電源ボタンを押さずにAndroidを再起動する方法! アプリのショートカットアイコンからソフト的に端末をリブートしよう

Android

Androidは「電源ボタン」長押しで、端末を再起動(リブート)できます。

ただもし電源ボタンが壊れてしまったら、この操作ができず困りますよね。

そこで本記事では、Androidで電源物理キーを押さずに再起動する代替手段を紹介します。

  • ショートカットアイコンを追加する
  • 自動再起動のスケジュールを組む
  • SIMカードトレイを外す
  • SIMカードスロットのボタンを押す
  • バッテリーを取り外す

注意点として、どの方法も「root化が必須」または「機種依存の機能」であり、すべてのAndroidで使えるわけではありません。

方法前提条件
ショートカットアイコンを追加するroot済み
自動再起動のスケジュールを組むroot済み or 機種依存
SIMカードトレイを外す機種依存
SIMカードスロットのボタンを押す機種依存
バッテリーを取り外す機種依存

各方法について、順番に解説します。

photo by Jan Kaláb

 

スポンサーリンク

Androidで電源ボタンを押さずに再起動する方法

ショートカットアイコンを追加する

アプリ「Quick Reboot」を使えば、ホーム画面に設置したショートカットアイコンをタップするだけで端末を再起動できます。

ダウンロード Google Play – Quick Reboot

ただし端末のroot化が必須条件です。

Nexus 6Pをroot化する方法! TWRPでAndroid 8.1にMagiskをインストールして改造しよう
Nexus 6P(Android 8.1)をroot化した際の作業を記録します。 Androidをroot化するためには、「Superuser」の権限を管理するアプリをインストールする必要があり、代表的なアプリとして「SuperSU」...

アプリを起動すると、最初にチュートリアルと利用規約への同意を求められます。

アプリトップ画面が表示されたら、まずは動作するか検証しましょう。

「Reboot」をタップし、再起動を実行します。

ここで「スーパーユーザー」の許可が必要です。

Androidをroot化していない場合、うまく動作しません。

この操作で電源ボタンを押さずに、Androidがしっかりと再起動すればOKです。

続いて、便利なショートカットアイコンをホーム画面に配置します。

ウィジェット一覧より「Quick Reboot」を選び、

「Action」にて「Reboot」をセットします。

ウィジェットを追加できれば準備OK。

ショートカットアイコンをタップするだけで、Androidを再起動できるようになります。

自動再起動のスケジュールを組む

Androidを定期的に自動再起動するスケジュールを組めば、電源ボタンを押さずに再起動できます。

ただすべての機種で使用できる方法ではなく、下記いずれかに該当している必要があります。

  • 最新Galaxyシリーズの端末:設定の標準機能より自動再起動を設定
  • root権限取得済みの端末:「MacroDroid」アプリで自動再起動を設定

もし定期的に手動で再起動しているなら、自動リブートのスケジュールを組むと便利ですよ。

詳細は関連記事【Androidを定期的に自動再起動する方法! スマートフォンの電源オン/オフをスケジュール予約しよう】で解説しています。

Androidを定期的に自動再起動する方法! スマートフォンの電源オン/オフをスケジュール予約しよう
Androidでは電源ボタン長押しで「電源を切る」や「再起動」を選択でき、バッテリー性能や動作性を改善させるきっかけになります。 そのため定期的な再起動が推奨されますが、いちいち手動で行うのは面倒ですよね? そこで本記事では、A...

SIMカードトレイを外す

端末のSIMカードトレイを外すことで強制的に再起動がかかります。

Xperia X Performance(Android 7.0)

が、すべての機種で使えるわけではなく、主にXperiaシリーズが対象です。

Xperiaシリーズの中でも動作しない機種の存在を確認しています。例えばXperia Z1(Android 4.4.2)では反応がありませんでした。

対象外の機種の場合、再起動以外の反応があり、機種によって様々です。

例えばGalaxy S7 edge(Android 7.0)だと「SIM / 外部SDカードトレイを確認」とアラートが表示されるだけなのに対し、Nexus 6P(Android 7.1.2)だと強制的にロック画面となりました。

左:Galaxy S7 edge / 右:Nexus 6P

SIMカードスロットのボタンを押す

端末のSIMカードトレイを外し、スロットの奥の方にある小さなボタンを押すことで強制的に再起動がかかります。

Xperia Z1(Android 4.4.2)

が、すべての機種で使えるわけではなく、主にXperiaシリーズが対象です。

Xperiaシリーズの中でも動作しない機種の存在を確認しています。例えばXperia X Performance(Android 7.0)ではこのようなボタンはありませんでした。

バッテリーを取り外す

もしお使いの機種が「バッテリーの取り外しが可能」な場合、バッテリーを外し、再度付けることで強制的に再起動をかける(or 電源を落とす)ことが可能です。

ただ、最近のAndroidシリーズでは内蔵型のバッテリーが主流であるため、該当する機種は少ないでしょう。

 

補足:

Androidを強制再起動する方法

「画面がフリーズした」など、Androidが動かなくなった場合、強制的に再起動する方法を知ってると便利です。

「電源ボタン」が動作することが前提ですが、多くの機種では「電源ボタン」と「音量ボタン」の同時押しで強制再起動がかかります。

詳細は関連記事【Androidを強制的に再起動する方法まとめ! 強制終了で電源を落とすコマンド [Xperia/Galaxy/Nexus]】で解説しています。

Androidを強制的に再起動する方法まとめ! 強制終了で電源を落とすコマンド [Xperia/Galaxy/Nexus]
Androidでは電源ボタン長押しで「電源を切る」や「再起動」を選択できます。 機種やOSバージョンによって電源ボタン長押しで表示される項目は異なります。 ただ、突然画面が固まったり動作が重くなったりして、電源ボタン長押しから「再起動」...

そのほか電源ボタンが壊れたAndroidの活用方法まとめ

「電源ボタン」が故障すると再起動はもちろん、スリープ状態のオン / オフやスクリーンショット撮影も難しくなってしまいます。

ただ様々なアプリで工夫すれば、電源ボタンを使わずにこれら操作を実行できます。

詳細は関連記事【電源ボタンが壊れたAndroidの活用方法まとめ! 反応しない物理キーを修理せず使おう [画面オンオフ/スクショ撮影]】で解説しています。

電源ボタンが壊れたAndroidの活用方法まとめ! 反応しない物理キーを修理せず使おう [画面オンオフ/スクショ撮影/再起動]
Androidを使っていて「電源ボタン」が動作しなくなった場合、本体の再起動はもちろん、スリープ状態のオン / オフやスクリーンショット撮影も難しくなってしまいます。 当然、修理に出したり機種変更をすることで解決もできますが、Andr...

 

〆:電源ボタンを使わず再起動しよう!

以上、電源ボタンを押さずにAndroidを再起動する方法! アプリのショートカットアイコンからソフト的に端末をリブートしよう の説明でした。

どの方法も前提条件があるため、すべてのAndroidで使用できないのがネックですが、もし該当する機種を使用していればお試し下さい。

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント