Google Chromeでダウンロードファイルの保存先フォルダを変更したり 都度選択する設定方法

スポンサーリンク

ブラウザを利用していると、検索した画像やクラウド上のファイルをPC上にダウンロード(保存)する場面がよくあります。

多くのブラウザの標準保存先としてPC上の「ダウンロード」フォルダが設定されていますが、もし別のフォルダで管理したい場合、ダウンロードの度にフォルダを手動で変えるのは手間ですよね。

また、ダウンロードするファイルの種類によって保存先フォルダを変更したい場合も同様です。

そこで本記事では、Google Chromeにおいて、標準のダウンロード先フォルダを変更したり、ダウンロードの都度フォルダを選択できるようにする設定方法を紹介します。

photo by TechnologyGuide TestLab

スポンサーリンク

Chrome ダウンロード先フォルダの設定方法

記事中ではMac版Google Chromeで說明をしています。

その①:標準のダウンロード先フォルダを変える

まず1つ目が、標準のダウンロード先フォルダを変える方法です。

Google Chromeの右上メニューより「設定」へ進み、

一番下の「詳細設定を表示…」をクリックします。

「ダウンロード」項目内で「ダウンロード保存先」に表示されたディレクトリが、現在設定されている標準保存先フォルダとなっています。

これを変える場合、「変更…」ボタンをクリックし、

「ダウンロード保存先」のダイアログが表示されるので、新たに設定したいフォルダを選択すればOKです。

これで以後、Google Chromeでダウンロードを実行すると、ここで設定したフォルダへ自動的に保存されるようになります。

その②:ダウンロードの都度 保存先フォルダを選択する

次に2つ目が、ダウンロードの都度、保存先フォルダを選択する方法です。

先ほど同様の手順で、Google Chromeの「設定」内で「ダウンロード」項目まで進み、「ダウンロード前に各ファイルの保存場所を確認する」にチェックを入れます。

すると以後、ダウンロードを実行する度に保存先フォルダ選択のダイアログが表示されるようになります。

〆:使い方に合わせてダウンロード設定を調整しよう!

以上、Google Chromeでダウンロードファイルの保存先フォルダを変更したり 都度選択する設定方法 の說明でした。

ボクは普段、ダウンロードしたファイルはすべて一度Macのデスクトップに保存する習慣があるので、標準保存先フォルダを「デスクトップ」に変更しています。

ただ、画像なら直接「ピクチャ」フォルダに、文書なら「ドキュメント」フォルダにダウンロードしたい、という場合は、その②で紹介した「都度保存先フォルダを選択する」設定にしておくと便利です。

ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい