Googleフォトのバックアップが終わらない原因! 準備中/待機中から進まないアップロードの解決方法 [iPhone/Android]

Google フォト

Google公式の「Googleフォト」は、無料かつ無制限に写真や動画を自動でバックアップできる大変便利なアプリです。

Googleフォトの基本的な使い方! iOS(iPhone/iPad)やAndroidの写真や動画を自動でバックアップする方法
最近ではスマートフォンのカメラ性能が格段に向上しているため、旅行でもカメラは携帯せずスマートフォンだけで済ませてしまう方も多いでしょう。 ただ、たくさん撮影した膨大な画像データをいつまでも本体に残したままだと、スマートフォンが故障・紛...

ただ、iPhoneやAndroidでバックアップ中に下記のようなメッセージが表示され、いつまで経ってもバックアップが終わらないことがあります。

  • バックアップしています
  • バックアップの準備をしています
  • バックアップ待ちです
  • バックアップ対象として残っています
  • 写真を準備しています
  • 写真を取得しています
  • Wi-Fi接続の待機中

Android版Googleフォトの画面例。

そこで本記事では、Googleフォトのバックアップが終わらない原因と解決策を紹介します。

自動でバックアップされず困っていれば、ぜひご覧あれ。

本記事の内容はiPhone版 / Android版のGoogleフォトに共通しています。

一部例外があれば、その旨を記載しています。

photo by Pixabay

 

Googleフォトのバックアップを進める:基本的な解決策

Googleフォトのバックアップが終わらない問題の基本的な解決策です。

  • Googleフォトを再起動する
  • Wi-Fiの接続状態を確認する
  • 「バックアップと同期」設定をリセットする
  • 端末を再起動する
  • Googleフォトを最新バージョンにアップデートする
  • Googleフォトのアプリデータを削除する

多くの場合、ここで記載する内容を実践すれば解消します。

Googleフォトを再起動する

Googleフォトを一度終了し、再度起動してバックアップが先に進むか確認します。

iPhoneの手順

ホームボタンを連続2回押しでマルチタスク(アプリスイッチャー)を表示し、Googleフォトを上へスワイプして一度終了させ、その後再びアプリを起動します。

ホームボタンが廃止されたiPhone Xではアプリを終了する手順が異なります。

まず画面下部の中央から上にスワイプし、そのまましばらく指を放さず、アプリスイッチャーが表示されたら放します。

その後Googleフォトを長押しし、削除ボタンをタップするか、上にスワイプすれば終了できます。

参考 Appleサポート – iPhoneでAppを切り替える

Androidの手順

ナビゲーションバーの「マルチタスク」ボタンより最近開いたアプリ一覧を表示し、Googleフォトを左へスワイプして一度終了させ、その後再びアプリを起動します。

Wi-Fiの接続状態を確認する

Googleフォトはデフォルトでバックアップ条件が”Wi-Fiのみ”となるため、Wi-Fiのネットワーク環境に問題があり、バックアップが保留となるケースがあります。

下記内容を試した後、バックアップが先に進むか確認します。

Wi-Fiを一度オフ→再びオン

一度端末のWi-Fi機能自体をオフにした後、再度オンにして下さい。

手順は色々ありますが、例えばiPhoneならコントロールセンターより、Androidならクイック設定より実行するのがラクです。

それぞれWi-Fiアイコンをタップしてオフにした後、再びオンにする。

接続先のWi-Fiを切り替える

もし周囲に別のWi-Fiがあれば、接続先のネットワーク名(SSID)を変更して下さい。

手順は色々ありますが、例えばiPhone / AndroidそれぞれのWi-Fi設定より別の接続先を選択できます。

もし別のWi-Fi環境がなく、かつモバイルデータ通信の使用ができない場合、現在のWi-Fi接続状況を改善することで解決するかもしれません。

Wi-Fi親機側の問題を確認(例:再起動する / 最新のファームウェアへアップデートする)する他、スマートフォン側のネットワーク設定のリセットも試して下さい。

iOSのネットワーク設定を一括リセットする方法! iPhoneのWi-FiやBluetoothの情報を初期化しよう
iOS(iPhone / iPad)でネットワーク関連の機能(例:Wi-Fi / Bluetooth)に問題が生じた場合、リセットにより解決するケースが多いです。 が、その対象が多い場合、Wi-Fiのネットワーク名(SSID)...
Androidのネットワーク設定を一括リセットする方法! Wi-FiやBluetoothの情報を初期化しよう
Androidでネットワーク関連の機能(例:Wi-Fi / Bluetooth)に問題が生じた場合、リセットにより解決するケースが多いです。 が、その対象が多い場合、Wi-Fiのネットワーク名(SSID)やBluetoothの...

iPhoneとAndroidそれぞれのネットワーク設定をリセットする手順は、関連記事を参照下さい。

そもそもWi-Fiの通信速度が非常に遅い(例:1Mbps以下)なら気長に待つしかありません。

「バックアップしています」というメッセージが表示された状態から中々先に進まないなら、このケースに該当することがあります。

「バックアップと同期」設定をリセットする

一度Googleフォトのバックアップ機能を無効にした後、再び有効にしてバックアップが先に進むか確認します。

下記ではAndroid版Googleフォトの画面を例に説明していますが、iPhone版もほぼ同じです。

メインメニューより「設定」→「バックアップと同期」と進み、

「バックアップと同期」トグルをタップして一度オフにし、再度タップしてオンにすればOK。

端末を再起動する

スマートフォンで何らかの問題が発生した際の伝家の宝刀「再起動」です。

iPhoneの手順

サイドボタンの長押しでiPhoneを再起動し、事象が回復しないか確認して下さい。

[iOS] 電源を落とす方法まとめ! iPhoneのシステム終了と起動を様々な手順でオンオフしよう
iPhone本体のシステム終了と起動(=再起動)はサイドボタンを使った方法が一般的ですが、それ以外にも様々な手順で実行できます。 そこで本記事では、iOSで電源を落とす方法をまとめて紹介します。 特に、通常のサイドボタンによるシ...

何らかの理由で再起動がうまくいかない場合、強制再起動も試しましょう。

iPhone XやiPhone 8シリーズの強制再起動の手順例。

[iOS] 強制的に再起動する方法まとめ! iPhoneを強制終了で電源を落としてリセットしよう
iOS(iPhone / iPad)で端末を再起動するには、まずサイドボタン長押しで電源を切り、再度長押しで起動することで実現できます。 ただ、突然画面が固まったり動作が重くなったりして、サイドボタンを押しても反応がない場合、強制的に...

Androidの手順

電源ボタン長押しで「再起動」を選択することができます。

左:Nexus 6P(Android 7.1.2) / 右:Xperia X Performance(Android 7.0)

ただ、機種やOSバージョンによって電源ボタン長押しで「再起動」が表示されないケースもあり、その場合は「電源を切る」選択後、再び電源ボタン長押しで端末を起動させる手順が必要です。

Xperia Z1(Android 4.4.2)

また、もし何らかの理由で通常の再起動を実施できない場合は「強制再起動」してみましょう。

[Android] 強制的に再起動する方法まとめ! 強制終了で電源を落とす [Xperia/Galaxy/Nexus]
Androidでは電源ボタン長押しで「電源を切る」や「再起動」を選択できます。 機種やOSバージョンによって電源ボタン長押しで表示される項目は異なります。 ただ、突然画面が固まったり動作が重くなったりして、電源ボタン長押しから「再起動」...

Googleフォトを最新バージョンにアップデートする

Googleフォトのアプリバージョンが古い場合、最新化してからバックアップが先に進むか確認します。

iPhoneのApp StoreやAndroidのGoogle Playより、アップデートが可能かチェックして下さい。

またネット上で特定バージョン特有のバグ(不具合)が報告されている場合、現在のアプリバージョンを確認する方法を知ってると便利です。

[iOS] インストール中のアプリバージョンを確認する方法! iPhoneで使っているソフトver.をチェックしよう
スマートフォンのアプリは頻繁に更新(アップデート)されるため、ネット上で使い方を調べてもバージョンによって機能に差異があったり、不具合情報が該当するか判断が難しいケースがあります。 そんな時、自分が実際にインストール中のアプリバージョ...
[Android] インストール中のアプリバージョンを確認する方法! 使っているソフトver.をチェックしよう
スマートフォンのアプリは頻繁に更新(アップデート)されるため、ネット上で使い方を調べてもバージョンによって機能に差異があったり、不具合情報が該当するか判断が難しいケースがあります。 そんな時、自分が実際にインストール中のアプリバージョ...

iPhoneとAndroidそれぞれの確認手順の詳細は、関連記事を参照下さい。

Googleフォトのアプリデータを削除する

Googleフォト自体を初期化し、再度起動してバックアップが先に進むか確認します。

あくまでアプリデータを削除するだけなので、クラウド上にバックアップされた写真は消えません。

iPhoneの手順

ホーム画面上のGoogleフォトアプリを長押しタップで✕ボタンから削除し、

再び同アプリをインストールします。

Google フォト
Google フォト
Developer: Google, Inc.
Price: Free

Androidの手順

Androidの場合、Googleフォトを初期化する手順が2通りあります。

  1. Googleフォトを削除→再インストールする
  2. 設定からアプリのデータを消去する(=アプリの初期化)

1はiPhoneのケース同様に、一度Googleフォト自体を削除(アンインストール)し、再インストールする方法です。

Google フォト
Google フォト
Developer: Google LLC
Price: Free
Androidで不要アプリを削除(アンインストール)する方法! 標準プリインソフトも無効にできる
Android向けの配信中アプリは100万を超えており、特に無料アプリは日々インストールしてはアンインストール(削除)する、を繰り返すことも多いかと思います。 ただ、実はAndroidにおいてアプリを消去する方法はたくさんあることをご...

ただ、機種によってはGoogleフォトがプリインストールされており、アンインストールが不可能なケースもあります。

その場合は、2のアプリ初期化を試します。

Googleフォトのアプリ情報から「ストレージ」を開き、「データを削除」を実行すればOK。

アプリ自体は削除されないため、再インストールする手間要らずでオススメです。

詳細は関連記事【アプリを削除せずデータを初期化する方法! アンインストール不要で最初の状態に戻す [Android]】で解説しています。

アプリを削除せずデータを初期化する方法! アンインストール不要で最初の状態に戻す [Android]
Androidで使っているアプリのデータを初期化したい場合、どうしますか? 一番手っ取り早いのが、一度アンインストール(削除)した後、再度インストールし直す方法ですが、 関連記事 Androidで不要アプリを削除(アンインストール...

Googleフォト自体を初期化してもクラウド上の写真は削除されない

スマートフォンのGoogleフォトアプリを初期化すると、再びGoogleアカウントの選択などの初期設定が必要です。

Android版Googleフォトの画面例。

ただ、あくまでスマートフォン内に保存されたGoogleフォト関連データが削除されただけであり、Googleアカウントと紐付いたクラウド上のバックアップ済み写真データは保持されたままです。

 

Googleフォトのバックアップを進める:その他の解決策

ここまでの内容で解決できない場合、さらに下記に記載する事項をチェックして下さい。

  • 細かいバックアップ設定を確認する
  • Googleアカウントに再ログインする
  • 手動でバックアップを実行する
  • Google+(プラス)の設定を見直す

細かいバックアップ設定を確認する

Googleフォトにはバックアップの細かい条件が存在するため、設定を見直して下さい。

  • バックアップ先のアカウントが別に存在しないか
  • バックアップ対象のフォルダを設定しているか(Android版のみ)
  • バックアップ開始の条件を満たしているか
  • ファイルサイズが大きすぎないか

バックアップ先のアカウントが別に存在しないか

もし「別のアカウントにバックアップしています」と表示されれば、すでに別アカウントでバックアップが開始されています。

Googleフォトでは複数アカウントにログインできますが、バックアップ先は1つのアカウントに限定されます。

例えばGoogleアカウントAとBにログインしていて、バックアップ先をAに設定している場合、アカウントBのGoogleフォト上に新しい写真はバックアップされません。

この問題の解決策は2点あります。

下記ではAndroid版Googleフォトの画面を例に説明していますが、iPhone版もほぼ同じです。

1つ目はメインメニューより表示するアカウントをBからAへ切り替えれば、バックアップされた写真を確認できます。

2つ目はバックアップ先をAからBへ切り替えれば、以後は全てアカウントBでバックアップされた写真を確認できます。

メインメニューより「設定」→「バックアップと同期」へ進み、

「バックアップアカウント」を変更すればOK。

バックアップ対象のフォルダを設定しているか(Android版のみ)

Android版Googleフォトではカメラで撮影した写真が保存される「DCIM」のみがバックアップ対象となっており、それ以外のフォルダにある画像系データは手動で追加する必要があります。

特にスマートフォンのカメラで撮影した写真は見つかるのに、LINEで保存した写真やキャプチャ画像が表示されない場合に疑ってみて下さい。

iPhone版Googleフォトはカメラロールに保存された写真は全てバックアップ対象となるため、今回の設定は不要となります。

解決方法として、Googleフォト上で「端末のフォルダのバックアップ」を設定すればOK。

「Screenshots(キャプチャ画像)」を選んだ例。

詳細は関連記事【Googleフォトでカメラ写真以外もバックアップ! LINEやキャプチャ画像フォルダも保存する方法】で解説しています。

Googleフォトでカメラ写真以外もバックアップ! LINEやキャプチャ画像フォルダも保存する方法
「Googleフォト」を使っていますか? スマートフォンで撮影した写真や動画を容量無制限でクラウド上へ保存できるため、長年愛用しているお気に入りのサービスです。 ボクの場合は撮影した写真を主に管理していますが、それ以外に...

バックアップ開始の条件を満たしているか

Googleフォトの自動バックアップ機能はバックグラウンドで動き続けるため、通信データ量やバッテリーに負担が大きく、アプリの動作を制限する設定が個別に設けられています。

  • モバイルデータ通信:Wi-Fi非接続時もキャリア回線でバックアップを許可
  • 充電中のみ:バッテリーを充電中のみバックアップを許可
  • ローミング:海外渡航中もバックアップを許可

それらの設定を見直すことで、正常なバックアップを再開できます。

バックアップのタイミングで「充電中のみ」・「ローミング」はAndroid版のみ搭載される機能です。

詳細は関連記事【Googleフォトでスマートフォンのデータ通信量やバッテリーに負担の少ない動作とする設定方法】で解説しています。

Googleフォトでスマートフォンのデータ通信量やバッテリーに負担の少ない動作とする設定方法
「Googleフォト」はスマートフォンで撮影した写真や動画を容量無制限でクラウド上へ保存できるため大変便利です。 ただ一方で、外出中でも常にバックグラウンドで動き続けるアプリとなるため、スマートフォンのデータ通信量やバッテリー...

ファイルサイズが大きすぎないか

写真や動画のサイズ(ファイル容量)がアップロードに必要な条件を満たしていない場合、バックアップはできません。

  • 写真:ファイルサイズ”75MB”以下 / 画素数”100メガピクセル”以下
  • 動画:ファイルサイズ”10GB”以下

万が一、大容量ファイルをアップロードする場合は、画質を落とすか、パソコンに直接バックアップするしかありません。

Googleアカウントに再ログインする

Googleフォトアプリへのログイン状態に問題がある場合、一度ログアウトすると解決するかもしれません。

特に「同じGoogleアカウントのGoogleフォトへアクセスしているのに、デバイスによって表示される写真とされない写真がある」というケースの場合に疑ってみて下さい。

同じアカウントでGoogleフォトへアクセスしているのに、デバイスBでは写真3が表示されない。

詳細は関連記事【デバイスによってGoogleフォトの写真が一部しか表示されない! 全ての画像を見つける方法】で解説しています。

デバイスによってGoogleフォトの写真が一部しか表示されない! 全ての画像を見つける方法 [iPhone/Android]
「Googleフォト」を使っていますか? スマートフォンで撮影した写真や動画を容量無制限でクラウド上へ保存できるため、長年愛用しているお気に入りのサービスです。 ボクの場合、画像ファイルの種類によって保存先のクラウドを分...

手動でバックアップを実行する

一部写真のみバックアップが開始されない場合、個別に手動で実行してみましょう。

下記ではiPhone版Googleフォトの画面を例に説明していますが、Android版もほぼ同じです。

対象の写真をGoogleフォト上で選び、メニューを開きます。

後は「バックアップ」より個別アップロードを実行すればOK。

Google+(プラス)の設定を見直す

Androidに標準で入っているGoogleのSNSサービス「Google+」の設定を見直すと解決するかもしれません。

iPhoneは「Google+」がプリインストールされないため、対象外です。

特に古いOSバージョンを使ってる場合に可能性が高く、Googleフォト利用中に「自動バックアップ設定を取得できません。」というエラーが表示されます。

解決方法としては、Google+を最新バージョンへアップデートしたり、初期設定を済ませる必要があります。

詳細は関連記事【Googleフォトで「自動バックアップ設定を取得できません」とエラー表示される原因と解決策】で解説しています。

Googleフォト「自動バックアップ設定を取得できません」エラー表示の原因と解決策! [Android]
Android上で「Googleフォト」アプリを利用していると、「自動バックアップ設定を取得できません。」というエラーが表示され、写真のアップロードができないケースがあります。 そこで本記事では、その原因と解決策を紹介します。 ...

 

補足:Googleフォトを便利に使う豆知識まとめ

本ブログでは、ほかにもGoogleフォトを便利に使う豆知識をまとめています。

例えば、Googleフォトには「超優秀な検索機能」があり、様々なキーワードで写真や動画の絞り込みが可能です。

  1. 人物名で探す
  2. 場所で探す
  3. 季節や時間帯で探す
  4. 写真の種別で探す
  5. イベント内容で探す
  6. 一緒に写ってる対象物で探す

探したい写真の特徴(例:どこで撮影したか / 誰と撮影したか)を検索窓に入力するだけで、Googleの賢い画像識別技術によって高確率で目的の画像を探し当てることができます。

Googleフォトの超優秀な検索機能まとめ! 便利な連想ワードで過去の写真でもカンタンに見つかる
スマートフォンの写真管理に「Google フォト」を使っていますか? ボクは全てのスマートデバイス(iPhone / iPad / Android)に共通してインストールしており、撮影した写真やキャプチャしたスクリーンショット画像...

他にも便利な情報を掲載しているので、詳細は関連記事【Googleフォトを便利に使う豆知識まとめ! iOSやAndroidで写真をクラウドで賢く保存しよう】をご覧下さい。

Googleフォトを便利に使う豆知識まとめ! iOSやAndroidで写真をクラウドで賢く保存しよう
本ブログでも過去、「Googleフォト」の使用に関わる豆知識を色々と紹介してきました。 クラウド上で写真を管理できるGoogle公式のサービスであり、無料かつ無制限に写真や動画を自動でバックアップできるのは大変便利です。 ただ、...

 

〆:順番にチェックしてバックアップを再開しよう!

以上、Googleフォトのバックアップが終わらない原因! 準備中/待機中から進まないアップロードの解決方法 [iPhone/Android] の説明でした。

チェックすべき内容が多いですが、可能性の高い原因から順番に紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい。

ご参考あれ。

参考 Googleフォトヘルプ – 写真をバックアップできない

Google フォト
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント