Androidのスクリーン画面を常時オンにする方法! ディスプレイを常に点灯させよう

スポンサーリンク
Android

本記事では、スリープを防止して、常に画面を点灯する方法を紹介します。

画面を消えないようにする方法をお探しであれば、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidで画面タイムアウトを無効にする方法

本パートでは、スリープを無効にして、画面を常時点灯する具体的な方法を3つ解説します。

方法常時点灯の条件
①:
サードパーティ製アプリを使う
特になし
(特定アプリのみ限定も可能)
②:
開発者向けオプションを使う
充電中
③:
スクリーンアテンション機能を使う
画面を見ている or 端末を持っている

最初、画面をずっとつけっぱなしにする影響に触れているので、合わせてどうぞ。

前提:画面を消灯させないメリット/デメリット

通常、画面消灯までの時間は、Android設定アプリのアイコン設定で自由に変更できます。

Androidでスリープ時間を変更する説明

Xperia 10 IIの例。設定の「画面設定」→「画面消灯」で調整できる。

機種によって選択できる時間は異なりますが、原則、スリープ「なし」は選べません。

▼各メーカーの時間制限例(最長時間の抜粋)

機種最長時間
Xperia 10 II10分
Galaxy A2030分
AQUOS sense330分
Pixel 3a XL30分
arrows Be10分
OPPO Reno3 A30分

本記事で紹介する方法を使えば、上記デフォルト設定を無視して、画面を常時表示することが可能です。

主なメリット・デメリットです。

メリットデメリット
  • 好きなアプリをずっと表示できる
  • バッテリーが悪化する
  • 画面焼けのリスクが高まる

メリットは、使用中のアプリが意図せずスリープ状態へ切り替わることを防げます。

スリープ防止により特定アプリをずっと表示できる説明

例えば、Googleマップをずっとつけておける。

一方、デメリットとして、バッテリーの悪化があげられます。

単純にディスプレイ点灯時間が増えるため、電池もたくさん消費します。
ディスプレイの常時表示によりバッテリーが悪化する説明

HUAWEI P20 liteの例。電池消費量ランキングの上位に”画面”がある(右)。

また画面の焼き付きも注意が必要です。

【画面の焼き付きとは?】 – スマートフォンのディスプレイに長時間同じイメージを表示し続けることにより、画面に残像が残る現象を指す。特に有機ELディスプレイ搭載の端末で見られる。

例えばホーム画面の場合、「ステータスバー」・「ナビゲーションバー」・「ドック」の3つが表示される時間が長いため、

ディスプレイの常時表示により画面焼けが起こりうる説明1

これら3つのイメージが、焼き付き現象を引き起こしやすいです。

ディスプレイの常時表示により画面焼けが起こりうる説明2

Nexus 6Pの例。画面全体を白くすると、ナビゲーションバーとドックの焼き付きがはっきりわかる。

焼き付きは、画素の劣化が原因となっているため改善は難しく、修理または買い替えが必要となります。

従って、事前に焼き付きを防ぐ3つの対策を知ってることが重要です。

  1. 画面表示を黒系統に変える
  2. 同じ画面を長時間表示しない
  3. 必要以上に画面輝度を上げない

本記事で取り上げる内容は、まさに画面焼けのリスクを高めることになるため、留意して下さい。

より詳細な情報は、関連記事【Androidで画面の焼き付きを直す方法! スマホの液晶や有機ELの画面焼けを改善しよう】で解説しています。

Androidで画面の焼き付きを直す方法! スマホの液晶や有機ELの画面焼けを改善しよう
この記事では、スマホの画面焼けについて解説します。画面の焼き付きが起こる原因やその対策、改善方法を説明しています。

方法①:アプリKeepScreenOnで自動スリープ防止する

アプリを2つ紹介します。

アプリ特徴
KeepScreenOnのアイコン
KeepScreenOn
  • 条件を限定せず、常に画面点灯できる
    (ロック画面含む)
自動スリープ防止&再起動のアイコン
自動スリープ防止&再起動
  • 特定のアプリに限定して、常に画面点灯できる
使い方がシンプルなKeepScreenOnのアイコンKeepScreenOnがオススメです。アプリごと切り替えが多ければ、自動スリープ防止&再起動のアイコン自動スリープ防止&再起動もどうぞ。

KeepScreenOnの使い方

KeepScreenOnのアイコンKeepScreenOnを使えば、Android設定アプリのアイコン設定のスリープ時間に関わらず、画面のタイムアウトを無効にできます。

使い方はシンプルで、KeepScreenOnの開始ボタン開始ボタンを押すだけ。

KeepScreenOnの使い方1

(右)通知領域に”実行中”と出ればOK。

これでディスプレイが常時オンとなります。

KeepScreenOnの使い方2

例えば、Googleマップをずっと表示し続けることが可能。

ホーム画面にウィジェットを配置すれば、オン/オフの切り替えが便利になります。

KeepScreenOnの使い方3

KeepScreenOnのアイコンKeepScreenOnが有効だと、ロック画面も消えないようになります。

KeepScreenOnの使い方4

ロック画面でも常に画面点灯が維持される。

自動スリープ防止&再起動の使い方

自動スリープ防止&再起動のアイコン自動スリープ防止&再起動を使えば、特定のアプリのみ、スリープさせないことが可能です。

初期設定として、各種権限の付与が必要です。画面に従って操作しましょう。

自動スリープ防止&再起動の使い方1

(左)初期設定が必要なメニュー (右)付与する権限の1つ

あとは常時点灯したいアプリを選択するだけ。

自動スリープ防止&再起動の使い方2

(左)赤枠を設定できれば初期設定は完了 (右)Googleマップを選んだ例

指定したアプリ起動中、自動スリープ防止&再起動のアイコン自動スリープ防止&再起動が有効となり、ディスプレイが常時オンとなります。

自動スリープ防止&再起動の使い方3

例えばGoogleマップ起動を自動検知して、ずっと表示し続けることが可能。

以上、サードパーティ製アプリを使った説明でした。

条件を限定せず、常に画面点灯する方法をお探しであれば、ぜひどうぞ。

同機能を持つアプリは、PlayストアアプリのアイコンPlayストアで配信されています。”スリープ防止”・”keep screen on”等の検索でヒットするので、合わせてどうぞ。

方法②:開発者向けOPで充電中に画面を常時表示する

開発者向けオプションを使えば、充電中のみ、画面のタイムアウトを無効にできます。

初めて使う場合、Android設定アプリのアイコン設定より デバイス情報 → ビルド番号 を連続タップで有効にして下さい。

開発者向けOPで充電中に画面を常時表示する手順1

あとは 開発者向けオプション から スリープモードにしない を有効にすればOK。

開発者向けOPで充電中に画面を常時表示する手順2

これで充電中は、ディスプレイが常時オンとなります。

開発者向けOPで充電中に画面を常時表示する手順3

例えば、充電中はChromeをずっと表示し続けることが可能。

以上、開発者向けオプションを使う方法でした。

充電中に限られますが、サードパーティ製アプリ不要で実現できますよ。

方法③:スクリーンアテンション機能で自動電源オフを解除する

一部の機種に搭載されるスクリーンアテンション機能を使えば、スマートフォンを使っている間だけ、画面のタイムアウトを無効にできます。

端末のカメラやセンサーで「画面を見ている」・「スマホを持っている」を感知して、スリープを防止します。

機種によって機能名称は異なり、また設定手順もバラバラです。

▼Galaxy A20:閲覧中は画面を常にON

Galaxyで「閲覧中は画面を常にON」を設定する説明

設定の「便利な機能」→「モーションとジェスチャー」より選択できる。

▼AQUOS sense3:Bright Keep

AQUOSで「Bright Keep」を設定する説明

設定の「AQUOS便利機能」→「自動画面点灯」より選択できる。

▼arrows Be:持ってる間ON

arrowsの「持ってる間ON」を設定する説明

設定の「表示の設定」→「画面消灯時間」より選択できる。

そのほか、Pixelシリーズをお使いの場合、Pixel 4以降であればスクリーンアテンション機能を使えます。

お使いの機種にも搭載されている可能性があるため、Android設定アプリのアイコン設定をご確認下さい。

またサードパーティ製アプリとして、Gravity ScreenのアイコンGravity Screenもオススメです。

端末に触れてることを検知して、スクリーンをオンに保ってくれます。

Gravity Screenを使ってスリープを防止する説明

画面が暗くなってから、デバイスを少し揺らして画面点灯を維持する例。

以上、スクリーンアテンション機能の紹介でした。

“使っている間”に限定されますが、画面を消灯させない方法をお探しであれば、ぜひどうぞ。

 

参考:消灯時間がきてるのに画面が消えない原因

通常、画面消灯までの時間は、Android設定アプリのアイコン設定で自由に変更できます。

Androidでスリープ時間を調整する説明

Xperia 10 IIの例。設定の「画面設定」→「画面消灯」で調整できる。

ただ、ここで指定した時間を過ぎたにも関わらず、なせかスリープへ切り替わらないケースがあります。

主な原因を3つ解説します。

  1. スリープに切り替わらないアプリ起動中のため
  2. スクリーンアテンション機能が有効になっているため
  3. アンビエント表示が有効になっているため

原因①:スリープに切り替わらないアプリ起動中のため

一部のアプリは動作中、スリープ状態にならない仕様となっています。

動画系・ゲーム系アプリで該当するケースが多いです。
YouTubeがスリープへ切り替わらない説明

YouTubeの例。画面消灯「15秒」としても(左)、画面がずっと消灯しない(右)。

よく寝落ちしてしまう方は、タイマー設定をご検討下さい。

また特定のアプリがバックグラウンドで動作中だと、スリープ状態にならないケースもあります。

一度、タスク一覧をすべてクリアしてみると、改善するかもしれません。

タスク一覧を消去する説明

(左)タスク画面 (右)すべてのタスクをクリアした状態

原因②:スクリーンアテンション機能が有効になっているため

一部の機種に搭載されるスクリーンアテンション機能がオンになっていると、スマートフォンを使っている間だけ、画面のタイムアウトが無効になります。

端末のカメラやセンサーで「画面を見ている」・「スマホを持っている」を感知して、スリープを防止します。
AQUOSのBright Keepの説明

AQUOS sense3の例。Bright Keep機能により、持ってる間はスリープが無効となる。

「手に持ってる間だけ画面消灯にならない」のであれば、該当する可能性が高いため、ご確認下さい。

機種ごとの設定手順例は、前パートで解説しています(コチラをタップしてジャンプ)。

原因③:アンビエント表示が有効になっているため

アンビエント表示(別称:Always On Display)が有効だと、スリープ状態でも常に、時刻や天気、バッテリー残量などの情報が表示されます。

アンビエント表示の説明

Pixel 3a XLのアンビエント表示の画面例。

似たような表示が出ていて困っている場合、機能をオフにしましょう。

Pixel 3a XL(Android 12)の画面を例に説明します。

Android設定アプリのアイコン設定の ディスプレイ → ロック画面 より、時間と情報を常に表示 を確認すればOKです。

アンビエント表示を無効にする説明1

お使いの機種でうまく見つからない場合、Android設定アプリのアイコン設定から検索してみて下さい。

アンビエント表示を無効にする説明2

AQUOS sense3の例。”時計”と検索すれば、メニューが見つかる。

以上、なせかスリープとならない原因でした。

同じような事象が起きていれば、ぜひチェックしてみて下さい。

なお類似ケースとして、以下2点でお悩みであれば、関連記事をどうぞ。

  • 充電中、画面が勝手につく(関連記事
  • 一度スリープになるものの、勝手にスリープ解除する(関連記事

 

補足:スマートフォンの画面点灯に関するアレコレ

本パートでは、ディスプレイ点灯に関する細かい情報を補足します。

興味があれば、どうぞ。

説明の流れ
  • 補足①
    標準設定からスリープさせない方法(ごく一部の機種のみ対象)
  • 補足②
    スリープを一定時間解除する方法
  • 補足③
    起動中のアプリ画面を固定する方法

標準設定からスリープさせない方法(ごく一部の機種のみ対象)

ごく一部の機種であれば、標準機能として画面のタイムアウトを無効にできます。

例えばHUAWEI P20 liteの場合、Android設定アプリのアイコン設定から 画面スリープ と進み、

HUAWEIでスリープ設定を「なし」とする手順1

有効にしない を選べば、画面のタイムアウトが無効化されます。

自動スリープがオフになるだけで、電源ボタンを押せば画面オフへ切り替え可能です。

HUAWEIでスリープ設定を「なし」とする手順2

少し前のスマートフォンで、液晶ディスプレイを採用している機種であれば設定できる可能性がありますのでご確認下さい。

一方、最近のスマートフォンは有機ELディスプレイが増えていることもあり、スリープ「なし」を選べない機種がほとんどです。

スリープを一定時間解除する方法

CaffeinateのアイコンCaffeinateというアプリを使えば、デフォルトのスリープ時間とは別に、一時的に時間を伸ばすことができます。

Caffeinateでスリープを一定時間だけ解除する説明

Caffeinateの画面。クイック設定パネルのタイルから、スリープ時間を延長できる。

状況に応じて、スリープ時間を個別調整できて便利ですよ。

起動中のアプリ画面を固定する方法

ある特定のアプリのみ、ずっと固定表示する方法を2つ紹介します。

画面をピン留めする

ピン留め“(Screen Pinning)機能を使えば、起動中のアプリ画面を固定できます。

例えば家族や友人にスマートフォンを貸与して、とあるアプリのみ使わせたいシーンで活躍します。
画面の固定(Screen Pinning)とは

YouTubeアプリ画面を固定した例。

下記のような特徴があるため、どんな操作をしても(基本的に)現在のアプリがずっと表示されます。

無効化される機能使える機能
  • ナビゲーションバー
    (ホームボタン/アプリ切替ボタン)
  • ステータスバー
    (クイック設定/通知)
  • 画面ロック
  • 画面タップ
    (アプリ内の操作)
  • スクリーンショット撮影
  • スリープ/電源オフ/再起動
ほんらい「誤操作を防ぐ」・「第三者が勝手に別アプリを操作するのを防ぐ」等の目的で用意された機能です。

具体的な設定手順について、関連記事【Androidで画面をピン留めする方法! スマホで表示中のアプリを固定してキオスクモードを設定しよう】で解説しています。

Androidで画面をピン留めする方法! スマホで表示中のアプリを固定してキオスクモードを設定しよう
この記事では、Androidで画面をピン留めする方法を解説します。表示中のアプリを固定すれば、子供や友人に貸すシーンで便利です。

画面そのままロックを使う

サードパーティ製アプリ画面そのままロックのアイコン画面そのままロックを使えば、起動中のアプリ画面を固定しつつ、画面タッチも無効化します。

例えば子供にスマートフォンを渡して、とあるアプリのみ使わせたいシーンで活躍します。
Androidで画面タッチも無効にする方法1

画面ロックを開始した画面。

「画面操作を無効にしつつ、アプリは動かし続けたい」を実現できます。

Androidで画面タッチも無効にする方法2

画面ロック中のYouTubeの例。動画は流れつつ、タップが無反応となる。

画面そのままロックのアイコン画面そのままロックの特徴や使い方の詳細は、関連記事【Androidで画面タッチを無効にする方法! 画面そのままロックで誤操作防止しよう】で解説しています。

Androidで画面タッチを無効にする方法! 画面そのままロックで誤操作防止しよう
この記事では、スマホの画面タッチを無効化する方法を解説します。タッチスクリーンを無効にして、アプリはそのまま動かすことが可能です。

 

〆:目的に合わせて最適な機能を利用しよう

以上、Androidのスクリーン画面を常時オンにする方法! ディスプレイを常に点灯させよう の説明でした。

画面をずっとつけておく方法をお探しであれば、ぜひ本記事の内容をお試し下さい。

一方、つけっぱなしの影響として、バッテリー消耗や画面焼けのリスクが高まります。

デメリットを理解した上で、最適な設定をどうぞ。

参考 android.com – Androidデバイスをスリープ(画面消灯)させない設定方法

参考 Pixelヘルプ – Pixelスマートフォンの画面とディスプレイの設定を管理する

参考 Galaxyヘルプ – 端末を使用中に画面オフになった場合はどうすればいいですか?

参考 AQUOSよくあるご質問 – 端末を持っている間、表示が消えないようにできますか?

参考 HUAWEIヘルプ – 端末の画面が自動的にオフになりません

参考 Android Developers – デバイスの起動状態を維持する

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました