Androidの内部ストレージ容量を圧迫する「.thumbnails(thumbdata)」フォルダの削除方法まとめ

Android

Androidの内部に生成される「.thumbnails」フォルダをご存じでしょうか?

内部ストレージ容量不足の犯人として挙がることの多いフォルダで、中には「.thumbnails」だけで数GBまで膨れ上がっているケースもあり、処理に困っている人も多いフォルダです。

そこで本記事では、「.thumbnails」フォルダの概要說明と、その対処方法について紹介します。

容量不足で悩んでいる方は、ぜひご覧あれ。

photo by C_osett

 

「.thumbnails」フォルダの基本

まず「.thumbnails」フォルダについて、基本的な說明をしています。

フォルダの役割は?

「.thumbnails」フォルダは、Androidにおける画像ファイルの「サムネイル画像」用のフォルダとしての役割があります。

例えばAndroidに標準で入っている「ギャラリー」等の画像管理アプリを開くと、本体に保存された写真の一覧が表示されます。

「サムネイル画像」とは、このようなとき画像の内容か分かるように縮小表示された画像ファイルのことです。

あらかじめ「.thumbnails」フォルダに「サムネイル画像」をストックしておくことで画像の表示が速くなるため、本来は便利な役割を担っています。

存在する場所と”見え方”について

「.thumbnails」フォルダは下記ディレクトリの通り、「DCIM」フォルダ直下に存在します。

本体ストレージ/DCIM/.thumbnails

またSDカードを利用している場合は、SDカード上の「DCIM」フォルダに存在しています。

注意点として、この「.thumbnails」フォルダは、ドットから始まるいわゆる「隠しフォルダ」の一種であるため、本来見えるフォルダではありません。

そのため使用しているファイルマネージャーによっては、初期設定のままだと非表示となっているケースもあるため、アプリの設定より隠しフォルダも表示する変更を行う必要があります。

画像の数に応じて容量が大きくなる

「.thumbnails」フォルダ内のサムネイル画像は、本体に保存される画像ファイルの数に応じてどんどん生成されるため、肥大化する傾向があります。

「.thumbnails」フォルダ内の「thumbdata」ファイルの容量が大きくなるケースもあります。

そのため、例えばスマートフォンのカメラで写真を大量に撮影していると、気が付いたら「.thumbnails」フォルダ内に数GBもの容量が溜まっていた、ということもあります。

削除しても問題ないか?

「.thumbnails」フォルダ内のサムネイル画像は、元の画像を縮小表示した画像ファイルに過ぎないため、削除しても問題ありません。

ただ一度削除しても、しばらくするとサムネイルは自動的に再度作られる仕様となっているため、いつまで経っても「.thumbnails」フォルダ内の容量圧迫が解決されず、イタチごっこになりがちな問題です。

まとめ:削除後しても良いが方法にコツがいる

「.thumbnails」フォルダは削除しても問題ありませんが、ただ消しただけでは再度生成されるため、内部ストレージの容量を圧迫します。

そこで、まず既存の「.thumbnails」フォルダを消した後、画像の保存先を内部ストレージ”以外”へ変更することで、内部ストレージの容量に余裕を持たせることができます。

  1. 既存の「.thumbnails」フォルダを削除する
  2. 画像の保存先を内部ストレージ”以外”へ変更する

内部ストレージ”以外”の部分は、AndroidでSDカードを使用できるか否かでパターンが異なります。

  • SDカードを使える→画像の保存先をSDカードへ変更する
  • SDカードを使えない→画像の保存先をクラウドへ変更する

以降で順番に解説します。

 

既存の「.thumbnails」フォルダを削除する方法

まずは、すでにAndroidの内部ストレージに存在する「.thumbnails」フォルダを削除します。

手順①:ファイル管理アプリを用意する

Android向けファイル管理アプリをインストールします。

同機能をアプリは多数存在しますが、次の2点を満たしていればどのアプリでもOKです。

  • 「.thumbnails」フォルダを表示できること
  • 「.thumbnails」フォルダを削除できること

本記事では「ES ファイルエクスプローラー」を使って説明します。

手順②:隠しファイル / フォルダを表示させる

「ES ファイルエクスプローラー」を起動し、内部ストレージの「DCIM」フォルダを開きます。

ただ最初に開いた状態だと「.thumbnails」フォルダが見当たりません。

これは「ES ファイルエクスプローラー」の仕様で、ドットから始まる隠しファイル / フォルダは非表示となっているためです。

「ES ファイルエクスプローラー」以外のファイル管理アプリでも、デフォルトでは非表示となっているケースが多いです。

そこでアプリ設定を変更して、隠しファイル / フォルダを表示させましょう。

左上のメニューボタンより「設定」へ進み、

「表示設定」内の「隠しファイルを表示」にチェックを入れます。

ここで「DCIM」フォルダ内を開くと、「.thumbnails」フォルダが表示されるようになりました。

手順③:「.thumbnails」フォルダを削除する

後は、ストレージ容量圧迫の原因となっている「.thumbnails」フォルダを削除すればOK。

ただこの作業だけですと、時間が経つと「.thumbnails」フォルダが再生成されるので、内部ストレージの容量は圧迫されたままです。

そこで画像の保存先を内部ストレージ”以外”へ変更すれば、「.thumbnails」フォルダが再生成されても内部ストレージ容量に余裕を持たせることが可能です。

具体的にはAndroidでSDカードを使用できるか否かでパターンが異なります。

  • SDカードを使える→画像の保存先をSDカードへ変更する
  • SDカードを使えない→画像の保存先をクラウドへ変更する

以降で順番に解説します。

 

画像の保存先をSDカードへ変更する方法

もしお使いのAndroidでSDカードを使用できるならオススメの方法です。

まだSDカードを持っていなければご準備下さい。

カメラで撮影する写真をSDカードへ保存する手順

Androidの「カメラ」アプリは、撮影した写真や動画を直接SDカードへ保存できます。

たいていの場合、SDカードを入れた時点で自動的に保存先がSDカードへ切り替わるケースが多いですが、設定を確認してみましょう。

Androidの機種やOSバージョンによって手順は異なり、例えばXperia Z3(Android 6.0.1)の場合、「カメラ」アプリを起動して「設定」→「その他の設定」へ進み、

「保存先」を「SDカード」へ変更すればOK。

写真を撮影すると、自動的にSDカードへ保存されるようになります。

内部ストレージにある写真をSDカードへ移す手順

すでに内部ストレージにたくさんの写真があれば、SDカードへ移動しましょう。

大きく2つの方法があります。

  • 「SDカードへデータ転送」機能を使う
  • ファイル管理アプリを使う

詳細は関連記事【AndroidでSDカードにファイルを移動する方法! データ保存先を変えて内部ストレージ容量を空けよう】で解説しています。

AndroidでSDカードにファイルを移動する方法! データ保存先を変えて内部ストレージ容量を空けよう
Androidで容量不足に悩んでいるなら「SDカード」の活用がオススメです。 そこで本記事では、AndroidでSDカードにファイルを移動する基本的な方法について紹介します。 データ保存先を変えて内部ストレージの容量を空けましょ...

そのほかの画像をSDカードへ自動保存する方法

「.thumbnails」フォルダは、カメラで撮影した写真”以外”の画像も含め、サムネイル画像を生成します。

画像の例

  • スクリーンショットで撮影した画像
  • ブラウザからダウンロードした画像
  • LINEからダウンロードした画像

そこで「FolderSync」というアプリを使って、これら画像もすべて保存先をSDカードへ変更しましょう。

FolderSync
FolderSync
Developer: Tacit Dynamics
Price: Free

具体的な手順は、それぞれ関連記事で解説しています。

Androidでスクリーンショットの保存先を変更する方法! キャプチャ画像をSDカードや好きなフォルダへ移動させよう
Androidのスクリーンショットで撮影した画像は、内部ストレージの決められたフォルダへ自動保存され、保存先を変更することはできません。 そこで本記事では、Androidでスクリーンキャプチャした画像を擬似的に好きなフォルダへ直接保存...
AndroidでSDカードに直接ファイルをダウンロードする方法! 移動を自動化してChromeの保存先を変えよう
Androidでブラウザ(例:Chrome)からファイルをダウンロードすると、基本的に内部ストレージの決められたフォルダへ自動保存されます。 ただ、もしSDカードを使用していて本体容量の節約をしたいなら、SDカードに直接データを保存し...
LINEでダウンロードする全ファイルの場所を変更する方法! 写真/動画/バックアップデータをSDカードへ直接保存しよう [Android]
LINEではトーク中に受信したファイル(例:写真 / 動画)をダウンロードできますが、内部ストレージ上の保存先は決まっており変更できません。 そこで本記事では、Android版LINEでダウンロードする全てのファイルの場所を変更できる...

 

画像の保存先をクラウドへ変更する方法

Android本体上で画像ファイルを保存せず、クラウドサービスのオンラインストレージ上で管理する方法です。

お使いのAndroidでSDカードを使用できない、またはSDカードを購入したくないならオススメです。

「.thumbnails」フォルダに溜まるサムネイル画像は、Android内部に保存される画像に応じて自動生成されるため、本体に保存しなければ生まれません。

さらにクラウドで管理することで下記2点の副次効果も期待できます。

  • 元の画像ファイルの容量も無くなり劇的に内部ストレージの容量が改善される
  • 本体に画像ファイルを残さないため万が一のデータ紛失の対策にもなる

クラウドアプリとして、画像・動画ファイルの無制限バックアップに対応した「Googleフォト」がオススメです。

Google フォト
Google フォト
Developer: Google LLC
Price: Free

アプリを用意できたら、後はAndroid本体に保存されるすべての画像ファイルをクラウド上に移せばOK。

「Googleフォト」の具体的な使い方は、関連記事【Googleフォトの基本的な使い方! iOS(iPhone/iPad)やAndroidの写真や動画を自動でバックアップする方法】で解説しています。

Googleフォトの基本的な使い方! iOS(iPhone/iPad)やAndroidの写真や動画を自動でバックアップする方法
最近ではスマートフォンのカメラ性能が格段に向上しているため、旅行でもカメラは携帯せずスマートフォンだけで済ませてしまう方も多いでしょう。 ただ、たくさん撮影した膨大な画像データをいつまでも本体に残したままだと、スマートフォンが故障・紛...

 

そのほか「.thumbnails」フォルダに対し有効な解決策

もし画像の保存先を内部ストレージから変えたくない場合、次の2点も参考にして下さい。

  • 「.thumbnails」ダミーファイルを作成する
  • 標準のギャラリーやファイル管理アプリを避ける方法

Androidの環境(例:OSバージョン / 機種)によって、あまり有効でない可能性もあります。

もしうまくいかなければ、先述した画像の保存先をSDカードまたはクラウドへ変更する方法をお試し下さい。

「.thumbnails」ダミーファイルを作成する方法

「.thumbnails」フォルダと同じ階層に同名のダミーファイルを作成する方法があります。

同名ファイルが存在することで、Android側が「.thumbnails」フォルダを新規作成するのをストップするため、結果として容量圧迫を回避できます。

まず、先述した「.thumbnails」フォルダを削除する手順と同様に、ファイル管理アプリを用意の上、隠しファイル / フォルダを表示させる設定として下さい。

以降では「ES ファイルエクスプローラー」を使って説明します。

別アプリでも構いませんが、「新規ファイル作成機能」を有したファイル管理アプリである必要があります。

次に、一度「.thumbnails」フォルダを削除した後、「.thumbnails」フォルダと同階層の「DCIM」フォルダ直下に同名のダミーファイルを作成します。

右上のハンバーガーアイコンより「新規」をタップし、「ファイル」作成作業へ入ります。

ファイルの名前は「.thumbnails」とします。

削除した「.thumbnails」フォルダと同名のダミーファイルが作成される。

以後、画像が増えても「.thumbnails」フォルダが再生成されることはありません。

標準のギャラリーやファイル管理アプリを避ける方法

「.thumbnails」フォルダに溜まるサムネイル画像は、プリインストールされた写真管理アプリ(例:ギャラリー)やファイル管理アプリを使った場合に自動生成される傾向があります。

そこで、これらアプリを避けて別アプリで代用すれば、サムネイル画像の生成を回避できます。

具体的には、写真管理アプリは「QuickPicギャラリー」、ファイル管理アプリは「ES ファイルエクスプローラー」がオススメです。

求められるアプリ要件は上記以外でも、サードパーティ製であれば問題ありませんが、一部アプリではサムネイル画像の生成を止められないケースがあるようです。

代用するアプリを用意できたら、元のプリインストールアプリの誤起動を避けるため、「標準で起動するアプリ」設定を変えましょう。

下記ではXperia Z1(Android OS 4.4.2)を例に說明しており、機種やOSバージョンによっては手順が多少異なる可能性があります。

「設定」→「アプリ」より標準で設定されている写真管理やファイル管理アプリを選択します。

このアプリは機種によっては異なるため、自身で使っているAndroidに合わせて選ぶ必要があります。

例えばXperia Z1の場合、ソニー純正の「アルバム」アプリが標準となっている。

次にアプリ情報内で「標準で起動」を確認し、設定されている場合は「標準設定をクリア」をタップすればOKです。

以後、代用アプリで画像を管理することで「.thumbnails」フォルダが再生成されることはありません。

 

補足:そのほか空き容量不足を解消する情報まとめ

Androidの内部ストレージ不足を解消するワザは他にも色々とあります。

例えば、基本中の基本ですが、Androidで使っていない不要なアプリをアンインストールすることで容量を増やすことができます。

「2chMate」アプリを削除する例。

Androidで不要アプリを削除(アンインストール)する方法! 標準プリインソフトも無効にできる
Android向けの配信中アプリは100万を超えており、特に無料アプリは日々インストールしてはアンインストール(削除)する、を繰り返すことも多いかと思います。 ただ、実はAndroidにおいてアプリを消去する方法はたくさんあることをご...

また、Android 6.0からの新機能「Adoptable Storage」を利用すれば、挿入しているSDカードを本体の内部ストレージとして設定できるので、容量不足対策になります。

本来設定できない「Xperia Z3(Android 6.0.1)」でSDカードを内部ストレージ化した例。

全てのAndroidでSDカードを内部ストレージとして使う方法! 容量不足の機種でもアプリを保存できる
以前のAndroidの大きな問題点として、内部ストレージの容量が小さい機種も多く、アプリをインストールするうちに空き容量が足りないことがありました。 一方、AndroidではiOSと違って「SDカード」を扱える機種もありますが、純粋な...

それ以外にも様々な豆知識を関連記事【Androidの空き容量不足を解消する豆知識まとめ! 内部ストレージを節約してメモリを増やす設定方法】で解説しています。

Androidの空き容量不足を解消する豆知識まとめ! 内部ストレージを節約してメモリを増やす設定方法
本ブログでも過去、「Androidの”内部ストレージ不足”対策」に関わる豆知識を色々と紹介してきました。 この問題はスマートフォン利用者にとって長年の悩みであり、解決策は大きく下記2種類に分類されます。 不要なファイルは...

 

〆:Androidは自由な分設定も難しい

以上、Androidの内部ストレージ容量を圧迫する「.thumbnails(thumbdata)」フォルダの削除方法まとめ の說明でした。

AndroidはiPhoneと比べ、その自由度の高さがメリットとして取り上げられますが、一方で機種やOSによって様々な設定手順が大きく異なるため、本記事で取り上げたような問題が起きた際、情報共有を図るのが難しい点がデメリットとしてあります。

「.thumbnails」フォルダ問題は、比較的古い機種やOSに発生するケースが多いため、長年使っているAndroidで今回の問題が発生した際は、ぜひご参考あれ。

Android
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント

  1. 匿名 より:

    兼ねてよりこのthumbdata3に悩まされてきましたが、まず、フォルダごと削除したときに容量に変化がありません。
    DCIMフォルダにはもう表示もされてませんしきちんと削除したはずなのですが、新しく[.thumbnails]フォルダとthumbdataファイルを作ってもやはり容量に変化がありません。その後、しばらくすると[.thumbnails]フォルダにthunmbdata3のマイナーチェンジしたようなファイル名のデータがおり、5GBとやはり圧迫している状態です。
    機種は403SHで、OSは最新でroot化はしておりません。
    どういった方法で削除したらよろしいのでしょうか?

  2. sonson より:

    たぶんこの記事は数年前から書かれている方法をコピペしただけで、
    現状はこの方法ではダミーのthumbnails内にファイルがすぐに復活してしまうことを知らず、検証もせずに書いているのだと思います。

    他の同じ内容を書いているブログも同様ですね。
    自分で見つけた方法ではなく、他サイトのコピペです。

  3. シノ より:

    こちらの方法で容量がとても軽くなりました!
    ありがとうございましたm(_ _)m

  4. 匿名 より:

    「.thumbdata」フォルダ内の「thumbdata3~」のファイルと同名のダミーファイルを作成してダミーフォルダの中に入れてみました。これをしないうちは目に見えてダミーフォルダの容量が増えていってましたが、ダミーファイルを入れてからは増える様子はありません。このまま様子をみようと思います。

  5. 匿名 より:

    [.thumbnails]フォルダ内のthumbnails3-○○(丸の中は数時の羅列)ファイルと同名のファイルを新たに作り、フォルダとファイルを置き換えなければいけないようです。フォルダだけ作成して置き換えても復活していました。ファイルの話は上記手順4で記載されています。
    フォルダを削除する前に、ダミーファイルを作成しましょう。削除してもファイルを置き換えない限り復活するので心配はありませんけど。当方はサムネイル画像に混じってギガ単位のthumbnails3-○○という名前のファイルが入っていました。ファイル名には機種などによる個人差があるのかもしれませんし、thumbnailsというファイル名だけでいいのかもしれません。
    本体容量も開けておかないとメモリが空いていてもPCと同様に遅くなります。私もとても軽くなりました。ありがとうございました。

  6. 匿名 より:

    「ご存じ」

  7. 匿名 より:

    無駄のようですね ダミーファイル作成しても 名前と数字の間の-が–になって同じ名前のファイルが作成されるので貯まっていったら定期的に消去するしか無いです