iPhoneの独自機能をAndroidで再現する方法まとめ! 最新のiOS機能をいち早く体感しよう

スポンサーリンク
Android

この記事では、iPhoneの独自機能をAndroidへ導入する方法を紹介します。

完全ではないものの、様々なアプリを使いこなすことで擬似的に再現することが可能です。

iOSとAndroidではそれぞれ違った良さがありますが、今回紹介するワザにより両者の「いいとこ取り」を実現するカスタマイズも可能ですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneの独自機能をAndroidで再現する方法まとめ

iPhone Xのジェスチャーを再現する

長年、Androidの特徴としてナビゲーションバーに3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■タスク)が表示されていました。

従来のナビゲーションバーの特徴

ホーム画面はもちろん(左)、任意アプリ画面上も常に表示される(右)。

が、Android 10よりジェスチャーナビゲーション機能が追加されました。

有効にすると◉ホームボタン等は消え、代わりにジェスチャーで操作する仕様となります。

従来のナビゲーションバーと最新のジェスチャーナビゲーションの比較

(左)従来のナビバー (右)新しいジェスチャーナビ

ホームを表示する際も、iPhone Xシリーズのように画面下からスワイプ操作します。

ジェスチャーナビゲーションでホームを表示する手順

画面下端から上へスワイプ

設定手順はカンタンで、Android 10以降であればAndroid設定アプリのアイコン設定の システムナビゲーション より ジェスチャーナビゲーション に切り替えればOK。

Android OS標準機能を使ってジェスチャーナビゲーションを設定する手順

その他、非対応機種で無理やりジェスチャーナビゲーションを設定する方法など、より詳しい情報は関連記事【Androidでジェスチャーナビゲーションを使う方法! スマホを下からスワイプ操作しよう】で解説しています。

Androidでジェスチャーナビゲーションを使う方法! スマホを下からスワイプ操作しよう
この記事では、ジェスチャーナビゲーションの使い方を解説します。細かいカスタマイズ方法も網羅しているので、ぜひどうぞ。

iPhone Xのノッチを再現する

最新のスマートフォンでは、ディスプレイ上部のステータスバー付近が凹んでいる”ノッチ”が採用されていますが、もともとはiPhone Xで採用されて有名になりました。

ノッチの基本的な説明

Galaxy A20(左)とHuawei P20 lite(右)のノッチ。

ディスプレイを広く使えるメリットがある一方、見た目については好みがはっきり分かれます。

このノッチは、様々な方法でオン/オフを切り替えることが可能です。

例えばNacho NotchのアイコンNacho Notchというアプリを使えば、ノッチが消えたようなディスプレイ表示へ変更できます。

(右)ステータスバー周辺が黒くなりノッチが目立たなくなる。

逆にNotch Phone XのアイコンNotch Phone Xというアプリを使えば、ノッチ非搭載機種でもディスプレイに再現できます。

Pixel 3a XLでノッチを再現した例。

より詳細な手順について、関連記事【Androidでノッチ表示を切り替える方法! スマホのステータスバーから切り欠きを隠そう】で解説しています。

Androidでノッチ表示を切り替える方法! スマホのステータスバーから切り欠きを隠そう
この記事では、Androidでノッチを隠す or 追加する方法を解説します。またノッチの基本情報やメリット/デメリットも説明しています。

iPhone X専用サウンド「反射」を再現する

iPhoneではiOS 7 以来、デフォルト着信音として「オープニング」が設定されていましたが、iPhone Xより専用の着信音「反射(リフレクション)」が導入されています。

この独特の着信音は、別途音源ファイルを用意することでAndroidでも設定できます。

ダウンロード 反射(Reflection) – mp3ファイル

Androidで新しい音源ファイルを着信音として設定する手順は、関連記事【Androidで着信音/通知音/アラーム音をオリジナル音源に変更する方法! フォルダに好きな曲を追加してカスタマイズしよう】で解説しています。

Androidで着信音/通知音/アラーム音を好きな曲に変更する方法! 作成したmp3音源を追加しよう
この記事では、Androidの着信音・通知音・アラーム音の変更方法をまとめます。mp3音源を指定フォルダへ保存すれば、好きなサウンドへカスタマイズ可能です。

iPhoneのAssistiveTouchを再現する

iOSでは以前より標準機能として「AssistiveTouch」が搭載されており、バーチャルボタンで様々なコントロールが可能となっています。

この独特の機能は、「Assistive Touch」というアプリを使うことで、Androidでも再現することができます。

詳細は関連記事【AndroidでAssistiveTouchを使う方法! iPhone独自機能をすべてのスマートフォンで再現しよう】で解説しています。

AndroidでAssistiveTouchを使う方法! iPhone独自機能をすべてのスマートフォンで再現しよう
iPhoneやiPadの「AssistiveTouch」機能をご存知でしょうか? AssistiveTouch を利用して、デバイスをコントロールしたり、ピンチ、複数の指でのスワイプ、3D Touch といったジェスチャの実行に役立てたり...

iOS 11のコントロールセンターを再現する

Androidの「クイック設定」に相当する機能として、iOSでは「コントロールセンター」が採用されており、iOS 11よりそのデザインや機能面が大幅に変更されました。

この独特の機能は、「コントロールセンターIOS 11」というアプリを使うことで、Androidでも再現することができます。

詳細は関連記事【AndroidでiPhoneのコントロールセンターを再現する方法! iOSの機能で自由にカスタマイズしよう】で解説しています。

AndroidでiPhoneのコントロールセンターを再現する方法! iOSの機能で自由にカスタマイズしよう
iOS 11より「コントロールセンター」のデザインが大幅に変化し、自由にカスタマイズ可能になりました。 iPhone / iPadをお持ちの方はさっそく試した方もいるでしょうが、実はAndroidユーザーでも最新のコントロールセンター...

iPhone Xの「タップしてスリープ解除」を再現する

最新のiPhone Xでは専用ジェスチャー「タップしてスリープ解除(=Tap to Wake)」が導入されており、ディスプレイ消灯状態で画面をタップすると点灯させることができます。

この独特の機能は、「Double Tap Screen On and Off」というアプリを使うことで、Androidでも再現することができます。

画面タップでスクリーンがオフとなり、再タップで点灯状態となる。

実はこの機能、一部Android機種(例:Xperia Z5 Premium)では標準で提供されているため、機能が用意されていないAndroid向けのアプリとなります。

詳細は関連記事【Androidの画面をダブルタップでロック/解除する方法! 点灯と消灯を電源ボタン不要で実行できる】で解説しています。

Androidの画面をダブルタップでロック/解除する方法! 点灯と消灯を電源ボタン不要で実行できる
Androidで最も多用する物理キーは「電源(スリープ)ボタン」ですが、長期間使っていると、動作が不安定になったり最悪故障の要因ともなりえます。 そこで本記事では、Androidで画面をダブルタップでロックできるようにする無料アプリ「...

 

参考:

MacBook Proの「Touch Bar」を再現する方法

近年のMacBook Proで採用される「Touch Bar」機能は、「TouchBar for Android」というアプリを使ってAndroidでも再現できます。

TouchBar for Android
TouchBar for Android

詳細は関連記事【AndroidにMacのTouch Barを導入する方法! 各種機能の変更や指定アプリ起動が超ラクチンに】で解説しています。

AndroidにMacのTouch Barを導入する方法! 各種機能の変更や指定アプリ起動が超ラクチンに
近年のMacBook Proでは「Touch Bar」という新しい機能が搭載されており、従来のファンクションキーの代わりに「音量」や「明るさ」ボタンが表示され、素早く調整が可能となっています。 参考 Apple - MacBook P...

Windows 10のタイルを再現する方法

Windows 10独特のタイル画面は、「スクエアホーム2ランチャー」というアプリを使ってAndroidでも再現できます。

詳細は関連記事【AndroidにWindows 10のタイル画面を再現する方法! お洒落なランチャーアプリを楽しもう】で解説しています。

AndroidにWindows 10のタイル画面を再現する方法! お洒落なランチャーアプリを楽しもう
かつて存在したWindows 10 Mobileは終了しているため、スマートフォン上でWindows 10独特のタイル画面を操作することはなくなりました。 が、ランチャーアプリ「スクエアホーム2ランチャー」を使えば、Android上で...

 

〆:iOSの良さをAndroidにも取り入れよう!

以上、iPhoneの独自機能をAndroidで再現する方法まとめ! 最新のiOS機能をいち早く体感しよう の説明でした。

iPhoneで気に入っている独自機能があれば、今回紹介した方法でAndroidでも再現できる場合があります。

ぜひ、iOSの良さをAndroidへ導入してみて下さい。お試しあれ。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました