[Mac] アプリのどんなメニュー項目もすぐに配置場所を探せる「ヘルプ」活用の豆知識

スポンサーリンク

Macで任意のアプリを起動すると、メニューバーに様々な項目が表示されます。

特にMac標準アプリはその数も多く、目的のメニューへ到達するのも中々に困難。

そこで本記事では、どんなメニュー項目でもすぐにその場所を探すことができる「ヘルプ」機能を活用した豆知識を紹介します。

スポンサーリンク

アプリのメニュー項目をすぐに探せる豆知識

下記より実際にMac標準の「プレビュー」アプリを例に說明をします。

手順①:アプリを起動

まず任意のアプリを起動します。

手順②:「ヘルプ」メニューでキーワード検索

続いてメニューバーより「ヘルプ」を表示し、検索バーより特定のキーワードを探します。

下記より「プレビュー」アプリ上でいくつか検索した例を元に說明を続けます。

例①:「PDF」に関わるメニュー

例えば「プレビュー」アプリ上で、「PDF」処理に関わるメニューを探しているとします。そんな場合は、検索バーに「pdf」とでも入れてみると、「pdf」に関わるメニュー項目「PDFとして書き出す…」が表示されます。

さらに表示されたメニュー項目をマウスオーバーすると、そのメニューがどこにあるか場所まで示してくれます。

例②:「保存」に関わるメニュー

続いて、例えば「プレビュー」アプリ上で、「保存」処理に関わるメニューを探しているとします。そんな場合は、検索バーより「保存」・「別名で保存…」が表示され、

もちろんその場所まで示してくれます。

アプリによっては、メニューバーに「ヘルプ」がない場合もあります。その際は今回の豆知識を実施できないためご注意を・・・。例えば漫画ビューワー「cooViewer」にはありませんでした。

関連記事

cooViewer – Macで漫画や雑誌を読むならオススメ フリー画像ビューワーソフト

〆:使い慣れないアプリ上で便利かも!

以上、說明でした。

新しくインストールしたアプリなど、まだ操作方法に自信のないアプリでは、「ヘルプ」よりメニュー項目の場所まで探すことができるため、便利な機能だと感じます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする