Androidで消えた3ボタンを戻す方法! 3ボタンナビゲーションを常に表示しよう

スポンサーリンク
Android

本記事では、消えた3ボタンナビゲーション(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)を復活させる方法を解説します。

また記事後半では、廃止された≡メニューボタンの使い方も触れています。

ボタンがどこかにいって困っていれば、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

消えた画面下のボタンを常に表示する方法

このパートでは、非表示となった3ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)を復活させる手順を解説します。

ほとんどの場合、新しい機能「ジェスチャーナビゲーション」に切り替わったのが原因です。

説明の流れ
  • 前提
    ナビゲーションバーのボタンがないとは?
  • 方法①
    設定から3ボタンナビゲーションを復活させる
  • 方法②
    adbコマンドで3ボタンナビゲーションを復活させる
  • 参考
    それでも3ボタンが消えたままの場合

前提:ナビゲーションバーのボタンがないとは?

Androidでは長年、ナビゲーションバーに3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)が表示されるデザインが一般的でした。

ナビゲーションバーの説明

ホーム画面はもちろん(左)、任意アプリ画面上も常に表示される(右)。

ただAndroid 9で2ボタンナビゲーション、Android 10でジェスチャーナビゲーションが導入されました。

3パターンのナビゲーションバーの説明

上から3ボタンナビゲーション、2ボタンナビゲーション、ジェスチャーナビゲーションのデザイン。

従って、現在Androidでは3パターンのナビゲーションバーが存在することになります。

名称特徴
3ボタンナビゲーション3つのボタン(◉ホーム/◀戻る/■最近)で操作
2ボタンナビゲーション2つのボタンと一部ジェスチャーで操作
ジェスチャーナビゲーションすべてジェスチャーで操作(ボタンなし)

もし3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)が消えて困っている場合、このナビゲーションバーの設定が変わっている可能性が高いです。

3ボタンナビゲーションとジェスチャーナビゲーションの比較

(左)従来のナビバー (右)新しいジェスチャーナビ

本パートでは、元の3ボタンナビゲーションに戻す方法を2パターン解説します。

  1. 設定から戻す方法
  2. adbコマンドで戻す方法
方法1が最もオススメです。ごく一部の機種で非対応のため、その場合は方法2をご参考下さい。

方法①:設定から3ボタンナビゲーションを復活させる

Android設定アプリのアイコン設定より切り替え可能です。

例えばXperia 10 II(Android 11)なら、システムジェスチャー と進み、

設定から3ボタンナビゲーションへ切り替える手順1

システムナビゲーション より 3ボタンナビゲーション を選択すればOK。

3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)が表示されます。

設定から3ボタンナビゲーションへ切り替える手順2

以上、Xperiaにおける例でした。

(基本的に)どの機種でも搭載される機能なので、うまく見つからない場合、Android設定アプリのアイコン設定の検索機能で「ナビゲーション」などのキーワードで調べてみて下さい。

機種やOSバージョンによっては、ホームボタンを上にスワイプ メニューが表示されます。この場合、オフにすれば3ボタンナビゲーションへ戻ります。

方法②:adbコマンドで3ボタンナビゲーションを復活させる

ごく一部の機種ですが、Android設定アプリのアイコン設定から3ボタンナビゲーションを選択できず、ジェスチャーナビゲーションに固定されるケースがあります。

例えばPixel 3a XL(Android 9)が該当しますが、パソコンからadbコマンドを実行すれば戻せる可能性があります。

【adbコマンドとは?】 – adb(Android Debug Bridge)コマンド。通常の設定画面からは行えない、高度なカスタマイズ指示をAndroidへ与えられるGoogle公式ツール。

なんだか難しそうですが、、プログラムの知識がない一般ユーザーであっても、割と簡単に操作できるツールとなっています。

作業の流れです。

  1. パソコンのadb環境等を用意する
  2. サードパーティ製のランチャーアプリを導入する
  3. adbコマンドでPixel Launcherをアンインストールする(pm uninstall)
  4. adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする
プリインストールのランチャーアプリによって、ジェスチャーナビゲーションに固定されています。このアプリを無効化してから、3ボタンナビゲーションを有効にするadbコマンドを実行することで、元に戻せます。

1. パソコンのadb環境等を用意する

お使いのパソコンでadbコマンドを使用できる環境を用意して下さい。

Windows・Macそれぞれにおける手順は関連記事で解説しています。

Windowsでadbコマンドを使う方法! Android SDKを入れてパソコンのコマンドプロンプトから操作しよう
この記事では、Windows PCでadbコマンドを使う方法を解説します。
Macでadbコマンドを使う方法! Android Studioを入れてmacOSのターミナルから操作しよう
この記事では、Macでadb環境をインストールする方法を解説します。 何かの操作で「adb環境が必要と言われた!」なら、ぜひ本記事をご覧あれ。 本記事はMac向けの内容です。Windowsユーザーの方は、 ...

次のコマンドで、デバイスの接続確認まで済んでいればOKです。

adb devices
詳しくは長くなるため、関連記事をご確認下さい。。。
adb devicesで接続確認する手順

接続したAndroid実機を認識できればOK。

2. サードパーティ製のランチャーアプリを導入する

この後の操作で、デフォルトのPixel LauncherのアイコンPixel Launcherを削除するため、代替となるランチャーアプリ(ホームアプリ)を用意しましょう。

例えば、Nova LauncherのアイコンNova Launcherなどオススメです。

PlayストアアプリのアイコンPlayストアで”ランチャー”・”ホームアプリ”など検索すれば、いろいろヒットします。
サードパーティ製のランチャーアプリを導入する説明

(左)Nova Launcherを入手する (右)新しいホームアプリとして設定する

3. adbコマンドでPixel Launcherをアンインストールする(pm uninstall)

通常、プリインストールアプリであるPixel LauncherのアイコンPixel Launcherはアンインストール不可です。

が、adbコマンドを使えば、無理やり削除できます。

adb shell pm uninstall -k --user 0 com.google.android.apps.nexuslauncher
adbコマンドでPixel Launcherを強制アンインストールする説明

コマンドを実行して「Success」と表示されればOK。

4. adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする

下記adbコマンドで、3ボタンナビゲーションを有効にします。

adb shell settings put secure system_navigation_keys_enabled 1

adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする手順1

再起動後、3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)が表示されれば成功です。

adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする手順2

合わせてマルチタスク画面のレイアウトも変化します。

adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする手順3

現在の横並びから(左)、以前までの縦並び(右)に変わる。

なお元に戻したい場合、Pixel LauncherのアイコンPixel Launcherを再インストールすればOK。

やり方はいろいろありますが、例えば下記adbコマンドを実行すればラクです。

adb shell cmd package install-existing com.google.android.apps.nexuslauncher

adbコマンドで3ボタンナビゲーションを有効にする手順4

再起動後、ジェスチャーナビゲーションに戻っていれば成功です。

参考:それでも3ボタンが消えたままの場合

3つの原因が考えられます。

  1. ナビゲーションバーを自動で隠す設定がオンになっている
  2. 一時的なバグが発生している
  3. 機種の仕様で3ボタンナビゲーションが用意されていない

原因1. ナビゲーションバーを自動で隠す設定がオンになっている

HuaweiやSHARPなど、一部機種はナビゲーションバーを自動で非表示とする機能が搭載されます。

意図せず有効になってないか確認してみましょう。

Huawei P20 liteの例

Android設定アプリのアイコン設定より システムシステムナビゲーション と進み、「3つのキーによるナビゲーション」の 設定 で、ナビゲーションキーを非表示 を確認します。

Huawei P20 liteでナビゲーションバーを隠す手順1

有効になっているとナビゲーションバーの端に矢印 v が表示され、タップするとナビゲーションバーが非表示になります。

Huawei P20 liteでナビゲーションバーを隠す手順2

矢印vをタップすると(左)、ナビゲーションバーが非表示になる(右)。

AQUOS sense3の例

Android設定アプリのアイコン設定の ディスプレイ より ナビゲーションバーを隠す を確認します。

AQUOS sense3でナビゲーションバーを隠す手順1

有効になっていると、普段はナビゲーションバーが非表示となります。

使いたいときだけ、画面下から上へスワイプすれば引き出すことが可能です。

AQUOS sense3でナビゲーションバーを隠す手順2

以上、HuaweiとSHARPにおける例でした。

お使いの機種にも搭載されている可能性があるため、Android設定アプリのアイコン設定の検索機能で「ナビゲーション」・「全画面」などのキーワードで調べてみて下さい。

原因2. 一時的なバグが発生している

機種によって、3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)の一部だけ非表示となるバグがあります。

ボクの環境だと、arrows Be F-04Kでよく発生しました・・・
一時的なバグで戻るボタンが消える説明

◀戻るボタンだけ消えてしまった例。

たいていの場合、再起動すれば改善するのでお試し下さい。

原因3. 機種の仕様で3ボタンナビゲーションが用意されていない

ごく一部の機種ですが、Android設定アプリのアイコン設定から3ボタンナビゲーションを選択できず、ジェスチャーナビゲーションに固定されるケースがあります。

先に紹介したadbコマンドを使う手順も参考にならない場合、サードパーティ製アプリを使う代案があります。

例えばNavigation BarのアイコンNavigation Barなら、擬似的な3ボタンナビゲーションを導入できます。

ボタンの位置入れ替えカラー変更など、細かいカスタマイズに対応したアプリです(それぞれリンク先で詳細を解説)。
Navigation Barの説明

擬似的な3ボタンナビゲーションを導入できる。

またメニューボタンのアイコンメニューボタンなら、画面上の好きな場所に、3ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)に代わる仮想ボタンを表示できます。

メニューボタンでマルチタスクの仮想キーを配置する手順

仮想キーをタップして、マルチタスク画面を開く例。

また別のアプローチとして、スマートフォンの物理キーをカスタマイズする案もあります。

例えばButton MapperのアイコンButton Mapperというアプリを使えば、デバイスの音量キーに3ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)機能を割り当てることが可能です。

Button Mapperでマルチタスク機能を物理キーに配置する手順

音量アップキー長押しで、マルチタスク画面が開く例。

以上となります。

いずれも完全な解決策ではありませんが、、、好みに応じてお試し下さい。

 

Androidのメニューアイコンがない原因と解決策

このパートでは、なぜか消えてしまったメニューボタンを復活する手順を解説します。

なお、ここで取り上げる”メニューボタン”の意味として、以下2パターンを想定しています。

  • かつてナビゲーションバーに表示されていたメニューボタン
  • ホーム画面からドロワー(アプリ一覧)を開くメニューボタン

▼かつてナビゲーションバーに表示されていたメニューボタン

かつて存在したナビゲーションバーのメニューボタンの説明

ナビゲーションバーのメニューボタンをタップで(左)、そのアプリの設定メニューが開く(右)。

▼ホーム画面からドロワー(アプリ一覧)を開くメニューボタン

ホーム画面からドロワー(アプリ一覧)を開くメニューボタンの説明

ドロワーアイコンタップで(左)、アプリ一覧を開く(右)。

各メニューボタンについて、順番に解説します。

ナビゲーションバーから廃止されたメニューボタンを使う方法

Android 4.x系では、ナビゲーションバーに≡メニューボタンが表示されていました。

Android 4.x系で存在したナビゲーションバーのメニューボタンの説明

ARROWS NX F-01F Android 4.2.2の例。

これがAndroid 4.4以降、■最近ボタンに置き換わり、≡メニューボタンはアプリ画面の内部に表示される仕様が主流となりました。

Android 4.4以降はアプリ画面内にメニューボタンが移った説明

Chromeの例。右上ボタンからメニューを開く。

ただアップデートが止まっている古いアプリでは、この仕様に対応できておらず、アプリ画面内に≡メニューボタンが存在しないケースがあります。

ナビゲーションバーからも≡メニューボタンが消えているため、アプリのメニューを開けない、という事象が起きてしまいます。

この問題は、≡メニューボタンを開けるサードパーティ製アプリで解決できます。

例えばメニューボタンのアイコンメニューボタンがオススメで、画面のフローティングボタンで、かつて存在した︙メニューボタンを再現可能です。

ナビゲーションバーから廃止されたメニューボタンを使う手順

仮想メニューボタンをタップで(左)、そのアプリの設定メニューを開ける(右)。

≡メニューボタンがないと設定を開けない、古いアプリを使っているなら便利ですよ。

ホーム画面から消えたメニューボタンでアプリ一覧を開く方法

インストール済みアプリ一覧が並ぶドロワー画面は、専用のドロワーアイコンドロワーアイコンをタップして表示できます。

ドロワーとは、英語のdrawer(引き出し)が語源です。
スマートフォンのドロワーの開き方

ドロワーアイコンタップで(左)、アプリ一覧を開く(右)。

もしホーム画面からドロワーアイコンドロワーアイコンが消えた場合、2つの原因が考えられます。

  1. ランチャーアプリの設定で非表示となっている
  2. ランチャーアプリの仕様でそもそもドロワーアイコンが存在しない

前提として、ランチャーアプリ(ホームアプリ)を理解する必要があります。

ホーム画面やドロワーの機能やデザインは、設定しているランチャーアプリ(ホームアプリ)によって決まります。

例えば同じデバイスであっても、ランチャーアプリを切り替えることで、違う画面になります。

ランチャーアプリ(ホームアプリ)の説明

左がPixel Launcher、右がNova Launcherのホーム画面。

通常、プリインストールされるランチャーアプリ(例:Pixel LauncherのアイコンPixel Launcher)がデフォルトで設定されますが、PlayストアアプリのアイコンPlayストアから入手したアプリ(例:Nova LauncherのアイコンNova Launcher)へ切り替えることも可能です。

現在設定しているランチャーアプリの確認・変更は、Android設定アプリのアイコン設定の デフォルトのアプリ から操作できます。

Androidで設定中のホームアプリを確認する手順

Pixel 3a XLの例。設定より「アプリと通知」→「デフォルトのアプリ」と開く。

以上を踏まえ、ホーム画面からドロワーアイコンドロワーアイコンが消えた原因を解説します。

原因1. ランチャーアプリの設定で非表示となっている

ランチャーアプリ(ホームアプリ)によっては、設定変更でドロワーアイコンドロワーアイコンが消えることも。

例えばXperia XZに搭載されるXperiaホームのアイコンXperiaホームの場合、ホーム画面長押しから 設定 を開き、アプリアイコンを非表示 がオフになっているか確認しましょう。

ランチャーアプリの設定でドロワーアイコンを表示する手順1

もし アプリアイコンを非表示 がオンだと、ホーム画面からドロワーアイコンドロワーアイコンが消え、ウィジェットのショートカットからも追加できません。

ランチャーアプリの設定でドロワーアイコンを表示する手順2

(左)ドロワーアイコンあり (右)ドロワーアイコンなし

以上、XperiaホームのアイコンXperiaホームの例でした。

ランチャーアプリ(ホームアプリ)によって仕様が異なるため、調べてみて下さい。

よくわからない・・・という場合、「ランチャーアプリを初期化する」・「別のランチャーアプリへ乗り換える」などお試し下さい。
ランチャーアプリの仕様で、そもそもドロワーアイコンドロワーアイコンに対応していない可能性もあります。この場合、初期化しても意味がありません。

原因2. ランチャーアプリの仕様でそもそもドロワーアイコンが存在しない

ドロワー(アプリ一覧)の表示手順は、主に2パターンあります。

  • ホーム画面下部から上へスワイプして表示する
  • ドロワーアイコンをタップして表示する

▼ホーム画面下部から上へスワイプして表示する例

スマートフォンのドロワーの開き方1

ホーム下部から上へスワイプしてドロワーを表示する例。

ドロワーアイコンドロワーアイコンをタップして表示する例

スマートフォンのドロワーの開き方2

ドロワーアイコンをタップしてドロワーを表示する例。

ただランチャーアプリ(ホームアプリ)によっては、「ホーム画面下部から上へスワイプして表示する」”のみ”対応している場合があります(例:Pixel LauncherのアイコンPixel Launcher)。

もしドロワーアイコンドロワーアイコンを追加したい場合、別のランチャーアプリ(ホームアプリ)へ切り替えが必要です。

例えば、Nova LauncherのアイコンNova Launcherがオススメです。

ホーム画面長押しから Novaアクション のウィジェットを選び、

Nova Launcherでドロワーアイコンを追加する手順1

「アプリドロワー」よりドロワーアイコンドロワーアイコンを追加できます。

Nova Launcherでドロワーアイコンを追加する手順2

参考:Google Playストアのメニューアイコンが表示されない場合

PlayストアアプリのアイコンPlayストアは長年、左上のPlayストアのハンバーガーアイコンハンバーガーアイコンからメニュー マイアプリ&ゲーム が表示されていました。

かつてGoogle Playで表示されたメニューボタンの説明

ただ2021年6月よりPlayストアアプリのアイコンPlayストアのデザインが大幅に変わり、それまで存在したメニュー マイアプリ&ゲーム がなくなりました。

従来の機能は、アカウントメニューより選択できる アプリとデバイスの管理 へ引き継がれています。

Playストアで「アプリとデバイスの管理」を開く手順1

例えば「概要」タブで利用可能なアップデート一覧を確認したり、「管理」タブでインストール済みアプリをチェックできます。

Playストアで「アプリとデバイスの管理」を開く手順2

左が概要タブ、右が管理タブの機能一例。

以上のとおり、PlayストアアプリのアイコンPlayストアのメニューが消えていても、バグではなく仕様となるので、操作方法に慣れるようにしましょう。

 

補足:ホーム/戻る/タスクボタンに関するアレコレ

このパートでは、3ボタンナビゲーション(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)に関連する、細かい情報を補足します。

興味のある方は、どうぞ。

説明の流れ
  • 補足①
    ナビゲーションバーを透過/全画面表示する方法
  • 補足②
    効かない3ボタン不具合の原因と解決策
  • 補足③
    常にステータスバーを表示する方法

ナビゲーションバーを透過/全画面表示する方法

ランチャーアプリ(ホームアプリ)によっては、ホーム画面上でナビゲーションバーを透明にできます。

例えばNova LauncherのアイコンNova Launcherなら、設定から 外観と操作感 より、通知バーの透過 を有効にすればOK。

Androidのナビゲーションバーを透過する手順1

Androidのナビゲーションバーを透過する手順2

(右)ナビゲーションバーが透明になる。

また画面下のバー自体を非表示にしたい場合、全画面表示への切り替えがオススメです。

例えばサードパーティ製アプリ(例:Immersive SettingsのアイコンImmersive Settings)を使えば、自由に全画面表示のコントロールが可能となります。

Androidのナビゲーションバーを透過する手順3

Chromeアプリの例。通常画面から(左)、フルスクリーンへ切り替えた(右)。

Androidの全画面表示は奥が深く、説明が長くなるため、詳細は関連記事【Androidを全画面表示する方法! ステータスバー/ナビゲーションバー/ホームボタンを隠してフルスクリーンモードへ】で解説しています。

Androidを全画面表示する方法! ステータスバー/ナビゲーションバー/ホームボタンを隠してフルスクリーンモードへ
この記事では、Androidを全画面表示する方法について解説します。ステータスバー/ナビゲーションバーを隠して、スマホをフルスクリーンで楽しみましょう。

効かない3ボタン不具合の原因と解決策

もし画面下のボタンが反応しなくて困っている場合、画面の固定(ピン留め)が原因かもしれません。

下記のような特徴があるため、そのアプリ起動中は◉ホーム / ■最近ボタンが機能しなくなります。

◀戻るボタンは無効になりません。
無効化される機能使える機能
  • ナビゲーションバー
    (ホームボタン/アプリ切替ボタン)
  • ステータスバー
    (クイック設定/通知)
  • 画面ロック
  • 画面タップ
    (アプリ内の操作)
  • スクリーンショット撮影
  • スリープ/電源オフ/再起動
ほんらいは「誤操作を防ぐ」・「第三者が勝手に別アプリを操作するのを防ぐ」等の目的で用意された機能です。
画面の固定(ピン留め)の説明

操作例。ピン留め中はホームボタンやタスクボタンが無反応になる。

画面の固定(ピン留め)を設定する手順です。

事前にAndroid設定アプリのアイコン設定より セキュリティ画面の固定 と進み、機能を有効にします。

設定で画面の固定を有効にする手順1

あとはアプリ切替画面を開き、対象アプリアイコンをタップして 固定 を実行すればOK。

設定で画面の固定を有効にする手順2

Chromeアプリを固定する例。

ほんらいはナビゲーションバーを一時的に無効化したいシーンはもちろん、家族や友人にスマホを貸与するときも活躍する機能です。

意図せず有効になっている場合、設定を確認してみましょう。

常にステータスバーを表示する方法

Androidのステータスバーとは、画面最上部に表示されるバーの部分を指し、主に2つの情報が表示されます。

表示される場所表示される情報アイコン例と意味
バーの右側デバイスの状態ステータスバーのWi-Fiアイコン
接続中のWi-Fi強度
バーの左側アプリの通知ステータスバーの不在着信ありアイコン
不在着信あり
ステータスバーと通知バーの基本説明

ホーム画面はもちろん(左)、任意アプリ画面上も常に表示される(右)。

通常、フルスクリーン中はステータスバーが非表示となります。

が、Super Status BarのアイコンSuper Status Barというアプリを使えば、常に表示へ切り替え可能です。

Super Status Barで全画面表示でもステータスバーを常に表示する機能の説明

フルスクリーン&横画面のYouTubeでも、ステータスバーを表示できる。

全画面表示の動画アプリ/ゲームアプリを視聴中、ステータスバーを確認したいニーズがあればピッタリです。

 

〆:使い慣れたボタンを再表示しよう!

以上、Androidで消えた3ボタンを戻す方法! 3ボタンナビゲーションを常に表示しよう の説明でした。

最近のAndroidはジェスチャーナビゲーションが主流となっており、画面上のボタンは廃止される方向です。

画面を広く使えるメリットがある一方、これまで慣れていた3ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)がないと不便になる、という声も少なくありません。

表示を切り替える選択肢は用意されているので、ぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

参考 Androidヘルプ – Androidスマートフォンを使いこなす

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました