iPhoneの画面をMacで撮影する方法! iOSのスクリーンをミラーリングして録画(キャプチャ)しよう

iOS使い方

iPhoneの画面は、Mac標準アプリ「QuickTime Player」を使ってカンタンに動画として撮影できます。

そこで本記事では、その録画手順を紹介します。

iPadやiPodでも使えるので、ぜひご覧あれ。

photo by William Brawley

 

iPhoneの画面をMacで録画!

 

QuickTime Playerで撮影 – ①:事前準備

今回の手法で必要な事前準備です。

iPhone本体 – iOS 要件:8.0 以上 ※iPad / iPodでも可

Mac本体 –  OS X 要件: 10.10(Yosemite)以上

QuickTime Player –  バージョン 10.4 以上

USB-to-Lightning ケーブル

まずUSB-to-Lightningケーブルを使って、画面を録画したいiPhoneとMacを接続します。

Macと接続するのが初めての場合、iPhone画面上に「このコンピューターを信頼しますか」と出るので「信頼」を選択して下さい。

続いてMacでQuickTime Playerを開き、メニューバーから「ファイル」→「新規ムービー収録」と進みます。

するとMacのインカメラから映される映像が表示されます。

Macのインカメラを無効にしたい場合、別記事で方法を解説しています。

関連記事

iSight Disabler – Macの内蔵カメラを無効にして第三者の監視を防ぐ方法 [macOS Sierra対応]

 

QuickTime Playerで撮影 – ②:音声の入力元を選択する

iPhoneの映像を録画する際、音声の入力元を選択できます。

iPhoneで流れる音声も一緒に録画する

iPhoneの音声は録画せずMac内蔵マイクを使う

iPhoneで流れる音声も一緒に録画する

iPhoneで流れる映像と音声をそのままMacへミラーリングする設定です。

撮影画面の”∨”アイコンをクリックし、「カメラ」と「マイク」をiPhoneに切り替えます。

すると接続しているiPhoneの画面が表示されます。

今回はiPhoneの音声も録音するので、ゲームやミュージックプレーヤーの音楽がMacから流れることも確認します。

例えば「どうぶつの森 ポケットキャンプ」のBGMがMacから流れる。

iPhoneの音声は録画せずMac内蔵マイクを使う

iPhoneで流れる映像のみMacへミラーリングし、BGMなど音声は録音しない設定です。

撮影画面の”∨”アイコンをクリックし、「カメラ」のみiPhoneに切り替えます。

すると接続しているiPhoneの画面が表示されます。

今回はiPhoneの音声は録音しないため、ゲームやミュージックプレーヤーの音楽は流れません。

代わりにMac内蔵マイクを有効にしているので、自身の話した声が拾えているか確認します。

例えば「どうぶつの森 ポケットキャンプ」のBGMはMacから流れず、内蔵マイクが機能している。

目的に合わせて音声の入力元を変えよう

2つの方法はそれぞれメリット・デメリットがあります。

例えば「iPhoneで流れる音声も一緒に録画する」方法なら、iPhoneでプレイするゲーム映像をMacで録画する際、ゲーム内のBGMまで出力できます。

一方、ゲーム映像に別途解説の音声を加えたい場合、Macの内蔵マイクが無効化されているため、同時に編集ができない欠点があります。

Macで録画する目的に合わせてうまく設定できると良いですね。

 

QuickTime Playerで撮影 – ③:録画開始〜保存

設定した音声の入力元に関わらず、以降の録画開始〜保存の流れは共通です。

まず赤いボタンをクリックすると録画スタートとなり、

黒いボタンをクリックで、録画終了です。

録画中は右下に”現在までの動画ファイル容量”も表示されるので、終了する目安にして下さい。

録画した映像・音声はすぐ再生できるので、内容を確認します。

問題なければ、mp4形式で動画を保存できます。

改めて再生して映像と音声をチェックしましょう。

 

補足:

QuickTime Playerが固まる場合

環境によってはiPhone接続中にQuickTime Playerで下記のような不具合が発生し、先に進めないことがあります。

QuickTime Player画面が固まる

QuickTime Player画面が真っ暗になる

レインポーカーソルがずっとクルクルし続ける

QuickTime Player画面が真っ暗になった例。

特に「カメラ」や「マイク」設定を切り替える際に、発生する可能性が高いです。

この場合、下記の解決策を試して下さい。

「カメラ」や「マイク」を標準に戻す(カメラ→FaceTime HD Camera / マイク→内蔵マイク)

QuickTime Playerを一度終了してから再度開く

iPhoneとMacのUSB接続を一度外してから再び挿入する

iPhoneの音声のみ出力したい場合

QuickTime Playerを使えば今回とほぼ同様の流れで、映像抜きでiPhoneの音声のみMacへ出力・録音できます。

詳細は別記事で解説しています。

関連記事

iPhoneの音声をMacから出力する方法! iOSデバイスのサウンドをmacOSのスピーカーで再生しよう

 

〆:カンタンに撮影できるのでオススメ

以上、iPhoneの画面をMacで撮影する方法! iOSのスクリーンをミラーリングして録画(キャプチャ)しよう の說明でした。

Macさえ持っていれば、サードパーティ製アプリを別途インストールする手間要らずで、カンタンにiPhoneやiPadの画面を撮影することができます。

ぜひ、お試しあれ。

参考 Appleサポート – QuickTime Playerを使う方法

iOS使い方
おるくす

会社員兼業ブロガー。ガジェットネタと旅ネタを中心としたブログ「あっとはっく」を主宰し、日々役立つ(?)情報やどうでもいい情報を発信中。夢は現代版スナフキン。横浜出身のO型。

おるくすをフォローする
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント