iPhoneスピーカーの音が出ない原因! iOSで通知や音楽/動画再生の音質が悪い理由と解決策

スポンサーリンク

iOS(iPhone / iPad)で音楽やビデオを視聴したり、アプリの通知音が出る場面などでスピーカー機能が働いています。

ただ使用期間が長いほど、音質が劣化したり、そもそも音が正常に出ない症状で悩んでいる方もいるでしょう。

そこで本記事では、iPhoneのスピーカーの音が出ない原因と解決策を紹介します。

iOSの音声関連の調子が悪いと感じたら、ぜひご覧あれ。

photo by GIGAZINE

スポンサーリンク

iPhoneで音が出ない/音質が悪い原因と解決策

記事中では、iPhone 8 Plus(iOS 11.2.5)を例に説明しています。

スピーカー自体の故障を切り分ける

まず、iPhoneのスピーカー機能自体に問題がないか確認します。

「設定」→「サウンドと触覚」より「着信音と通知音」の音量スライダをタップして、

スピーカーから音が流れるか確かめます。

この結果より、スピーカーの状態を下記に分類できます。

①:スピーカーから音は出る

②:スピーカーから音が出ない / 音が変に聞こえる

もし「②:スピーカーから音が出ない / 音が変に聞こえる」の場合、修理が必要かもしれません。Appleサポートへ問い合わせましょう。

あらかじめiPhoneのシリアル番号を控えておくと手続きがスムーズです。

関連記事

[iOS] iPhoneのシリアル番号や製造番号(IMEI)を調べる方法! 型番(モデル)も表示しよう

一方、「①:スピーカーから音は出る」という結果にも関わらず、iPhone使用中に音が出なかったり、音量が著しく小さい場合、システム設定に何らかの問題がある可能性が高いです。

下記点をチェックしてみて下さい。

消音モードになっていないか

iPhoneにはスピーカーが正常でも音が出なくなる設定として、下記2点があります。

マナーモード(サイレントモード)

おやすみモード

マナーモードの設定を確認する

iPhoneの側面にある「着信 / サイレントスイッチ」がオンだと「マナーモード」が有効となり、アプリ通知音が消音状態になります。

スイッチを前方向(ディスプレイ側)にズラし、オレンジ色が見えない状態(オフ状態)にして下さい。

photo by hurk

万が一「着信 / サイレントスイッチ」が壊れており、スイッチの移動ができない場合は、「AssistiveTouch」機能より設定をオフに変更可能です。

まず「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」と進み、

「AssistiveTouch」項目にて、トグルをオンにして下さい。

画面上に白いバーチャルボタンが表示されるようになれば準備OK。

このAssistiveTouch機能は、Androidにも別途アプリを用意することで擬似的に導入できます。

関連記事

Assistive Touch – iPhoneのAssistiveTouch機能をAndroidにも追加する無料アプリ

バーチャルボタンをタップして「デバイス」→「消音を解除」と選べば、

マナーモードを解除できます。

「消音」と表示されていれば、マナーモードは解除されている状態。

おやすみモードの設定を確認する

iPhoneでコール音が鳴らず不在着信となる場合は、iOS標準の「おやすみモード」機能が原因の可能性が高いです。

「設定」→「おやすみモード」より「おやすみモード」のトグルがオン(緑色)になっているなら、タップしてオフにして下さい。

iPhoneが不在着信になる問題は別記事でも詳細を解説しています。

関連記事

iPhoneの電話に出れない原因! コール音/呼び出し音/バイブが鳴らず不在着信やSMSが表示される理由と解決方法 [iOS]

着信音量とメディア音量の違いを確認する

iPhoneには大きく2種類の音量が存在します。

着信音量(通知音量)

メディア音量

iPhone側面にある音量ボタンを押したり、各種設定の音量スライダを動かすと、いずれかの音量が”個別に”調整されます。

もし電話やアプリの通知音が鳴らず困っているなら「着信音量(通知音量)」を、YouTubeや音楽が流れず困っているなら「メディア音量」の調整方法を、それぞれ参考にして下さい。

着信音量(通知音量)を調整する

着信音量(通知音量)は「設定」→「サウンドと触覚」より「着信音と通知音」にて調整可能です。

「ボタンで変更」トグルが有効の場合のみ、iPhone側面の音量ボタンでも調整が可能となります。

もしマナーモードは解除しているのに電話やアプリの通知音が鳴らないなら、この「着信音と通知音」が最小になっている可能性があります。

特に「メディア(YouTubeや音楽)は音が出るのに通知音が鳴らない」という時に当てはまるケースが多いです。

解決策として、「着信音と通知音」スライダを右へズラし、音量をもっと大きくしましょう。

メディア音量を調整する

メディア音量はコントロールセンターにて調整可能です。

また、先述した「着信音と通知音」の「ボタンで変更」が無効になっているなら、iPhone側面の音量ボタンでも調整可能です。

もしマナーモードは解除しているのにメディア(YouTubeや音楽)の音が流れないなら、この「メディア音量」が最小になっている可能性があります。

解決策として、コントロールセンターで音量スライダを上へズラし、音量をもっと大きくしましょう。

外部再生デバイスと接続していないか

Bluetooth機能により、外部再生デバイス(例:外部スピーカー / イヤホン)へ無線接続されていると、音はiPhone本体から再生されず、外部再生デバイスから流れます。

特に過去ペアリングをしたことがあるBluetooth対応機がiPhoneの近くにあると、自動的に(気が付かないうちに)接続されることがあるので、注意が必要です。

解決策として、Bluetooth機能をコントロールセンターよりオフにして下さい。

なお、iOS 11よりコントロールセンターの仕様が変わり、ボタンをオフにしても「接続解除」となるだけで、Bluetooth機能自体は有効状態が維持されます。

完全にオフにするなら「設定」→「Bluetooth」より無効にできます。

参考:

ここまで紹介した方法でも解決できない場合、下記点も参考にして下さい。

iPhoneを再起動する

サイドボタンの長押しでiPhoneを再起動し、事象が回復しないか確認して下さい。

関連記事

[iOS] 電源を落とす方法まとめ! iPhoneのシステム終了と起動を様々な手順でオンオフしよう

何らかの理由で再起動がうまくいかない場合、強制再起動も試しましょう。

iPhone XやiPhone 8シリーズの強制再起動の手順例。

関連記事

[iOS] 強制的に再起動する方法まとめ! iPhoneを強制終了で電源を落としてリセットしよう

iPhoneを初期化する

「iTunes」や「iCloud」でデータを事前にバックアップした上で、

関連記事

iOSのデータをバックアップする方法! iTunesとiCloudの特徴と使い方まとめ [iPhone/iPad]

iPhoneを初期化し、事象が回復しないか確認して下さい。

関連記事

iOSを初期化する方法まとめ! iPhoneやiPadの個人情報を消去しよう

スピーカーに汚れが溜まっていないか

音は出るけれど音質が悪い場合、スピーカーに不純物やほこりなどの汚れが溜まっている可能性があります。

エアダスターで掃除することで解決できるかもしれません。

参考 Apple公式サポート

参考 Apple – iPhoneのスピーカーから音が出ない/音が歪む

〆:音量の種別がいくつかあって ややこしい

以上、iPhoneスピーカーの音が出ない原因! iOSで通知や音楽/動画再生の音質が悪い理由と解決策 の説明でした。

iOSは通知音とメディアの音量が独立して存在しているため、それぞれで調整をする必要があるのが分かりづらいです。

またBluetoothイヤホンを接続している場合、iPhoneから音が出ないのはイヤホンに繋がっているだけだったケースもあり得ます。

iPhoneの音が出なくなったり、音質が悪くなったりした場合は、ぜひご参考下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい