フリーズ時にChromeが開いていたタブを復元する方法! クラッシュして突然終了したページを戻そう

Google Chrome

Chromeは便利なブラウザですが、負荷が大きい欠点もあり、たまにクラッシュして強制再起動することもあります。

再起動時、開いていたページ(タブ)は再表示されますが、たまに復元できない場合もあり、手動で再表示する操作が必要です。

そこで本記事では、Google Chromeがクラッシュして突然終了した後に、元々開いていたタブを復元する方法を紹介します。

本記事ではMac版Google Chromeを用いて說明をしていますが、Windows版でも同様の解決方法となります。

photo by Stephen Shankland

 

クラッシュしたChromeのタブを復元する方法

 

3つの方法で閉じたページを元に戻す

クラッシュしたGoogle Chromeのタブは下記3つの方法で戻すことが可能です。

①:「履歴」から同時に閉じたタブを復元する

②:「閉じたタブを開く」より復元する

③:履歴一覧から個別に探す

①:「履歴」から同時に閉じたタブを復元する

Chromeがクラッシュして突然終了した際は、複数のタブが同時に閉じることになります。

そんなときは、メニューの「履歴」に表示される「最近閉じたタブ」に複数閉じたタブのグループが表示されます。これをクリックすると、開いていたすべてのタブを復元できます。

②:「閉じたタブを開く」より復元する

「①」が一番手っ取り早い方法ですが、もしうまくいかない場合、「閉じたタブを開く」よりタブを1個ずつ復元する方法をとります。

現在開いている任意のタブ上の右クリックメニューより選択するか、

または shiftT のショートカットキーで「閉じたタブを開く」を実行すると、直近に閉じたタブから順番に復元できます。

③:履歴一覧から個別に探す

ここまでの方法が全てうまくいかない場合、最後の手段として履歴一覧を開き( Y )、目的のページ履歴を探します。

Chromeがクラッシュする場合は、開いていたタブをすべて記録できていないこともあります。ただ、一部のタブのみ履歴として残っているケースもあるため、履歴一覧から探してみます。

 

それでも復元できない場合…

以上の方法でもタブを復元できない場合、かすかな記憶を頼りに該当ページのキーワードを検索したり、(覚えていたら)URLを入力して開くしかありません。

またシークレットモード中のタブは一度閉じると、どうやっても復元できないため、再度検索してたどり着くしかありません。

むしろ復元できてしまったらシークレットモードの意味がなくなる。

この対策としてChrome拡張機能「TabJump」を使えば、シークレットモード中のタブを閉じる前に警告メッセージを表示させる方法があります。

詳細は関連記事で解説しています。

関連記事

Chromeで誤ってタブを閉じるのを防止する方法! 間違えて離れても警告ダイアログを表示して無効にできる

 

〆:万が一に備えておこう!

以上、フリーズ時にChromeが開いていたタブを復元する方法! クラッシュして突然終了したページを戻そう の說明でした。

もしChromeクラッシュ後に元のタブを再表示したければ、今回の方法を試してみて下さい。

ぜひ、ご参考あれ。

Google Chrome
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント