Androidの再起動時にアプリを自動開始する方法! スタートアップ設定でアプリを自動起動しよう

スポンサーリンク
MacroDroid

本記事では、Androidアプリの自動起動に関連するテーマとして、以下2点を解説します。

  • 特定の条件でアプリを自動起動する方法
  • バックグラウンドでアプリの自動起動を許可する方法

「アプリの起動を自動化したい」・「バックグラウンドでアプリを終了させたくない」等のニーズがあれば、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidでアプリを自動起動する設定方法まとめ

本パートでは、特定の条件を満たすと、好きなアプリを自動で開く設定方法を解説します。

MacroDroidアプリのアイコンMacroDroidというアプリを使えば、簡単に実現できます。

以下3パターンの例に分けて、設定手順を解説します。

  1. 再起動時にアプリを自動開始する
  2. 決まった時間にアプリを自動開始する
  3. ロック解除時にアプリを自動開始する
設定するトリガーやアクションによって、各種アクセス権限の許可が求められます。画面に従って、操作して下さい(以降の説明では割愛します)。

方法①:再起動時にアプリを自動開始する

まず マクロを追加 より トリガー を設定しましょう。

MacroDroidで再起動時にアプリを自動開始する手順1

機器の動作機器本体を起動時 と選択すればOK。

MacroDroidで再起動時にアプリを自動開始する手順2

次に アクション を決めます。

アプリアプリを起動アプリを選択 より、

MacroDroidで再起動時にアプリを自動開始する手順3

本体起動時に自動で開きたいアプリを選択。

最後に名前を決めて保存すれば完了です。

MacroDroidで再起動時にアプリを自動開始する手順4

(左)アプリ一覧 (右)再起動でLINEアプリを起動するマクロ例

実際に端末を再起動して、指定アプリが自動的に開けば成功です。

起動直後はMacroDroidアプリのアイコンMacroDroidが立ち上がるまで時間がかかるため、指定アプリ起動も少し待つ必要があります。
MacroDroidで再起動時にアプリを自動開始する手順5

例えば、スマホを再起動すると(左)、LINEが自動で開けるようになる(右)。

設定できるマクロ条件は無数にあるので、好みに合わせて微調整して下さい。

例えば「条件」で曜日や時間を指定すれば、特定の時間帯だけマクロを有効化できます。

MacroDroidで再起動時にアプリを自動開始する手順6

平日のみ、本体起動で指定アプリを開く例。

起動する都度、最初に開くアプリが決まっているなら、自動化すると便利ですよ。

ぜひ実際に操作してみて下さい。

方法②:決まった時間にアプリを自動開始する

まず マクロを追加 より トリガー を設定しましょう。

MacroDroidで決まった時間にアプリを自動開始する手順1

日時やアラーム指定曜日(複数可)の時刻 と選択すればOK。

MacroDroidで決まった時間にアプリを自動開始する手順2

(右)平日の朝8時をトリガーにした例

次に アクション を決めます。

アプリアプリを起動アプリを選択 より、

MacroDroidで決まった時間にアプリを自動開始する手順3

時間になったら自動で起動したいアプリを選択。

最後に名前を決めて保存すれば完了です。

MacroDroidで決まった時間にアプリを自動開始する手順4

(左)アプリ一覧 (右)決まった時間にGmailアプリを起動するマクロ例

設定した時間をむかえると、指定アプリが自動的に開けば成功です。

MacroDroidで決まった時間にアプリを自動開始する手順5

例えば、朝8時になると、自動的にGmailアプリが起動するようになる。

いつも特定の時間になると、必ず開いているアプリがあれば、自動化すると便利ですよ。

ぜひ実際に操作してみて下さい。

方法③:ロック解除時にアプリを自動開始する

まず マクロを追加 より トリガー を設定しましょう。

機器の動作ロック画面の解除 と選択すればOK。

次に アクション を決めます。

アプリアプリを起動アプリを選択 より、

ロック解除時に自動で起動したいアプリを選択。

最後に名前を決めて保存すれば完了です。

(左)アプリ一覧 (右)ロック解除でカレンダーアプリを起動するマクロ例

実際に条件を満たした際、指定アプリが自動的に開けば成功です。

例えば、ロック画面を解除で(左)、カレンダーが自動で開けるようになる(右)。

設定できるマクロ条件は無数にあるので、好みに合わせて微調整して下さい。

以上、MacroDroidアプリのアイコンMacroDroidを使った様々なアプリ自動起動の説明でした。

ある特定の条件下で、毎回決まったアプリを起動しているなら、ぜひ自動化を検討下さい。

なお、ほかにも便利なマクロがたくさんあります。

まとめて関連記事【MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう】で解説しています。

MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう
Android向けの自動化アプリは色々とありますが、直観的に自動化の設定ができる初心者にオススメなMacroDroidがボクのお気に入りです。 基本機能とその設定手順については、 本記事では、MacroDroid...

またPlayストアアプリのアイコンPlayストアで検索すれば、この手の自動実行アプリは多数あります。

例えばAutomateItのアイコンAutomateItというアプリでも、同様の設定を実現できます。

MacroDroidアプリのアイコンMacroDroidとの相性が悪ければ、こういったアプリもぜひお試しあれ。

 

Androidでバックグラウンドのアプリ自動起動を許可する方法

Androidではバッテリー節約のため、必要でないときアプリ動作が停止する省電力機能が備わっています。

機種によって名称は異なりますが、いずれもAndroid OSの標準機能であり、デフォルトで全アプリONとなっています。

省電力機能の名称(例)対象機種(例)
省電力機能
  • Xperia 10 II
電池の最適化
  • AQUOS sense3
  • HUAWEI P20 lite
  • arrows Be
バッテリー使用量を最適化
  • Galaxy A20
バッテリー使用量の管理
  • Pixel 3a XL
一部のプリインストールアプリは例外的に、デフォルトでOFFとなっています(変更も不可)。

もしバックグラウンドで常駐させたいアプリがあり、勝手に止まって困っているなら、こちらの設定が原因かもしれません。

本パートでは、省電力機能の設定を変えて、アプリを常時起動させる手順をパターン別に解説します。

パターン対象機種
①:特別なアプリアクセスから
電池の最適化を変える
すべて
②:個別のアプリ情報から
電池の最適化を変える
Android 12以降を搭載する一部機種
③:Huawei独自の
自動起動設定を変える
Huaweiシリーズ
④:OPPO独自の
自動起動設定を変える
OPPOシリーズ

①・②は、Android OS標準の省電力機能に関する内容で、手順が少し異なります。

③・④は、独自OSを搭載する、Huawei(EMUI)やOPPO(ColorOS)向けの内容です。

全パターンに共通する特徴として、省電力機能の設定を変えることで、「バッテリー消費が速くなる」・「端末の動作が重くなりフリーズする」等のリスクがあります。

パターン①:特別なアプリアクセスから電池の最適化を変える

最もメジャーな手順で、ほとんどの機種はこちらに該当します。

Xperia 10 II(Android 11)を例に説明します。

Android設定アプリのアイコン設定より アプリと通知特別なアプリアクセス省電力機能 と進み、

Androidで電池の最適化を変えてバックグラウンドのアプリ起動を許可する手順1

プルダウンメニューで すべてのアプリ へ切替え、対象アプリを 最適化しない とすればOK。

Androidで電池の最適化を変えてバックグラウンドのアプリ起動を許可する手順2

(右)LINEアプリを最適化しない例

これで当該アプリは、バックグラウンドでの電池使用を制限されなくなり、起動が維持されます。

またXperiaを例に説明しましたが、他機種でも流れは同様です。

もし設定項目が見当たらない場合、”最適化”等のキーワードで検索してみて下さい。

Androidで電池の最適化を変えてバックグラウンドのアプリ起動を許可する手順3

Galaxy A20で”最適化”というキーワードで検索した例。

パターン②:個別のアプリ情報から電池の最適化を変える

Android 12以降を搭載する端末であれば、こちらに該当する可能性があります。

Pixel 3a XL(Android 12)を例に説明します。

Android設定アプリのアイコン設定の アプリ●個のアプリをすべて表示 より、対象アプリを選択。

Android 12で電池の最適化を変える手順1

バッテリー で「バッテリー使用量の管理」を開き、 制限なし とすればOK。

Android 12で電池の最適化を変える手順2

(右)LINEアプリを制限なしとする例

これで当該アプリは、バックグラウンドでの電池使用を制限されなくなり、起動が維持されます。

パターン③:Huawei独自の自動起動設定を変える

HuaweiシリーズではAndroid OS標準の省電力機能とは別に、独自のバッテリー管理機能が搭載されます。

HUAWEI P20 lite(EMUI 9.1.0)を例に説明します。

Android設定アプリのアイコン設定より 電池アプリ起動 と進み、

Huawei独自の自動起動設定を変える手順1

対象アプリをデフォルトの「自動的に管理」から「手動で管理」へ切替え、以下3つをすべて有効にします。

  • 自動起動:起動時またはバックグラウンドで起動
  • 他のアプリによる起動:他のアプリからアプリの起動ができます
  • バックグラウンドで実行:アプリのバックグラウンドでの実行を継続します
Huawei独自の自動起動設定を変える手順2

(右)LINEアプリを「手動で管理」に切替えた例

これでアプリが勝手に終了されるのを回避できます。

パターン④:OPPO独自の自動起動設定を変える

OPPOシリーズではAndroid OS標準の省電力機能とは別に、独自のバッテリー管理機能が搭載されます。

機能は複数あるので、それぞれ解説します。

機能の名称解説
バッテリーの使用を最適化バックグラウンドで動作するアプリを管理する機能
アプリのバッテリー使用状況バックグラウンドでの動作や自動起動を管理する機能
タスクロックバックグラウンドでのアプリ起動状態にロックをかける機能
OPPO Reno3 A(ColorOS 11)を例に説明します。

バッテリーの使用を最適化

ColorOSでは、バッテリーの消耗を抑えるために、起動状態が自動管理されます。

これはアプリが意図せず終了される要因となるため、ユーザー操作で対象から外すことが可能です。

Android設定アプリのアイコン設定の バッテリー詳細なバッテリー設定バッテリーの使用を最適化 と進み、

OPPOでバッテリーの使用を最適化しない手順1

対象アプリを 最適化しない とすればOK。

OPPOでバッテリーの使用を最適化しない手順2

(右)Pokemon GOを「最適化しない」とした例

アプリのバッテリー使用状況

Android設定アプリのアイコン設定の バッテリーアプリのバッテリー使用状況 より対象アプリを開き、

OPPOのアプリのバッテリー使用状況の使い方1

以下2つをすべて有効にします。

機能名機能詳細
バックグラウンドアクティビティを許可アプリがバックグラウンドで
終了されないようになる
自動起動を許可アプリが最適化されて終了しても
必要に応じて自動で起動するようになる
OPPOのアプリのバッテリー使用状況の使い方2

(右)各機能の説明

タスクロック

ColorOSでは、省電力やメモリ使用状況の最適化のため、自動でバックグラウンド上のアプリを停止させることがあります。

これを回避するための、バックグラウンドでのアプリ起動状態にロックをかける「タスクロック」機能が用意されています。

Android設定アプリのアイコン設定の その他の設定タスクマネージャー より、アプリごとスイッチをオンにすればOK。

(右)LINEのタスクロックを有効にした例

そのほか、マルチタスク画面より対象アプリのメニューから ロック を選択でもタスクロック可能です。

(右)ロックすると、マルチタスク画面で鍵マークが表示される。

 

補足:常時で開くデフォルトアプリを変える方法

Androidで似た機能を持つアプリが複数インストールされる場合、デフォルトで使用するアプリを指定できます。

Androidの常時で開くデフォルトアプリを変える説明1

例えばtwitterのリンクをタップする際(左)、常にどのアプリで開くか指定できる(右)。

ここで指定したアプリは、Android設定アプリのアイコン設定の デフォルトのアプリ で自由に変更できます。

Androidの常時で開くデフォルトアプリを変える説明2

詳細は関連記事【[Android] 標準ブラウザや既定のアプリを変更する方法! デフォルトで開く設定をカスタマイズしよう】で解説しています。

[Android] 標準ブラウザや既定のアプリを変更する方法! デフォルトで開く設定をカスタマイズしよう
AndroidはiOS以上に様々なアプリが用意され、かつ自由度も高いため、既定のデフォルトアプリをカスタマイズしている方も多いでしょう。 例えばFirefoxやOperaを愛用しているなら、URLリンクを開く標準ブラウザを変更すること...

 

〆:スタートアップ機能でアプリ起動を自動化しよう!

以上、Androidの再起動時にアプリを自動開始する方法! スタートアップ設定でアプリを自動起動しよう の説明でした。

MacroDroidアプリのアイコンMacroDroidなら、無料機能の範囲でアプリ自動起動を設定できます。

ある特定の条件で、毎回手動で起動しているアプリがあれば、ぜひお試し下さい。

また勝手にアプリがスリープ状態になり困っていれば、後半で解説したバックグラウンドのアプリ動作に関する内容もご覧あれ。

参考 MacroDroidフォーラム

参考 Pixel Phoneヘルプ – 自動調整バッテリーと電池の最適化をオンにしておく

参考 HUAWEIヘルプ – 自動起動による不要なアプリの動作の防止

参考 OPPOヘルプ – アプリの通知が来ない際の対処法!

参考 OPPOヘルプ – バックグラウンドで起動中のアプリをロックする方法

MacroDroid
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. TM より:

    Androidを再起動後、しばらくするとまず「AutomateIt」アプリが起動。通知領域に常駐アイコンが表示されます。

    ここでつまずくのですが、OSの設定か何かがおかしいのでしょうか?

    zenfone zoom s、 android 8 です。

    アプリ自体に起動時に自動起動する機能があるものがことごとく機能しません。

  2. TM より:

    自己解決しました。

    ASUS 自動起動マネージャーにより抑制されてました。

タイトルとURLをコピーしました