AndroidをiPhone X風デザインにする方法! ノッチ表示で全画面ディスプレイを体感してみよう

Android

iPhone Xが発表され、物理ホームボタンが撤廃されたり、Touch IDからFace IDへ変更されていたりと、そのユニークな変革に対しネット上も賛否様々な声が溢れています。

サイト Apple – iPhone X

ディスプレイ画面デザインも同様で、iPhone Xでは全画面ディスプレイを採用した一方で、ステータスバー中央に3Dセンサーやフロントカメラを搭載するエリア(切り欠き)がせり出すため、画面の最上部には独特の「空白(=ノッチ)」が存在するようになります。

特にiPhone Xの購入を検討しているなら、普段使っているアプリ上でどのような表示になるのか気になりますよね?

そこで本記事では、Androidの画面表示をiPhone X風デザインにするユニークなアプリ「Smartphone upgrader 2017」を紹介します。

まるでiPhone Xを操作しているかのように、最新の全画面ディスプレイをAndroidで体感できる面白いアプリですよ。

 

Smartphone upgrader – 使い方

インストール完了後にアプリを起動し、「Turn your phone into an iPhone X!」トグルをタップして有効に。

すると、Androidの画面がiPhone X風のデザインに切り替わります!(効果音がうるさいので注意笑)

ホーム画面やアプリ上の表示もこの通り、最上部に独特の「空白」が出現し、画面の四隅が丸くなっています。

さらに本アプリではカスタマイズ要素がいくつか提供されています。

ノッチの幅を広げる

「Turn your phone into an iPhone X!」トグルの下にあるスライダを左右に動かすことで、ノッチの領域をより広げることが可能です。

最大まで広げた場合、画面上の文字やアイコンが一部隠れてしまいます。

が、あくまで見た目上隠れているだけで、タップするとボタンとして認識します。

またステータスバー上のアイコンはそのまま表示されていました。

Essential Phone風のデザインへ変える

「I prefer Android」トグルを有効にした状態で、「Turn your phone into an Essential Phone!」トグルを有効にします。

すると、Androidの画面がEssential Phone風のデザインに切り替わります。

【Essential Phoneとは?】 – Androidを生み出したアンディ・ルービン氏が、Google退社後に設立した企業”Essential”から発表された製品。iPhone Xに先駆けた全画面ディプレイと上部カメラ部分の凹みが特徴的な機種。

参考 engadget – Essential Phoneレビュー

スライダを左右に動かすことで、Essential Phone風ノッチの領域をより広げることも可能です。

(左)Essential PH-1風のデザイン / (右)スライダを最大まで動かした状態

ノッチを最大まで広げた場合、画面上の文字やアイコンが一部隠れてしまうのはiPhone X風デザインと同じです。

 

補足:

そのほかiPhoneの独自機能をAndroidで再現する方法まとめ

iPhone特有の独自機能をAndroidで擬似的に再現する方法はいろいろあります。

例えば「コントロールセンターIOS 11」というアプリを使えば、iOS 11のコントロールセンターを再現できます。

AndroidでiOS 11のコントロールセンターを再現する方法! 自由にカスタマイズもできる
iOS 11より「コントロールセンター」のデザインが大幅に変化し、自由にカスタマイズ可能になりました。 iPhone / iPadをお持ちの方はさっそく試した方もいるでしょうが、実はAndroidユーザーでも最新のコントロールセンター...

それ以外のアプリ含め、詳細は関連記事【iPhoneの独自機能をAndroidで再現する方法まとめ! 最新のiOS機能をいち早く体感しよう】でまとめて解説しています。

iPhoneの独自機能をAndroidで再現する方法まとめ! 最新のiOS機能をいち早く体感しよう
本ブログでも過去、iPhone特有の独自機能をAndroidで擬似的に再現する様々な豆知識を紹介してきました。 iOSとAndroidではそれぞれ違った良さがありますが、今回紹介するワザにより両者の「いいとこ取り」を実現するカスタマイ...

そのほかステータスバーをカスタマイズする方法まとめ

今回紹介した方法以外にも、Androidのステータスバーをカスタマイズする手段は色々とあります。

例えばステータスバーから下へスワイプすると表示される「クイック設定」パネルは、別途アプリを導入することで標準機能にない独自パネルを追加することも可能です。

Notedown」アプリでクイック設定にメモ機能を追加した例。

Androidでクイック設定のタイルをカスタマイズする方法まとめ! 好きな機能や外観を追加しよう
本ブログでも過去、Androidのクイック設定に関する記事を多数記載してきました。 そこで本記事では、「クイック設定のカスタマイズ」をテーマに、過去当ブログで取り上げた豆知識をまとめて紹介します。 うまくアプリを使いこなすことで...

このようなAndroidでステータスバーを強化する方法は、関連記事【Androidでステータスバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう】でまとめて解説しています。

Androidでステータスバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう
本記事では、Androidで次の3点をカスタマイズする過去記事をまとめて紹介します。 ステータスバー クイック設定 通知領域 見た目を劇的に変化させるアプリや、機能面を自由に拡張できるユーティリテ...

 

〆:AndroidでもiPhone X風デザインを体感しよう!

以上、AndroidをiPhone X風デザインにする方法! 全画面ディスプレイを体感してみよう の說明でした。

ネタ要素の強いアプリですが、iPhone Xのユニークな画面デザインをいち早く体感したいなら試す価値ありですよ。

ご参考あれ。

Android
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント