[Android] USB接続を「充電」から「ファイル転送」モードへ変更しPCでファイル管理する方法

Android使い方

AndroidとPCを接続する機会があれば、一度は「USB接続モード」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

AndroidとのUSB接続を認識した際、接続先デバイスをどのように認識するかを設定するもので、「充電」だけの用途から「ファイル転送」の用途まで、いくつか接続の「モード」が用意されています。

本記事ではこの「USB接続モード」に関して、設定を「充電」から「ファイル転送」へ変更する方法を紹介します。

本記事では、Android 6.0 Marshmallow(マシュマロ)以降を前提としています。

またUSB接続するパソコンはMacを想定していますが、Windowsに置き換えても意味はほぼ同様となります。

photo by senza senso

 

Android「USB接続モード」の基本

まず、Androidにおける「USB接続モード」の概要について說明します。

Macでファイルをやり取りするなら「ファイル転送」モードに

Mac側でAndroid内のファイルを表示したり、AndroidからMacへファイルを転送したり、各種ファイル管理を実行する場合は、Androidの「USB接続モード」を「ファイル転送」モードにする必要があります。

またWindowsとは異なり、AndroidとMacをUSB接続する際は、特定のファイルマネージャー系アプリをインストールしておく必要があります。

本ブログでは「Android File Transfer」をオススメしています。

詳細は関連記事【Android File Transfer – AndroidとMacをUSB接続でファイル転送/操作できる無料アプリ】で解説しています。

Android File Transfer - AndroidとMacをUSB接続でファイル転送/操作できる無料アプリ
所有しているスマートフォンとパソコンの組み合わせが「AndroidとMac」の場合、iTunes以外のAndroid向けファイル管理ソフトをMac側で準備する必要があります。 そこで本記事では、その代表格「Android File T...

「充電」モードがデフォルトになっている

Androidではデフォルトの「USB接続モード」が「充電」モードになっているため、初期設定のままでMacと接続しても認識することができません。

そこで以降より、「USB接続モード」を「ファイル転送」モードへ変えることで、AndroidとMacをUSB接続した際、Mac側でAndroidを認識できるようにする方法を說明しています。

合わせて、AndroidとMacのUSB接続が認識されないトラブルシュートも解説しているので、ぜひご覧あれ。

 

AndroidとMacでUSB接続する方法

Androidの設定にまだ「開発者向けオプション」がない場合、表示させる必要があります。

詳細は関連記事【Androidで「開発者向けオプション」を表示する方法! デベロッパーモードで隠れ機能を使おう】で解説しています。

Androidで「開発者向けオプション」を表示する方法! デベロッパーモードで隠れ機能を使おう
Androidの「開発者向けオプション」をご存じでしょうか? 通常の設定では変更できない部分まで、ユーザーによるカスタマイズを許可するAndroidの隠れ機能で、ある操作をすることで使用できるようになります。 そこで本記事では、...

「開発者向けオプション」の項目が表示されたら、タップして中に入ります。

続いて設定一覧の中から「USB設定の選択」をタップし、「充電」から「MTP(Media Transfer Protocol)」に切り替えます。

以上で下準備は完了です。

さっそくMacと繋げてみましょう。

まだMacにAndroidのファイル管理アプリをインストールしていなければ、先に準備して下さい。

Android File Transfer - AndroidとMacをUSB接続でファイル転送/操作できる無料アプリ
所有しているスマートフォンとパソコンの組み合わせが「AndroidとMac」の場合、iTunes以外のAndroid向けファイル管理ソフトをMac側で準備する必要があります。 そこで本記事では、その代表格「Android File T...

またMacとAndroidを接続するUSBケーブルも用意して下さい。

AndroidをUSB接続するとMac側で認識され、Android内のファイルが表示されるようになればOKです。

「Android File Transfer」が起動して、Androidのファイルを表示できる。

ファイルの転送や削除など、Mac側で様々なファイル管理操作が可能となります。

この際、Androidの通知領域では「USBをファイル転送に使用」とメッセージが表示されます。

 

参考:AndroidとMacをうまく接続できない原因

AndroidとMacをUSB接続しても「Android File Transfer」が認識できない場合があります。

「Can’t access device storage」と表示され、接続ができない。

下記に2点の原因を記載します。

原因①:Androidが画面ロックされている

Android側が画面ロックされている場合、「Android File Transfer」を使ってもMac側で認識することができません。

解決方法として、Androidの画面ロックを解除してからUSB接続するようにしましょう。

原因②:USB接続が「充電」モードに戻ってる

Android側のデフォルトのUSBモードが「充電」モードに戻っている場合もMac側で認識することができません。

解決方法として、Android側の操作でUSBモードの切り替えが必要です。

Androidの通知領域に現在のUSBモード状態が「この端末をUSBで充電」と表示されるので、タップし「USB接続の用途」を「ファイルを転送する」に変更します。

するとMac側の「Android File Transfer」も自動で変更を認識し、Androidのファイルを表示できるようになります。

もしUSBモードを「ファイルを転送する」にしても起動中の「Android File Transfer」が自動認識しない場合、一度「Android File Transfer」を再起動して下さい。

それでも解決しない場合

上記2点が代表的な原因ですが、それでも改善しない場合、使用しているケーブルに問題があったり、パソコン側で別途USBドライバをインストールが必要な場合があります(特にWindows PC)。

詳細は関連記事【[Android] スマートフォンやタブレットをPCにUSBケーブル接続しても認識されない原因と解決方法】で解説しています。

[Android] スマートフォンやタブレットをPCにUSBケーブル接続しても認識されない原因と解決方法
PCを使ってAndroidスマートフォンやタブレットに音楽を移したり写真を整理したり、各種ファイル管理をしたい時、なぜかUSBケーブル接続をしてもPC側で認識されない不具合があります。 本記事では、その原因と解決方法を紹介します。 ...

 

補足:

そのほか「開発者向けオプション」の便利な機能まとめ

隠れ機能「開発者向けオプション」は、今回紹介した設定以外にもAndroid上で様々な応用的な機能をオンにしたり、変更できるようになります。

例えば、Androidには画面の切り替えやポップアップ表示など、様々な場面で「アニメーション」が有効になっていますが、「開発者向けオプション」より「ウィンドウアニメスケール」や「トランジションアニメスケール」などを調整することで、Androidの体感速度を向上させることができます。

Androidで操作の体感速度を向上する方法! アニメーションをオフにして電池持ちも改善できる
スマートフォンには様々なアニメーション効果があります。 例えば、画面切り替え時の動きやポップアップ表示の動きに対し、アニメーションでカッコイイエフェクトや可愛いらしい効果を加えることができます。 もちろんAndroidにも当該機...

また、Android 7.0より実装された「マルチウィンドウ機能」は画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できますが、分割表示できるアプリは予め限定されており、未対応のアプリでは「アプリで分割画面がサポートされていません」と表示されてしまいます。

ここで「開発者向けオプション」より「アクティビティをサイズ変更可能にする」を有効にすることで、この制限を解除することができます。

全てのアプリでマルチウィンドウ機能を使う方法!「分割画面がサポート...」を解除する [Android]
Android 7.0では最新の目玉機能「マルチウィンドウ機能」が実装され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できるようになりました。 ただ、マルチウィンドウ機能で分割表示できるアプリはあらかじめ限定されており、未対応の...

ほかにも「開発者向けオプション」でできる面白い&便利な機能は沢山あります。

詳細は関連記事【[Android] 開発者向けオプションの便利な豆知識まとめ! 知ってると得する裏ワザ的な使い方】で解説しています。

[Android] 開発者向けオプションの便利な豆知識まとめ! 知ってると得する裏ワザ的な使い方
本ブログも記事数が増え、Androidの隠れ機能「開発者向けオプション」にまつわる様々な情報を掲載してきました。 そこで本記事では、過去記事にしてきた「開発者向けオプション関連の知ってると便利な豆知識」をまとめて紹介します。 裏...

そのほか空き容量不足を解消する豆知識まとめ

もしAndroidのファイルをパソコンへ移す目的が容量不足対策なら、内部ストレージ不足を解消するワザは他にも色々とあります。

例えば、Androidで内部ストレージ容量不足の犯人として挙がることの多い「.thumbnails」フォルダを削除するだけで、数GB単位で空きが増えるかもしれません。

Androidの内部ストレージ容量を圧迫する「.thumbnails(thumbdata)」フォルダの削除方法まとめ
Androidの内部に生成される「.thumbnails」フォルダをご存じでしょうか? 内部ストレージ容量不足の犯人として挙がることの多いフォルダで、中には「.thumbnails」だけで数GBまで膨れ上がっているケースもあり、処理に...

また、Android 6.0からの新機能「Adoptable Storage」を利用すれば、挿入しているSDカードを本体の内部ストレージとして設定できるので、容量不足対策になります。

本来設定できない「Xperia Z3(Android 6.0.1)」でSDカードを内部ストレージ化した例。

全てのAndroidでSDカードを内部ストレージとして使う方法! 容量不足の機種でもアプリを保存できる
以前のAndroidの大きな問題点として、内部ストレージの容量が小さい機種も多く、アプリをインストールするうちに空き容量が足りないことがありました。 一方、AndroidではiOSと違って「SDカード」を扱える機種もありますが、純粋な...

それ以外にも様々な豆知識を関連記事【Androidの空き容量不足を解消する豆知識まとめ! 内部ストレージを節約してメモリを増やす設定方法】で解説しています。

Androidの空き容量不足を解消する豆知識まとめ! 内部ストレージを節約してメモリを増やす設定方法
本ブログでも過去、「Androidの”内部ストレージ不足”対策」に関わる豆知識を色々と紹介してきました。 この問題はスマートフォン利用者にとって長年の悩みであり、解決策は大きく下記2種類に分類されます。 不要なファイルは...

 

〆:ファイル転送にUSB接続モード設定は必須!

以上、[Android] USB接続を「充電」から「ファイル転送」モードへ変更しPCでファイル管理する方法 の說明でした。

AndroidとMacでファイル転送をする際、USB接続モードを「ファイル転送」に変更する過程が必要となります。

ぜひ、ご参考あれ。

Android使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント

  1. 鈴木久志 より:

    詳細な説明ありがとうございました。
    ウインドウズでUSB接続しているのですが、どうしてもうまくいきません。
    開発担当者向けオプション→ON→USBデバッグチェック→USB設定の選択→MTPにチェック
    まで行っても
    arrowsMo4の中身は真っ白
    です。「USBをファイル転送に使用」というメッセージも出てきません。
    どこが足りないでしょうか。

    • おるくす おるくす より:

      >>鈴木さん
      コメントありがとうございます。申し訳ありませんが、当方がWindowsとarrows Mo4の環境がないため、検証ができず正確な回答はできませんが、使用しているUSBケーブルが充電専用であるか、Windows側に別途USBドライバをインストールする必要があるかもしれません。詳細は別記事(https://sp7pc.com/google/android/android-howto/12457)で紹介しているのでご参考にして下さい。
      また、富士通公式サイトのarrows Mo4のQ&Aページ(https://www.fmworld.net/product/phone/fj/faq/m04/faqno_134.html)も参考になるかもしれません・・・。

  2. 匿名 より:

    >[Android] USB接続を「充電」から「ファイル転送」モードへ変更しPCでファイル管理する方法

    マックとpcは別物ですよ。海外では「pc」という言葉自体あまり使いません。しいて言うならマック以外を指すのでWindowsマシンを指します。
    たとえ「パーソナルコンピューター」であってもマックはマックであり、アイパッドはアイパッドであって海外ではタブレットとは呼びません。
    日本人でも意識高い系にとっては常識なのでうざったいですけど事実なので言葉を引用する場合は注意が必要です。

  3. あられ より:

    こう言う知ったか系が鬱陶しいですネ
    (^^)
    ここは日本なので海外は関係ないのです