Androidの文字を大きく表示する方法! 画面上の文字サイズを見やすく変更して老眼対策を

スポンサーリンク

Androidを使っているとアプリによっては文字が小さく、つい目を凝らしたり、わざわざ老眼鏡を探した経験はないでしょうか?

実はAndroidでは標準機能として、画面全体の文字を大きく表示したり、画面上の任意の領域をズームして拡大ができます。

そこで本記事では、その方法をまとめて紹介します。

iOS(iPhone / iPad)で同様のことを実現したい場合、下記をご参考あれ。

関連記事

iPhoneの文字を大きく表示する方法! iOSで画面上の文字サイズを見やすく変更して老眼対策を

photo by Ken Teegardin

スポンサーリンク

Androidの文字を大きく表示する方法!

本記事では、Nexus 6P(Android 8.0)における設定手順を例に說明をしています。

その①:文字のサイズを変える(画面全体)

Androidでは標準機能として画面全体の文字サイズ変更ができます。

例えばNexus 6P(Android 8.0)では、「設定」→「ユーザー補助」の「表示」にある下記2項目より調整が可能です。

フォントサイズ

表示サイズ

フォントサイズ – 文字を拡大表示

「フォントサイズ」にてスライダを調整することで、画面上のフォントサイズ(文字の大きさ)を拡大したり縮小したりできます。

サイズ変更は「設定」内の文字はもちろん、

個別アプリ上の文字に対しても反映されます。

ついっとぺーん」アプリの例。

ただし中には「フォントサイズ」の変更が適用されず、アプリ内で設定する独自の文字サイズが優先されるケースもあり、例えば「Google Chrome」は「設定」の「ユーザー補助」より、

「テキストの拡大と縮小」スライダを調整して文字サイズを変更できます。

この場合、文字サイズ変更は「Google Chrome」にのみ適用されるため、ブラウジングの最中だけ文字を大きくしたいなら、設定しておくと便利でしょう。

表示サイズ – 画面内のコンテンツ全てを拡大表示

「表示サイズ」にてスライダを調整することで、画面内のコンテンツを拡大したり縮小したりできます。

「フォントサイズ」とは異なり「画面内のコンテンツ」となるため、テキストはもちろんイラストやボタンアイコンにも影響が及びます。

例えばステータスバーのアイコンやナビゲーションバーの基本3ボタンの大きさまで変化します。

その②:文字のサイズを変える(画面一部)

さらに、画面内の一部分だけ限定して拡大表示させる機能もあります。

一般的にスマートフォンで画面の拡大 / 縮小をしたい場合、ピンチイン・ピンチアウトと呼ばれる特有のジェスチャーでズームを調整できるのは基本ですが、全てのアプリで適用されるわけではありません。

例えば「Google Chrome」はピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小が可能ですが、「Yahoo!ニュース」アプリ上では操作できません。

一方、今回紹介する方法はそのような制約はなく、ほぼ全ての画面上で拡大表示できるのが特徴です。

設定手順として、「ユーザー補助」の「表示」にある「拡大」項目より、

大きく2つの方法で調整が可能です。

トリプルタップで拡大

ボタンで拡大

トリプルタップで拡大 – 画面タップした箇所を拡大表示

「トリプルタップで拡大」をオンにすると、画面内で拡大表示したい箇所でトリプルタップ(3回連続でタップ)するとズームができます。

ズームした後に、2本以上の指でドラッグによりスクロール(拡大範囲の変更)ができ、さらに2本以上の指でピンチアウトするとさらに拡大表示が可能となります。

また先述の通り、通常はピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小ができないアプリに対しても、この機能によりズームできるようになります。

キーボードやナビゲーションバー上では拡大表示はできません。

「Yahoo!ニュース」アプリ上でも拡大表示できる。

さらに一時的に画面を拡大したいのであれば、トリプルタップした後に3回目の指を画面から離さず、ドラッグして拡大箇所を移動し、指を離すだけで元の表示へ戻すことができて便利です。

ボタンで拡大 – ナビゲーションバーの専用ボタンから画面を拡大表示

「ボタンで拡大」をオンにすると、ナビゲーションバー上に新しいボタンが追加され、

このボタンをタップした後、画面内で拡大したい箇所をタップすればズームができるようになります。

ズーム後は先述の「トリプルタップで拡大」と同様、

2本以上の指でドラッグによりスクロール(拡大範囲の変更)

2本以上の指でピンチアウトするとさらに拡大表示

指を画面から離さずドラッグして拡大箇所を移動し、指を離すだけで元の表示へ戻せる

上記3つのジェスチャーが可能となります。

〆:文字拡大機能を上手に使おう!

以上、Androidの文字を大きく表示する方法! 画面上の文字サイズを見やすく変更して老眼対策を の說明でした。

わざわざサードパーティ製アプリをインストールせずとも、今回紹介したAndroidの標準機能だけで文字を拡大できるため、「最近画面が見えづらいな・・・」とお悩みの方はぜひ設定を検討してみて下さい。

お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい