Macで撮影したスクリーンショットを直接クリップボードにコピーしてiPhoneへ貼り付ける方法

スポンサーリンク

Macのスクリーンショットは様々なカスタマイズ方法があり、自分好みのスタイルで活用することができます。

が、実は撮影したキャプチャ画像を直接Macのクリップボードにコピーする方法もある、というのをご存知でしょうか?

コピーできれば、Mac上の他アプリへ貼り付けができますし、またユニバーサルクリップボードを活用すれば、そのままiPhoneやiPad上へ貼り付けがシームレスに実行できます。

関連記事

[iPhone/Mac] ユニバーサルクリップボードの使い方と留意点まとめ [macOS Sierra/iOS 10]

そこで本記事では、その手順を說明します。

スポンサーリンク

キャプチャを直接クリップボードにコピーする方法

手順①:controlキーを押しながら撮影する

まず、いつもの方法でスクリーンショットを撮影する際、control を押しながら撮影します。

Macでスクリーンショットを撮影する通常の方法は下記記事を参照下さい。

関連記事

[Mac] スクリーンショット(画面キャプチャ)の撮影方法! [画面全体/指定範囲/ウインドウ 対応]

例えば画面全体の撮影なら、

control + + shift + 3

指定範囲の撮影のみなら、

control + + shift + 4

となります。

押してみると、スクリーンショットが保存されず、何も反応がないことが分かります。

この状態が、実はMacのクリップボードにスクリーンショット画像がコピーされているのです。

手順②:クリップボードからペーストする

コピーできたら、さっそくペースト(貼り付け)をしてみます。

Mac上で貼り付けてみる

例えばEvernoteを開き、ペーストしてみると・・・

この通り、スクリーンショット画像をペーストできました。

iPhoneやiPad上で貼り付けてみる

さらに、Mac上でのペーストのみならず、ユニバーサルクリップボードを活用すれば、そのままiPhoneやiPad上へスクリーンショット画像を貼り付けることができます。

まず下記記事を参照に、ユニバーサルクリップボードを使う下準備をします。

関連記事

[iPhone/Mac] ユニバーサルクリップボードの使い方と留意点まとめ [macOS Sierra/iOS 10]

後は、Mac上で control を押しながらキャプチャを撮影し、iPhone上の任意のアプリでペースを選択すると、

この通り、撮影したスクリーンショット画像を貼り付けることができました。

〆:スクショの貼り付けが多いならオススメ!

以上、Macで撮影したスクリーンショットを直接クリップボードにコピーしてiPhoneへ貼り付ける方法 の說明でした。

Macで撮影したスクリーンショット画像を他のアプリやiPhone上へコピーする使い方を多用しているなら、本記事の手順を実施することで、画像のコピー&ペーストが非常に楽になります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい