスはサポートされません」

ダウンロードしたファクトリーイメージが保存されるパスを確認して下さい。

例えば、adbコマンドのパスを通した「Android SDKプラットフォームツール」を保存したディレクトリが「C:\」直下の場合、ファクトリーイメージも「C:\」直下に保存する必要があります。

もし「Desktop」や「Documents」に保存されたままファイル「flash-all.bat」を実行すると、このようなエラーが表示されます。

エラー例③:Checking product FAILED

コマンドプロンプトで次のメッセージが表示された場合、

Checking product FAILED

コマンドプロンプトのエラー「Checking product FAILED」

ダウンロードしたファクトリーイメージが端末に対応していない可能性があります。

例えばPixelのファクトリーイメージ「sailfish」をNexus 6Pに読み込もうとしても、正しいファクトリーイメージは「angler」となるため、このようなエラーが表示されます。

改めてGoogleのデベロッパー向けサイトから、対応するファクトリーイメージをダウンロードして下さい。

 

補足:スマホのOSダウングレードに関するアレコレ

本パートでは、Android OSバージョンダウンに関連する細かい情報を補足します。

興味があればどうぞ。

説明の流れ
  • 補足①
    元のAndroid OSバージョンに戻す方法
  • 補足②
    ブートローダーを再ロック&OEMロック解除をオフにする方法
  • 補足③
    Androidアプリのバージョンをダウングレードする方法

元のAndroid OSバージョンに戻す方法

ダウングレード後に元のAndroid OSバージョンへ戻したい場合、2つ方法があります。

方法メリットデメリット
①:通常のOTA
アップデートを実行する
  • 操作がカンタン
  • 任意のバージョンを選べない
②:最新のファクトリー
イメージを読み込む
  • 好きなバージョンを選べる
  • PCからの操作が必要
  • Androidが初期化する
最新バージョンへ戻したい場合は、操作もカンタンな①をどうぞ。一方、指定バージョンへ切り替えたい場合、②を検討下さい。

1. 通常のOTAアップデートを実行する

Android設定アプリのアイコン設定より システムアップデート を実行すれば、Android OSをバージョンアップ可能です。

Androidで通常のOTAアップデートをする手順

配信される最新OSへバージョンアップしたいなら、こちらの方法がオススメです。

アップデート手順の詳細は、関連記事【AndroidのOSバージョンを調べアップデートする方法! 最新機能へソフトウェアを上げよう】で解説しています。

AndroidのOSバージョンを調べアップデートする方法! 最新機能へソフトウェアを上げよう
この記事では、Android OSバージョンの確認とアップデート方法を解説します。バージョンアップのメリット/デメリットや、アップデートできない主な原因も説明しています。

2. 最新のファクトリーイメージを読み込む

ダウングレード時と同じ流れで、Googleのデベロッパー向けサイトからファクトリーイメージを見つけ、読み込むことでAndroid OSバージョンが元通りになります。

ファクトリーイメージを読み込んでOSをアップデートする手順

マイナーバージョン単位で細かく調整したいなら、こちらの方法がオススメです。

ただしパソコンのadb環境を用意する必要があり、作業は面倒です。

また(ダウングレード時と同じく)ファクトリーイメージを読み込むことで、Androidのデータは初期化されます。

ブートローダーを再ロック&OEMロック解除をオフにする方法

OSダウングレードの過程で、OEMロックを解除しています。

が、「端末保護機能が使えなくなる」等のセキュリティリスクがあるため、ダウングレード作業が終了したら元の状態に戻すのが理想です。

【端末保護機能とは?】 – Android 5.1から「紛失・盗難」対策として導入されたセキュリティ機能。Googleアカウントにログイン済みの状態でAndroidを強制初期化すると、端末にロックがかかる。

具体的には、次の流れで作業します。

  1. ブートローダーを再ロックする
  2. OEMロック解除をオフにする
ブートローダーがアンロックされた状態では、OEMロック解除をオフに切り替えできないため、上記手順が必要です。

1. ブートローダーを再ロックする

まずAndroidでブートローダーを起動するため、次のadbコマンドを実行します。

adb reboot bootloader

Androidのブートローダーを起動する手順

続いて次のfastbootコマンドで、ブートローダーを解除します。

解除時と同様に、ブートローダーを再ロックする際もAndroidは強制的に初期化されます。
fastboot flashing lock

fastbootコマンドでブートローダーを再ロックする手順1

うまくコマンドが通ると、Bootloader lockに関する画面が表示されます。

音量上げ・下げ キーでメニューを「Lock the bootloader」に切り替え、電源 キーで決定します。

fastbootコマンドでブートローダーを再ロックする手順3

「Lock the bootloader」メニューが出るまで、音量キーを押下する。

これでブートローダーを再ロックできました。

そのまま 電源 キーを押して、Androidを再起動して下さい。

2. OEMロック解除をオフにする

Android設定アプリのアイコン設定の システム から 開発者向けオプション を開き、

開発者向けオプションを開く手順

OEMロック解除をオフに切り替えればOKです。

ブートローダーを再ロックしてOEMロック解除をオフにする手順

もし次のメッセージが表示される場合、ブートローダーがアンロックされているので、先に再ロックが必要です。

ブートローダーは既にロック解除されています
OEMロック解除できないケースの説明

開発者向けオプションを開いても、OEMロック解除がグレーアウトされて選択できない。

以上、説明でした。

OSダウングレードに成功しているなら、決して難しい操作ではないでしょう。

セキュリティリスクを考慮すると、元の状態に戻しておくことをオススメします。

Androidアプリのバージョンをダウングレードする方法

Androidアプリの最新バージョンはPlayストアアプリのアイコンPlayストアで入手できますが、過去のバージョンは配布されません。

従って、古いバージョンのapkファイルを自分で用意・インストールすることで、アプリのダウングレードを実現できます。

【apkファイルとは?】 – Android向けアプリを構成するパッケージのこと。ファイル拡張子は .apk

apkファイルを用意する方法は、主に3パターンあります。いずれも基本的にパソコン不要です。

方法メリットデメリット
①:Android端末内から
apkを抽出する
  • どのアプリでも使える
  • 好きなバージョンに戻せる
  • ウイルス感染等の
    リスクが低い
  • 日頃からapkファイルの
    バックアップが必要
②:ネットから古いバージョン
のapkを入手する
  • どのアプリでも使える
  • 好きなバージョンに戻せる
  • 必要なときにapkを
    入手すればOK
  • ウイルス感染等の
    リスクあり
③:OSにプリインストール
されるapkを使う
  • apkファイルの準備は不要
  • ウイルス感染等の
    リスクが低い
  • プリインストールアプリ
    しか使えない
  • 戻せるバージョンを選べない

いずれの方法も共通して、バージョンダウンに伴い既存アプリが初期化されます。

が、さらに別の方法を使えば、データを保持したままダウングレードを実現することも可能です。

説明が長くなるため、詳細は関連記事【Androidアプリをダウングレードする方法! apkファイルをダウンロードして元の旧バージョンへ戻そう】で解説しています。

Androidアプリをダウングレードする方法! apkファイルをダウンロードして元の旧バージョンへ戻そう
この記事では、Androidアプリのバージョンダウン手順をまとめています。apkファイルを用意できればダウングレードは簡単です。もしアプリデータを保持したい場合、adb環境またはroot環境が必要です。

 

〆:好きなOSバージョンへダウングレードしよう!

以上、PixelやNexusのOSをダウングレードする方法! Googleファクトリーイメージでソフトウェアバージョンを下げよう の説明でした。

OSアップデートで後悔しても、Googleデバイス(Pixel/Nexusシリーズ)なら元に戻すことが可能です。

該当機種をお使いであれば、ぜひご参考あれ。

参考 Android Developers – すべてのAndroidリリース

参考 Androidヘルプ – Androidのバージョンを確認して更新する

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. hana より:

    Snapshot cancel FAILED (remote: ‘unknown command’)
    fastboot: error: Command failed
    Press any key to exit…

    と出てしまい、終われません。対処法有れば教えてください。

タイトルとURLをコピーしました