Chromeで誤ってタブを閉じるのを防止する方法! 間違えて離れても警告ダイアログを表示して無効にできる

Google Chrome

ブラウザ上で複数タブを開いていると発生するのが「タブの誤終了」です。

解決策として「閉じたタブを開く」機能がありますが、下記のような欠点があります。

ブラウザ上で動くゲームはセーブデータが復元されないケースがある

シークレット モード中に閉じたタブは復元できない

そこで本記事では、Google Chromeで誤ってタブを閉じるのを防止できる拡張機能「TabJump」を紹介します。

誤操作でページを離れようとしても、警告ダイアログが表示され”タブを閉じる操作”を無効化できます。

ぜひご覧あれ。

photo by Jasper Morse

 

Chromeのタブを閉じる前に確認!

今回紹介する方法は「Chrome」ブラウザ向けの内容です。

ダウンロード Chrome

 

TabJump – タブを誤って閉じるのを防ぐ

Chromeに拡張機能「TabJump」をインストールします。

使い方 – 基本

”閉じるのを防ぎたいタブ”を開いた状態で、TabJumpを起動します。

「最近閉じたタブ」・「関連するタブ」・「よく使うタブ」が表示され、クリックすると新規タブで開けます。

さらにタイトル横の「鍵」マークをクリックして「このページをロック」すると、

以後、タブを閉じようとすると警告ダイアログが表示され、「このページを離れる」を選択しない限りタブは開いたままです。

タブを”閉じる”のみならず”再読込(ページの更新)”に対しても警告ダイアログが表示されます。

「このページをロック」機能は各タブごと個別に動作するため、”閉じるのを防ぎたいタブ”を開く都度、有効にする必要があります。

使い方 – 応用:シークレット モードでも動作させる

「シークレット モード」でも動作させたい場合、TabJumpの右クリックメニューより「拡張機能を管理」へ進み、

「シークレット モードでの実行を許可する」を有効にすればOK。

これでシークレット モードで開いたタブも、誤って閉じるのを防止できます。

 

参考:

Chromeアプリ終了前に警告を表示する方法

Mac版Chromeの場合、W でタブを閉じることができますが、誤って Q を押すとChromeアプリ全体を閉じてしまいます。

その予防策としてChromeメニューより「終了する前に警告メッセージを表示する」にチェックを入れると、

「⌘Qキーを押すと終了します。」とメッセージが出るようになり、もう一度 Q を押さない限りChromeアプリは終了しません。

この機能はMac版限定となり、Windows版には未搭載のようです。

閉じたタブを復元する方法

最近閉じたタブは「閉じたタブを開く」機能より再表示できます。

例えばMac版Chromeなら shiftT のショートカットがラクです。

目的のタブを閉じたのが最近でなければ、閲覧履歴から探して復元する方法もあります。

タブを復元する方法は関連記事で詳細を解説しています。

関連記事

フリーズ時にGoogle Chromeが開いていたタブを復元する方法! クラッシュして突然終了したページを戻そう

ただ、これら「タブの復元」機能は閲覧履歴を使うため、履歴が残らないシークレット モード中に閉じたタブは復元できません。

もしシークレット モード中のタブの誤終了にお悩みであれば、本記事で紹介したTabJumpを使った予防策がオススメです。

 

〆:タブの誤終了を対策しよう!

以上、Chromeで誤ってタブを閉じるのを防止する方法! 間違えて離れても警告ダイアログを表示して無効にできる の説明でした。

タブ誤終了の解決策として「閉じたタブを復元する」方法は有名ですが、もし「閉じる前に警告を出したい」方法をお探しであれば、紹介したTabJumpはオススメです。

ぜひ、ご参考下さい。

Google Chrome
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント