Pixelでブートローダーをアンロックする方法! AndroidでOEMロック解除してBootloader Unlockしよう

スポンサーリンク
root

この記事では、Androidでブートローダーをアンロックする方法を説明します。

具体的にはPixel 3a XLを例に、ブートローダーの基本から細かい作業手順まで解説しているので、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホでBootloader Unlockするやり方

本パートでは、具体的にブートローダーを解除する手順を解説します。

最初にブートローダーの基本情報も説明しているので、合わせてどうぞ

説明の流れ
  • 前提
    ブートローダーを解除するとは? -メリット/デメリット-
  • 説明①
    Pixelでブートローダーをアンロックする方法
  • 説明②
    ブートローダーを再度ロックする方法

前提:ブートローダーを解除するとは? -メリット/デメリット-

ブートローダーBootloader)とは、Androidの起動直後にOSを読み込んで、最初に実行するプログラムのことです。

OSを差し替えてもブートローダーでガード可能なため、セキュリティ上、通常はロックがかかっています。

が、機種によっては、このロックを解除(=Bootloader Unlock)する方法が用意されており、ほんらいは許可されないカスタマイズが可能となります。

▼Bootloader Unlockの特徴

メリットデメリット
  • 強制的に初期化される
  • メーカー保証の対象外となる
  • 端末保護機能が使えなくなる
  • 一部アプリが使えなくなる
ブートローダー解除で強制的に初期化される説明

デメリットの一例。強制的に初期化となる。

日本国内のキャリアから販売される機種は、そもそもブートローダーのアンロックができないケースが多いですが、Pixelシリーズなど海外製SIMフリー端末では対応しています。

▼Bootloader Unlockの対応機種(例)

機種対応状況
Pixelシリーズ
※公式より提供あり(申請不要)
Xperiaシリーズ
※海外版のみ公式より提供あり(申請要)
※国内キャリア版は不可
Huaweiシリーズ
※2018年から公式の提供停止
Xiaomiシリーズ
公式より提供あり(申請要)

本記事では、Pixel 3a XLを例にブートローダーをアンロックする手順を紹介します。

作業中に予期せぬエラーが発生し、最悪の場合Androidが動かなくなる恐れもあります。くれぐれも自己責任でお試し下さい。

Pixelでブートローダーをアンロックする方法

次の3ステップで作業します。

  1. パソコンのadb環境を用意する
  2. AndroidのUSBデバッグ・OEMロック解除をオンにする
  3. fastbootコマンドでブートローダーをアンロックする
Pixel 3a XL(Android 11)の画面を例に説明します。

なおブートローダーをアンロックすると、セキュリティ上のリスクが増すことから、個人情報を守る観点で、Androidが強制的に初期化されます。

大切なデータがあれば、事前のバックアップを忘れずに。

1. パソコンのadb環境を用意する

お使いのパソコンでadbコマンドを使用できる環境を用意して下さい。

Windows・Macそれぞれにおける手順は関連記事で解説しています。

Windowsでadbコマンドを使う方法! Android SDKを入れてパソコンのコマンドプロンプトから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...
Macでadbコマンドを使う方法! Android Studioを入れてmacOSのターミナルから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...

またパソコンとAndroidを接続するケーブルも必要です。

AndroidのUSB端子の形状(micro USB / Type C)に合わせ用意しましょう。

2. AndroidのUSBデバッグ・OEMロック解除をオンにする

Android設定アプリのアイコン設定の システム から 開発者向けオプション を開きます。

開発者向けオプションを開く手順

開発者向けオプションの一覧より、USBデバッグOEMロック解除、それぞれを有効にして下さい。

▼USBデバッグ

開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にする手順

▼OEMロック解除

開発者向けオプションでOEMロック解除する手順

3. fastbootコマンドでブートローダーをアンロックする

まずAndroidでブートローダーを起動します。

パソコンとUSB接続の上、次のadbコマンドを実行します。

adb reboot bootloader

Androidでブートローダーを起動する手順1

または端末の電源をオフにして、画面が変わるまで 電源 キーと 音量下げ キーを同時に長押しでもOK。

Androidでブートローダーを起動する手順2

Pixel 3a XLの例。

端末が再起動され、通常とは異なるfastbootモードの画面が表示されます。

Androidでブートローダーを起動する手順3

次のfastbootコマンドで、ブートローダーを解除します。

繰り返しになりますが、ブートローダーを解除するとAndroidは強制的に初期化されます。
fastboot flashing unlock

fastbootコマンドでブートローダーを解除する手順1

なお古いデバイス(2014年以前)の場合、代わりに次のコマンド入力が必要です。

fastboot oem unlock

うまくコマンドが通ると、Bootloader Unlockに関する画面が表示されます。

ブートローダーをアンロックするメリットやデメリット、および端末が初期化される説明が記載されます。

fastbootコマンドでブートローダーを解除する手順2

音量上げ・下げ キーでメニューを「Unlock the bootloader」に切り替え、電源 キーで決定します。

fastbootコマンドでブートローダーを解除する手順3

「Unlock the bootloader」メニューが出るまで、音量キーを押下する。

再びfastbootモードの画面となり、「Device state」が unlocked へ切り替わっているはずです。

fastbootコマンドでブートローダーを解除する手順4

そのまま 電源 キーを押せば、Androidが再起動します。

または、パソコン側で次のコマンドを実行してもOK。

fastboot reboot

fastbootコマンドでブートローダーを解除する手順5

ブートローダーを解除した端末では、再起動の途中に「The bootloader is unlocked…」という画面が表示されるようになります。

fastbootコマンドでブートローダーを解除する手順6

工場出荷状態の画面となれば、ブートローダーのアンロックは完了です。

fastbootコマンドでブートローダーを解除する手順7

ブートローダーを解除すると、端末が初期化される。

以上、説明でした。

fastbootモードの画面を見ると、高度な知識が必要そうな印象を受けますが、ブートローダーのアンロックだけなら決して難しくありません。

ブートローダーを再度ロックする方法

手順はアンロック時と同じ流れで、まずAndroidのブートローダーを起動します。

パソコンとUSB接続の上、次のadbコマンドを実行して下さい。

adb reboot bootloader

Androidのブートローダーを起動する手順

次にfastbootコマンドで、ブートローダーを再ロックします。

解除時と同様に、ブートローダーを再ロックする際もAndroidは強制的に初期化されます。
fastboot flashing lock

fastbootコマンドでブートローダーを再ロックする手順1

なお古いデバイス(2014年以前)の場合、代わりに次のコマンド入力が必要です。

fastboot oem lock

うまくコマンドが通ると、Bootloader lockに関する画面が表示されます。

ブートローダーを再ロックするメリットやデメリット、および端末が初期化される説明が記載されます。

fastbootコマンドでブートローダーを再ロックする手順2

音量上げ・下げ キーでメニューを「Lock the bootloader」に切り替え、電源 キーで決定します。

fastbootコマンドでブートローダーを再ロックする手順3

「Lock the bootloader」メニューが出るまで、音量キーを押下する。

再びfastbootモードの画面となり、最初のとき同様「Device state」が locked へ戻っているはずです。

fastbootコマンドでブートローダーを再ロックする手順4

そのまま 電源 キーを押せば、Androidが再起動して、工場出荷状態の画面となり完了です。

fastbootコマンドでブートローダーを再ロックする手順5

ブートローダーを再ロックすると、端末が初期化される。

以上、説明でした。

ブートローダーのアンロックは、セキュリティ上のリスクが高まります。

当初の目的(例:OSダウングレード)が達成された後、可能であれば元の状態へ戻したほうがよいでしょう。

 

補足:Androidのブートローダーアンロックに関するアレコレ

本パートでは、Bootloader Unlockに関連する細かい情報を補足します。

興味があればどうぞ。

説明の流れ
  • 補足①
    OEMロック解除を元に戻す方法
  • 補足②
    fastbootモードで知ってると便利なコマンド一覧
  • 補足③
    ブートローダーを起動してリカバリーモードに入る方法

OEMロック解除を元に戻す方法

ブートローダーをアンロックする過程でOEMロックの解除が必要ですが、この作業により、端末保護機能Device Protection)が無効化されます。

【端末保護機能とは?】 – Android 5.1から「紛失・盗難」対策として導入されたセキュリティ機能。Googleアカウントにログイン済みの状態でAndroidを強制初期化すると、端末にロックがかかる。

セキュリティの観点より、可能であれば元のOEMロック状態に戻すのが理想です。

が、ブートローダーがアンロックされた状態では下記メッセージが表示され、OEMロック解除をオフに切り替えできません。

ブートローダーは既にロック解除されています
OEMロック解除できないケースの説明

開発者向けオプションを開いても、OEMロック解除がグレーアウトされて選択できない。

OEMロック解除を元に戻したい場合、まずブートローダーに再度ロックをかけ、その後に操作すればOKです。

ブートローダーを再ロックする際、Androidは強制的に初期化されます。
ブートローダーを再ロックしてOEMロック解除をオフにする手順

ブートローダー再ロック後なら、OEMロック解除が選択可能となる。

fastbootモードで知ってると便利なコマンド一覧

ブートローダーをアンロックする際、知ってると役立つfastbootコマンドです。

fastbootコマンドは他にもありますが、その一部を紹介します。
コマンド実行内容
fastboot devicesfastbootモードで接続中の端末を表示
fastboot rebootAndroidを再起動
fastboot reboot-bootloaderfastbootモードを再起動
fastboot flashing unlock/lockブートローダーをアンロック/ロック

fastboot devices – fastbootモードで接続中の端末を表示

fastbootコマンドを実行しても反応がない場合、そもそも端末が認識されているか確認したいシーンで便利です。

fastboot devices – fastbootモードで接続中の端末を表示

fastboot reboot – Androidを再起動

コマンド実行後、または何らかの不具合が起きた際、端末を再起動したいシーンで便利です。

fastboot reboot – Androidを再起動

fastboot reboot-bootloader – fastbootモードを再起動

作業中、いったん最初のfastbootモード画面に戻したいシーンで便利です。

fastboot reboot-bootloader – fastbootモードを再起動

fastboot flashing unlock/lock – ブートローダーをアンロック/ロック

ブートローダーをアンロック or 再ロックする際に使用します。

このコマンドを実行すると、端末が初期化されます。

fastboot flashing unlock/lock – ブートローダーをアンロック/ロック

古いデバイス(2014年以前)の場合、次のようにコマンドが異なります。

fastboot oem unlock/lock

なお次のエラーが表示される場合、Android側でOEMロック解除されてないことが原因です。

FAILED (remote: 'flashing unlock is not allowed')

FAILED (remote: 'flashing unlock is not allowed')

開発者向けオプションより OEMロック解除 項目を確認して下さい。

開発者向けオプションでOEMロック解除を許可する手順

ブートローダーを起動してリカバリーモードに入る方法

ブートローダーから「Recovery Mode」に切り替え、

ブートローダーを起動してリカバリーモードに入る手順1

「No command(=コマンドが指定されていません)」というメッセージの画面で、 電源 キーを押しながら、一度だけ 音量上げ キーを押せば、

ブートローダーを起動してリカバリーモードに入る手順2

黒背景で黄色と青色の文字が表示された、リカバリーモード画面となります。

ブートローダーを起動してリカバリーモードに入る手順3

このメニューで Wipe data/factory reset を実行すれば、Androidを強制初期化できます。

ブートローダーを起動してリカバリーモードに入る手順4

今回紹介したブートローダーをアンロックする手順も不要ですので、画面ロックのパスワードを忘れたり、Androidが固まった際に知ってると便利です。

より詳細な手順は、関連記事【Androidでリカバリーモードの使い方! 起動しないスマホを強制初期化しよう】で解説しています。

Androidでリカバリーモードの使い方! 起動しないスマホを強制初期化しよう
この記事では、Androidのリカバリーモードを解説します。操作不能となったスマホも、wipe dataコマンドで強制初期化できます。

 

〆:ブートローダーを解除してAndroidを改造しよう

以上、Pixelでブートローダーをアンロックする方法! AndroidでOEMロック解除してBootloader Unlockしよう の説明でした。

Androidでマニアックな改造を施す場合、ブートローダーのアンロックが前提となるケースが多いです。

ただし相応のリスクもあるため、くれぐれも自己責任でお楽しみ下さい。

また本記事では、Pixelシリーズを例に説明しましたが、別機種の場合は手順がかなり異なります。

機種名 ブートローダー アンロック
検索

などのキーワードで調べてみて下さい。

ぜひ、ご参考あれ。

参考 Android source – デバイスのフラッシュ

参考 SONY – Unlock Bootloader

参考 Xiaomi MIUI – Unlock Your Mi Device

参考 Androidヘルプ – 他人に無断で使用されないようにデバイスを保護する

root
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました