AndroidでmicroSDカードのデータを消去する方法! 初期状態へフォーマットして削除しよう

Android使い方

iOSと比較したAndroidの特徴として「microSDカードを使用できる」という点があり、うまく活用することで内部ストレージ不足を改善できます。

が、もしSDカードを第三者へ譲るなら、最初の状態に戻したい(=データを全て消去したい)というニーズも出てくるでしょう。

そこで本記事では、Android上の操作でmicroSDカードのデータを消去する方法を紹介します。

カンタンな操作でキレイにリセットできるので、ぜひどうぞ。

photo by Pixabay

 

AndroidでmicroSDカードのデータを消去する方法

Android上の操作でmicroSDカードを初期化するには、SDカード設定より「フォーマット」を実行することで実現できます。

下記より説明します。

記事中では、microSDカードが挿入されたGalaxy S7 edge(Android 7.0)を例に説明しています。

まず「設定」→「ストレージ」より表示されるmicroSDカードを選択します。

もしSDカードのストレージ容量が表示されず「認識を解除しました」となっていたら、マウントを実施することで再認識されます。

microSDカードのディレクトリが表示されるため、右上メニュー「設定」よりSDカード情報画面を開き、「フォーマット」を実行。

フォーマット手続き画面となるため、microSDカードを初期化すると元に戻せない点を了承の上、「削除してフォーマット」をタップ。容量にも依りますが、数秒で完了します。

フォーマットが終わると、再度microSDカードを使用する際の初期設定画面が表示されます。

最後にmicroSDカードのストレージ容量を確認し、データの削除が反映されていることを確認できればOKです。

 

補足:そのほか空き容量不足を解消する豆知識

もしSDカードをフォーマットする目的が、不足しているAndroid空き容量の確保であるなら、内部ストレージ不足を解消するワザは他にも色々とあります。

例えば、Androidで内部ストレージ容量不足の犯人として挙がることの多い「.thumbnails」フォルダを削除するだけで、数GB単位で空きが増えるかもしれません。

Androidの内部ストレージ容量を圧迫する「.thumbnails(thumbdata)」フォルダの削除方法まとめ
Androidの内部に生成される「.thumbnails」フォルダをご存じでしょうか? 内部ストレージ容量不足の犯人として挙がることの多いフォルダで、中には「.thumbnails」だけで数GBまで膨れ上がっているケースもあり、処理に...

また、Android 6.0からの新機能「Adoptable Storage」を利用すれば、挿入しているSDカードを本体の内部ストレージとして設定できるので、容量不足対策になります。

本来設定できない「Xperia Z3(Android 6.0.1)」でSDカードを内部ストレージ化した例。

全てのAndroidでSDカードを内部ストレージとして使う方法! 容量不足の機種でもアプリを保存できる
以前のAndroidの大きな問題点として、内部ストレージの容量が小さい機種も多く、アプリをインストールするうちに空き容量が足りないことがありました。 一方、AndroidではiOSと違って「SDカード」を扱える機種もありますが、純粋な...

それ以外にも様々な豆知識を関連記事【Androidの空き容量不足を解消する豆知識まとめ! 内部ストレージを節約してメモリを増やす設定方法】で解説しています。

Androidの空き容量不足を解消する豆知識まとめ! 内部ストレージを節約してメモリを増やす設定方法
本ブログでも過去、「Androidの”内部ストレージ不足”対策」に関わる豆知識を色々と紹介してきました。 この問題はスマートフォン利用者にとって長年の悩みであり、解決策は大きく下記2種類に分類されます。 不要なファイルは...

 

〆:SDカード情報をしっかり削除しよう!

以上、AndroidでmicroSDカードのデータを消去する方法! 初期状態へフォーマットして削除しよう の説明でした。

SDカードにも重要な情報は蓄積されるため、しっかりとフォーマット(消去)する手順を踏むのが重要です。

ぜひ、ご参考あれ。

Android使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント