Androidを売却する際に実施すべき作業! スマートフォンを他人へ譲渡するならデータを完全に消去しよう

Android

ボクは2013年に購入したAndroidスマートフォン「Xperia Z1」を検証用としてずっと利用していましたが、MacBook Air(2013)を売却するタイミングで、一緒にXperiaも下取りに出すことにしました。

ただPC同様、スマートフォンやタブレットも膨大な個人情報が残っているため、完全にデータを削除することが重要です。

そこで本記事では、Androidデバイスを譲渡・売却する際に実施すべき作業をまとめて紹介します。

完全に初期化する手順から、オススメの売却先まで記載しているので、ぜひどうぞ。

photo by Pixabay

 

Androidデバイスを売却する際に実施すべき作業

まず、譲渡・売却するAndroidに保存されたデータを予めバックアップしておきましょう。

Androidのデータをバックアップする方法として、Android公式の「Googleアカウント」を使った方法と、個別に主要データごとバックアップする方法と2パターンが代表的で、それぞれ長所・短所があります。

詳細は関連記事【Androidのデータをバックアップする方法! スマートフォンのデータを保存する特徴と使い方まとめ】で解説しています。

Androidのデータをバックアップする方法! スマートフォンのデータを保存する特徴と使い方まとめ
日頃から使っているAndroidスマートフォンやタブレットでバックアップは行っていますか? 昨今のスマートデバイスは役割が広がり、写真や動画、メッセージなど膨大なデータが保存されているため、もしもの時に備えしっかりバックアップしておく...

もしクラウドでデータを管理しているならバックアップするデータはわずかですが、内部ストレージに残っている重要なファイルがないかしっかりチェックして下さい。

以上の作業が完了したら、さっそく下記から紹介する手順に従ってAndroidを譲渡・売却する準備を行います。

手順①:Androidのデータを完全に削除する

今回はAndroidを第三者へ譲渡・売却するため、個人情報流出のリスクを回避するために、しっかりとデータの削除(初期化)を行うことが重要です。

が、実はAndroidの通常の初期化は本体に保存されるデータが完全に消えるわけではなく、様々な落とし穴があります。

下記よりその紹介と対策について、関連記事を交えながら説明しています。

初期化前に端末を暗号化する

Androidの通常の初期化作業は、ストレージ内の全データが消えてるように見せかけて、実は上辺のインデックス情報だけを削除しているにすぎないため、ハードウェアレベルで完全なフォーマットができていません。

従って、専門的な知識を持っている人ならPCを利用してAndroidの内部に隠れているデータを吸い上げてしまうことも不可能ではないのです。

特に今回のようにスマートフォンを譲渡・売却するケースでは、よりそのリスクが高まるため、「Androidを暗号化する→Androidを初期化する」という順序で作業をすることで、安全な初期化を実現することができます。

Xperia Z3(Android 6.0.1)における暗号化設定の画面例。

一般的なAndroidの初期化作業の落とし穴と、その対策として「暗号化」の説明、そして実際に「暗号化」を行う手順について、詳細は関連記事【Androidの情報を暗号化する方法! 完全に初期化してデータ復元を防止する手順を解説】で解説しています。

Androidの情報を暗号化する方法! 完全に初期化してデータ復元を防止する手順を解説
Androidを第三者へ譲渡・売却するなら、誰しも「初期化(=工場出荷状態へ戻す)」は実行するでしょう。が、実は通常の初期化は本体に保存されるデータが完全に消えるわけではなく、専門的な知識を持っている人なら取り出すことができてしまいます。 ...

FeliCaチップの情報データを個別に削除する

Androidの通常の初期化作業は、ストレージ内の全データが消えてるように見せかけて、実はFeliCaチップに残った情報はそのままとなります。

おサイフケータイに代表される電子マネー情報はFeliCaチップへ独立して保存されるため、もし情報が残った状態で第三者へ譲渡・売却すると、不正にお金を使われてしまうリスクがあります。

「おサイフケータイアプリ」の「メモリ使用状況」が”1”以上であれば、何らかの電子マネーのアカウント情報が残っている。

個別におサイフケータイ(FeliCaチップ)情報を削除する操作方法について、詳細は関連記事【Androidのおサイフケータイを初期化する方法! FeliCaチップの情報データを全て削除しよう】で解説しています。

Androidのおサイフケータイを初期化する方法! FeliCaチップの情報データを全て削除しよう
Androidを第三者へ譲渡・売却するなら、誰しも「初期化(=工場出荷状態へ戻す)」は実行するでしょう。が、実は通常の初期化は本体に保存されるデータが完全に消えるわけではなく、モバイルSuicaに代表される「おサイフケータイ」対応の機種の場...

Androidを初期化する

以上2点「Androidを暗号化する」・「FeliCaチップの情報データを個別に削除する」を実施したら、いよいよAndroidを初期化します。

Androidの機種やOSバージョンとわず、基本的に設定から初期化する方法がオススメですが、「Androidが手元にない」・「画面ロックを解除できない」という場合もあるため、状況に応じて下記3パターンに大別されます。

  • 設定から初期化する方法
  • Find My Device(旧称:Androidデバイスマネージャー)で遠隔初期化する方法
  • リカバリーモードから初期化する方法

それぞれの手順について詳細は関連記事【Androidを初期化する方法まとめ! スマートフォンやタブレットの個人情報を消去しよう】で解説しています。

Androidを初期化する方法まとめ! スマートフォンやタブレットの個人情報を消去しよう
Androidを友人にプレゼントしたりオークションで販売する際、気になるのが「個人情報をしっかり削除できているか」という点です。 万が一「削除漏れ」があると、譲渡先の第三者に対し思わぬプライバシー情報が伝わるリスクがあるため、...

このうち、後者2つの方法は「強制的に初期化する方法」に該当するため、「Device Protection(端末保護機能)」に注意が必要です。

「Device Protection(端末保護機能)」とは、AndroidでGoogleアカウントにログインした状態で強制的な初期化を実施すると発動し、元々ログインしていたGoogleアカウント情報を入力しない限り、端末を使うことができなくなります。

イメージとしてはiOSの「アクティベーションロック」機能に近いですね。

[iOS] アクティベーションロックの有無を事前に確認する方法! 「iPhoneを探す」オンオフを調べよう
iOS(iPhone / iPad)の「アクティベーションロック」という機能をご存知でしょうか? 紛失・盗難時にiOSデバイスを保護してくれる便利な特徴を持つ一方で、第三者からiPhoneを譲り受けた際にこのロックがかかっていると、i...

この機能は、紛失・盗難に遭った端末を強制的に初期化しても勝手に使用されないことを目的としているため、当然「Device Protection(端末保護機能)」を突破する方法は用意されていません。

そのため、「Device Protection(端末保護機能)」がかかった状態で第三者に譲渡・売却してしまうと、新しい利用者は端末を使うことができないため、後々大きなトラブルになってしまいます。

参考 Googleヘルプフォーラム

この「Device Protection(端末保護機能)」は通常の「設定から初期化する方法」であれば機能しないため、譲渡・売却を予定するAndroidを初期化する際は下記2点を必ずチェックしましょう。

  • 原則「設定から初期化する方法」で初期化を行う
  • 何らかの理由で「強制的に初期化する方法」を実施するなら「Device Protection(端末保護機能)」を解除しておく

手順②:売却先を探す

初期化したAndroidを家族や友人に譲渡するなら別ですが、もし売却を考えている場合は選定作業が必要です。

個人的にオススメなのが「ソフマップ」で、「らくらく宅配買取 引き取りコース」を選択すれば、自宅まで製品の回収に来てくれてラクです。

無料で自宅まで回収にきてくれる。

サイト上でAndroidの型番(モデル)を入力することで、おおよその買取金額も調べることができます。

Xperia Z1(ドコモ版)ホワイトの例。

また、下取り業者によってはAndroidのシリアル番号や製造番号(IMEI)を聞かれることもあるでしょう。

Androidのシリアル番号や製造番号を調べる方法! SERIAL/IMEIを表示しよう
Androidのシリアル番号(SERIAL)や製造番号(IMEI)を調べたことはありますか? どちらもiOS(iPhone / iPad)でよく使われる情報で、主にAppleへアフター関連の問い合わせをする際に必要となりますが、And...

たまに高額買取キャンペーンを実施している時期もあるので、定期的に価格をチェックして最適なタイミングで売却できると良いですね。

譲渡・売却時に、Androidに内蔵されるSIMカードやmicroSDカードを取り外す必要がないか、予めチェックしておきましょう。SIMカードには電話番号や連絡先(電話帳)が含まれますし、microSDカードには写真や各種ファイルが保存されている等、重要な個人情報に該当するため、できれば自身で処分するのが理想です。

もし自分で処分するのが不安な場合、携帯キャリアのショップで不用品の回収を受け付けている場合もあるので調べてみて下さい。

例えば、ドコモショップの場合、携帯電話本体に加えSIMカードの廃棄処分もお願いできます(手数料は無料)。

参考 ドコモ – 回収に関するよくあるお問い合わせ

 

〆:安全かつ満足のいく売却をしよう!

以上、Androidを売却する際に実施すべき作業! スマートフォンを他人へ譲渡するならデータを完全に消去しよう の説明でした。

Androidを売却する際は「高価格で売れるか」という部分が注目されがちですが、それ以上に端末の個人情報をしっかり消去できているかが重要です。

もしお持ちのAndroidの譲渡・売却を検討しているなら、ぜひ本記事の内容をご参考あれ。

Android
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント