[Mac] 外出先でTime Machineから復元する方法! ローカルスナップショットでタイムマシンを利用できる

Mac

ボクは外付けHDDでMacのデータをTime Machineへバックアップしています。

[Mac] 外付けHDDにTimeMachine(タイムマシン)領域とWindows対応のデータ領域を作る方法
ボクはMacのデータをバックアップするために、外付けHDDでTimeMachine(タイムマシン)を動かしています。 ただその後、外付けHDDをWindowsに繋げたところ、読み取りがされない問題が発覚しました。 ...

ただMacBook Airを使っているので外出先で利用する機会が多く、常に外付けHDDを携帯しているわけではありません。

そのような状況でもしTime Machineで復元したい(=ある時点までデータを遡りたい)場合、実はMac本体に自動バックアップされる直近のデータより復元できる可能性があります。

そこで本記事では、外付けHDDがない状況でも、Mac本体に保存されたバックアップよりTime Machineからデータを復元する方法を記載します。

もしもの時に備え、知ってると役に立ちますよ。ぜひご覧あれ。

 

スポンサーリンク

Time Machineの保存期間は3種類ある

Time Machineは、主に3種類に分けて保存期間が設定されています。

  • 1時間毎のバックアップ:24時間保存
  • 1日毎のバックアップ:1ヶ月間保存
  • 1週間毎のバックアップ:永久に保存(ディスクの容量が許す限り)

上記ルールに沿って、外付けHDDにデータを自動でバックアップしていきます。

ただ、常に外付けHDDがMacに接続されているわけではないため、バックアップのタイミングで外付けHDDが接続されていない場合、一時的にMac本体にバックアップデータを残す仕様があります。

それが「ローカルスナップショット」という機能です。

【ローカルスナップショット機能とは】 – Mac ノートブックコンピュータが常に Time Machine バックアップドライブの近くにあるとは限らないため、Time Machine はバックアップの一部も起動ドライブに保管しておきます。こうしたローカルスナップショットは、Time Machine を「入」にすると自動的に有効になり、「切」にすると無効になります。毎日のスナップショットが 24 時間ごと (コンピュータを起動または再起動した時点からカウント)、毎週のスナップショットが 1 週間ごとに 1 つずつ保存されます。

引用 Apple – Time Machine のローカルスナップショットについて

要するに、外付けHDDが接続されていないときの緊急策みたいなイメージ。バックアップのバックアップともいえます。

利用シーンとして、最後に外付けHDDへTime Machineのバックアップを作成した”以降”の時点へデータを復元したい(遡りたい)場合に、Mac本体にバックアップされている「ローカルスナップショット」が役に立ちます。

もちろん、Mac本体のデータがすべて消失してしまうと「ローカルスナップショット」すら消えてしまい復元できなくなりますし、Mac本体のデータ容量が一杯だとバックアップは行われないため、完全なバックアップとはいえない機能です。

が、例えば誤って特定のファイルを消してしまった場合や、ある時点までデータをリストアしたい場合など、一定の条件下で「ローカルスナップショット」は非常に有用です。

下記より「ローカルスナップショット」からデータを復元する手順を説明します。

 

ローカルスナップショットで復元する方法

基本的に、通常Time Machineから復元する際と流れは同様です。

まず、メニューバーよりTime Machine へ入ります。

外付けHDDが接続されていないと、自動的に「ローカルスナップショット」でバックアップされたデータへアクセスします。

「ローカルスナップショット」にバックアップされたデータが、Finderのウインドウリストで表示されるので、サイドバーに出る日時も参考に、復元したい時点を探します。

もちろん、「ローカルスナップショット」は不完全なバックアップとなるため、遡れるデータには限界があります。ボクの場合、約1週間前までの情報が遡及の限界でした。

復元したい時点があれば、ウインドウ下に表示される「復元」を選ぶことで実行されます。

この「ローカルスナップショット」を使えば、最近アップデートしたアプリのバージョンを元に戻すことも可能です。

Macでアプリを旧バージョンにダウングレードする方法! macOSでApp Storeの古いソフトをTime Machineで復元しよう
App Storeから入手したMacのアプリは、基本的に古いバージョンへダウングレードできません。 ただ「Time Machine」でバックアップしていれば、元のバージョンへ戻せる可能性があります。 そこで本記事では、その方法を...

 

補足:Macと外部記憶媒体の便利な豆知識

本ブログではほかにも、Macと外部記憶媒体に関わる情報を記載しています。

例えばiTunesを使ってiOS(iPhone / iPad)のバックアップを作成すると、バックアップデータはパソコンの内部ストレージへ保存されるのが通常です。

が、「ターミナル」で指定コマンドを入力して新しいシンボリックリンクを作ることで、擬似的にバックアップを外部記憶媒体で保存できるようになります。

[Mac] 外付けHDDにiTunesのiPhoneバックアップを作成する方法! 保存先を変更してストレージ空き容量を増やそう
iPhoneはiTunesを使ってパソコンへバックアップできますが、バックアップデータはパソコン側の内部ストレージへ保存されるため、容量圧迫の要因となります。 特に昨今のiOSはストレージ量が128GBや256GBと大きい傾向があるた...

このような情報はまとめて関連記事【Macで外部ストレージを上手に使う豆知識まとめ! 外付け記憶媒体(HDD/USBメモリ/SDカード)とmacOSを連携しよう】で解説しています。

Macで外部ストレージを上手に使う豆知識まとめ! 外付け記憶媒体(HDD/USBメモリ/SDカード)とmacOSを連携しよう
本ブログでも過去、Macで外部ストレージを使用する際の豆知識を色々と紹介してきました。 Macbookシリーズだと、スペックによってはストレージが少ない(例:64GB / 128GB)欠点があるため、外付けHDDやUSBメモリ等、外部...

 

〆:便利だが信頼しすぎに注意!

以上、[Mac] 外出先でTime Machineから復元する方法! ローカルスナップショットでタイムマシンを利用できる の説明でした。

記事中で解説した通り「ローカルスナップショット」は不完全なバックアップです。

通常外付けHDDにバックアップした際と同様の水準で復元できるわけではないため、定期的に外付けHDDに接続してTime Machineのバックアップを実行するべきです。

それでも「ローカルスナップショット」は、つい大切なデータを消去してしまったときや、数時間前のデータにリストアしたいときなどは便利です。

ぜひお試しあれ。

Mac
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント