Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

Chromeのダウンロード保存先を変更する方法まとめ! スマホ・PCでファイルの保存場所を都度選択しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google Chrome
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブラウザChromeアプリのアイコンChromeは、スマートフォン版・パソコン版と共通して、ダウンロード保存先を変更することが可能です。

そこで本記事では、デバイス種別(Android / iOS / PC)ごとの手順をそれぞれ説明します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Android版Chromeでダウンロード保存先を変更する方法

前提:Android版Chromeのダウンロード保存先の仕様について

Androidの内部ストレージには様々なフォルダが存在し、それぞれ異なる役割を持ちます。

フォルダ名主な保存ファイル
Downloadダウンロードしたファイル
DCIMカメラで撮影した画像類
Picturesスクリーンショットやダウンロードした画像類
Moviesダウンロードした動画類
Androidアプリデータ
Notifications通知音の音源ファイル
Ringtones着信音の音源ファイル
Alarmsアラーム音の音源ファイル

詳細は関連記事【Androidのフォルダ構成の基本的な意味! 内部ストレージのディレクトリの役割を理解しよう】で解説しています。

Androidのフォルダ構成の基本的な意味! 内部ストレージのディレクトリの役割を理解しよう
この記事では、Androidのフォルダ構成の基本的な意味について解説します。ダウンロードしたファイルやカメラで撮影した画像、アプリデータなどが保存される内部ストレージやSDカードのディレクトリを説明しています。

このうち、ChromeアプリのアイコンChromeからダウンロードしたファイルは原則「Download」へ自動保存されます。

Android版Chromeのダウンロード保存先の仕様

ファイル管理アプリで「Download」フォルダを表示した例。

が、アプリバージョン 69より、標準機能としてダウンロードしたファイルをSDカードへ保存可能となりました。

以降よりその手順を説明します。

Android版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順

まずChromeメニューより「設定」→「ダウンロード」と進み、

Android版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順1

「ダウンロード場所」として「SDカード」をチェックすればOK。

Android版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順2

これでブラウザからのダウンロード保存先が内部ストレージからSDカードへ切り替わります。

Android版Chromeでダウンロードの度に保存先を指定する設定手順

ダウンロードするファイル種別によって保存先を指定したい場合、都度選択する設定も可能です。

事前にChromeメニューより「設定」→「ダウンロード」と進み、「ファイルの保存場所を確認する」が有効になっていればOK。

Android版Chromeでダウンロードの度に保存先を指定する設定手順1

以後、ダウンロード実行の度に、保存先として内部ストレージ or SDカードを選択できます。

Android版Chromeでダウンロードの度に保存先を指定する設定手順2

ちなみに「次回から表示しない」にチェックを入れると、自動的に「ファイルの保存場所を確認する」が無効になり、ダウンロード時にダイアログが表示されなくなります。

Android版Chromeでダウンロードの度に保存先を指定する設定手順3

元に戻したい場合は、Chromeメニュー「設定」→「ダウンロード」の「ファイルの保存場所を確認する」を再び有効にして下さい。

Android版ChromeでSDカードへ保存できない原因と解決策

よくあるトラブルと解決策を紹介します。

  • Chromeメニューに「ダウンロード」が存在しない
  • 保存先にSDカードを指定できない

Chromeメニューに「ダウンロード」が存在しない

メニューに「ダウンロード」設定が見当たらない場合、Chromeアプリのバージョンが69.0以上が確認して下さい。

Android版ChromeでSDカードへ保存できない原因と解決策1

バージョン 50のChromeの例。ダウンロード設定が存在しない。

バージョンアップはGoogle Playの「マイアプリ&ゲーム」→「アップデート」より実行できます。

Android版ChromeでSDカードへ保存できない原因と解決策2

ボクの検証環境では、Android 4.4.2の端末でもChromeアプリバージョン 69.0以上へアップデートできたので、古いOSにも対応していると思います。

保存先にSDカードを指定できない

メニューに「ダウンロード」設定が存在する一方で、「ダウンロード場所」としてSDカードへ変更できない場合、次の2点を確認して下さい。

  • SDカードに対応した機種ではない
  • SDカードをうまく認識できていない
SDカードに対応した機種ではない

SDカードスロットがない機種の場合、残念ながら諦めるしかありません。

これは外部アクセサリでSDカードスロットを拡張しても、解決できませんでした。

例えばSDカードスロットが搭載されないNexus 6Pに、外部アクセサリでSDカードを認識させた場合、

Android版ChromeでSDカードへ保存できない原因と解決策3

Nexus 6Pに外部アクセサリでSDカードをさした例。

やはり「ダウンロード場所」として、内部ストレージしか指定できませんでした。

純粋なSDカードではなくUSBメモリとして認識されてしまうのが原因かと思います。
Android版ChromeでSDカードへ保存できない原因と解決策4

「ダウンロード場所」をタップしてもSDカードが表示されない例。

SDカードをうまく認識できていない

SDカードをさしているにも関わらず、保存先を切り替えできない場合、SDカードを認識できていない可能性があります。

次の3点を試してみて下さい。

  • SDカードをぬきさしする
  • Androidを再起動する
  • SDカードをフォーマット(初期化)する

Android版Chromeでダウンロード保存先のフォルダまで指定する方法

Chrome標準機能で保存先を変更すると、内部ストレージとSDカードは下記ディレクトリに固定されます。

内部ストレージ↓

/storage/emulated/0/Download

SDカード↓

/storage/(SDカード名)/Android/data/com.android.chrome/files/Download

特にSDカードはディレクトリ深層が指定されており、少し使いづらいです。

もしダウンロード保存先として、内部ストレージやSDカードの好きなフォルダを指定したい場合、「FolderSync」というアプリを使えば実現できます。

FolderSync
FolderSync
Developer:Tacit Dynamics
Price:Free

正直、このアプリは設定項目が多いため操作は面倒です・・・。が、最初に仕組みさえ作れば後は自動化できるので、ダウンロード保存先を細かく調整したいならオススメです。

詳細は関連記事【Androidでダウンロードの保存先を変更する方法! ChromeからSDカードに直接ファイルを移動しよう】で解説しています。

Androidでダウンロードの保存先を変更する方法! スマホからSDカードに直接ファイルを移動しよう
この記事では、Androidのダウンロード保存先を変更する方法を解説します。ブラウザ(例:Chrome)からダウンロードしたファイルは決められたフォルダへ自動保存されますが、アプリ「FolderSync」を使えばSDカード含め好きな場所へ変更できます。

Android版Chromeでクラウド上へ直接ダウンロードする方法

「ファイル類のダウンロードはクラウド上で管理したい!」という場合、Android標準の共有メニューよりオンラインストレージへ直接保存(アップロード)できます。

Android版Chromeでクラウド上へ直接ダウンロードする方法

Chromeから(内部ストレージは経由せず)Googleドライブへ直接アップロードする例。

詳細は関連記事【スマートフォンでダウンロードしたファイルを直接クラウドへ保存する方法! [Android/iPhone]】で解説しています。

スマホのダウンロードファイルを直接クラウドへ保存する方法! Android/iPhoneで保存先をオンラインストレージにしよう
AndroidやiPhoneを使っている中で、画像や文書ファイルをスマートフォン本体へダウンロードする時があります。 が、「ファイル類のダウンロードはクラウド上で管理したい!」という場合、スマートフォン上に一度落としたファイルをいちい...

Android版Chromeを便利にするジェスチャーと//flags設定まとめ

ChromeアプリのアイコンChromeには、知ってると操作に役立つ豆知識がいろいろあります。

例えば複数タブを開いているとき、アドレスバーを左右スワイプで、前後のタブへ移動できます。

Chromeをアドレスバー左右スワイプでタブ移動する説明

またChromeアプリのアイコンChromeのアドレスバーに下記を入力すると、

chrome://flags

アプリに標準搭載される前の実験的な機能(試験運用機能)を試すことができます。

名称機能Chrome
バージョン要件
  • Overscroll history
    navigation
左右スワイプで
ページを進む/戻る
  • Tab Groups
タブをグループ化する
  • Chrome Duet
ツールバーを下に配置する
  • Force Enable
    Home Page Button
ホームページのボタン
を表示する
  • The pull-to-refresh
    effect
下にスワイプでページ更新
を無効にする
バージョン75
未満のみ
  • Interest Feed Content
    Suggestions
  • Show server-side suggestions
    on the New Tab page
新規タブにおすすめの記事
を表示しない
バージョン80
未満のみ
  • Enable horizontal tab switcher
  • Tab Grid Layout
  • Accessibility Tab Switcher
タブ一覧の表示形式を変える一部制限あり
  • Force Dark Mode for
    Web Contents
サイト全体にダークテーマ
を適用する
  • Reader Mode triggering
あらゆるサイトに簡易表示
を適用する

このようなChromeアプリのアイコンChromeの便利なジェスチャーと試験機能をまとめて、関連記事【Android版Chromeのおすすめジェスチャーまとめ! //flags設定でスマホを使いこなそう】で解説しています。

Android版Chromeのおすすめジェスチャーまとめ! //flags設定でスマホを使いこなそう
この記事では、Chromeのおすすめジェスチャーと//flags設定をまとめています。使いこなせば、Androidでページ移動やタブ切り替えを高速化できます。

 

iPhone版Chromeでダウンロード保存先を変更する方法

前提:iPhone版Chromeのダウンロード保存先の仕様について

iOS全般の仕様として、ダウンロード機能には次の特徴があります。

  • 誤:ダウンロード保存先として「内部ストレージの場所」を選択する
  • 正:ダウンロード保存先として「どのアプリで開くか」を選択する

iOSでは(脱獄した場合を除き)ユーザー自身が内部ストレージをカスタマイズすることは許容されていません。

iPhoneを使っていると「フォルダ」を意識することはありません。この点が、Androidやパソコンと大きく異なります。

そのため、iPhone版Chromeでダウンロードする際も、都度「どのアプリで開くか」を選択することになります。

以降よりその手順を説明します。

iPhone版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順

iPhone版Chromeの場合、対象のファイル種別によってダウンロード手順が少し異なります。

  • 画像系:長押しタップメニューよりダウンロード
  • 画像系以外:専用ダイアログよりダウンロード

“画像系以外”は、Chrome上のプレビュー可否によって表示が少し異なるため、次の3パターンを例に解説します。

  • 画像をダウンロードするケース
  • PDFをダウンロードするケース
  • Zipをダウンロードするケース

画像をダウンロードするケース

画像系(例:写真 / GIFアニメーション)は長押しタップするとメニューが表示されるので、開きたいアプリに応じて次のいずれかを選択します。

  • 画像を保存
  • 画像をコピー

iPhone版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順1

「画像を保存」を実行すると、自動的に「iOS標準「写真」アプリのアイコン写真」アプリに保存されます。

iPhone版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順2

「画像をコピー」を実行すると、クリップボード上に写真がコピーされ、任意のアプリで貼り付けできます。

iPhone版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順3

iOS標準「メモ」アプリでコピーした写真を貼り付けた例。

PDFをダウンロードするケース

Chrome上でプレビュー表示できるファイル形式(例:PDF / Word / Excel)は、ページを開くとすでに読み込みが済んでいます。

そのため、ダイアログ「次で開く…」をタップして保存先(=どのアプリで開くか)を都度選択します。

iPhone版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順4

指定したアプリ上で保存されていることを確認できればOK。

iPhone版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順5

iOS標準「メモ」アプリに保存した例。

Zipをダウンロードするケース

Chrome上でプレビュー表示できないファイル形式(例:Zip / apk)は、ダウンロード画面でダイアログが出るので、「ダウンロード」をタップして開始します。

iPhone版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順6

ダウンロード完了後、「次で開く…」をタップして保存先(=どのアプリで開くか)を都度選択します。

iPhone版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順7

指定したアプリ上で保存されていることを確認できればOK。

iPhone版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順8

iOS標準「メモ」アプリに保存した例。

参考:保存先に迷ったら「ファイル」アプリがオススメ

iPhoneのダウンロードは「どのアプリで開くか?」をその場で判断する必要があるため、「とりあえずダウンロードしておいて、後でチェックしたい」というシーンで不便です。

そこでオススメなのがiOS標準「ファイル」アプリへの保存です。

‎ファイル
‎ファイル
Developer:Apple
Price:Free

フォルダを作成してファイルを保存でき、後からどのアプリで開くか選択もできるため、パソコンで管理する感覚に近いです。

詳細は関連記事【スマートフォンでダウンロードしたファイルを直接クラウドへ保存する方法! [Android/iPhone]】で解説しています。

スマホのダウンロードファイルを直接クラウドへ保存する方法! Android/iPhoneで保存先をオンラインストレージにしよう
AndroidやiPhoneを使っている中で、画像や文書ファイルをスマートフォン本体へダウンロードする時があります。 が、「ファイル類のダウンロードはクラウド上で管理したい!」という場合、スマートフォン上に一度落としたファイルをいちい...

参考:iPhoneでデフォルトブラウザを変更する方法

iPhoneは脱獄しない限り、デフォルトブラウザは指定できず、リンクをタップすると自動的にSafariで表示されます。

が、自動化アプリ「「ショートカット」アプリのアイコンショートカット(旧称:Workflow)」を使えば、コピーしたURLを素早くChromeで表示する仕組みを用意できます。

‎ショートカット
‎ショートカット
Developer:Apple
Price:Free

詳細は関連記事【iPhoneでデフォルトブラウザを変更する方法! iOSでホーム画面に追加したリンクを既定Safari以外のChromeで開こう】で解説しています。

iPhoneでデフォルトブラウザを変更する方法! iOSでホーム画面のショートカットアイコンを既定Safari以外のChromeで開こう
この記事では、iPhoneでデフォルトブラウザを変更する方法を解説します。リンクをChromeで開いたり、ホーム画面に好きなブラウザで開くショートカットアイコンを設定できます。

 

PC版Chromeでダウンロード保存先を変更する方法

前提:PC版Chromeのダウンロード保存先の仕様について

パソコン版Chromeは、OSごとデフォルトのダウンロード保存先が決まっています。

Windows↓

C:\Users\ユーザー名\Downloads

Mac↓

/Users/ユーザー名/Downloads

これは、Chrome標準機能で任意フォルダへ自由に変更できます。

記事中ではWindows版の画面を例に説明しますが、Mac版でも変わりありません。

PC版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順

まずChromeメニューより「設定」、

PC版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順1

一番下の「詳細設定」と進み、

PC版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順2

「ダウンロード」項目を表示します。

「保存先」が現在設定されているダウンロード保存先のディレクトリ(パス)を示しており、「変更」より切り替えできます。

PC版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順3

「保存先」のダイアログが表示されるので、新たに設定したいフォルダを選択すればOK。

PC版Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順4

これで以後、Chromeでダウンロードを実行すると、ここで設定したフォルダへ自動的に保存されるようになります。

PC版Chromeでダウンロードの度に保存先を指定する設定手順

ダウンロードするファイル種別によって保存先を指定したい場合、都度選択する設定も可能です。

Chromeの「設定」内で「ダウンロード」項目まで進み、「ダウンロード前に各ファイルの保存場所を確認する」にチェックを入れます。

PC版Chromeでダウンロードの度に保存先を指定する設定手順1

すると以後、ダウンロードを実行する度に保存先フォルダ選択のダイアログが表示されるようになります。

PC版Chromeでダウンロードの度に保存先を指定する設定手順2

PC版Chromeでクラウド上へ直接ダウンロードする方法

「ファイル類のダウンロードはクラウド上で管理したい!」という場合、パソコン上に一度落としたファイルをいちいちクラウドへ移す作業は面倒です。

そこで便利なのが無料拡張機能「Google ドライブに保存」で、右クリックメニューよりオンラインストレージへ直接保存(アップロード)できます。

PC版Chromeでクラウド上へ直接ダウンロードする方法

詳細は関連記事【Google Chromeでダウンロードしたファイルを直接クラウド上へ保存する方法! そのままGoogleドライブへアップしよう】で解説しています。

Google Chromeでダウンロードしたファイルを直接クラウド上へ保存する方法! そのままGoogleドライブへアップしよう
Google Chromeを使っている中で、ファイルやページをパソコン上にダウンロードする時があります。 が、「ファイル類のダウンロードはクラウド上で管理したい!」という場合、パソコンに一度落としたファイルをいちいちクラウドへ移す作業...

 

〆:使い方に合わせてダウンロード設定を調整しよう!

以上、Chromeのダウンロード保存先を変更する方法まとめ! スマホ・PCでファイルの保存場所を都度選択しよう の說明でした。

Chromeはマルチデバイスで展開されますが、どのアプリでもダウンロード保存先を変更可能です。

お使いの端末に合わせて、ぜひご下さい。

参考 Chromeヘルプ – ファイルをダウンロードする

スポンサーリンク
Google Chrome
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました