Display brightness – どこでも即座に明るさ変更! 端をなぞって輝度を調整できる [Android]

スポンサーリンク

Androidはクイック設定より画面の明るさを変更できます。

関連記事

クイック設定(システムUI調整ツール)の使い方! 追加/変更/並び替え方法 [Android 6.0/7.0対応]

が、仕様上クイック設定を二段階開く必要があるため、頻繁に明るさを変更したい場合に少し面倒です。

そこで本記事では、画面上のどこからでも即座に明るさを変更できるAndroid向け無料アプリ「Display brightness」を紹介します。

頻繁に明るさを調整している方にぜひオススメですよ。

photo by Japanexperterna.se

スポンサーリンク

Display brightness – どこからでも明るさ変更できる

今回紹介する「Display brightness」アプリは現在Google Playで配布されておらず、AmazonのAndroidアプリストアでのみ入手可能となっています。

そこで通常とは異なる下記のような流れでアプリをインストールします。

AmazonのAndroidアプリストアを利用できる環境を整える

AmazonのAndroidアプリストアから「Display brightness」をインストールする

下記からは上記順番に沿ったアプリのインストールと、その後の具体的な使い方まで解説しています。

手順①:Amazonアプリ完全版を入手する

AmazonのAndroidアプリストアは、「Amazonアプリ完全版」というアプリ上から利用ができます。

【Amazonアプリ完全版とは】 – 通常のGoogle Play上で配布される「Amazon ショッピングアプリ」はAmazonサイトから買い物ができるアプリですが、「Amazonアプリ完全版」アプリではさらに「Android向けアプリ」や「デジタルコンテンツ」のダウンロードも可能となります。

そこでまず、「Display brightness」アプリをインストールしたいAndroidで「Amazonアプリ完全版」アプリをインストールします。

ダウンロード Amazonアプリストア – Display brightness

上記ダウンロードリンクへアクセスすると「Amazonアプリ完全版」が必要とメッセージが表示されるので「このアプリを入手」から「ダウンロード開始」をタップします。

「Amazonアプリ完全版」アプリのapkファイルのダウンロードが開始されます。

「Amazonアプリ完全版」はGoogle Playを経由しないアプリインストールとなるため、「提供元不明アプリの許可」をAndroidで設定する必要があります。

関連記事

[Android] 提供元不明(非公式)アプリのインストール方法! Google Playにないapkを楽しもう

apkファイルをダウンロード後、インストールまで行います。

手順②:「Display brightness」を入手する

Amazonアプリ完全版をインストールできたらさっそく起動し、「Display brightness」を検索。apkファイルをダウンロード後、インストールまで行います。

無事インストールが完了しアプリを開くと、Android画面上部に青色のバーが表示されます。これが明るさのパラメーターを示しており、左右にスワイプして動かすことで明るさを調整することができます。

この青色のバーはステータスバー上に、どのアプリや設定画面でも常時表示されるため、いつでもすぐに明るさを変更できるのが「Display brightness」アプリ最大の魅力となっています。

左「LINE」や右「YouTube」アプリ画面上でも、常時バーが表示される。

手順③:「Display brightness」をカスタマイズする

以上が基本的なアプリの說明ですが、表示される青色のバーはアプリの設定より色や配置を変えることもできます。

下記より各項目について、カンタンに說明します。

Select size – バーの大きさを変える

「Select size」を調整すると、バーの大きさ(厚さ)を変えることができます。

左がサイズ最大値で、右がサイズをより小さく(薄く)した場合。

Select color – バーの色を変える

「Select color 」より、バーの色を変えることができます。「Red(赤)・Green(緑)・Blue(青)」の各度合いを調整して好みの色を作れます。

例えば色を紫にしてみる。

Adjust transparency – バーの濃淡を変える

「Adjust transparency」を調整すると、バーの濃淡を変えることができます。

左が最も濃い場合で、右がより薄くした場合。

Select background color – バーの背景色を変える

「Select background color」より、バーの背景色を変えることができます。「Red(赤)・Green(緑)・Blue(青)」の各度合いを調整して好みの色を作れます。

バーの背景色とは、目盛りを減らす(=暗くする)際に残る空の目盛り部分の色を指しています。デフォルトでは薄い灰色ですが、これを好きな色に変更可能です。

左がデフォルトの灰色背景だが、右は紅色を背景色としてみた。

Adjust transparency(background) – バー背景色の濃淡を変える

「Select background color」の真下にある「Adjust transparency」を調整すると、バー背景色の濃淡を変えることができます。

背景色をより薄くした場合。

Select indicator color – 数字目盛りの色を変える

バーを調整して明るさを変更すると画面中央に現在の目盛り数値が表示されますが、「Select indicator color」ではこの数値の色を変更できます。「Red(赤)・Green(緑)・Blue(青)」の各度合いを調整して好みの色を作れます。

例えば目盛りの数字を白色にした場合。

Adjust transparency(indicator) – 数字目盛りの濃淡を変える

「Select indicator color」の真下にある「Adjust transparency」を調整すると、数字目盛りの濃淡を変えることができます。

Select alignment – バーの位置を変える

デフォルトでバーは画面中央上に表示されますが、「Select alignment」でこの位置を変更できます。

例えば「Bottom left(左下)」にした場合。

Select length – バーの長さを変える

「Select length」でハンドルを左右に動かすことで、バーの長さを変更できます。

左端と右端まで動かすことで、よりバーを長くできる。

Overlay statusbar – ステータスバー上に重ねて表示を許可

デフォルトでバーはステータスバー上に重なって表示されますが、大きさや長さによってはステータスバー上にある別のアイコンを被ってしまうことも。

そこで「Overlay statusbar」のチェックを外すことで、バーがステータスバーの外に表示されるようになります。

左はステータスバーに重なっているが、右はステータスバーから外れている。

Horizontal/Vertical offset – さらに自由に位置を調整する

先に紹介した「Select alignment」項目でバーの位置は変更できますが、予め決まった配置のいずれかを選ぶことになります。

一方、「Horizontal offset(=横にずらす)」・「Vertical offset(=縦にずらす)」に任意の数字を入れると、さらに細かくバーを表示する位置を調整できます。

このように画面中央上から若干右にずれた位置に配置もできる。

Bar type – バーのデザインを変える

デフォルトでバーの形状は横長のメーターとなっていますが、「Bar type」より「Volume bar」を選択することで、バーのデザインを変更できます。

左がデフォルトのデザイン、右が「Volume bar」デザインにした場合。

Set interval to change brightness – 調整できる限界値を設ける

デフォルトの状態だとバーを左端まで動かすことで明るさを最小限まで暗くできますが、「Set interval to change brightness」でハンドルを左右に動かすことで、調整できる最大値 / 最小値の限界を設けることができます。

例えば普段から「画面はどんなに暗くしても通常の50%くらい」であれば、ハンドルの左端を「50%」とすることで、バーを左端まで動かしても明るさは「50%」までしか暗くならず、これ以上調整できなくなります。

Allow negative brightness – 限界を超えて暗くする

デフォルトではAndroid標準の明るさ機能の範囲で調整ができますが、「Allow negative brightness」にチェックを入れることで、限界を超えて暗くすることができます。

その他:さらに細かい調整項目もあり

最下部にある各項目にチェックを入れることで、さらに細かいカスタマイズができます。

例えば「Turn off onscreen percent indicator」を有効にすると、バーを動かした際に出る数値を非表示にできますし、「Auto hide indicator」を有効にすると、普段はバーを非表示にし動かす際だけ表示させるようにできます。

補足①:オススメの設定

さて、以上の通りカスタマイズできる項目の多い「Display brightness」アプリですが、ボク個人が普段使っている設定は下記の通りです。

Select size:最大値

Adjust transparency:最大値

Adjust transparency(background):最大値

Adjust transparency(indicator):最大値

Select alignment:Top left(左上)

Select length:左側は最大値(長く)で右側は最小値(短く)

Overlay statusbar:有効

Horizontal/Vertical offset:設定なし

Set interval to change brightness:設定なし

Allow negative brightness:有効

Auto hide indicator:有効

Start after reboot system:有効

※各項目のcolor(色)設定やBar type(バーのデザイン)は個人の好みなので省略してます。

本アプリをカスタマイズする上でポイントとなるのが、「どの画面からでも明るさを調整できるが故に、ミス操作でバーに触れてしまい、意図せず明るさが変わってしまうリスクがある」という点です。

例えば初期設定のまま「Select alignment」を「Top center(中央上)」にすると、通知領域やクイック設定を開く際に意図せずバーに触れてしまい、明るさが変わってしまう可能性大です。

そのため「普段の操作で自然と触れる機会の少ない画面上のスペースにバーを配置できるか」が重要となります。

ボクは左上のステータスバーに重なる場所にバーを配置している。

ボクは右手でスマートフォンを持って操作する頻度が高く、画面上のスペースで最も触れる機会の少ないのが「左上」だったため、「Top left(左上)」を設定しました。

補足②:その他明るさに関わる記事

本記事で取り上げた「画面の明るさ」に関わる記事を紹介します。

明るさを限界よりさらに暗くする別の方法

今回紹介した「Display brightness」アプリでも、「Allow negative brightness」にチェックを入れることで、限界を超えてさらに画面を暗くできるようになりますが、「限界を超えて暗くする」だけを実現したければ「Screen Filter」という専用アプリがオススメです。

Screen Filter
Screen Filter
Developer: haxor industry
Price: Free

詳細は別記事でまとめているので、ご覧あれ。

関連記事

Screen Filter – ディスプレイ画面の明るさを限界よりさらに暗く調整できるアプリ [Android]

Galaxyならクイック設定の明るさ変更がより便利に

Android標準の明るさ変更はクイック設定より可能ですが、仕様上クイック設定を二段階開く必要があるため、頻繁に明るさを変更したい場合に少し面倒です。

ただ最新のGalaxyシリーズであれば、明るさ調整バーを1段階目の画面上に常時表示できるように設定変更ができます。

詳細は別記事でまとめているので、ご覧あれ。

関連記事

[Android] 通知領域のクイック設定で画面の明るさ調整バーを常に表示する方法 [Galaxy限定]

〆:どこからでも即座に明るさを変えよう!

以上、Display brightness – どこでも即座に明るさ変更! 端をなぞって輝度を調整できる [Android] の說明でした。

「Display brightness」アプリを使うことで、どんなアプリや設定画面を開いていても、即座に明るさを調整できるようになります。

ただ配置するバーの位置によっては意図せず触れてしまい明るさが変わってしまうリスクもあるため、まずは様々な場所に配置してみて、自分にとって最適な位置を探ってみて下さい。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい