Wi-Fi切断時に通知を表示! 指定したネットワーク(SSID)解除を自動で知らせるマクロ [Android]

スポンサーリンク

契約している携帯キャリアのプランによって1ヶ月で利用できるデータ通信上限量が決まっているため、自宅や会社などWi-Fiを利用できる環境ではなるべくモバイルデータ通信の使用を控えるべきです。

が、Wi-Fiへ接続できる環境にも関わらず、様々な要因で、いつの間にかモバイルデータ通信に切り替わっているケースがあります。

これに気付かずに大容量ファイルのダウンロードや動画閲覧をすると、すぐにデータ通信の上限に達してしまいますよね。

そこで本記事では、Androidで接続中のWi-Fiが切断された際に通知を表示する方法を紹介します。

具体的にはAndroid向け自動化アプリ「MacroDroid」を使って、特定条件下で起動するマクロ(タスクの自動化)設定をします。

photo by sakuraismjp0

スポンサーリンク

Wi-Fi切断時に通知を表示!

AndroidではWi-Fi機能が有効となっていれば、登録しているネットワーク名(SSID)が利用できる場所で自動的にWi-Fiへ繋がる仕様となっています。

が、中にはWi-Fiへ接続できる環境にも関わらず、Wi-Fiが切れてしまい、いつの間にかモバイルデータ通信に切り替わっているケースがあります。

これは様々な要因があり、例えば「周囲の電波環境と混線しており一時的に接続が解除された」・「スマートフォン側の動作が不安定になり一時的に接続が解除された」などが挙げられます。

いずれの理由にせよ、Wi-Fiが切断された状態で気付かずに大容量のデータ通信を行うと、速度制限に達するリスクがあり危険です。

そこでAndroidで接続中のWi-Fiが切断された際に通知を表示する処理を「MacroDroid」で行います。

手順①:自動化アプリを入手する

まず、Androidに自動化アプリ「MacroDroid」をインストールします。

Android 要件:4.2 以上

価格:無料(全ての機能が使える有料版もあり)

本アプリの基本情報や使い方については、別記事で詳細をまとめているので合わせてどうぞ。

関連記事

MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ

「MacroDroid」のインストールが完了したら、アプリトップ画面右上の「マクロを追加」より作成開始できます。

大まかなマクロ作成の流れを整理すると、

トリガー:Wi-Fiの状態の変更(ネットワークから切断したら)

アクション:通知を表示

条件:任意(設定しなくてもOK)

となります。

さっそく設定してみましょう。

手順②:トリガーを設定する

まず、トリガーを設定します。

トリガー候補一覧より「Wi-Fiの状態の変更」を選び、オプションより「ネットワークから切断」にチェックを入れ、「OK」と進みます。

すると接続履歴のあるネットワーク名(SSID)一覧が表示されるので、自宅や会社のWi-Fiにチェックを入れます。

以上で「Wi-Fiの状態の変更(ネットワークから切断したら)」のトリガー設定ができました。

画面を右にスワイプし、「アクション」画面へ移ります。

手順③:アクションを設定する

次に、アクションを設定します。

アクション候補一覧より「通知を表示」を選び、表示させたい通知のタイトルや通知文を入力します。「既に表示されている通知を上書き」にチェックを入れることで、重複して通知が出なくなるのでオススメです。

以上で「通知を表示」のアクション設定ができました。

画面を右にスワイプし、「条件」画面へ移ります。

手順④:条件を設定する(任意)

続いて、条件を設定します。

「条件」は任意なので設定しなくてもマクロ作成は完成できますが、「トリガー」とは別の前提条件を追加したい場合に設定します。

例えば「バッテリー残量が50%以上の場合のみ、Wi-Fiの接続が解除されたら通知を表示」としたい場合なら、条件候補一覧より「電池残量」を選び、「〜より大きい」にチェックを入れ、パーセンテージバーを「50%」に合わせればOKです。

任意設定なので本例では「条件」は何も設定せず、としました。

右下の「✓チェック」アイコンをタップします。

手順⑤:マクロ名称を決めて完了!

最後にマクロの名前を決めます。今後マクロの数が増える場合を想定して、分かりやすい名称にすると良いでしょう(後から名前の変更はできます)。

作成したマクロはアプリトップ画面左上の「マクロ」より確認ができ、内容の編集や設定の有効可 / 無効化の切り替えも可能です。

実際に試してみる

マクロが完成したら、実際に動くか試してみましょう。

例えば下記のようなマクロを有効化した状態で、

トリガー:Wi-Fiの状態の変更(ネットワークから切断したら)

アクション:通知を表示

条件:任意(設定しなくてもOK)

自宅のWi-Fiに接続中に、Wi-Fiルーター側の電源を落としてみます。当然接続中のAndroidのWi-Fiが解除されますが、ここで「Wi-Fi切断の警告通知」が表示されました!成功です。

参考:その他Wi-Fi関連のマクロ

本記事で取り上げたマクロ以外にも、Wi-Fi接続に関わるオススメのマクロを紹介します。

自宅や会社周辺でWi-Fiオン/オフを自動化するマクロ

自宅や会社周辺など、普段Wi-Fiへ接続している特定の場所があれば、GPSでエリアへの接近を感知して自動的にWi-Fi機能のオン / オフを設定することができます。

例えば、自宅周辺でWi-Fiを有効にしたいなら、下記のようなマクロとなります。

【マクロ①】

トリガー:場所のトリガー(自宅周辺に入ったら)

アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを有効化)

条件:任意(設定しなくてもOK)

【マクロ②】

トリガー:場所のトリガー(自宅周辺を出たら)

アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを無効化)

条件:任意(設定しなくてもOK)

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

自宅や会社周辺でWi-Fiオン/オフを自動化! 特定エリアをGPSで検知して設定を変更 [Android]

アプリ起動時にWi-Fi非接続の警告通知を表示するマクロ

例えばYouTubePokémon GOなど、動画再生アプリやゲームアプリは大量のデータ通信が行われる場合があり、可能な限りWi-Fi環境下で起動することが推奨されます。

そこで、もし特定アプリ起動時にWi-Fiへ繋がっていない場合、非接続の警告通知を表示することができます。

例えば、YouTube起動時にWi-Fi非接続を警告したいなら、下記のようなマクロとなります。

トリガー:アプリの起動 / 終了(YouTubeを起動したら)

アクション:通知を表示(Wi-Fi非接続を警告)

条件:Wi-Fiの状態(ネットワークに非接続)

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

アプリ起動時にWi-Fi非接続の警告通知を表示! ネットワークに繋がらないリスクを防止 [Android]

自宅や会社でマナーモードを自動設定するマクロ

自宅や会社周辺など、普段Wi-Fiへ接続する環境下でマナーモード設定を切り替えている場合、特定のネットワーク名(SSID)への接続を感知して自動的にオン / オフを設定することができます。

例えば、自宅周辺でマナーモードを解除したいなら、下記のようなマクロとなります。

【マクロ①】

トリガー:Wi-FiのSSIDの変化(自宅のWi-Fi SSIDを検出したら)

アクション:バイブレーションを有効化/無効化(マナーモードを解除)

条件:任意(設定しなくてもOK)

【マクロ②】

トリガー:Wi-FiのSSIDの変化(自宅のWi-Fi SSIDが検出されなくなった時)

アクション:バイブレーションを有効化/無効化(マナーモードを設定)

条件:任意(設定しなくてもOK)

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

自宅や会社でマナーモードを自動設定! 特定Wi-Fi SSID接続を検知して設定を変更 [Android]

他にもMacroDroidで設定できるマクロはたくさん!

以上がWi-Fi接続に関わるオススメのマクロでしたが、他にもMacroDroidの便利な設定は無限に存在します。

本ブログで紹介したマクロ例は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう

〆:Wi-Fi接続管理を自動化しよう!

以上、Wi-Fi切断時に通知を表示! 指定したネットワーク(SSID)解除を自動で知らせるマクロ [Android] の說明でした。

いつも接続するWi-Fiで切断する機会が多いなら、本マクロを設定することで自動で警告通知が表示されるので、Wi-Fi解除にすぐ気付くことができます。

個人的に利用することが多いスターバックスの無料Wi-Fiは、ネットワークが不安定でいつの間にか解除されているケースがよくあるため、本マクロが便利だと感じています。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい