Googleフォトでスマートフォンのデータ通信量やバッテリーに負担の少ない動作とする設定方法

Google フォト

Googleフォト」はスマートフォンで撮影した写真や動画を容量無制限でクラウド上へ保存できるため大変便利です。

Googleフォトの基本的な使い方! iOS(iPhone/iPad)やAndroidの写真や動画を自動でバックアップする方法
最近ではスマートフォンのカメラ性能が格段に向上しているため、旅行でもカメラは携帯せずスマートフォンだけで済ませてしまう方も多いでしょう。 ただ、たくさん撮影した膨大な画像データをいつまでも本体に残したままだと、スマートフォンが故障・紛...

ただ一方で、外出中でも常にバックグラウンドで動き続けるアプリとなるため、スマートフォンのデータ通信量やバッテリーへの負担が大きい点も見過ごせない特徴となります。

そこで本記事では、Googleフォトでスマートフォンのデータ通信量やバッテリーに負担の少ない動作とする設定方法を紹介します。

設定によりバックアップ開始条件を指定することで、アプリの動作を制限することができます。

本記事の内容はiPhone版 / Android版のGoogleフォトに共通しています。

一部例外があれば、その旨を記載しています。

photo by Maurizio Pesce

 

Googleフォトでデータ量やバッテリーに負担の少ない設定方法

「モバイルデータ通信でのバックアップ」をオフにする

1つ目が、Googleフォトアプリのバックアップする際のデータ通信条件の設定です。

通信量を抑えることを重視するなら、「モバイルデータ通信でのバックアップ」をオフにして、「Wi-Fi接続中でのみバックアップ」とするのが理想です。

デフォルトでは「Wi-Fi接続中でのみバックアップ」となっていますが、念のためアプリ側の設定状況を確認しておきましょう。

下記ではAndroid版Googleフォトの画面を例に説明していますが、iPhone版もほぼ同じです。

まずGoogleフォトを開き、左上メニューより「設定」へ進みます。

次に「バックアップと同期」をタップすると、アプリのバックアップ動作に関する詳細な設定変更が行える画面となります。

このうち、「モバイルデータ通信でのバックアップ」のトグルをオンにすると、Wi-Fiのみならず、モバイルデータ通信(携帯キャリアの通信)接続中でも写真のバックアップが自動で実行されるようになります。

バックアップするファイル種別で設定ができ、「写真」のみ or 「写真」と「動画」両方のいずれか、トグルをオンにできます(「動画」のみは仕様上できません)。

動画は撮影時間によって数十〜数百MBの容量ファイルとなりますし、写真は1枚あたり2-3MBの容量ですが、大量に撮影すると1回の旅行で数百MBとなる可能性もあります。

「自宅やホテルのWi-Fiへ接続する前にすぐにでもバックアップしたい!」という特別な事情がない限り、データ通信の上限量を節約するため、なるべく「モバイルデータ通信でのバックアップ」をオフにすることをオススメします。

「モバイルデータ通信でのバックアップ」をオンにしていても、後述するバックアップのタイミングを「充電中のみ」としている場合、外出中にバックアップは開始されません。両設定の条件を満たして初めてアプリが動作します。

バックアップのタイミングを「充電中のみ」とする

2つ目が、Googleフォトアプリのバックアップする際のタイミングの設定です。

この機能はAndroid版のみ搭載されます。

バッテリー消費を抑えることを重視するなら、バックアップを開始する条件を「充電中のみ」とするのが理想です。

デフォルトでは充電中以外でもバックアップが動作する設定となっているため、自身の使い方に合わせて設定を変更しましょう。

Googleフォトの「設定」へ進み、「バックアップと同期」をタップして、「バックアップのタイミング」項目を表示します。

このうち、「充電中のみ」トグルをオンにすると、スマートフォンが電源へ接続されていない状況ではバックアップが動作しなくなります。

先述した「モバイルデータ通信でのバックアップ」をオンにして、さらに充電中以外でもバックアップが動作する設定とすると、外出中であっても写真を撮影する都度、常にアプリが動作するため、バッテリー消耗が激しくなります。

一方、「モバイルデータ通信でのバックアップ」をオフにして、「Wi-Fi接続中でのみバックアップ」としている場合、自宅やホテルのWi-Fiへ接続したタイミングで一度Googleフォトへ写真をバックアップできると安心ですし、そのような状況だと電源を確保できるケースもあります。

以上より、「モバイルデータ通信でのバックアップ」をオフにしているなら、バックアップのタイミングを「充電中のみ」に制限する必要性は低いでしょう。

一方、「モバイルデータ通信でのバックアップ」をオンにしていたり、日頃からスマートフォンのバッテリーに悩みを抱えているなら、「充電中のみ」とするのもアリです。

 

補足:

ローミング(海外旅行)中のバックアップ条件に注意!

「バックアップのタイミング」で「充電中のみ」と同時に表示される「ローミング」をオンにすると、海外旅行中でもGoogleフォトのバックアップが動作するようになります。

もし「モバイルデータ通信でのバックアップ」をオンにしている場合、発生する料金が超高額となるリスクが高いため、特別な事情がない限り基本的に「ローミング」はオフにしておくべきでしょう。

「ローミング」設定はAndroid版のみ搭載されます。

Googleフォトを便利に使う豆知識まとめ

本ブログでは、ほかにもGoogleフォトを便利に使う豆知識をまとめています。

例えば、Googleフォトには「超優秀な検索機能」があり、様々なキーワードで写真や動画の絞り込みが可能です。

  1. 人物名で探す
  2. 場所で探す
  3. 季節や時間帯で探す
  4. 写真の種別で探す
  5. イベント内容で探す
  6. 一緒に写ってる対象物で探す

探したい写真の特徴(例:どこで撮影したか / 誰と撮影したか)を検索窓に入力するだけで、Googleの賢い画像識別技術によって高確率で目的の画像を探し当てることができます。

Googleフォトの超優秀な検索機能まとめ! 便利な連想ワードで過去の写真でもカンタンに見つかる
スマートフォンの写真管理に「Google フォト」を使っていますか? ボクは全てのスマートデバイス(iPhone / iPad / Android)に共通してインストールしており、撮影した写真やキャプチャしたスクリーンショット画像...

他にも便利な情報を掲載しているので、詳細は関連記事【Googleフォトを便利に使う豆知識まとめ! iOSやAndroidで写真をクラウドで賢く保存しよう】をご覧下さい。

Googleフォトを便利に使う豆知識まとめ! iOSやAndroidで写真をクラウドで賢く保存しよう
本ブログでも過去、「Googleフォト」の使用に関わる豆知識を色々と紹介してきました。 クラウド上で写真を管理できるGoogle公式のサービスであり、無料かつ無制限に写真や動画を自動でバックアップできるのは大変便利です。 ただ、...

 

〆:使い方に合わせて通信量やバッテリーを節約しよう!

以上、Googleフォトでスマートフォンのデータ通信量やバッテリーに負担の少ない動作とする設定方法 の說明でした。

Googleフォトは大変便利なアプリですが、一方で写真を何枚も撮影すると、気が付かないうちに大量のデータ通信量やバッテリー消費が発生しているリスクもあります。

一方、これら機能を制限すると使い勝手が悪くなる面もあるため、自身の使い方に合わせて最適な設定として下さい。

ご参考あれ。

Google フォト
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント