自宅や会社周辺でWi-Fiオン/オフを自動化! 特定エリアをGPSで検知して設定を変更 [Android]

スポンサーリンク

契約している携帯キャリアのプランによって1ヶ月で利用できるデータ通信上限量が決まっているため、自宅や会社などWi-Fiを利用できる環境ではなるべくモバイルデータ通信の使用を控えるべきです。

が、ついWi-Fiが使えるにも関わらずWi-Fiをオンに変更するのを忘れていて動画を視聴していたり、逆に外出中なのにWi-Fiをオンにしたままでムダなバッテリーを消費していた経験はないでしょうか?

そこで本記事では、自宅や会社周辺など特定エリアの入退出をGPSで検知して、AndroidのWi-Fi機能のオン / オフ変更を自動化する方法を紹介します。

具体的にはAndroid向け自動化アプリ「MacroDroid」を使って、特定条件下で起動するマクロ(タスクの自動化)設定をします。

photo by rawpixel

スポンサーリンク

自宅や会社周辺でWi-Fiオン/オフを自動化!

例えばボクの場合、プライベートのAndroidスマートフォンは下記のような使い方をしています。

自宅:Wi-Fiをオンに変更して家のWi-Fi環境に常時接続

外出中:WI-Fiをオフに変更してモバイルデータ通信で接続

このように「Wi-Fiが使えるエリアにいるかどうか」でAndroidのWi-Fi機能のオン / オフを手動で切り替えていますが、つい変更処理を忘れてしまうこともあり、余計なデータ通信が発生したり、ムダなバッテリー消費を招いた失敗は過去何度もあります。

そこで自宅や会社など普段Wi-Fi環境が用意されているエリアの入退出に従って、AndroidのWi-Fi機能のオン / オフ切り替えを自動化する設定を「MacroDroid」で行います。

記事中では自宅周辺エリアに入った時 or 出た時に、AndroidのWi-Fi機能を有効化 or 無効化する設定を例に說明をします。

手順①:自動化アプリを入手する

まず、Androidに自動化アプリ「MacroDroid」をインストールします。

Android 要件:4.2 以上

価格:無料(全ての機能が使える有料版もあり)

本アプリの基本情報や使い方については、別記事で詳細をまとめているので合わせてどうぞ。

関連記事

MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ

「MacroDroid」のインストールが完了したら、アプリトップ画面右上の「マクロを追加」より作成開始できます。

大まかなマクロ作成の流れを整理すると、今回は下記2種類のマクロを設定し、同時に動かします。

【マクロ①】

トリガー:場所のトリガー(自宅周辺に入ったら)

アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを有効化)

条件:任意(設定しなくてもOK)

【マクロ②】

トリガー:場所のトリガー(自宅周辺を出たら)

アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを無効化)

条件:任意(設定しなくてもOK)

さっそく設定してみましょう。

手順②:トリガーを設定する【マクロ①】

まず、1つ目のマクロ(自宅周辺に入ったらWi-Fiを有効化)についてトリガーを設定します。

トリガー候補一覧より「場所のトリガー」を選び、「MacroDroid」アプリで位置情報の利用を許可します(初回のみ設定)。

次にオプションにて「指定エリアに入った時」にチェックを入れ「OK」を選択すると、「自宅周辺」のゾーン選択画面となりますが、初めての場合は「ジオフェンス」候補が何もないので新規作成のため右下「+プラス」アイコンをタップします。

「ジオフェンス」設定画面では地図が表示されるので、自宅周辺にピンを合わせ範囲を調整します。

東京駅周辺の例。範囲バーを左右に動かすことで円を大きくしたり小さくできる。

範囲を狭く(=円を小さく)した方が、より自宅に近付いてからWi-Fiをオンに変更できますが、AndroidのGPS機能もズレが生じることがあるため、範囲が狭すぎると実際は自宅にいるにも関わらずGPSの誤差で検知できず、結果としてマクロが正常に動作しないリスクもあります。

以上より、多少なりとも自宅を含んだ広い範囲と(=円を大きく)することをオススメします。

範囲の調整ができたら、作成した「ジオフェンス」の名前を決め、「✓チェック」アイコンをタップして完了です。

今後自宅以外にも、会社周辺の「ジオフェンス」を作成する可能性を考え、分かりやすい名称にしておくと良いでしょう。

以上で「指定エリアに入った時:自宅周辺」のトリガー設定ができました。

画面を右にスワイプし、「アクション」画面へ移ります。

手順③:アクションを設定する【マクロ①】

続いて、1つ目のマクロ(自宅周辺に入ったらWi-Fiを有効化)についてアクションを設定します。

アクション候補一覧より「Wi-Fi設定」を選び、オプションより「Wi-Fiを有効化」にチェックを入れます。

以上で「Wi-Fi設定:Wi-Fiを有効化」のアクション設定ができました。

また合わせて同時に動作させるアクションとして「通知を表示」より、自宅周辺に入ったら「Wi-Fiを有効化した」旨の通知が届くようにするとマクロ動作が可視化されて便利です。

以上、「通知を表示」は任意設定ですが、2つのアクション設定ができました。

画面を右にスワイプし、「条件」画面へ移ります。

手順④:条件を設定する(任意)【マクロ①】

そして、1つ目のマクロ(自宅周辺に入ったらWi-Fiを有効化)について条件を設定します。

「条件」は任意なので設定しなくてもマクロ作成は完成できますが、「トリガー」とは別の前提条件を追加したい場合に設定します。

例えば「バッテリー残量が50%以上の場合のみ、自宅周辺に入ったらWi-Fiを有効化する」としたい場合なら、条件候補一覧より「電池残量」を選び、「〜より大きい」にチェックを入れ、パーセンテージバーを「50%」に合わせればOKです。

任意設定なので本例では「条件」は何も設定せず、としました。

右下の「✓チェック」アイコンをタップします。

手順⑤:マクロ名称を決めて完了!【マクロ①】

最後にマクロ①の名前を決めます。この後もう1つマクロを作成するため、区別しやすい名称にすると良いでしょう(後から名前の変更はできます)。

作成したマクロはアプリトップ画面左上の「マクロ」より確認ができ、内容の編集や設定の有効可 / 無効化の切り替えも可能です。

手順⑥:同様の手順でマクロ②を作成する

以上ここまでが、マクロ①(自宅周辺に入ったらWi-Fiを有効化)についての作成手順となりますが、全く同様の手順で逆の動作をするマクロ②(自宅周辺を出たらWi-Fiを無効化)を作成します。

トリガーは同じく「場所のトリガー」より、先ほど作成した自宅周辺の「ジオフェンス」を選択して「指定エリアから出た時」と設定します。

アクションも同じく「Wi-Fi設定」から「Wi-Fiを無効化」とし、通知は任意設定ですが「Wi-Fiを無効化した」旨の通知が届くようにしました。

最後に条件は同じく何も設定せず、としています。

以上で対となる2つのマクロを作成できました。

実際に試してみる

2つのマクロが完成したら、実際に動くか試してみましょう。

例えば下記のようなマクロを有効化した状態で、

【マクロ①】

トリガー:場所のトリガー(自宅周辺に入ったら)

アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを有効化)&通知を表示

条件:任意(設定なし)

【マクロ②】

トリガー:場所のトリガー(自宅周辺を出たら)

アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを無効化)&通知を表示

条件:任意(設定なし)

まずWi-Fiをオンにした状態で、自宅周辺から離れてみます。

すると、Wi-Fi無効化を知らせる通知が届き、実際にWi-Fi機能が自動でオフとなっていました!

さらにWi-Fiをオフにした状態で、自宅周辺に近付いてみます。

すると、同様にWi-Fi有効化を知らせる通知が届き、実際にWi-Fi機能が自動でオンとなっていました!

以上の通り、作成した2つのマクロはどちらも正常に動作しました。

補足:他にもMacroDroidで設定できるマクロはたくさん!

本記事で紹介したマクロ以外にも、MacroDroidの便利な設定は無限に存在します。

本ブログで紹介したマクロ例は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう

〆:Wi-Fiオン/オフの切り替えも自動化しよう!

以上、自宅や会社周辺でWi-Fiオン/オフを自動化! 特定エリアをGPSで検知して設定を変更 [Android] の說明でした。

記事中では「自宅周辺」を例としましたが、さらに「会社周辺」や「行きつけのカフェ周辺」なども「ジオフェンス」としてマクロを設定することで、いちいちWi-Fi機能を手動で切り替える必要がなくなります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい