AndroidをiPhone X風デザインにする方法! 全画面ディスプレイを体感してみよう

スポンサーリンク

iPhone Xが発表され、物理ホームボタンが撤廃されたり、Touch IDからFace IDへ変更されていたりと、そのユニークな変革に対しネット上も賛否様々な声が溢れています。

サイト Apple – iPhone X

ディスプレイ画面デザインも同様で、iPhone Xでは全画面ディスプレイを採用した一方で、ステータスバー中央に3Dセンサーやフロントカメラを搭載するエリア(切り欠き)がせり出すため、画面の最上部には独特の「空白」が存在するようになります。

特にiPhone Xの購入を検討しているなら、普段使っているアプリ上でどのような表示になるのか気になりますよね?

そこで本記事では、Androidの画面表示をiPhone X風デザインにするユニークなアプリ「Smartphone upgrader 2017」を紹介します。

まるでiPhone Xを操作しているかのように、最新の全画面ディスプレイをAndroidで体感できる面白いアプリですよ。

スポンサーリンク

AndroidをiPhone X風デザインに!

今回紹介するアプリ「Smartphone upgrader 2017」の使い方と特徴を、下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Smartphone upgrader 2017」をインストールします。

Android 要件:5.0 以上

価格:無料

インストール完了後にアプリを起動し、「Turn your phone into an iPhone X!」トグルをタップして有効に。すると、Androidの画面がiPhone X風のデザインに切り替わります!(効果音がうるさいので注意笑)

ホーム画面やアプリ上の表示もこの通り、最上部に独特の「空白」が出現し、画面の四隅が丸くなっています。

Androidの画面端を丸くするアプリとして、他にも「Cornerfly」がオススメです。

Cornerfly
Cornerfly
Developer: Flyperinc
Price: Free+

四隅が丸くなるだけで、全体がオシャレで可愛い雰囲気にできますよ。

詳細は別画面でまとめています。

関連記事

Cornerfly – Androidの画面四隅の角に丸みを加えてオシャレで可愛い雰囲気にできる無料アプリ

手順②:アプリを使いこなす – 基本

さらに本アプリではカスタマイズ要素がいくつか提供されています。

まず、「Turn your phone into an iPhone X!」トグルの下にあるスライダを左右に動かすことで、上部の切り欠き(空白)領域をより広げることが可能です。

最大まで広げた場合、画面上の文字やアイコンが一部隠れてしまいます。が、あくまで見た目上隠れているだけで、タップするとボタンとして認識はするよう。またステータスバー上のアイコンはそのまま表示されていました。

手順③:アプリを使いこなす – 応用

また、iPhone X風デザインのみならず、Androidスマートフォン「Essential PH-1」風デザインに切り替えることもできます。

「Essential PH-1」とはAndroidを生み出したアンディ・ルービン氏が、Google退社後に設立した企業 Essential から発表された製品で、iPhone Xに先駆けた全画面ディプレイと上部カメラ部分の凹みが特徴的な機種です。

参考 engadget – Essential Phoneレビュー

切り替えの手順として、iPhone X風デザインとなっている状態で「I prefer Android」トグルをタップします。

すると一時的にアプリが無効状態となるので、「Turn your phone into an Essential Phone!」トグルを有効にします。

以上のステップで、Androidの画面がEssential PH-1風のデザインに切り替わります!(同じく効果音がうるさいので注意笑)

同様に、スライダを左右に動かすことで、上部の切り欠き(空白)領域をより広げることも可能です。

(左)Essential PH-1風のデザイン / (右)スライダを最大まで動かした状態

切り欠き(空白)領域を最大まで広げた場合、画面上の文字やアイコンが一部隠れてしまうのはiPhone X風デザインと同じです。

〆:AndroidでもiPhone X風デザインを体感しよう!

以上、AndroidをiPhone X風デザインにする方法! 全画面ディスプレイを体感してみよう の說明でした。

ネタ要素の強いアプリですが、iPhone Xのユニークな画面デザインをいち早く体感したいなら試す価値ありですよ。

ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい