[Android] アプリ版Google Chromeを便利にする隠れ操作機能まとめ! 意外と知らないマル秘裏ワザ

スポンサーリンク

Androidの標準ブラウザとして設定されていることが多いアプリ「Google Chrome」。

様々な機能を搭載しているブラウザですが、その中でも主要な便利機能も実はあまり知られていません。

そこで本記事では、Android版Google Chromeの隠れた便利なワザを紹介します。

普段からChromeをお使いの方も、きっとご存知でない機能があるはずなので、ぜひご覧あれ。

スポンサーリンク

Android版Google Chromeの隠れた便利ワザ!

本記事では、Android版Google Chromeの操作をより便利にする様々な豆知識を說明しています。

下記より順番に解説しています。

①:ページを更新 – ページ上部より下へスワイプ

おそらく一番有名なワザ。開いているページの上部より下へスワイプすると、ページの更新ができます。

もちろん右上アイコンをタップして、更新を選択することもできますが、このワザを使うことで圧倒的に早くページ更新ができます。

②:タブの変更 – アドレスバーを左右へスワイプ

続いてのワザ。ここからあまり知られていないものも多いかと思います。

複数タブをChromeで開いている際、アドレスバーを左右へスワイプすることで、次のタブへ移動できます。

こちらも、通常は右上アイコンより開いているタブ一覧を表示して移動するのが知られていますが、このワザでより高速にタブ変更ができます。

さらにこのタブ一覧表示も、実はさらに便利なワザがあります。それが下記に記載する③です。

③:タブの一覧の表示 – アドレスバーを上から下へスワイプ

開いているページのアドレスバーを上から下へスワイプすることで、タブ一覧を表示できます。

大量にタブを開いている場合は、先ほどの②よりこのワザで移動した方が早いかもしれません。

④:タブを消去(閉じる) – 消去したいタブを左右へスワイプ

タブ一覧からタブを消去する(閉じる)場合、右上のバツボタンを押す以外にも、消去したいタブを左右へスワイプすることで実行できます。

複数タブがあっても、連続で左右にスワイプすることで、複数個のタブを素早く消去できて便利です。

⑤:リーダーモードで快適にサイトを閲覧する

スマートフォンでブログ記事を読む際、スマートフォン用に最適化されていないサイトや広告がたくさん表示されているページは読みづらいです。

そんな時、リーダーモードを起動することで、集中してページの文章を楽しむことができます。

リーダーモードはデフォルトでは常時使える機能ではないなので、下記の手順で設定できます。

手順①:Chromeの試験運用機能を表示する

Chromeのアドレスバーに下記URLを入力すると、試験運用機能一覧が表示されます。

手順②:リーダーモードを「常時使用(Always)」に変更する

この中から「リーダーモード」に関する項目を探します。

かつては試験運用機能ページは日本語で表記されていたため「リーダーモードの起動」という項目を探せば良かったのですが、最近では英語表記となっているため「Reader Mode triggering」項目を探す必要があります。

内容が多いため、ページ内検索から探したほうがラク(上記は英語表記での例)。

日本語表記の場合は、「既定」をタップしてプルダウンメニューを開き、リーダーモードを起動する条件を「常に使用」とし、変更を適用するためにブラウザを再起動します。

一方英語表記の場合は、「Default」をタップしてプルダウンメニューを開き、「Always」にチェックを入れ、ブラウザ再起動となります。

英語表記での例。

手順③:リーダーモードを試す

以上でリーダーモードがどのページでも起動するようになりました。

以降、ブログ記事へアクセスすると、画面下部に「ページをモバイル向け画面で表示」というボタンが表示されるのでタップすると、文字と画像だけ表示されるようになり、邪魔な広告やブラウザメニューが非表示となります。

⑥:検索 – Googleアイコンからサクッと調べられる

ページ内で気になるキーワードや知らない情報があった時、それをまた検索バーに入力して・・・、とするのは非常に面倒です。

Chromeなら、ページ内の文字を選択し画面下部に表示されるGoogleアイコンをタップすれば、今見ているページを離れることなく検索結果をチェックできます。

⑦:マルチウィンドウ – 両画面にChromeを表示する

Android 7.0より新機能「マルチウィンドウ」が実装され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できるようになりました。

この機能は基本的に同じアプリを両画面で動かすことはできない仕様となっていますが、実は「Google Chrome」アプリについては、下記手順によりこの制限を突破することができます。

1. Chromeと任意のアプリをマルチウィンドウで表示する

2. Chromeの右上メニュー「他のウインドウに移動」を実行する

3. マルチウィンドウ両方にChromeが開かれた状態になる

上下両画面とも「Google Chrome」アプリを開いている。

Android 7.0はもちろん、Android 8.0でも再現性を確認している裏ワザとなりますが、少し手順が複雑なので、詳細については別記事をぜひご覧あれ。

関連記事

[Android] マルチウィンドウでChromeを両画面に表示する方法! 同時にブラウジングしよう

補足:その他の操作を便利にする隠れジェスチャー機能

本記事で紹介した「Chromeを便利に操作するジェスチャー」以外にも、Androidでは意外と知られていない便利な使い方が沢山あります。

例えば、クイック設定を開くために画面上部ステータスバーから下へスライドさせる際、2本の指で操作することで1段階目の画面をスキップして、いきなり2段階目のクイック設定画面を表示させることができます。

関連記事

クイック設定(システムUI調整ツール)の使い方! 追加/変更方法のまとめ [Android 6.0/7.0/8.0対応]

また、「Googleマップ」等のアプリ画面で拡大 / 縮小をしたい場合、ピンチイン・ピンチアウトの2本指を使う方法以外にも、画面上のズームしたい部分を指1本で連続タップし、そのまま上下にずらすことで拡大 / 縮小の操作が可能です。

このように知っておくと便利なAndroidのジェスチャー機能は、別記事でまとめて紹介しているので、ぜひご覧あれ。

関連記事

[Android] 操作を便利にする隠れジェスチャー機能の豆知識まとめ! 意外と知らないマル秘裏ワザ

〆:アプリ版Chromeを使いこなそう!

以上、[Android] アプリ版Google Chromeを便利にする隠れ操作機能まとめ! 意外と知られないマル秘裏ワザ の説明でした。

本記事で紹介した機能をうまく使いこなすことで、パワフルなGoogle Chromeで生産性を上げることができてオススメです。

よりスピーディーな検索ライフを送れるよう、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい