Androidでよく使う「設定」項目を直接開く方法! ショートカットを作成してすぐアクセスしよう

スポンサーリンク

Androidの「設定」アプリでは、ネットワークや通知、セキュリティやアカウントなど、実に様々な調整項目が用意されていますが、使い方によって頻繁にアクセスするページに偏りが出る場合が多いです。

例えばWi-Fiのネットワーク名(SSID)を設定するページへアクセスする機会が多いなら、「設定」アプリから何度か手順を踏んで該当ページまで到達するのは面倒ですよね。

そこで本記事では、Androidでよく使う「設定」項目を直接開く方法を紹介します。

標準機能として用意された豆知識から、別途アプリを用意することで本来は直接開けない設定画面へのショートカットを作成できるようになるので、とっても便利ですよ。

photo by barnimages.com

スポンサーリンク

Androidの「設定」項目を直接開く方法!

その①:クイック設定のショートカットを活用する

Androidの画面上部から下へスワイプすると「クイック設定」が表示されますが、

関連記事

クイック設定(システムUI調整ツール)の使い方! 追加/変更方法のまとめ [Android 6.0/7.0/8.0対応]

各タイルを長押しすると、該当の設定画面を直接開くことができます。

マナーモードの例。

また、Wi-FiやBluetoothなど一部タイルでは、矢印アイコンをタップすると接続先のネットワークをその場で切り替えることも可能なので、そもそも設定画面を開く手間を省く豆知識もあります。

その他、クイック設定のタイルは色々とカスタマイズできる要素があるので、関連記事もぜひご覧あれ。

関連記事

Androidでクイック設定のタイルをカスタマイズする方法まとめ! 好きな機能や外観を追加しよう

その②:ウィジェットのショートカットを活用する

iOSにはないAndroidの特徴の1つとして、ホーム画面上に各アプリで用意されるウィジェットを配置できる点がありますが、「設定」アプリのウィジェットも追加することができます。

ウィジェット配置の方法は、使用しているランチャーアプリによって一部異なりますが、たいていはホーム画面上の空きスペースで長押しして「ウィジェット」の追加画面を表示できます。

設置できるウィジェット一覧が表示されるので、この中から「設定」アプリを選択して下さい。

長押しでホーム画面に配置ができます。

そのまま「どの設定項目をショートカットとして配置するか」という詳細画面が表示されるため、直接アクセスしたい項目を選択すればOK。

例えば「通知ログ」を選べば、

ホーム画面上に「通知ログ」を開くショートカットアイコンが配置され、タップすれば過去届いた通知一覧を確認できるようになります。

関連記事

[Android] スマートフォン/タブレットで一度消したアプリの通知履歴ログを再び確認する方法

他にも「位置情報」や「電池」などの、各種設定へのショートカットを配置できるので、よくアクセスするページをウィジェットとして作成すると便利です。

その③:通常は直接開けないページのショートカットを作成する

以上2点の方法により、たいていの設定項目は直接開くことができますが、中には「言語の設定」や「開発者向けオプション」など、ショートカットが用意されていないページも存在します。

そんな時便利なのが「QuickShortcutMaker」というアプリで、本来は直接呼び出せない設定画面のショートカットを作成できるようになります。

Android 要件:1.6 以上

価格:無料

最終更新日が2014年2月23日となっていますが、Android 8.0を搭載するNexus 6Pでも正常に動作しています。

使い方はシンプルで、まず通常のウィジェット追加画面より「QuickShortcutMaker」を選択します。

次にショートカットを作成したい項目を探します。例えば「設定」内のページであれば検索窓に「設定」と入れると絞り込みがカンタンです。

後は「ショートカット編集」画面にて「作成」を選べばOK。

例えば「開発者向けオプション」のショートカットを作ってみる。

ホーム画面上にショートカットが配置され、タップすれば選択した項目をダイレクトに開けるようになります。

開発者向けオプションを直接開けるショートカットを作れた。

他にも「QuickShortcutMaker」は「設定」のみならず、通常アプリのショートカットも配置できるので、「アクティビティ」タブより探してみると面白いです。

補足:その他の操作を便利にする隠れジェスチャー機能

冒頭紹介した「よく使う設定項目を直接開くジェスチャー」以外にも、Androidでは意外と知られていない便利な使い方が沢山あります。

例えば、「Google Chrome」のタブの変更は、アドレスバーを左右へスワイプすることで、次のタブへ移動できますし、

タブの一覧の表示も、アドレスバーを上から下へスワイプすることで素早く実行できます。

関連記事

[Android] アプリ版Google Chromeを便利にする隠れ操作機能まとめ! 意外と知らないマル秘裏ワザ

また、「Googleマップ」等のアプリ画面で拡大 / 縮小をしたい場合、ピンチイン・ピンチアウトの2本指を使う方法以外にも、画面上のズームしたい部分を指1本で連続タップし、そのまま上下にずらすことで拡大 / 縮小の操作が可能です。

このように知っておくと便利なAndroidのジェスチャー機能は、別記事でまとめて紹介しているので、ぜひご覧あれ。

関連記事

[Android] 操作を便利にする隠れジェスチャー機能の豆知識まとめ! 意外と知らないマル秘裏ワザ

〆:設定のショートカットでより便利に使おう!

以上、Androidでよく使う「設定」項目を直接開く方法! ショートカットを作成してすぐアクセスしよう の說明でした。

前半で紹介した標準機能によるショートカットも十分便利ですが、それ以外の細かい設定項目でよくアクセスするページがあれば、「QuickShortcutMaker」を使ってみると良いでしょう。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい