相手に知られずに居場所を探す方法! 遠隔でコッソリ音声録音や写真撮影もできる [Android]

スポンサーリンク

万が一Androidスマートフォンやタブレットを紛失 / 盗難した場合、直ちに警察へ連絡するのはもちろん、個人情報を守るために、遠隔でロックや初期化をする必要があります。

この点については、Google公式の無料アプリ「Find My Device(旧:Androidデバイスマネージャー)」が有名で、現在地を探索したり音を鳴らす指示を与えることも可能です。

関連記事

Find My Device(旧Androidデバイスマネージャー)で紛失(盗難)時に遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法!

が、犯人の証拠を集めるために、相手に知られず盗まれたAndroidの「現在地」や周囲の「音声」、犯人の「写真」等のデータを取得できたら理想的です。

そこで本記事では、相手に知られずこれら情報を取得できるアプリ「Cerberus」を紹介します。

遠隔からあらゆる機能に関してAndroidを制御し、データを取得できる素晴らしい機能を持つ一方、扱い方を間違えると非常に危険な要注意アプリでもあります。ぜひご覧あれ。

photo by cea +

スポンサーリンク

相手に知られずにAndroid情報を取得する方法!

手順①:アプリを入手する

まず、監視対象のAndroidに「Cerberus」をインストールします。

Cerberus 反盗難
Cerberus 反盗難
Developer: LSDroid
Price: Free+

Android 要件:4.0.3 以上

価格:5ユーロ/年間(1週間のトライアル期間あり)

この後の流れとして、「アプリの初期設定を行う」・「アプリのアカウントを取得する」を完了すると、ブラウザ版Cerberusサイトから遠隔でAndroidを監視できるようになります。

さっそくインストール完了後にアプリを起動し、初期設定を始めていきましょう。

手順②:各種権限を付与する

「Cerberus」アプリは遠隔でAndroidを制御できる機能を多数備えているため、初期設定も通常のアプリに比べ少しボリュームが多いです。

下記より順番に說明します。

各種データへアクセス権限を与える

まず画面に「アクセス許可を付与」と出るので、各種データへの権限を与えましょう。

これは、Androidが盗難・紛失した際に、遠隔でカメラ撮影したり音声録音したりするために必要となります。

電池の最適化対象から外す

その後、画面上に「Battery optimization」と「Modify system settings」とが表示された画面になります。

まず「Battery optimization」ボタンをタップすると英文のダイアログが表示されるので、手順に従ってAndroid標準機能である「電池の最適化」対象から「Cerberus」アプリを除外します。

Nexus 6P(Android 7.1.2)であれば、「設定」から「電池」へ進み、右上メニューをタップ。

「電池の最適化」を選び、「最適化していないアプリ」一覧が表示されます。

ここでプルダウンメニューより「すべてのアプリ」へ切り替え、一覧より「Cerberus」アプリを見つけタップします。

後は「最適化しない」にチェックを入れ、「最適化していないアプリ」一覧で確認できればOKです。

システム設定の変更を許可する

次に「Modify system settings」をタップすると「システム設定を変更できるアプリ」設定へ移るので、トグルを有効にしましょう。

作業は以上となり、画面上に「完了」ボタンが表示されていればOKです。

手順③:新規アカウントを作成する

「Cerberus」アプリを使用するには、専用アカウントを作成する必要があります。

「Cerberusへようこそ!」画面で表示される「Cerberusアカウントの作成」ボタンをタップし、「ユーザーネーム」・「パスワード」・「メールアドレス」を登録します。

アプリのポリシーが表示され、その後チュートリアルが始まります。

また追加の初期設定として、「デバイス管理者の有効化」を行いましょう。

Androidが盗難・紛失した際に、遠隔でワイプ(データ削除)や画面ロックが可能になります。

手順④:アプリを使いこなす

以上長かったですが、ようやく「Cerberus」アプリを使い始めることができます。

このアプリは、遠隔からあらゆる機能に関してAndroidを制御することができます。

【Cerberusで監視できる情報(例)】

①:GPS(居場所)の取得

②:デバイス情報の取得

③:画面をロック

④:データの削除

⑤:音声を録音

⑥:カメラの撮影

⑦:通話履歴の閲覧

基本的な使い方として、監視したいAndroidにアプリを設定した後、別デバイスのブラウザ上で「Cerberus」管理サイトへアクセスし、作成したアカウントにログインします。

すると、ログインしたアカウントを紐付いているAndroid情報が表示されます。

この画面上から様々な機能を実行できるので、順番に解説します。

「Cerberus」アプリはブラウザ版の管理サイトから指示を出す以外にも、SMSで専用コマンドを送ることで指示を出すこともできます。本記事では前者の方法のみ解説しています。

①:GPS(居場所)の取得

「デバイス」名横の位置アイコンをクリックすると、AndroidのGPS(居場所)情報を取得し、地図上で表示することができます。

さらに画面左のコマンド機能で「トラッキング開始」を指示すると、「場所の移動」を地図上にプロットし逐一現在地を置い続けることもできます。

終了する際は再びコマンドより「トラッキング停止」を指示すればOK。

「トラッキング開始」を指示している間、Android側は強制的にGPSがオンとなり位置情報を送信し続けるため、バッテリー消費が増大する可能性があります。

②:デバイス情報の取得

画面左のコマンド機能で「デバイス情報取得」を指示すると、Androidのデバイス情報を表示できます。

「IPアドレス」や接続中の「Wi-Fiネットワーク名」、「電話番号」や利用中の「携帯キャリア」の情報など確認可能です。

③:画面をロック

画面左のコマンド機能で「コードでロック」を指示すると、Android画面を遠隔でロックできます。

同時に「ロックコード」も指示できるため、現在Androidで設定されているパスワードに上書きして、新しいパスワードで画面ロック可能です。

Nexus 6P(Android 7.1.2)の場合、OS側の仕様でパスワードの上書きはできまず、現在設定している画面ロック状態に切替えるだけでした。従って、最新のAndroidバージョンの場合、当該機能の一部は制限されると推測されます。

④:データの削除

画面左のコマンド機能で「デバイスメモリーの消去」を指示すると、Androidを初期できます。

⑤:音声を録音

画面左のコマンド機能で「音声録音」を指示すると、Android本体の周囲の音を録音して再生できます。録音時間も指定でき、最短「10秒」から最長「300秒(=5分)」までOK。

録音できたらブラウザの管理画面上に「音声録音をダウンロードする」と表示され、

取得できた音声が流れます(ダウンロードも可能)。

本機能の素晴らしい(恐ろしい)ところは、録音されているAndroid側には何も表示されないため、気付かれることなく音声を取得できるという点です。

⑥:カメラの撮影

画面左のコマンド機能で「写真を撮る」を指示すると、Androidに遠隔でカメラ撮影指示ができます。撮影方法は3種類から選べ、

直ぐに写真を撮る:インカメラで所有者の画像を撮影できる

フラッシュを使う:暗い場所でもフラッシュ機能を使って撮影できる

バックカメラを使う:Android周辺の画像を撮影できる

Androidを使っている所有者の写真を撮りたいなら「直ぐに写真を撮る」にチェックを入れれば良いでしょう。

コマンド送信後、撮影された写真は登録したメールアドレスに添付ファイルとして送られてきます。

「音声の録音」機能同様、撮影されているAndroid側には何も表示されず、さらにシャッター音も鳴らないため、気付かれることなく画像を取得できます。

⑦:通話履歴の閲覧

画面左のコマンド機能で「通話記録取得」を指示すると、Androidの通話履歴を確認できます。

他にも機能は盛り沢山!

ここまで紹介した機能以外にも、「スクリーンショットを撮影」・「SMSのログを取得」などなど、他にも使用できる機能は盛り沢山です。

例えば、「メッセージでアラーム開始」コマンドを指示すれば、非常に高音で緊急ブザー音を鳴り響かせることもできます。

関連記事

Androidを遠隔で鳴らす方法まとめ! マナーモード(サイレント)でも強制的に高音を出して位置を特定しよう

どの機能も共通して、監視されているAndroid側に気付かれることなく実行できるのが特筆すべき点でしょう。もちろん、悪用されるリスクもあるため、管理は十分慎重に行う必要があります・・・。

補足:アプリを削除(アンインストール)する方法

最後に「Cerberus」アプリを監視対象のAndroidから削除する手順を記載します。

いつもの手順でAndroid上から「Cerberus」を消そうとすると、

関連記事

[Android] 不要アプリを削除(アンインストール)したり 標準プリインアプリを無効にする方法

「このパッケージは現在デバイスを管理しているため、アンインストールできません。」と表示されてしまいます。

そこで「デバイス管理者を管理」へ進み、端末管理アプリを無効にしましょう。

その後、再びいつもの削除手順を実行すると、Android上から「Cerberus」をアンインストールできます。

〆:万が一に備えAndroidを監視できる準備をしよう

以上、相手に知られずに居場所を探す方法! 遠隔でコッソリ音声録音や写真撮影もできる [Android] の說明でした。

万が一Androidを紛失した場合にGPSを取得できずとも、音声データや画像データを取得することで、証拠を残すこともできます。

ただ繰り返しになりますが、「Cerberus」アプリは扱い方を間違えると大変危険です。

くれぐれも使用方法にご留意あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい