iPhoneのSIMロックを解除する方法! iOSをSIMフリー化して格安SIMや海外SIMで使おう

iOS使い方

ドコモ、auなど携帯キャリア経由でiPhoneを購入した場合、SIMロックと呼ばれる制限がかかり、他社のSIMカードを使用できません。

ただ一定条件を満たせばSIMロックを解除し、別の通信事業者のSIMカードも利用可能となります。

そこで本記事では、iPhoneのSIMロックを解除する方法を紹介します。

SIMフリー化すれば、格安SIM(MVNO)や海外事業者のSIMカードを使えるようになりますよ。

photo by ぱくたそフリー素材

 

SIMロックの基本と解除の条件

記事中では、ドコモ / au / SoftBankをまとめて通信事業者と表記します。

SIMロックの基本

通信事業者から購入したiPhoneには「SIMロック」がかかっており、他事業者のSIMカードを使用できません。

ドコモSIMロックがかかったiPhoneにauのSIMをさした場合。

従来のiPhoneではSIMロックの解除が原則不可能でしたが、総務省の「SIMロック解除に関するガイドライン」によって規制が緩和され、一定条件を満たした機種なら可能となりました。

SIMロック解除の代表的なメリットは次の3点です。

  • 格安SIM(MVNO)を使える
  • 海外渡航時に現地キャリアのSIMを使える
  • iPhone売却時に価値が高くなる

格安SIMは大手キャリア(ドコモ / au / SoftBank)いずれかの回線を借りて運営されているため、SIMロックを解除する目的が「格安SIMを使う」ならSIMロック解除不要なケースがあります。

例えば楽天モバイルLINEモバイルはドコモ系の格安SIMなので、SIMロック解除はいりません。

SIMロック解除の条件

SIMロック解除の条件は、大きく2つに分類されます。

  • 機種の条件
  • 期間の条件

機種の条件について

全ての通信事業者に共通して、SIMロック解除が可能なiPhoneは「2015年5月以降に発売された機種」に限り、具体的にはiPhone 6S以降が該当します。

  • iPhone 6S
  • iPhone 6S Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X

(2018年6月現在の機種)

期間の条件について

全ての通信事業者に共通して、「購入から100日以上経過したiPhone」ならSIMロック解除が可能です。

が、端末の残債を精算した状態(例:iPhoneを一括払いで購入 / iPhoneの分割払いを全て精算)であれば、一定期間待たずとも即日でSIMロック解除できます。

厳密には事業者によって細かい条件が異なるため、詳細は各通信事業者のHPをチェックして下さい。

サイト ドコモ – SIMロック解除の条件

サイト au – SIMロック解除の条件

サイト SoftBank – SIMロック解除の条件

SIMロック解除後も継続して通信事業者との契約は続き、キャリアメールアドレスも利用可能です。

また、将来的に通信事業者との契約を解約してもSIMロック解除の効果が切れることはありません(逆に、SIMフリー化したiPhoneを再度SIMロック状態に戻す手段もありません)。

 

SIMロックを解除する手順

SIMロックの解除手続きの流れは、大きく2段階に分かれます。

  1. 通信事業者でSIMロック解除の手続きを行う
  2. iPhone側で再アクティベーションを行う

手続方法は全ての通信事業者に共通して「店舗で手続き」か「Web上での手続き」となります。

店舗での手続きについて

通信事業者のショップへ訪問し、窓口でSIMロック解除の手続きを行う方法です。

【ポイント】

  • Web上の手続きに不安がある方にオススメ
  • 他事業者のSIMカードを持っていない方にオススメ

【デメリット】

  • 手数料が3,000円かかる

SIMロック解除はiPhone側で再アクティベーションまで行わないと完結されず、その際に他事業者のSIMカードが必要です。

手数料はかかりますが、自分一人で最後まで作業するのが不安であればオススメの方法です。

Web上での手続きについて

通信事業者の運営するWebサイトよりSIMロック解除の手続きを行う方法です。

【ポイント】

  • 手数料は無料!
  • 自分一人での手続きに自信がある方にオススメ

【デメリット】

  • 他事業者のSIMカードがないとiPhoneの復元(=初期化)が必要

手数料はかかりませんが、iPhoneの再アクティベーションまで自分で実施する必要があります。

本記事では例として、ドコモ契約のiPhoneをWeb上の手続きでSIMロック解除する手順を解説します。

手順①:通信事業者でSIMロック解除の手続きを行う(ドコモ版)

まずサイト「ドコモオンライン手続き」でSIMロック解除の手続きを行います。

My docomoでログイン後「契約内容・手続き」へ進み、

「SIMロック解除」の手続きに入ります。

まずSIMロックを解除するiPhoneのIMEI(製造番号)を入力します。

調べ方は色々とありますが、「設定」→「一般」→「情報」より確認するのが速いでしょう。

IMEIを長押しでコピーできる。

iPhoneのIMEIの調べ方は関連記事【[iOS] iPhoneのシリアル番号や製造番号(IMEI)を調べる方法! 型番(モデル)も表示しよう】で解説しています。

[iOS] iPhoneのシリアル番号や製造番号(IMEI)を調べる方法! 型番(モデル)も表示しよう
iOSのシリアル番号(SERIAL)や製造番号(IMEI)、型番(モデル)を調べたことはありますか? どの情報もiOSに関わる調べ物(例:アフター情報 / 下取り価格情報)で使いますが、iPhoneが故障していると本体の操作ができない...

次に注意事項を読んで手続き内容を確認し、

手続きを完了します。

手順②:iPhone側で再アクティベーションを行う

この状態ではまだSIMロック解除手続きは完了しておらず、最後にiPhone側で再アクティベーションが必要です。

iCloudで「iPhoneを探す」を有効にしている場合、再アクティベーション時に「アクティベーションロック」が自動でかかります。

万が一、ログイン中のApple IDとパスワードを忘れてしまうと先に進めなくなるため、事前に調べておきましょう。

iCloud「iPhoneを探す」をオフにする方法まとめ! 解除してiOSのアクティベーションロックを回避しよう
iOSの「iPhoneを探す」をご存知でしょうか? iCloudを設定するとデフォルトでオンになるサービスで、紛失・盗難したiPhoneの位置を特定したり遠隔でデータを初期化したりと便利な機能が使えます。 が、一方でこの機能が有...

この後の手順は、他社のSIMカードを所有しているかで異なります。

他社のSIMカードを持っている場合

今回の例ならauかSoftBankのSIMカードを持っているなら、下記流れとなります。

  1. iPhoneに他社のSIMカードを挿入
  2. iPhoneを再アクティベーション

他社のSIMカードはアクティベーションで使うだけなので、回線契約のない解約後のSIMカードでもOKです(ただしiPhoneで使えるnanoSIMサイズであることが条件)。

ボクはちょうどauのSIMカードを保有しているので、コチラの方法で実施しました。

まずiPhoneの電源を落とした後、他社のSIMカードを挿入して電源を入れます。

すると「アクティベーションが必要です」と表示されるので画面に従って先に進みます。

途中パスコードの入力が必要です。

iCloudで「iPhoneを探す」を有効にしているとアクティベーションロックがかかるので、ログインしていたApple IDとパスワードを入力します。

Apple IDを忘れた際の解決方法! 分からないiCloudのアカウント(メールアドレス)やパスワードを再設定しよう
iCloudやiTunesなど、Apple標準の公式サービスの利用には「Apple ID」登録が大前提となっており、ほぼ全てのiOS / macOSユーザーは登録しているでしょう。 ただ、Apple IDは複数個作成するのも可能なため...

iPhoneのホーム画面が表示されればSIMロック解除に成功です!

なお、再アクティベーション後はApple IDのサインインし直しが必要です。

他社のSIMカードを持っていない場合

今回の例ならauかSoftBankのSIMカードを持っていないなら、下記流れとなります。

  1. iPhoneのデータをバックアップする
  2. iPhoneを初期化する
  3. バックアップデータをiPhoneへ復元する

詳細は関連記事【iOSを初期化する方法まとめ! iPhoneやiPadの個人情報を消去しよう】で解説しています。

iOSを初期化する方法まとめ! iPhoneやiPadの個人情報を消去しよう
iPhoneやiPadで本体を「初期化」したことはありますか? iOSで本体のデータを消去(=初期化)する方法は様々あるため、状況に応じて適切な方法で実行するのが重要です。 そこで本記事では、iOSを初期化する方法をまとめて紹介...

 

補足:

解約後はSIMロック解除ができない場合も

SIMロック解除するメリットの1つに「iPhone売却時に価値が高くなる」があります。

iOSを売却する際に実施すべき作業! iPhone/iPadを他人へ譲渡するならデータを完全に消去しよう
ボクは2013年に購入したiPad mini 2を最近までずっと利用していましたが、MacBook Air(2013)を売却するタイミングで、一緒にiPadも下取りに出すことにしました。 ただPC同様、スマートフォンやタブレットも膨大...

そのため、たとえ格安SIMや海外事業者のSIMカードを使う予定がなくても、将来的にiPhoneを売却することを考えSIMロック解除しておくことをオススメします。

その際の注意点として、通信事業者によって回線解約後はSIMロック解除を受付できないケースがあります。

例えばドコモの場合”解約日から100日経過していないこと”が条件となります。

サイト ドコモ – SIMロック解除の条件

解約後にiPhoneを売却したくてもSIMロックを解除できないリスクがあるため、なるべく解約前に実施すべきでしょう。

SIMロック解除有無の確認方法について

通信事業者から購入したiPhoneのSIMロックが解除されたかどうかを確認する手段はありません。

強いて言えば、実際に他事業者のSIMカードを入れて使えるかチェックするくらいでしょう。

一方iPhoneのIMEIさえ分かれば、どの通信事業者でSIMロックがかかっているかは確認する方法があります。

詳細は関連記事【iPhoneのキャリアを調べ見分ける方法! SIMロックのiOSがどの携帯会社かIMEIから確認しよう】で解説しています。

iPhoneのキャリアを調べ見分ける方法! SIMロックのiOSがどの携帯会社かIMEIから確認しよう
Apple Storeで販売されるiPhoneはSIMフリーですが、各キャリアのiPhoneはSIMロックがかかっているため、格安SIM(MVNO)でiPhoneを運用する場合、どの携帯会社で購入したか見分ける必要があります。 そこで...

再アクティベーション時に「SIMが無効です」と表示される場合

通信事業者側の手続きでSIMロック解除後、他社のSIMカードを挿入してiPhoneを再アクティベーションすると「SIMが無効です」と表示されるケースがあります。

この場合、まず通信事業者へ問い合わせ、SIMロック解除の手続きが完了しているか確認します。

次にiPhoneをバックアップ後、復元(=初期化)して下さい。

iOSを初期化する方法まとめ! iPhoneやiPadの個人情報を消去しよう
iPhoneやiPadで本体を「初期化」したことはありますか? iOSで本体のデータを消去(=初期化)する方法は様々あるため、状況に応じて適切な方法で実行するのが重要です。 そこで本記事では、iOSを初期化する方法をまとめて紹介...

 

〆:全てのiPhoneユーザーにSIMロック解除はオススメ!

以上、iPhoneのSIMロックを解除する方法! iOSをSIMフリー化して格安SIMや海外SIMで使おう の説明でした。

通信事業者側でSIMロック解除手続き後にiPhoneを再アクティベーションするのが面倒ですが、一度SIMフリー化すれば以後はメリットしかありません。

格安SIMや海外SIMを使う予定がなくても将来的にiPhoneを売却するケースを想定して、全てのiPhoneユーザーにSIMロック解除はオススメできます。

ぜひ、ご参考下さい。

参考 Appleサポート – iPhoneのロックを解除して別の通信事業者で使う方法

iOS使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント