[Android] スマートフォン/タブレットの充電を高速に! 時間短縮となる知ってると便利な豆知識

スポンサーリンク

毎日必要な作業である「スマートフォン充電」の煩わしさは、性能が飛躍的に進化した昨今においても共通の課題ですよね。

関連記事

iPhoneやAndroidがいまだに毎日充電が必要な理由と未来のカタチ

特に時間がない中でスマートフォンの充電をする際、「早く充電が完了して欲しい!」と感じる場面も多いと思います。

そこで本記事では、Androidに特化して、スマートフォンやタブレットを充電する際、よりスピーディーに完了させる時間短縮の豆知識を紹介します。

充電完了までの時間が長くてイライラすることが多いなら、ぜひ本記事の内容を実践してみて下さい!

photo by Yuri Samoilov

スポンサーリンク

Androidの充電時間を短縮させる豆知識

その①:「機内モード」オンの状態で充電をする

1つ目は、「機内モード」をオンにした状態で充電をする、という豆知識。

割と有名な方法で、Androidのみならず、iPhoneにも共通する裏ワザです。以前記事としても取り上げました。

関連記事

iPhoneやAndroidの充電速度は ある設定をするだけで25%向上する

機内モードが有効な理由

スマートフォンの充電中もあらゆる通信機能が働いているため、本体は電力を消費し続けます。一方、機内モードをオンにすると、これら通信機能をすべて強制的にシャットアウトできるため、スマートフォンは「充電」作業にのみ集中することができ、より効率的に充電を行えるのです。

機内モードをオンにする方法

機内モードをオンにする方法は大きく2通りで、1つ目が「クイック設定」上の「機内モード」タイルをタップしてオンにする方法。

関連記事

クイック設定のカスタマイズ方法[Android 7.0 Nougat(ヌガー)]

2つ目が「設定」→「無線とネットワーク」より「機内モード」トグルをオンにする方法です。

その②:本体の電源オフの状態で充電をする

2つ目は、Android本体の「電源オフ」の状態で充電をする、という豆知識。

当然、Androidのみならず、iPhoneやガラケー、PCなど、あらゆる電化製品に共通する知識となります。

電源オフが有効な理由

「機内モード」オンと同じ理屈で、スマートフォンに「充電」作業にのみ集中してもらうため、通信機能やアプリの動作など、あらゆる機能を休ませた状態にすることで、より効率的に充電を行えるのです。

電源をオフにする方法

Android本体の電源ボタン長押しで、電源オフにする方法が最もオーソドックスです。

その③:USB設定を「充電」モードにして充電をする

3つ目は、Androidの「開発者向けオプション」にてUSB設定を「充電」モードにして充電をする、という豆知識。

「充電」モードが有効な理由

AndroidをUSBケーブルでPCへ接続する際、接続先デバイスをどのように認識するかを設定するのが「USB設定」で、Androidの隠れ機能「開発者向けオプション」内で変更ができます。

関連記事

[Android] USB接続を「充電」から「ファイル転送」モードへ変更し PCでファイル管理する方法

例えばPCとUSBケーブル経由でファイルの交換を行いたいなら「MTP(Media Transfer Protocol)」が適切ですが、本記事の主旨である充電に集中させたいなら「充電」モードにすることで、より効率的に充電を行えるのです。

USB設定を「充電」モードにする方法

まずAndroidの「開発者向けオプション」をオンにします。

関連記事

「開発者向けオプション」を表示してデベロッパーモードになる方法 [Android 6.0 Marshmallow/7.0 Nougat 共通]

次に「設定」→「開発者向けオプション」内で「USB設定の選択」をタップし、「充電」にチェックを入れます。

その④:コンセントの電源から直接ACアダプタで充電をする

4つ目は、コンセントの電源から直接ACアダプタでAndroidへ充電をする、という豆知識。

ACアダプタでの充電が有効な理由

Androidをコンセントの電源からACアダプタで充電する場合と、PCやモバイルバッテリーなど給電用デバイスからUSBケーブルで充電する場合とでは、前者の方が高速に充電できるケースがほとんどです。

これは出力(供給電力)量の違いで、相対的にコンセントからACアダプタで直接Androidを充電した方が、同じ時間でより多くの電力を供給できるのが理由となっています。

ACアダプタで充電する方法

スマートフォン向けACアダプタを用意し、コンセントから直接繋げるだけです。

お使いのAndroidの機種にもよりますが、高速充電に対応したACアダプタがオススメです。

その⑤:ワイヤレス充電は避け それ以外の方法で充電する

5つ目は、ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」を使った「置くだけ充電」による充電をなるべく避ける、という豆知識。

理由としては、ワイヤレス充電は出力が少ないため、相対的に供給できる電力量は小さいためです。

そのため、急いで充電をしたいなら、コンセントから直接ACアダプタで充電するか、せめてUSBケーブル経由で充電をするべきでしょう。

その⑥:スマートフォンのケースを外した状態で充電する

6つ目は、Androidスマートフォンに装着しているケース(カバー)を外した裸の状態で充電をする、という豆知識。

理由としては、近年発売されたスマートフォンのバッテリーはほとんどリチウムイオン電池であるため、なるべく熱を持たせない状態の方がより効率的に機能する特性があります。

そのため、スマートフォン本体が熱を持つ原因となりうるケースを外すことで、より低温になった状態で効率的に充電を行えるのです。

〆:充電にかかるストレスをなるべく減らそう!

以上、[Android] スマートフォン/タブレットの充電を高速に! 時間短縮となる知ってると便利な豆知識 の說明でした。

スマートフォンの充電という作業は、毎日の日課となっている人がほとんどだと思いますので、なるべく効率的な充電を行うことでストレスを減らすことができます。

ぜひ本記事の豆知識を参考に、日々の充電で試してみて下さい。

関連記事

[iPhone & Android] 電池残量がわずかな時 少しでも長持ちさせる7つの工夫

参考 makeuseof

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい