Android 8.0「バックグラウンドで実行中です」通知を自動で消す方法! 邪魔なら非表示にしよう

スポンサーリンク

先日よりNexus 6PをAndroid 8.0へバージョンアップさせましたが、通知領域に「◯個のアプリがバックグラウンドで実行中です」という見慣れぬ通知が表示されるようになりました。

この通知は便利な面もありますが、特に気にしないユーザーからすると煩わしい以外何でもありませんよね。

そこで本記事では、この「◯個のアプリがバックグラウンドで実行中です」通知を非表示にする方法を紹介します。

原因となっているアプリのバックグラウンド動作の停止やアンインストールをせずとも、通知だけを消すことができる方法なので、お悩みの方はぜひご覧あれ。

photo by Android – 8.0 Oreo

スポンサーリンク

「バックグラウンドで実行中です」通知を自動で消す方法

前提:標準機能でオフにする設定はない

まず、今回取り上げる「◯個のアプリがバックグラウンドで実行中です」という通知は、言葉通り「どのアプリがバックグラウンドで動作しているか」を教えてくれる機能で、Android 8.0より導入されたことで、ユーザーは「こっそり陰で動いているアプリの存在」を把握できるようになりました。

実はAndroid 7.0以前ではアプリがバックグラウンドで動作しているかを判別する明確な機能は存在しなかったため、「バッテリー消耗の原因」や「データ通信量増加の原因」となっているアプリ特定に代表される「不具合の犯人探し」は一苦労でした。

そのため、表示される通知にも一定の役割はあるのですが、要らないと感じるユーザーからすると邪魔でしかありません。が、残念な情報として、Android 8.0の標準機能として「◯個のアプリがバックグラウンドで実行中です」通知をオフにする設定は存在しません。

従って、表示されるアプリのバックグラウンド動作自体をオフにするか、そもそもアプリをアンインストールするか、などが解決策となってしまい、Androidを利用する上でデメリットが残ります。

ただ、このような悩みを抱えているユーザーは世界中に存在し、なんと海外の開発者が「◯個のアプリがバックグラウンドで実行中です」通知を消すことに特化した「Hide “running in the background” Notification」というアプリを生み出しました。

下記より本アプリの使い方と特徴を解説します。

解決策:通知を消す専用のアプリを導入するだけ

まず、Androidに「Hide “running in the background” Notification」をインストールします。

Android 要件:8.0 以上

価格:無料

設定は超シンプルで、アプリ起動後に表示される画面に従い「通知へのアクセス」にて本アプリのトグルをタップ。

「許可」を選択し、トグルがオンになっていることを確認します。

以上で設定は完了。以後、「◯個のアプリがバックグラウンドで実行中です」通知は自動的に隠れるため、表示されなくなります。

ちなみに元の状態に戻したい場合は、「通知へのアクセス」より権限をオフにするか、本アプリをアンインストールすればOKです。

〆:邪魔な通知は非表示にしよう!

以上、Android 8.0「バックグラウンドで実行中です」通知を自動で消す方法! 邪魔なら非表示にしよう の說明でした。

使っていると分かりますが、「◯個のアプリがバックグラウンドで実行中です」通知は頻繁に表示されるため、今後徐々にAndroid 8.0の利用者が増えるにつれ、多くの方がウンザリすることになるでしょう。

ぜひ本記事の内容を参考に、邪魔な通知を非表示にしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい