Androidホーム画面に時計を表示する方法! 大きなウィジェットで現在時刻/日付を確認しよう

スポンサーリンク
Android

この記事では、Androidのホーム画面に時計や日付ウィジェットを表示する方法を解説します。

以下のようなニーズがあれば、ぜひどうぞ。

  • ホーム画面に大きな時計を設置したい
  • おしゃれなデジタル/アナログ時計を表示したい

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidホーム画面に時計を表示する方法

以下の順番で説明します。

  1. 時計ウィジェットを追加する
  2. 時計ウィジェットのサイズを変える
  3. 時計ウィジェットの位置を変える/削除する
Googleの時計アプリのアイコン時計アプリを例に説明しますが、別アプリでも流れは同じです。

①:時計ウィジェットを追加する

ホーム画面の空きスペースを長押し、ウィジェットを開き、時計アプリを選択します。

機種によって表示される時計アプリは異なります。
時計ウィジェットを追加する手順1

(左)①空きスペースを長押し→②ウィジェット (右)時計アプリを選択

時計のスタイルが表示されるので、好みのデザインを選択、長押しでホーム画面に追加します。

時計ウィジェットを追加する手順2

(左)時計デザインの一覧 (右)アナログ時計を長押しでホーム画面に設置する例

これでホーム画面に時計と日付が表示されます。

時計アプリによっては、細かいデザインの選択が求められます。
時計ウィジェットを追加する手順3

(左)Google時計アプリの例。クロックフェイスを選択する (右)ホーム画面に時計が表示される

ここまでの操作の動画です。

▼タップして再生(音は出ません)

②:時計ウィジェットのサイズを変える

時計ウィジェットを長押し、そのまま指を離します。

時計ウィジェットのサイズを変える手順1

対象の時計ウィジェットを長押し(左)、そのあと指を離す(右)。

ウィジェットの領域が表示されるので、上下左右に広げましょう。

これでサイズが拡大します。

時計ウィジェットのサイズを変える手順2

(左)ウィジェットの領域調整画面 (右)上下左右に拡大した例

操作動画です。

▼タップして再生(音は出ません)

③:時計ウィジェットの位置を変える/削除する

時計ウィジェットを長押し、設置したい場所で離せば移動できます。

時計ウィジェットの位置を変える/削除する手順1

対象の時計ウィジェットを長押し(左)、移動先で指を離す(右)。

そのまま✕アイコンで離せば、ウィジェットが削除されます。

時計ウィジェットの位置を変える/削除する手順2

✕アイコンまで移動して、指を離せばウィジェットが消える。

参考:アラームやストップウォッチを表示する方法

時刻や日付とは別に、以下のような情報もホーム画面に表示可能です。

  • セット済みアラームの予定
  • 計測中ストップウォッチの経過時間

セット済みアラームの予定を表示する

アラームをセットしている場合、ホーム画面の時計ウィジェット上にも表示されます。

セット済みアラームの予定を表示する手順1

土日の9:00にセットした例。ウィジェットでも表示される。

ただウィジェットのスタイルによっては、アラーム表記が省略されるケースもあります。

特にアナログ時計でその傾向が見られるため、デジタル時計でウィジェットを再設置してみてください。

セット済みアラームの予定を表示する手順2

アナログ時計だと、アラームが表示されない例。

計測中ストップウォッチの経過時間を表示する

ストップウォッチ専用のウィジェットを設置すれば、現在の経過時間をホーム画面で確認できます。

計測中ストップウォッチの経過時間を表示する手順1

Google時計アプリの例。ストップウォッチ用のウィジェットを追加する。

計測中ストップウォッチの経過時間を表示する手順2

計測中の時間が(左)、ホーム画面でも表示される(右)。

 

Androidでオススメの時計ウィジェット

3つのアプリを紹介します(リンクをタップすれば、インストールできます)。

アプリ メリット デメリット
時計アプリのアイコン
時計(Google公式アプリ)
  • 広告が出ない
  • デジタルとアナログ両方に対応
  • デザインのカスタマイズ
    性に乏しい
DIGI時計ウィジェットのアイコン
DIGI時計ウィジェット
  • 豊富なカスタマイズ性
    (色フォント変更/秒表示…etc)
  • 少し不安定
  • アナログ時計に非対応
Simpleアナログ時計のアイコン
Simpleアナログ時計
  • そこそこのカスタマイズ性
    (色変更/目盛表示…etc)
  • 秒針を表示できる
  • デジタル時計に非対応
とりあえず時計ウィジェットを使いたいなら、広告のない時計アプリのアイコン時計(Google公式アプリ)がオススメです。デザインにもこだわりたいなら、他アプリをお試しください。

以降より、各アプリをカンタンに解説します。

その①:時計(Google公式アプリ)

時計
時計
開発者: Google LLC
金額: 無料
時計(Google公式アプリ)の紹介

ウィジェット例。左がアナログ時計、右が世界時計。

「とりあえずホーム画面に時計を表示したい」という場合に、まずオススメしたいのがGoogle公式の時計アプリのアイコン時計アプリ。

広告非表示な上、次のような情報をウィジェットで表示できます。

  • 時刻(デジタル/アナログ)
  • アラーム
  • ストップウォッチ
  • 世界時計

参考 Androidヘルプ – 時計アプリ

その②:DIGI時計ウィジェット

DIGI 時計ウィジェット
DIGI 時計ウィジェット
開発者: ForestTree
金額: 無料
DIGI時計ウィジェットの紹介

(左)色やフォントを変更した例 (右)背景変更や秒表示した例

「細かい部分までカスタマイズしたい」なら、DIGI時計ウィジェットのアイコンDIGI時計ウィジェットはオススメです。

以下のような項目まで調整できます。

  • ウィジェットの色
  • ウィジェットの文字フォント
  • ウィジェットの背景
  • 秒表示

またウィジェットをタップして、任意の機能を起動するユニークなオプションもあります。

機能が豊富なので、ぜひ実際にお試しください。

デジタル時計の類似アプリとして、Digital Clock WidgetのアイコンDigital Clock Widgetもオススメです。

その③:Simpleアナログ時計

Simpleアナログ時計の紹介

(左)ウィジェット表示例 (右)秒針までカスタマイズ可能

「アナログ時計で好みのデザインを探している」なら、Simpleアナログ時計のアイコンSimpleアナログ時計はオススメです。

以下のような項目まで調整できます。

  • 秒針の表示
  • 文字盤の目盛デザイン
  • 日付の表示位置

標準の時計アプリのアイコン時計アプリが物足りないと感じていれば、ぜひ試してみてください。

 

〆:ホーム画面から時刻を確認しよう!

以上、Androidホーム画面に時計を表示する方法! 大きなウィジェットで現在時刻/日付を確認しよう の説明でした。

プリインストールされる時計アプリで、ホーム画面に時計・日付ウィジェットを表示できます。

もし細かいデザインにこだわりたい場合、記事後半で紹介したサードパーティ製アプリもお試しください。

なおロック画面の時計表示に関する詳細は、関連記事【Androidロック画面の時計表示を変更する方法! 位置や大きさをカスタマイズしよう】で解説しています。

Androidロック画面の時計表示を変更する方法! 位置や大きさをカスタマイズしよう
この記事では、Androidロック画面の時計サイズを変更する方法を紹介します。一部機種は、位置やカラーをカスタマイズすることも可能です。

参考 Google時計ヘルプ – ホーム画面に時計を表示する

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました