iOSをiTunesで強制初期化する方法! パスコードを忘れた/電源が入らないiPhoneを復元しよう

スポンサーリンク

万が一、iOS(iPhone / iPad)のパスコードを忘れたり、電源が入らなくなった場合、本体を強制的に初期化するしかありません。

この作業はiPhone単体では不可能で、別途iTunesがインストールされたPCが必要ですが、操作方法さえ知っていれば誰でも試せる手法となります。

そこで本記事では、iOSをiTunesで強制初期化する方法を紹介します。

iPhoneを起動できず困っている方は、ぜひご覧あれ。

Androidを強制初期化する場合は、「Find My Device」か「リカバリーモード」機能より実行できます。詳細は別記事をご参考あれ。

関連記事

[Android] 暗証番号を忘れた端末をリセットする方法! 画面ロックやパスワードの分からないスマートフォンは強制初期化しよう

スポンサーリンク

iOSをiTunesで強制初期化!

iOSには大きく5種類の初期化方法があります。

①:「設定」から初期化する

②:iTunesの「復元」から初期化する

③:「リカバリーモード」で強制初期化する

④:DFUモードで強制初期化する

⑤:iCloudの「iPhoneを探す」で遠隔初期化する

それぞれ特徴がありますが、おおよそ、

通常の初期化→①と②

強制初期化(iPhoneが手元にある)→③と④

強制初期化(iPhoneが手元にない)→⑤

という分類になります。

関連記事

iOSを初期化する方法まとめ! iPhoneやiPadの個人情報を消去しよう

今回取り上げるような下記ケースに該当する場合、①と②のような通常の初期化は実施できない、または実施しても効果がありません。

パスコード(画面ロック)を解除できない

機能制限パスコードを解除できない

電源が入らない

iTunesでデバイスが認識されない / リカバリモードであると表示される

Appleロゴが数分間画面に表示されたままで進行状況バーが表示されない

「iTunesに接続」画面が表示される

一方、iTunesをインストールしたPCさえあれば、下記いずれかの方法でiPhoneを強制的に初期化して、上記問題を全てリセットできます。

③:「リカバリーモード」で強制初期化する

④:DFUモードで強制初期化する

下記よりそれぞれ③と④の手順について解説します。

事前準備:

今回紹介する2つの強制初期化では、どちらもiTunesを利用します。

PCには最新版のiTunesをインストールしておいて下さい。

ダウンロード iTunes

また、PCとiPhoneを接続するLightning(ライトニング)ケーブルも必要です。

ちなみに、強制初期化により再びiPhoneを使えるようになりますが、下記3点が注意点となります。

本体のデータ(写真やLINE)が消える

強制的に最新のiOSバージョンになる

iCloudを設定している場合「アクティベーションロック」がかかる 

日頃からデータのバックアップを実施していない場合、全て初期化されてしまいます。

関連記事

iOSのデータをバックアップする方法! iTunesとiCloudの特徴と使い方まとめ [iPhone/iPad]

また、iCloudで「iPhoneを探す」を有効にしている場合、強制初期化後に「アクティベーションロック」が自動でかかります。

関連記事

「iPhoneを探す」の使い方! 紛失/盗難時にiCloudから遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法

「アクティベーションロック」の解除にはサインインしていたApple IDとパスワードが必要となり、解除しない限りiPhoneを全く使用することはできません。

関連記事

[iOS] アクティベーションロックの有無を事前に確認する方法! 「iPhoneを探す」オンオフを調べよう

以上3点のリスクを確認できたら、さっそく下記より紹介する方法をお試し下さい。

記事中では、iPhone 5(iOS 10.3.3)をmacOS版iTunes(12.7.3.46)を使って強制的に初期化する手順を例に説明します。

「リカバリーモード」で強制初期化する

「リカバリーモード」でiPhoneを強制的に初期化する手順は、大まかに下記流れとなります。

iPhoneをPCへ接続してからiTunesを起動する

iPhoneを強制的に再起動する

PCのiTunes上で復元を実行する

各項目を解説します。

iPhoneをPCへ接続してからiTunesを起動する

まず最初に、iTunesがすでに起動していたら一度閉じて下さい。

次にiPhoneをPCへLightning(ライトニング)ケーブルを使って接続してから、iTunesを起動します。

iPhoneを強制的に再起動する

続いてiPhoneがPCへ繋がっている状態で、iPhoneを強制的に再起動します。

下記作業中、iPhone画面にAppleロゴが表示されてもボタンを離さず、「iTunesに接続」画面が表示されるまで待って下さい。

手順はシリーズによって異なり、

【iPhone 8 / X シリーズ】

①「音量ボタン(アップ)」を押してすぐ離す

②「音量ボタン(ダウン)」を押してすぐ離す

③「サイドボタン(スリープボタン / 電源ボタン)」を「iTunes に接続」画面が表示されるまで長押しする

【iPhone 7シリーズ】

①「スリープボタン」と「音量ボタン(ダウン)」を「iTunes に接続」画面が表示されるまで長押しする

【iPhone 6S 以前】

①「スリープボタン」と「ホームボタン」を「iTunes に接続」画面が表示されるまで長押しする

それぞれ以上の手順でiPhoneを強制的に再起動し、iPhoneに「iTunes に接続」画面が出た状態とします。

PCのiTunes上で復元を実行する

PCのiTunes上で、「アップデートまたは復元を必要としている iPhone“iPhone”に問題があります。」と表示が出ます。

もし今回改善したい事象が下記いずれかに該当する場合、「アップデート」を選択すればデータを残したまま解決できる可能性があります。

電源が入らない

iTunesでデバイスが認識されない / リカバリモードであると表示される

Appleロゴが数分間画面に表示されたままで進行状況バーが表示されない

「iTunes に接続」画面が表示される

一方、「アップデート」を選択しても改善がない、またはパスコード等を忘れたため初期化をしたい場合、「復元」を実行します。

続いて「iPhoneを工場出荷時の設定に戻してよいか?」というアラートが出るので、「復元とアップデート」を選択します。

この選択により、「iPhoneの初期化」と「最新iOSへアップデート」が行われ、iPhoneも何度か再起動を自動で繰り返します。

すでにiOSが最新の場合、初期化のみ実施されます。

例えば「iOS 9.1」にアップデートされる場合はこのような画面となる。

作業には時間がかかるため、気長に待ちましょう。

しばらく待つと初期化は完了するので、再びiPhoneの設定をし直します。

なお記事冒頭で記載した通り、iCloudで「iPhoneを探す」を有効にしている場合、強制初期化後に「アクティベーションロック」が自動でかかります。

以上がiTunesの「リカバリーモード」を使ったiPhoneの強制初期化方法となります。

参考 Appleサポート – iPhoneをアップデート/復元できない場合

DFUモードで強制初期化する

「DFUモード」でiPhoneを強制的に初期化する手順は、大まかに下記流れとなります。

iPhoneをPCへ接続してiTunesを起動する

iPhoneをDFUモードにする

PCのiTunes上で復元を実行する

「リカバリーモード」ですら初期化できない場合の最終手段が「DFUモード」です。

【DFUモードとは? 】 – Device Firmware Update(デバイス・ファームウェア・アップデート)の略で、iPhoneのOSを強制的にアップデートさせる際に起動するモードです。

「リカバリーモード」も「DFUモード」もiTunesを介してiPhoneを強制的に初期化する特徴は変わりませんが、大きな違いとして「DFUモード」はAppleが公式に公開している手法ではない、という点があります。

そのため、何らかのバグが発生してもAppleから補償を受けられない可能性もあり、リスクを承知の上実行する必要があります。

一方、両方法はiPhoneを初期化する仕組みが微妙に異なり、リカバリーモードがiPhone内部にある起動プログラム(=ローダー)を機能させてiTunesと接続するのに対して、DFUモードはこの起動プログラムを使わず、iTunesと強制的に接続させる方法となります。

そのため、iPhoneの起動プログラム(=ローダー)に不具合がある場合に、「DFUモード」なら初期化に成功するケースというのが存在します。

下記よりiPhoneをDFUモードで初期化する手順を解説します。

iPhoneをPCへ接続してiTunesを起動する

まず最初に、iTunesがすでに起動していたら一度閉じて下さい。

次にiPhoneをPCへLightning(ライトニング)ケーブルを使って接続してから、iTunesを起動します。

iPhoneをDFUモードにする

続いてiPhoneがPCへ繋がっている状態で、iPhoneをDFUモードにします。

手順はシリーズによって異なり、かなり複雑なので成功するまで何度か試して下さい。

【iPhone 8 / X シリーズ】

前提:電源オンの状態から始める

①「音量ボタン(アップ)」を押してすぐ離す

②「音量ボタン(ダウン)」を押してすぐ離す

③「サイドボタン(スリープボタン / 電源ボタン)」を10秒ほど押し続ける

④画面が暗転(黒い画面)したら「サイドボタン」を押し続けた状態で「音量ボタン(ダウン)」を5秒ほど押し続ける

⑤「サイドボタン」を離し「音量ボタン(ダウン)」をさらに10秒ほど押し続ける

【iPhone 7シリーズ】

前提:電源オフの状態から始める

①「スリープボタン」を長押しして電源をオンにする

②Appleロゴが表示されたら「スリープボタン」を押し続けつつ「音量ボタン(ダウン)」を同時に長押しする

③画面が暗転(黒い画面)したら「スリープボタン」を離し「音量ボタン(ダウン)」を押し続ける

【iPhone 6S 以前】

前提:電源オフの状態から始める

①「スリープボタン」を長押しして電源をオンにする

②Appleロゴが表示されたら「スリープボタン」を押し続けつつ「ホームボタン」を同時に長押しする

③画面が暗転(黒い画面)したら「スリープボタン」を離し「ホームボタン」を押し続ける

DFUモードの起動に成功したかどうかは、下記点で判断できます。

「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。」という表示

DFUモードの起動に成功すれば、PCの画面上で「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。」と表示されます。

DFUモードはApple公式の手法ではないため、表記は「リカバリーモード」となっていますが、しっかりDFUモードで起動できています。

シリアル番号の「N/A」という表示

DFUモードの起動に成功すれば、iTunes上のiPhoneのシリアル番号が「N/A」と表示されます。

ちなみに「リカバリーモード」で起動していると、シリアル番号がしっかり表示されます。

iPhoneの画面は暗転したまま

DFUモードの起動に成功すれば、iPhoneの画面は暗転(黒い画面)したままで何も表示されません。

ちなみに「リカバリーモード」で起動していると、iPhone画面上でiTunesの表示が出ます。

「iPhoneを復元」しか選択できない

DFUモードの起動に成功すれば、iTunes上は「iPhoneを復元」しか選択できません。

ちなみに「リカバリーモード」で起動していると、「アップデート」も選択可能です。

PCのiTunes上で復元を実行する

PCのiTunes上で「iPhoneを復元」を選択すると、

「iPhoneを工場出荷時の設定に戻してよいか?」というアラートが出るので、「復元とアップデート」を選択します。

以降は「リカバリーモード」で強制的に初期化した際と同じく、iPhoneが何度か再起動を自動で繰り返し、

しばらく待つと初期化は完了するので、再びiPhoneの設定をし直します。

なお記事冒頭で記載した通り、iCloudで「iPhoneを探す」を有効にしている場合、強制初期化後に「アクティベーションロック」が自動でかかります。

以上がiTunesの「DFUモード」を使ったiPhoneの強制初期化方法となります。

参考:リカバリーモード/DFUモードで初期化に失敗する場合

今回紹介した「リカバリーモード」・「DFUモード」でiPhoneを強制的に初期化できない場合、もう1つの強制初期化手段としてiCloudの「iPhoneを探す」で遠隔初期化する方法があります。

いくつか事前設定は必要ですが、iTunesは不要でAppleも認める公式機能となるため、「DFUモード」より安全に初期化を実行できます。

詳細は別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

「iPhoneを探す」の使い方! 紛失/盗難時にiCloudから遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法

〆:強制初期化となるケースは多い

以上、iOSをiTunesで強制初期化する方法! パスコードを忘れた/電源が入らないiPhoneを復元しよう の説明でした。

今回例に挙げた「パスコードを忘れた」・「電源が入らなくなった」以外にも、「機能制限パスコードを忘れた」・「脱獄(改造)したら動かなくなった」なども強制初期化が解決策となるケースとしてあります。

もしiPhoneを初期化することになれば、本記事の内容をぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい

『iOSをiTunesで強制初期化する方法! パスコードを忘れた/電源が入らないiPhoneを復元しよう』へのコメント

  1. 名前:瀬下次朗 投稿日:2017/05/18(木) 01:52:22 ID:6662ad246 返信

    お忙しいところ恐縮です。iphone4sでデータを消去しようとした際、誤って何度も違う番号を入力した為「iphoneは使用できません」というメッセージになりました。貴殿の記事から強制的に初期化する方法に従い試みましたが「iphoneがパスコードでロックされて、、、、」の画面になって復元できません。文中に「詳細な手順は別記事でまとめています」とありますが、どこを参照したらよいのでしょうか?ご教示頂ければ幸いです。

    • 名前:おるくす 投稿日:2017/06/12(月) 15:03:08 ID:5f39c0237 返信

      >>瀬下次朗さま
      ご返信が遅くなり申し訳ありません。記事「[iOS] パスコードを忘れたor電源が入らないiPhone/iPadをiTunesの強制復元で初期化する方法:http://sp7pc.com/apple/ios/ios-howto/4207」のうち、手順①以降が参照部分となります。

  2. 名前:ディバラさん 投稿日:2018/01/17(水) 19:23:28 ID:9df78d9f8 返信

    手順どうりしましたができません

  3. 名前:からあげ 投稿日:2018/05/12(土) 15:20:43 ID:ca5759894 返信

    この記事に書いてあるリカバリーモードを使用して強制再起動した場合携帯会社と契約している4Gなどの契約内容はどうなりますか?変わりませんか?

    • 名前:おるくす 投稿日:2018/05/12(土) 15:55:28 ID:1a802a621 返信

      基本的に契約内容は変わらないはずです。より正確な情報は携帯会社へ直接問い合わせれば確実かと思います。