[iOS] 海外で先行リリースされ日本で未公開のApp StoreのiPhoneアプリを入手する方法

スポンサーリンク

iOS向けApp Storeからアプリをインストールしようとすると、

ご希望のアイテムは、現在日本の Store ではご利用いただけません。

などのエラーが表示され、アプリを入手できないケースがあります。

これは「海外では配布されているけど、日本ではリリース(公開)されていないアプリ」で該当することが多いのですが、とある手順を踏むことで日本にいながらインストールすることが可能となります。

そこで本記事では、iOS向けApp Storeで、海外では先行リリースされた一方、日本では未公開であるアプリを入手する方法を紹介します。

脱獄(Jailbreak)は不要ですが少し手順が複雑になっているので、じっくりご覧あれ。

本記事は2018年1月現在のApple仕様に基づく内容となっており、今後活用できない可能性もあります。

同様に、AndroidのGoogle Playストアにある日本では入手できないアプリをインストールする方法は下記記事を参考あれ。

関連記事

[Android] 海外で先行リリースされ日本で未公開のGoogle Playストアのアプリを入手する方法

photo by Pixabay

スポンサーリンク

日本で未リリースのアプリを入手する方法 [iOS]

表示されるエラーメッセージとは?

「ご希望のアイテムは、現在日本の Store ではご利用いただけません。」というエラーは、日本ではまだリリース(公開)されていないアプリをインストールしようとする際に表示されることがあります。

例えば2018年1月現在、写真共有で有名な「Flickr」サイトのスマートフォン向けアプリ「Flickr」をインストールしようとすると、

iOS向けのApp Store上にアプリが存在することは確認できますが、エラーメッセージが表示され、インストールできません。

ただ一方で、エラーメッセージには”現在日本の Store では”と表示されるため、逆に言えば”海外の Store”へ接続できればアプリを入手できることを示唆しています。

そこで下記よりさっそくその方法を紹介します。

記事中では、iPhone 8 Plus(iOS 11.0.3)を例に説明しています。

手順①:Apple IDの新規作成画面へ進む

今回の手法では、現在サインインしているApple IDとは別に海外版のApple IDを作成するため、別途メールアドレスが必要となります。

GmailでもYahoo!メールでも種別は問いませんが、すでにApple IDで使われているアドレス以外を用意して下さい。

メールアドレスの準備ができたら、iPhone上で操作を行っていきます。

まず、「設定」よりApple IDページを開き、「iTunesとApp Store」へ進み、

現在ログインしているApple IDをタップして「サインアウト」します。

Apple IDにサインインしていない状態を確認できればOK。

続いて「App Store」アプリを開き、適当に任意のアプリをインストールしてみます。するとApple IDへのサインインを求められるため「Apple IDを新規作成」を選択し、

新規作成画面が表示されます。

手順②:海外版のApple IDを作成する

Apple ID作成に必要な情報を順番に入力していきます。

Email(メール):GmailでもYahoo!メールでも種別は問いませんが、すでにApple IDで使われているアドレス以外を入力します。

Password(パスワード):今後海外専用のアプリをインストールする際に必要となるため、しっかりメモをしておきましょう。

Country(国名):デフォルトで「日本」となっている国名をタップすると、Apple IDと紐付ける国名を変更できるので、一覧の中から、今回入手したいアプリをインストールできる国を選びましょう。多くの場合「アメリカ合衆国」で良いです。

Agree to Terms and Conditions(利用規約に同意する):トグルをタップしてオンにします。

全て入力できたら右上「Nexs(次へ)」をタップし、Personal Information(個人情報)の入力画面となります。

Title(敬称):男性・女性など自身の属性に合わせプルダウンメニューより選択します。

First Name(名前):自身の名前(名)を入力します。

Last Name(苗字):自身の苗字(姓)を入力します。

Birthday(誕生日):自身の誕生日を入力します。

Security Questions(秘密の質問):パスワードリセット時などに必要となる秘密の質問を設定します。Country(国名)を海外に紐付けると表記が英語となり非常に分かりづらいですが、頑張って記入します。

全て入力できたら右上「Nexs(次へ)」をタップし、Billing(請求)情報の入力画面となります。

Payment Method(支払い方法):登録には海外のクレジットカードが必要となるため「None(なし)」にチェックを入れます。

Billing Name(請求宛先名):先の画面で入力した氏名情報のままで良いでしょう。

Billing Address(請求宛先住所):米国の住所を入力する必要があります。ここで便利なのが海外のダミー住所を作成できる「Fake Name Generator」というサイトで、ランダムにその国の住所や電話番号を生成してくれます。

関連記事

海外サイトのアカウント登録向けに外国住所やクレジットカードのダミー情報を入手できるサイト

全て入力できたら右上「Nexs(次へ)」をタップし、メールアドレスの認証画面となります。登録したメールアドレスに認証コードが届くので入力して下さい。

最後に「Apple ID Completed(Apple IDの登録完了)」が表示されればOKです。

ここまでの作業の中で「We’ve run into a problem. Please try again later.(問題が発生しました。後ほど再度試して下さい。)」とエラーメッセージが表示され先に進めなくなるケースがあります。これはApple ID作成画面に入ってから時間が経ちすぎると表示される傾向があるため、一度初回の画面まで戻り再度手順に沿って進んでみて下さい。

手順③:海外専用のアプリを入手する

さて、いよいよ海外に紐づくApple IDを入手できたので、さっそく日本で配布されていないアプリをインストールしてみます。

が、現在の状態だと、海外に紐づくApple IDで日本版のApp Storeにサインインしているため、一度海外版のApp Storeへ切り替える必要があります。

再び適当に任意のアプリをインストールしてみて下さい。「このストアのアカウントではありません」とメッセージが表示されるので「Storeを変更」をタップして、海外版のApp Storeへ切り替えます。

これで「海外に紐づくApple ID」で「海外版のApp Store」にサインインしている理想の状態を準備できたので、後は目的の日本で配布されていないアプリをインストールするだけ。

例えば日本で入手できない「Flickr」アプリもインストール可能となっています。

もちろん、インストール後に起動してもアプリは正常に動作しました。

「海外に紐づくApple ID」でログインしたままだと、「メインのApple ID」で入手したアプリのアップデートができないため、目的のアプリをインストールした後で元の「メインのApple ID」へサインインし直すことをオススメします。

「メインのApple ID」でサインインしている状態でも、「海外に紐づくApple ID」で入手したアプリは正常に動作しますが、同様にアップデート時は「海外に紐づくApple ID」へサインインする必要がある点もお忘れなく。

今回紹介した手法はクレジットカード情報等、支払い手段を何も登録していないため、無料アプリのインストールに限定されます。もし日本で入手できない海外の有料アプリを手に入れたい場合、別途支払い手段を用意する必要があります。
かつては日本で作成したApple IDの地域 or 言語設定を海外に変更するだけで、海外版のApp Storeへアクセスできましたが、現在は海外の住所で登録された支払い手段を入力しないとエラーとなっています。

〆:海外専用アプリを楽しもう!

以上、[iOS] 海外で先行リリースされ日本で未公開のApp StoreのiPhoneアプリを入手する方法 の說明でした。

本記事の手順は内容が複雑であるため、少し分かりづらかったかもしれませんが、もし日本で未公開の海外専用アプリをインストールしてみたいなら、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい

『[iOS] 海外で先行リリースされ日本で未公開のApp StoreのiPhoneアプリを入手する方法』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/01/24(水) 12:47:27 ID:ee0ec721e 返信

    新規作成した途端にセキュリティ保護がかけられてしまいます。どうし¥すればいいでしょうか?

    • 名前:おるくす 投稿日:2018/01/29(月) 12:04:34 ID:633720e3b 返信

      iforgotでロックを解除できないかお試し下さい。ただ、今回の方法は非正規の豆知識となるため、利用環境によってはセキュリティ保護をかけられるのが仕様かもしれません。。。