iPhone カメラを起動しても真っ暗で撮影できない 原因と解決策

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6915_03

iPhoneでカメラアプリを使っていると、たまに不具合に遭遇します。

個人的に良く聞くのが、「カメラアプリは起動するが、画面が真っ暗のまま撮影ができない」という症状。

本記事では、iPhoneでカメラを起動しても真っ暗になる症状の解決策を記載しています。

※iPhoneの他、iPadやiPodにも共通する内容となっています。

スポンサーリンク

iPhoneのカメラが真っ暗になる原因と解決策

下記画像の通り、iPhoneでカメラアプリを起動しても、画面が真っ暗で、何も写らない不具合がたまにあります。

6915_01

原因は主にハード面・ソフト面、両方に考えられます。

下記に4つの解決策を提示します。

解決策①:レンズを覆っているモノがないか

そもそも論ですが、iPhoneのカメラレンズ部分を覆っているモノがないか、今一度確認してみて下さい。

特に撮影中に意図せず指などでレンズを覆ってしまい、画面が暗いまま写真を撮っている可能性もあります。

解決策②:背面カメラと前面カメラを切り替える

2つ目の解決策として、背面カメラ(通常のカメラモード)と前面カメラ(インカメラ。自撮りの際に用いるカメラ)を切り替えて下さい。

モードは、カメラアプリ上の右上アイコンをタップすることで切り替わります。

6915_02

切り替えにより、症状が回復するケースがあります。

解決策③:カメラアプリを再起動

3つ目の解決策として、一度アプリスイッチャーからカメラアプリを消去し、再度ホーム画面上からアプリを再起動してみて下さい。

アプリを起動し直すことで、原因となっていたバグがリセットされるケースがあります。

解決策④:iPhoneを再起動

4つ目の解決策として、iPhone本体を再起動してみて下さい。

iPhoneをはじめ、スマートフォンは様々なアプリが同時に働いているため、カメラアプリの再起動のみでは、原因となっているバグをリセットしきれない場合があります。そこで、本体自体を再起動してしまうことで、手っ取り早くその他のバグを消去してしまいます。

iPhoneの再起動方法は、スリープボタンの長押しによる方法と、強制的に再起動をかける方法とがあります。

後者の方法については、下記記事をご参照下さい。

それでも解決できない場合…

以上1〜4の方法で解決ができない場合、最後の手段としてiPhoneを初期化するか、Apple公式サポートへ連絡してみるしかありません。

・iPhoneを初期化する手順

・Apple公式サポート

カメラをiPhoneに頼りすぎるのもリスクかも

以上、説明でした。

iPhoneの高機能化により、旅行に出かけても、専用カメラは持たず、iPhoneのカメラで済ませてしまう方も多いでしょう。

そんなとき、今回のような不具合が発生すると、せっかくの機会に写真撮影ができなくなってしまいます。

もしiPhoneカメラ画面が真っ暗になったら、ぜひご参考にして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする