Androidに仮想ホームボタンを追加する方法! 画面上にフローティングボタンを固定しよう

スポンサーリンク
Android

この記事では、Androidに3つの仮想ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)を追加する方法を紹介します。

まず1つ目のパートでは、ジェスチャーナビゲーションから3ボタンナビゲーションに戻す手順を解説します。

消えた3ボタンナビゲーションを戻す説明

(右)3ボタンナビゲーションに戻せば、仮想ボタンも復活する。

2つ目のパートでは、画面上の好きな場所にフローティングボタン(オーバーレイボタン)を追加する手順を解説します。

画面上に仮想ボタンを追加する説明

3つの仮想ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)を好きな場所に表示できる。

ニーズに合わせて、それぞれお試し下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

消えた3ボタンナビゲーションを常に表示する方法

このパートでは、非表示となった3つの仮想ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)を復活させる手順を解説します。

ほとんどの場合、新しい機能「ジェスチャーナビゲーション」に切り替わったのが原因です。

説明の流れ
  • 前提
    ジェスチャーナビゲーションについて
  • 方法①
    設定から3ボタンナビゲーションを復活させる
  • 方法②
    adbコマンドで3ボタンナビゲーションを復活させる
  • 参考
    それでも画面下のボタンが消えたままの場合

前提:ジェスチャーナビゲーションについて

Androidでは長年、ナビゲーションバーに3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)が表示されるデザインが一般的でした。

ナビゲーションバーの説明

ホーム画面はもちろん(左)、任意アプリ画面上も常に表示される(右)。

ただAndroid 9で2ボタンナビゲーション、Android 10でジェスチャーナビゲーションが導入されました。

3パターンのナビゲーションバーの説明

上から3ボタンナビゲーション、2ボタンナビゲーション、ジェスチャーナビゲーションのデザイン。

従って、現在Androidでは3パターンのナビゲーションバーが存在することになります。

名称特徴
3ボタンナビゲーション3つのボタン(◉ホーム/◀戻る/■最近)で操作
2ボタンナビゲーション2つのボタンと一部ジェスチャーで操作
ジェスチャーナビゲーションすべてジェスチャーで操作(ボタンなし)

もし仮想ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)が消えて困っている場合、このナビゲーションバーの設定が変わっている可能性が高いです。

本パートでは、元の3ボタンナビゲーションに戻す方法を2パターン解説します。

  1. 設定から戻す方法
  2. adbコマンドで戻す方法
方法1が最もオススメです。ごく一部の機種で非対応のため、その場合は方法2をご参考下さい。

方法①:設定から3ボタンナビゲーションを復活させる

Android設定アプリのアイコン設定より切り替え可能です。

例えばXperia 10 II(Android 11)なら、システムジェスチャー と進み、

設定から3ボタンナビゲーションへ切り替える手順1

システムナビゲーション より 3ボタンナビゲーション を選択すればOK。

3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)が表示されます。

設定から3ボタンナビゲーションへ切り替える手順2

以上、Xperiaにおける例でした。

(基本的に)どの機種でも搭載される機能なので、うまく見つからない場合、Android設定アプリのアイコン設定の検索機能で「ナビゲーション」などのキーワードで調べてみて下さい。

方法②:adbコマンドで3ボタンナビゲーションを復活させる

ごく一部の機種ですが、Android設定アプリのアイコン設定から3ボタンナビゲーションを選択できず、ジェスチャーナビゲーションに固定されるケースがあります。

例えばPixel 3a XL(Android 9)が該当しますが、パソコンからadbコマンドを実行すれば戻せる可能性があります。

【adbコマンドとは?】 – adb(Android Debug Bridge)コマンド。通常の設定画面からは行えない、高度なカスタマイズ指示をAndroidへ与えられるGoogle公式ツール。

なんだか難しそうですが、、プログラムの知識がない一般ユーザーであっても、割と簡単に操作できるツールとなっています。

作業の流れです。

  1. パソコンのadb環境等を用意する
  2. サードパーティ製のランチャーアプリを導入する
  3. adbコマンドでPixel Launcherをアンインストールする(pm uninstall)
  4. adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする
プリインストールのランチャーアプリによって、ジェスチャーナビゲーションに固定されています。このアプリを無効化してから、3ボタンナビゲーションを有効にするadbコマンドを実行することで、元に戻せます。

1. パソコンのadb環境等を用意する

お使いのパソコンでadbコマンドを使用できる環境を用意して下さい。

Windows・Macそれぞれにおける手順は関連記事で解説しています。

Windowsでadbコマンドを使う方法! Android SDKを入れてパソコンのコマンドプロンプトから操作しよう
この記事では、Windows PCでadbコマンドを使う方法を解説します。
Macでadbコマンドを使う方法! Android Studioを入れてmacOSのターミナルから操作しよう
この記事では、Macでadb環境をインストールする方法を解説します。 何かの操作で「adb環境が必要と言われた!」なら、ぜひ本記事をご覧あれ。 本記事はMac向けの内容です。Windowsユーザーの方は、 ...

次のコマンドで、デバイスの接続確認まで済んでいればOKです。

adb devices
詳しくは長くなるため、関連記事をご確認下さい。。。
adb devicesで接続確認する手順

接続したAndroid実機を認識できればOK。

2. サードパーティ製のランチャーアプリを導入する

この後の操作で、デフォルトのPixel LauncherのアイコンPixel Launcherを削除するため、代替となるランチャーアプリ(ホームアプリ)を用意しましょう。

例えば、Nova LauncherのアイコンNova Launcherなどオススメです。

PlayストアアプリのアイコンPlayストアで”ランチャー”・”ホームアプリ”など検索すれば、いろいろヒットします。
サードパーティ製のランチャーアプリを導入する説明

(左)Nova Launcherを入手する (右)新しいホームアプリとして設定する

3. adbコマンドでPixel Launcherをアンインストールする(pm uninstall)

通常、プリインストールアプリであるPixel LauncherのアイコンPixel Launcherはアンインストール不可です。

が、adbコマンドを使えば、無理やり削除できます。

adb shell pm uninstall -k --user 0 com.google.android.apps.nexuslauncher
adbコマンドでPixel Launcherを強制アンインストールする説明

コマンドを実行して「Success」と表示されればOK。

4. adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする

下記adbコマンドで、3ボタンナビゲーションを有効にします。

adb shell settings put secure system_navigation_keys_enabled 1

adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする手順1

再起動後、3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)が表示されれば成功です。

adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする手順2

合わせてマルチタスク画面のレイアウトも変化します。

adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする手順3

現在の横並びから(左)、以前までの縦並び(右)に変わる。

なお元に戻したい場合、Pixel LauncherのアイコンPixel Launcherを再インストールすればOK。

やり方はいろいろありますが、例えば下記adbコマンドを実行すればラクです。

adb shell cmd package install-existing com.google.android.apps.nexuslauncher

adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする手順4

再起動後、ジェスチャーナビゲーションに戻っていれば成功です。

参考:それでも画面下のボタンが消えたままの場合

3つの原因が考えられます。

  • 機種の仕様で3ボタンナビゲーションが用意されていない
  • ナビゲーションバーを自動で隠す設定がオンになっている
  • 一時的なバグが発生している

機種の仕様で3ボタンナビゲーションが用意されていない

ごく一部の機種ですが、Android設定アプリのアイコン設定から3ボタンナビゲーションを選択できず、ジェスチャーナビゲーションに固定されるケースがあります。

先に紹介したadbコマンドを使う手順も参考にならない場合、サードパーティ製アプリを使う代案があります。

例えばNavigation BarのアイコンNavigation Barというアプリがオススメです。

Navigation Barの説明

擬似的な3ボタンナビゲーションを導入できる。

ナビゲーションバーを自動で隠す設定がオンになっている

HuaweiやSHARPなど、一部機種はナビゲーションバーを自動で非表示とする機能が搭載されます。

意図せず有効になってないか確認してみましょう。

Huawei P20 liteの例

Android設定アプリのアイコン設定より システムシステムナビゲーション と進み、「3つのキーによるナビゲーション」の 設定 で、ナビゲーションキーを非表示 を確認します。

Huawei P20 liteでナビゲーションバーを隠す手順1

有効になっているとナビゲーションバーの端に矢印 v が表示され、タップするとナビゲーションバーが非表示になります。

Huawei P20 liteでナビゲーションバーを隠す手順2

矢印vをタップすると(左)、ナビゲーションバーが非表示になる(右)。

AQUOS sense3の例

Android設定アプリのアイコン設定の ディスプレイ より ナビゲーションバーを隠す を確認します。

AQUOS sense3でナビゲーションバーを隠す手順1

有効になっていると、普段はナビゲーションバーが非表示となります。

使いたいときだけ、画面下から上へスワイプすれば引き出すことが可能です。

AQUOS sense3でナビゲーションバーを隠す手順2

以上、HuaweiとSHARPにおける例でした。

お使いの機種にも搭載されている可能性があるため、Android設定アプリのアイコン設定の検索機能で「ナビゲーション」・「全画面」などのキーワードで調べてみて下さい。

一時的なバグが発生している

機種によって、3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)の一部だけ非表示となるバグがあります。

ボクの環境だと、arrows Be F-04Kでよく発生しました・・・
一時的なバグで戻るボタンが消える説明

◀戻るボタンだけ消えてしまった例。

たいていの場合、再起動すれば改善するのでお試し下さい。

 

Androidで仮想ボタンのアプリを導入する方法

このパートでは、画面上の好きな場所にフローティングボタン(オーバーレイボタン)を追加する手順を解説します。

通常のナビゲーションバーとは別に仮想ボタンを設置できるため、次のような悩みに有効です。

  • 片手操作ではナビゲーションバーに指が届かない
  • タッチパネルの故障でナビゲーションバーが反応しない
  • Xperiaのサイドセンスと似たようなアプリを探している

具体的には、PlayストアアプリのアイコンPlayストアで配信されるアプリの中で、オススメを2つ紹介します。

アプリ①:メニューボタンの使い方

Xperia 10 II(Android 11)で検証しています。

初期設定として、各種アクセス権限の許可が求められます。画面に従って操作して下さい。

メニューボタンの使い方1

(左)画面に従い初期設定する (右)「サービスは開始済みです」と出ればOK

メニューボタンのアイコンメニューボタンが有効になると、画面にフローティングボタンが出現します。

  • メニューボタンの戻るアイコン:戻る
  • メニューボタンのホームアイコン:ホーム
  • メニューボタンの最近アイコン:最近
  • メニューボタンのメニューアイコン:メニュー
それぞれタップすれば、ナビゲーションバーに並ぶ3ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)と同じ動作をします。
昔のAndroidに存在した︙メニューボタンも再現できます。︙メニューボタンがないと設定を開けない、古いアプリを使っているなら便利です。
メニューボタンの使い方2

最近ボタンをタップして(左)、マルチタスク画面を開く例(右)。

このフローティングボタンは自由にカスタマイズできます。

  • ボタンの位置・向き・大きさを変える
  • ボタンの機能を変える
  • 指定アプリでのみボタンを表示する

ボタンの位置・向き・大きさを変える

ボタンの位置は、ドラッグ&ドロップで調整できます。

メニューボタンの使い方3

画面上の好きな場所へ移動できる。

また「全般」タブの ボタンを回転 で、向きを縦⇔横の切り替え可能。

メニューボタンの使い方4

「ボタンを回転」タップで(左)、横向きへ変わる(右)。

他にも、フローティングボタンのデザインを調整できる項目が用意されています。

メニューボタンの使い方5

形を「円形」、サイズを大きくした例。

ボタンの機能を変える

「ボタン」タブより、各機能にチェックを入れれば、新しいフローティングボタンが追加されます。

メニューボタンの使い方6

「スクリーンショット」と「画面オフ」を追加した例。

また各ボタンで「タップ」と「長押し」、それぞれ異なる機能を設定することも可能です。

メニューボタンの使い方7

戻るボタンの例。長押しで通知バーを開けるようにした。

その他、ボタンの非表示・位置入れ替えも調整できます。

指定アプリでのみボタンを表示する

「アプリ」タブの+ボタンより、特定のアプリを選択。

登録したアプリでのみボタンを表示する をオンにすれば、

メニューボタンの使い方8

そのアプリ起動中のみ、フローティングボタンが出現します。

メニューボタンの使い方9

Chromeを指定した例。ホーム画面などではボタンが消える。

以上、メニューボタンのアイコンメニューボタンの基本的な使い方でした。

無料版だと一部機能に制限があります。今後も使い続けるなら、アプリ課金をご検討下さい。

もし類似のアプリをお探しであれば、戻るボタンのアイコン戻るボタンもオススメです。

見た目や機能が似ており、無料で使えるので、合わせてどうぞ。

戻るボタンの説明

戻るボタンアプリの操作画面。

もしPlayストアアプリのアイコンPlayストアで探す場合、”仮想ボタン”・”Home Button”などで調べると、いろいろ見つかります。

アプリ②:Multi-action Home Buttonの使い方

Pixel 3a XL(Android 12)で検証しています。

画面に従ってMulti-action Home ButtonのアイコンMulti-action Home Buttonの初期設定を終えると、仮想ホームボタンが出現します。

これをタップすれば、ナビゲーションバーの◉ホームボタンと同じ動作をします。

Multi-action Home Buttonの使い方1

ナビゲーションバー付近に青い光の仮想ボタンが出る。

この仮想ホームボタンは自由にカスタマイズできます。

  • ボタンの機能を変える
  • ボタンの見た目を変える

ボタンの機能を変える

仮想ホームボタンの「ダブルタップ」・「長押し」に新しい機能を追加できます。

Multi-action Home Buttonの使い方2

(左)設定メニュー (右)追加できる機能一覧

例えば無料版なら、次の機能を設定できます。

名称機能
Homeホーム画面に戻る
Recent applications最近のアプリ履歴を開く
Pull down notification通知バーを開く
Device settings設定アプリを開く
Selected application指定アプリを開く
Back戻る

ボタンの見た目を変える

仮想ホームボタンのサイズや、

Multi-action Home Buttonの使い方3

(左)設定メニュー (右)左右スライドで調整する

カラーを調整できます。

Multi-action Home Buttonの使い方4

(左)設定メニュー (右)一覧からカラーを選ぶ

以上、Multi-action Home ButtonのアイコンMulti-action Home Buttonの基本的な使い方でした。

無料版であっても広告表示がなく、操作も快適です。またPro版を購入すれば、左右両端にも仮想ホームボタンを追加できます。

もし類似アプリをお探しであれば、J TouchのアイコンJ Touchもオススメです。

こちらも仮想ホームボタンを追加して、様々な機能を設定できます。合わせてどうぞ。

J Touchの説明

J Touchアプリの操作画面。

もしPlayストアアプリのアイコンPlayストアで探す場合、”ホームボタン”・”Home Button”などで調べると、いろいろ見つかります。

 

補足:Androidの画面下ボタンに関するアレコレ

このパートでは、ナビゲーションバーの仮想ボタンに関する細かい情報を補足します。

興味があれば、どうぞ。

説明の流れ
  • 補足①
    iPhoneのAssistiveTouchを導入する方法
  • 補足②
    仮想ボタンの位置を変える方法
  • 補足③
    仮想ボタンを消す方法

iPhoneのAssistiveTouchを導入する方法

PlayストアアプリのアイコンPlayストアで配信されるアプリを使えば、iPhone標準のAssistiveTouch機能を、Androidでも再現できます。

Assistive Touchアプリの説明

操作画面例。

好きな画面からメニューを開き、3つの仮想ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)も配置されるため、ナビゲーションバーに触れずともサクサク操作が可能になります。

詳細は関連記事【AndroidでAssistiveTouchを使う方法! iPhone独自機能をすべてのスマートフォンで再現しよう】で解説しています。

AndroidでAssistiveTouchを使う方法! iPhone独自機能をすべてのスマートフォンで再現しよう
iPhoneやiPadの「AssistiveTouch」機能をご存知でしょうか? AssistiveTouch を利用して、デバイスをコントロールしたり、ピンチ、複数の指でのスワイプ、3D Touch といったジェスチャの実行に役立てたり...

仮想ボタンの位置を変える方法

ナビゲーションバーのボタン並び順は主に2パターンあり、機種によって異なります。

  • (左から)◀戻る→◉ホーム→■最近
  • (左から)■最近→◉ホーム→◀戻る
特にGalaxyシリーズは伝統的に、左端に■最近、右端に◀戻るという配置が多いです。

これは3パターンの方法で並び替え可能です。

方法メリットデメリット
①:
端末の標準機能を使う
  • 操作がカンタン
  • 一部機種のみ対応
②:
adbコマンドを使う
  • 機種依存なし
  • 幅など微調整可能
  • Android 10以降は非対応
  • 操作が少し難しい
③:
アプリを使う
  • 機種依存なし
  • OS制限なし
  • ナビゲーションバー自体
    に変更を加えることはできない

例えば(左から)◉ホーム→◀戻る→■最近という並び順も実現できます。

仮想ボタンの位置を変える説明

(右)ボタンの並び順を、◉ホーム→◀戻る→■最近とできる。

仮想ボタンを消す方法

ナビゲーションバーに並ぶ3つの仮想ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)を消したい場合、2パターンの解決策があります。

  1. ジェスチャーナビゲーションへ切り替える
  2. 一時的にナビゲーションバーを非表示にする

1. ジェスチャーナビゲーションへ切り替える

Pixel 3a XL(Android 12)を例に説明します。

Android設定アプリのアイコン設定で システムジェスチャー と進み、

ジェスチャーナビゲーションへ切り替えて仮想ボタンを消す手順1

システムナビゲーション より ジェスチャーナビゲーション を選択すればOK。

ジェスチャーナビゲーションへ切り替えて仮想ボタンを消す手順2

2ボタンナビゲーションはAndroid 9以降、ジェスチャーナビゲーションはAndroid 10以降が条件です。またOS要件を満たしていても、端末メーカーの方針で非対応のケースもあります。

これで◉ホームボタン等は消え、代わりにジェスチャーで操作する仕様となります。

ジェスチャーナビゲーションへ切り替えて仮想ボタンを消す手順3

(左)従来のナビバー (右)新しいジェスチャーナビ

ジェスチャーナビゲーションの詳しい仕様は、関連記事【Androidでジェスチャーナビゲーションを使う方法! スマホを下からスワイプ操作しよう】で解説しています。

Androidでジェスチャーナビゲーションを使う方法! スマホを下からスワイプ操作しよう
この記事では、ジェスチャーナビゲーションの使い方を解説します。細かいカスタマイズ方法も網羅しているので、ぜひどうぞ。

2. 一時的にナビゲーションバーを非表示にする

全画面表示への切り替えれば、ナビゲーションバー自体が出現しなくなります。

例えばサードパーティ製アプリ(例:Immersive SettingsのアイコンImmersive Settings)を使えば、自由に全画面表示のコントロールが可能となります。

一時的にナビゲーションバーを非表示にする説明

Chromeアプリの例。通常画面から(左)、フルスクリーンへ切り替えた(右)。

Androidの全画面表示は奥が深く、説明が長くなるため、詳細は関連記事【Androidを全画面表示する方法! ステータスバー/ナビゲーションバー/ホームボタンを隠してフルスクリーンモードへ】で解説しています。

Androidを全画面表示する方法! ステータスバー/ナビゲーションバー/ホームボタンを隠してフルスクリーンモードへ
この記事では、Androidを全画面表示する方法について解説します。ステータスバー/ナビゲーションバーを隠して、スマホをフルスクリーンで楽しみましょう。

 

〆:スマホの仮想ボタンを使いこなそう!

以上、Androidに仮想ホームボタンを追加する方法! 画面上にフローティングボタンを固定しよう の説明でした。

Androidでは、3ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)がすべての操作の基本となります。

本記事を参考に、うまく仮想ボタンをカスタマイズして下さい。

ぜひ、ご参考あれ。

参考 Androidヘルプ – Androidスマートフォンを使いこなす

参考 Galaxy – ナビゲーションバーを表示または非表示にする方法を教えてください。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました