Androidでナイトモードを設定する方法! スマホにブルーライトカットのフィルターを付けよう

スポンサーリンク
Android

本記事では、Androidでブルーライトカット機能があるナイトモードを使う方法を紹介します。

ナイトモードは別称、”夜間モード”・”ナイトシフト”など呼ばれます。
ナイトモードの説明

ナイトモードを適用した画面。

スマートフォンの使いすぎで、目が疲れている方はぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidの夜間モードでブルーライトフィルターを付ける方法

本パートでは、具体的にナイトモードを設定する手順を解説します。

最初にブルーライトの基本情報も説明しているので、合わせてどうぞ。

説明の流れ
  • 前提
    ブルーライトとナイトモードとは?
  • 方法①
    端末標準のナイトシフトを使う
  • 方法②
    アプリTwilightを使う

前提:ブルーライトとナイトモードとは?

ブルーライトとは、可視光線(目に見える光)の中でも380~500nm(ナノメートル)波長の光で、網膜まで届くエネルギーの強い光を指します。

視界のチラつきやまぶしさを感じる原因となり、目の疲れや生体リズムへの悪影響、あるいは頭痛などの症状に発展する可能性が考えられています。

このブルーライトは、LEDがバックライトとして使用されるスマートフォンの液晶画面から強く発生するため、健康のために何らかの対策が必要です。

が、実はAndroidの場合、ナイトモードという機能が搭載されており、ディスプレイを暖色系に変更することで、画面が発するブルーライトを弱めることができます。

本記事では、その中でもオススメの2つを紹介します。

方法メリットデメリット
①:端末標準の
ナイトシフトを使う
  • アプリ不要
  • 動作負担が軽い
  • 機種によって
    仕様が異なる
②:アプリTwilight
を使う
  • 細かい微調整
    が可能
  • たまに動作が
    不安定
対応する機種であれば、まずは①の方法がオススメです。「端末が対応していない」・「もっと細かくフィルター条件を調整したい」なら、方法②をお試し下さい。

方法①:端末標準のナイトシフトを使う

端末によっては、標準でブルーライトカット機能が搭載されます。

例えばPixel 3a XL(Android 11)の場合、Android設定アプリのアイコン設定より ディスプレイ夜間モード と進み、

Pixelの夜間モードを使う手順1

●●までONにする をタップすれば、暖色系の赤みがかったようにディスプレイが変化します。

夜間モードはスクリーンショットに反映されないため、下記画像では確認できませんが、実際の画面上は暖色系に変化しています。

Pixelの夜間モードを使う手順2

フィルター適用時の”強度”や”時間帯”は、自由にコントロールできます。

▼フィルターの強度を調整する

Pixelの夜間モードを使う手順3

輝度スライダで調整。右に動かすほど、赤みが増す。

▼フィルターを適用する時間帯を調整する

Pixelの夜間モードを使う手順4

フィルター開始時間を23時へ変更した例。

またクイック設定パネルに夜間モードのタイルアイコンタイルを設定することも可能なので、一時的にフィルターのオン/オフを切り替えたいシーンで便利です。

Pixelの夜間モードを使う手順5

以上、Pixel 3a XLを例に説明しましたが、多くの機種で類似機能が搭載されます。

機種シリーズ(例)名称
Xperiaナイトライト
Galaxyブルーライトフィルター
Huaweiブルーライトカットモード
AQUOSリラックスビュー
Pixel夜間モード

▼Galaxy A20(ブルーライトフィルター)

Galaxy A20のブルーライトフィルターの説明

▼Huawei P20 lite(ブルーライトカットモード)

Huawei P20 liteのブルーライトカットモードの説明

▼AQUOS sense3(リラックスビュー)

AQUOS sense3のリラックスビューの説明

ナイトモード“・”夜間モード“・”ナイトシフト“・”読書灯“などなど、、メーカーによって名称は異なりますが、搭載される機能はおおむね同じです。

  • ブルーライトカットの強度を調整できる
  • 適用する時間帯をスケジュールできる
  • クイック設定パネルに専用タイルを追加できる

以上、説明でした。

標準機能として搭載されるため、Android設定アプリのアイコン設定アプリ内で操作できるほか、動作負担も軽くオススメです。

対応している端末であれば、ぜひお試しあれ。

方法②:アプリTwilightを使う

アプリTwilightのアイコンTwilightを使えば、ディスプレイを暖色系に変更することで、ブルーライトを削減することが可能です。

初期設定では、画面に従ってアクセス権限を許可して下さい。

位置情報の許可も求められますが、こちらは「日の出・日の入り時間」検出のため使用されます。

トップ画面まで進むと、自動でブルーライトカット機能が有効となります。

アプリTwilightを使う手順1

(左)初期設定でアクセス権を許可する (右)フィルターを開始する

フィルター適用時間となれば、暖色系の赤みがかったようにディスプレイが変化します。

アプリTwilightを使う手順2

フィルター適用時の”強度”や”時間帯”は、自由にコントロールできます。

▼フィルターの強度を調整する

スライダ名機能
色温度暖色系・寒色系の色合いを調整
濃度色温度の濃さを調整
暗度(薄暗さ)ディスプレイの暗さを調整
アプリTwilightを使う手順3

色温度を調整した例。スライダを左に動かすほど、赤みが増す。

アプリTwilightを使う手順4

濃度を調整した例。スライダを右に動かすほど、濃さが増す。

▼フィルターを適用する時間帯を調整する

メニュー名フィルターがかかる時間帯
常に常時
夜間日の出・日の入り時間に応じて
アラーム外部アラームアプリと連携して
お好み自由に調整した時間に応じて
アプリTwilightを使う手順5

好きな時間帯にブルーライトフィルターを自動で適用できる。

TwilightのアイコンTwilightでは、設定した時間帯に近づくにつれ、フィルターが徐々に適用されるのもメリットの1つです。

自分の就寝時間や起床時間に合わせて調整して下さい。

またクイック設定パネルにTwilightのタイルアイコンタイルを設定することも可能なので、一時的にフィルターのオン/オフを切り替えたいシーンで便利です。

アプリTwilightを使う手順6

以上、説明でした。

PlayストアアプリのアイコンPlayストアでは他にも同類アプリが配信されていますが、その中でもTwilightのアイコンTwilightは「シンプルな設定画面」と「無料版でも広告表示が少ない」点でオススメです。

サードパーティ製アプリでブルーライトカットを実現したいなら、ぜひお試しあれ。

 

補足:スマホのナイトモードや画面の明るさに関するアレコレ

本パートでは、ナイトモードに関連する情報として、画面の明るさを調整する方法を補足します。

健康に配慮したスマートフォン画面を目指すなら、夜間は画面の明るさを下げる(=暗くする)べきです。

興味のある方は、ぜひどうぞ。

説明の流れ
  • 補足①
    ダークテーマ・ナイトモード・グレースケールの違い
  • 補足②
    Display brightness – どこからでも明るさをすぐ調整
  • 補足③
    Screen Filter – 限界を超えてもっと画面を暗くする
  • 補足④
    Temporary Brightness – 画面の明るさを一時的に変更する

ダークテーマ・ナイトモード・グレースケールの違い

本記事で取り上げたナイトモードと混同しやすいワードとして、ダークテーマグレースケールがあります。

キーワード機能別名
ダークテーマ画面を黒基調のデザインに変える
  • ダークモード
ナイトモード画面を目に優しい暖色系に変える
  • 夜間モード
  • ナイトシフト
  • 読書灯
  • ブルーライトフィルター
グレースケール画面を白黒のモノクロ表示に変える
  • 白黒モード
  • モノクロモード

▼ダークテーマ

ダークテーマの機能説明

(右)ダークテーマでは、画面が黒基調のデザインに変わる。

▼グレースケール

グレースケールの機能説明

(右)グレースケールでは、白黒画面に変化する。

特にダークテーマとナイトモードがややこしく、ネットで検索するとサイトによっては、同じ意味として扱っているケースもあります。

もしお探しの機能がダークテーマ or グレースケールの場合、設定手順はそれぞれ関連記事で紹介しているので、合わせてどうぞ。

Display brightness – どこからでも明るさをすぐ調整

Display brightness」というアプリを使えば、画面上の好きな場所をなぞるだけで明るさを調整できます。

ダウンロード Amazonアプリストア – Display brightness

Display brightnessの使い方

わざわざクイック設定を開かずとも、表示中のアプリ画面そのままで即座に変更できます。

詳細は関連記事【Display brightness – Android画面の明るさ調整ウィジェット! どこでも即座に輝度を変更できるアプリ】で解説しています。

Display brightness - Android画面の明るさ調整ウィジェット! どこでも即座に輝度を変更できるアプリ
この記事では、Android向け明るさ調整ウィジェット「Display brightness」の使い方を解説しています。アプリをインストールする手順から、設定のカスタマイズ例まで紹介しています。

Screen Filter – 限界を超えてもっと画面を暗くする

Screen Filter」というアプリを使えば、ディスプレイ画面を限界を超えてさらに暗くできます。

Screen Filter
Screen Filter
Developer:haxor industry
Price:Free
Screen Filterを適用した画面

左がアプリ起動前、右が起動後の画面の明るさ。

夜間にスマートフォンを使う際、限界まで暗くしてもまだ明るく悩んでいれば、ぜひお試しあれ。

詳細は関連記事【Androidで画面の明るさを限界よりさらに暗くする方法! ディスプレイ輝度を調整しよう】で解説しています。

Androidで画面の明るさを限界よりさらに暗くする方法! ディスプレイ輝度を調整しよう
Androidはクイック設定より画面の明るさを変更できます。 が、真っ暗な状況下での利用や、長時間の作業で目が疲れている中での利用、などなど、利用状況によっては「もっと暗くしたいのに・・・」と思っても、標準機能の暗さには限界があります...

Temporary Brightness – 画面の明るさを一時的に変更する

Temporary Brightness」というアプリを使えば、画面の明るさを一時的に変更し、自動で記憶した輝度に戻すことが可能です。

Temporary Brightness
Temporary Brightness
Developer:75py
Price:Free

Temporary Brightnessの使い方

夜間だけ一時的にディスプレイの輝度を落とし、朝になったら自動で元の明るさに戻すことができます。

アプリの詳細は、関連記事【Androidで画面の明るさを一時的に変更する方法! ディスプレイの輝度を記憶して自動で戻す】で解説しています。

Androidで画面の明るさを一時的に変更する方法! ディスプレイの輝度を記憶して自動で戻す
この記事では、Androidで画面の明るさを一時的に変更する方法を解説します。アプリ「Temporary Brightness」を使えば、自動で記憶した輝度に戻すことが可能です。

 

〆:健康に優しいスマホ生活を送ろう!

以上、Androidでナイトモードを設定する方法! スマホにブルーライトカットのフィルターを付けよう の説明でした。

ブルーライト対策として、ほかにも「専用メガネを装着する」・「ディスプレイに専用フィルムを貼る」等ありますが、まずは手軽に試せる、今回紹介した方法がオススメです。

ぜひ、お試しあれ。

参考 Pixelヘルプ – 夜間に画面の色を変更する

参考 Galaxyヘルプ – ブルーライトフィルターをONOFFにする方法を教えてください。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました