Amazonタイムセール開催中!★クリックしてセール会場を開く★

GoogleフォトでLINEやダウンロードした写真をバックアップする方法! スクリーンショットなど端末フォルダの画像も保存しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Googleフォト
スポンサーリンク

Google公式の「Googleフォト」は、無料かつ無制限に写真や動画を自動でバックアップできる大変便利なアプリです。

Googleフォトの基本的な使い方! iOS(iPhone/iPad)やAndroidの写真や動画を自動でバックアップする方法
この記事では、Googleフォトの基本と使い方について解説しています。iPhone・Android別のバックアップ手順から、Googleフォトの便利な豆知識までまとめています。

バックアップ対象はカメラで撮影した写真が基本ですが、さらにLINEからダウンロードした写真やスクリーンショット画像などもGoogleフォトで保存することが可能です。

ただAndroid版Googleフォトの場合、デフォルトでは「カメラで撮影した写真のみ」バックアップ対象として設定されるため、手動で変更が必要です。

本記事ではその方法を紹介します。

本記事の内容はAndroid版Googleフォトを対象としています。

iOS版Googleフォトはカメラロールに保存された写真はすべてバックアップ対象となるため、今回の設定は不要となります。

photo by YunHo LEE

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleフォトでカメラ写真以外もバックアップする方法

前提:Android内部ストレージのフォルダ構成について

Androidの内部ストレージには様々なフォルダが存在し、それぞれ異なる役割を持ちます。

  • Download:ダウンロードしたファイルが保存
  • DCIM:カメラで撮影した画像類が保存
  • Pictures:スクリーンショットやダウンロードした画像類が保存
  • Movies:ダウンロードした動画類が保存
  • Android:アプリデータを中心に保存
  • Notifications:通知音の音源ファイルが保存
  • Ringtones:着信音の音源ファイルが保存
  • Alarms:アラーム音の音源ファイルが保存

詳細は関連記事【Androidのフォルダ構成の基本的な意味! 内部ストレージのディレクトリの役割を理解しよう】で解説しています。

Androidのフォルダ構成の基本的な意味! 内部ストレージのディレクトリの役割を理解しよう
この記事では、Androidのフォルダ構成の基本的な意味について解説します。ダウンロードしたファイルやカメラで撮影した画像、アプリデータなどが保存される内部ストレージやSDカードのディレクトリを説明しています。

このうちAndroid版Googleフォトでは、カメラで撮影した写真が保存される「DCIM」のみがデフォルトでバックアップ対象となります。

それ以外のフォルダ(例:Download / Pictures)にある画像系データは手動で追加する必要があります。

Googleフォトで指定フォルダをバックアップ対象とする手順

まずGoogleフォトを開き、左上メニューより 設定

Googleフォトで指定フォルダをバックアップ対象とする手順1

バックアップと同期端末のフォルダのバックアップ と進み、

Googleフォトで指定フォルダをバックアップ対象とする手順2

端末内のフォルダ名が一覧で表示されるので、バックアップ対象としたいフォルダのトグルをタップしてオンにします。

Googleフォトで指定フォルダをバックアップ対象とする手順3

例えば「Screenshots(キャプチャ画像)」を選んでみた。

フォルダ指定後、自動的に当該フォルダ内の画像がGoogleフォトへバックアップされ始めます。

Googleフォトで指定フォルダをバックアップ対象とする手順4

以後、先ほどの設定のトグルをオンにしている限り、フォルダに新しい画像や動画が加わる都度、自動的にGoogleフォト上へもバックアップされるようになります。

目的のフォルダを選択できない場合

端末のフォルダのバックアップ では、画像 or 動画ファイルが1つでも保存されているフォルダが自動検知され表示される仕様となっています。

もしバックアップ設定したいフォルダが一覧にない場合は、まず画像 or 動画を1つ以上保存してから再び本設定を開いてみて下さい。フォルダを選べるようになるはずです。

例えば、LINEからダウンロードした画像をバックアップ対象としたい場合、まずLINEのトークやアルバム上の適当な画像をデバイス内にダウンロードした後、フォルダ(例:LINE / LINE_MOVIE)を選択すればOK。

 

補足:

フォルダ指定したのにGoogleフォトで画像を確認できない場合

設定よりフォルダ指定したにも関わらず、Googleフォト上で当該フォルダに含まれる画像や動画ファイルを確認できないケースがたまにあります。

そのような場合は、一度症状が発生しているアカウントをログインし直してみて下さい。

詳細は関連記事【デバイスによってGoogleフォトの写真が一部しか表示されない! 全ての画像を見つける方法 [iPhone/Android]】で解説しています。

Googleフォトの写真が一部表示されない原因と解決策! デバイスによって同期されない画像を見つける方法
この記事では、Googleフォトの写真が一部表示されない原因を解説します。バックアップしたはずの画像を見つけるコツを説明しています。

Googleフォトを便利に使う豆知識まとめ

本ブログでは、ほかにもGoogleフォトを便利に使う豆知識をまとめています。

例えば、Googleフォトには「超優秀な検索機能」があり、様々なキーワードで写真や動画の絞り込みが可能です。

  1. 人物名で探す
  2. 場所で探す
  3. 季節や時間帯で探す
  4. 写真の種別で探す
  5. イベント内容で探す
  6. 一緒に写ってる対象物で探す

探したい写真の特徴(例:どこで撮影したか / 誰と撮影したか)を検索窓に入力するだけで、Googleの賢い画像識別技術によって高確率で目的の画像を探し当てることができます。

Googleフォトの超優秀な検索機能まとめ! 便利な連想ワードで過去の写真でもカンタンに見つかる
スマートフォンの写真管理に「Google フォト」を使っていますか? ボクは全てのスマートデバイス(iPhone / iPad / Android)に共通してインストールしており、撮影した写真やキャプチャしたスクリーンショット画像...

他にも便利な情報をまとめて、関連記事【Googleフォトを便利に使う豆知識まとめ! iOSやAndroidで写真をクラウドで賢く保存しよう】で解説しています。

Googleフォトを便利に使う豆知識まとめ! iOSやAndroidで写真をクラウドで賢く保存しよう
本ブログでも過去、「Googleフォト」の使用に関わる豆知識を色々と紹介してきました。 クラウド上で写真を管理できるGoogle公式のサービスであり、無料かつ無制限に写真や動画を自動でバックアップできるのは大変便利です。 ただ、...

 

〆:LINEやキャプチャした画像もバックアップしよう!

以上、GoogleフォトでLINEやダウンロードした写真をバックアップする方法! スクリーンショットなど端末フォルダの画像も保存しよう の說明でした。

Androidの内部ストレージには様々なフォルダが存在するため、Googleフォトでバックアップしたい画像は個別に指定する必要があります。

LINEからダウンロードした画像やスクリーンショットなど、用途に合わせて最適なフォルダを設定して下さい。

Googleフォト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました