Androidを定期的に自動再起動する方法! スマートフォンの電源オン/オフをスケジュール予約しよう

Android

Androidでは電源ボタン長押しで「電源を切る」や「再起動」を選択でき、バッテリー性能や動作性を改善させるきっかけになります。

そのため定期的な再起動が推奨されますが、いちいち手動で行うのは面倒ですよね?

そこで本記事では、Androidを定期的に自動再起動する方法を紹介します。

ただすべての機種で使用できる方法ではなく、下記いずれかに該当している必要があります。

  • 最新Galaxyシリーズの端末:設定の標準機能より自動再起動を設定
  • root権限取得済みの端末:「MacroDroid」アプリで自動再起動を設定

以降では、各条件に合致する端末で自動再起動を設定する手順を解説しています。

photo by Răzvan Băltărețu

 

スポンサーリンク

Galaxyで自動再起動を設定する方法

最新のGalaxyシリーズでは、設定の標準機能より指定したスケジュールで電源オン / オフを実行できます。

記事中の内容は、Galaxy S7 edge(Android 7.0)で検証しています。

まず「設定」から「一般管理」へ進み、「リセット」を選択。

「端末管理」項目にて「自動再起動」をタップして有効にします。

「自動再起動」トグルがオンになった状態でもう一度タップすると、再起動させるスケジュール設定項目へ進めます。

今回の方法では「1週間に1度」と頻度は固定されており、時刻と曜日は自由にカスタマイズ可能です。

時刻と曜日を設定後、本体に触れずに自動的に再起動が実行されれば成功です。

もしうまく動作しない場合、下記2点を確認して下さい。

  • 自動再起動には前提条件が5つある
  • 設定された時刻ピッタリに再起動は実行されない

注意:自動再起動には前提条件が5つある

「自動再起動」設定項目内で表示されている通り、端末が再起動する際にいくつか条件を満たしている必要があります。

  1. 画面がOFFになっている
  2. 端末を使用していない
  3. バッテリー残量が30%を超えている
  4. SIMカードロックがOFFになっている
  5. 内部ストレージが暗号化されていない

特に1・2・3は注意が必要で、設定したスケジュールとなった時点で、本体を操作していたり、残りバッテリー残量がわずかな場合は「自動再起動」が動作しません。

注意:設定された時刻ピッタリに再起動は実行されない

「自動再起動」設定項目内で表示されている通り、スケジュールで設定した時刻・曜日ピッタリに再起動は実行されず、設定時刻から1時間以内に動作する仕様となっています。

この「1時間以内」ははっきりとした規則性がなく、設定時刻から1分後くらいに「自動再起動」が実行されたケースや、設定時刻から50分後くらいにようやく実行されたケースもありました(バックグラウンドで動作している機能やアプリ状況によって変化する?)。

動作検証時には設定時刻から1時間待ってみて下さい。

 

MacroDroid – 自動再起動を設定する方法

Galaxyシリーズのように機種側の標準機能として用意がない場合、サードパーティ製アプリを使って自動再起動を設定します。

本記事ではその中でも、Android向け自動化アプリ「MacroDroid」を使って、「指定した日時」を検知して、端末本体を自動で再起動する設定を行います。

本アプリの基本情報や使い方については、関連記事【MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ】で解説しています。

MacroDroid - Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ
Android向けの自動化アプリは「Tasker」や「IFTTT」が有名です。 どちらも非常に便利なアプリですが、初心者には操作しづらい欠点(例:アプリが有料 / 設定やUIに難がある)があります。 そこで本記事では、直...
今回のマクロ設定では端末のroot化が必須条件となります(詳細は以降で解説)。

前提:MacroDroidでスーパーユーザー権限を許可する

「MacroDroid」で設定できる「アクション」は3種類に大別され、

  • 通常の端末で設定できるアクション
  • root化またはADB hack済みの端末で設定できるアクション
  • root化端末のみで設定できるアクション

今回設定する「自動再起動」は”root化端末のみで設定できるアクション”に該当します。

まだ端末をroot化していなければ準備して下さい。

Nexus 6Pをroot化する方法! TWRPでAndroid 8.1にMagiskをインストールして改造しよう
Nexus 6P(Android 8.1)をroot化した際の作業を記録します。 Androidをroot化するためには、「Superuser」の権限を管理するアプリをインストールする必要があり、代表的なアプリとして「SuperSU」...

root化した端末は「メーカー補償の対象外となる」など様々なリスクがあり、最悪の場合Androidが動かなくなる恐れもあります。

くれぐれも自己責任でお試し下さい。

root化端末に「MacroDroid」をインストールし、スーパーユーザー権限を許可して下さい。

以上まで完了すれば、後は通常の流れでマクロを設定するだけ。

「マクロの追加」へ進みます。

今回作成するマクロです。

  • トリガー:日時(指定したスケジュールとなったら)
  • アクション:再起動(端末を再起動する)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)

さっそく設定してみましょう。

手順①:トリガーを設定する

「トリガー」を設定します。

トリガー候補一覧より「日時」→「曜日/時刻トリガー」と選び、

再起動したいスケジュールを決めます。

毎日夜の23時にスケジュールした例。

以上で「日時(指定したスケジュールとなったら)」のトリガー設定ができました。

画面を右にスワイプし、「アクション」画面へ移ります。

手順②:アクションを設定する

「アクション」を設定します。

アクション候補一覧より「Device Actions」→「再起動/電源を切る」と進み、

「再起動」にチェックを入れます。

以上で「再起動」のアクション設定ができました。

画面を右にスワイプし、「条件」画面へ移ります。

手順③:条件を設定する(任意)

「条件」を設定します。

「条件」は任意なので設定しなくてもマクロ作成は完成できますが、「トリガー」とは別の前提条件を追加したい場合に設定します。

例えば「通話していないときのみ、指定スケジュールで端末を再起動する」としたいなら、条件候補一覧より「Phone」→「通話状態」と進み、

「通話中でない」にチェックを入れます。

これで通話中は再起動されなくなります。

条件を設定できれば、右下の「✓チェック」アイコンをタップします。

今回は例として「条件なし」で登録をします。

手順④:マクロ名称を決めて完了!

最後にマクロの名前を決めます。

ほかにも複数マクロがあるなら、区別しやすい名称にすると良いでしょう(後から名前の変更はできます)。

作成したマクロはアプリトップ画面左上の「マクロ」より確認ができ、内容の編集や設定の有効化 / 無効化の切り替えも可能です。

マクロが完成したら、実際に動くか試してみましょう。

例えば下記のようなマクロを有効化した状態で、

  • トリガー:日時(毎日23時となったら)
  • アクション:再起動(端末を再起動する)
  • 条件:設定なし

23時になった瞬間、端末に触れず自動的に再起動が実行されました!成功です。

Androidでの作業内容に関わらず、指定したスケジュールになると自動で再起動が始まります。

状況によっては操作中のデータが保存されない可能性もあるため、設定する時刻を真夜中にしたり、マクロの「条件」で指定アプリを除外するなど、うまく設定して下さい。

参考:うまく動作しない場合

冒頭で記載の通り、今回設定する「端末を再起動」は”root化端末のみで設定できるアクション”に該当します。

この条件を満たせていない状態だと、アクションの部分でエラー表示が出ます。

  • Requires rooted device and access granted to MacroDroid

root化端末にも関わらずエラーメッセージが表示される場合、「MacroDroid」がスーパーユーザー権限を許可したアプリとなっているか確認して下さい。

 

補足:

Androidを強制的に再起動をする方法

Androidの画面が固まったり動作が重くなったりして、電源ボタン長押しから「再起動」を選択できない場合、強制的にAndroidを再起動させることで解決できるケースがあります。

詳細は関連記事【Androidを強制的に再起動する方法まとめ! 強制終了で電源を落とすコマンド [Xperia/Galaxy/Nexus]】で解説しています。

Androidを強制的に再起動する方法まとめ! 強制終了で電源を落とすコマンド [Xperia/Galaxy/Nexus]
Androidでは電源ボタン長押しで「電源を切る」や「再起動」を選択できます。 機種やOSバージョンによって電源ボタン長押しで表示される項目は異なります。 ただ、突然画面が固まったり動作が重くなったりして、電源ボタン長押しから「再起動」...

電源ボタンを使わずAndroidを再起動する方法

もしAndroidの電源ボタンが壊れてしまったら、端末を再起動できず困りますよね。

ただ様々な代替手段で、電源物理キーを押さずに再起動することができます。

詳細は関連記事【電源ボタンを押さずにAndroidを再起動する方法! アプリのショートカットアイコンからソフト的に端末をリブートしよう】で解説しています。

電源ボタンを押さずにAndroidを再起動する方法! アプリのショートカットアイコンからソフト的に端末をリブートしよう
Androidは「電源ボタン」長押しで、端末を再起動(リブート)できます。 ただもし電源ボタンが壊れてしまったら、この操作ができず困りますよね。 そこで本記事では、Androidで電源物理キーを押さずに再起動する代替手段を紹介し...

Androidで再起動時に指定アプリを自動開始する方法

もしAndroidを再起動する都度、手動で決まったアプリをタップして開いているのなら面倒ですよね。

そこでAndroid向け自動化アプリを応用することで、それらタスクを自動化することが可能です。

詳細は関連記事【Androidの再起動時に指定アプリを自動開始する設定方法! 端末の電源オンで開く機能をスケジュールしよう】で解説しています。

Androidの再起動時に指定アプリを自動開始する設定方法! 端末の電源オンで開く機能をスケジュールしよう
もしAndroidを起動する都度、最初に開くアプリが決まっている場合、いちいち手動で操作するのは面倒ですよね。 そこで本記事では、端末の再起動時に指定アプリを自動開始する設定方法を紹介します。 具体的にはAndroid向け自動化...

寝てる間スマホを勝手に使われない方法まとめ

Androidでは、再起動をした直後の1回のみパスワードやパターン入力が必須となり、指紋認証を使えません。

この仕様を応用して、寝てる間スマートフォンの指紋認証を勝手に使われるのを防ぐために、定期的な再起動は有効です。

このような就寝中のセキュリティ対策は、関連記事【寝てる間Androidの指紋認証を勝手に使われない設定方法! 一時的に無効化して浮気調査から守ろう】で解説しています。

寝てる間Androidの指紋認証を勝手に使われない設定方法! 一時的に無効化して浮気調査から守ろう
最近のAndroidの多くで指紋認証が採用され、ロック画面の解除でパスコード入力が不要となり便利になっています。 が、指紋登録した指が指紋認証リーダーに触れると、本人の意思と関係なく画面ロックが解除されるため、例えば就寝中など意識がな...

そのほかGalaxy限定機能の使い方と再現方法まとめ

今回紹介したようなGalaxyシリーズに限定される独自機能はいろいろとあります。

例えばGalaxy限定アプリ「SoundAssistant」を使えば、下記機能を使えるので音量調整の幅が広がります。

  • スケジュール機能 – 時間帯に応じてサウンドを自動変更できる
  • フローティング機能 – 様々な音量調整可能なSoundAssistantボタンを使える
  • メディア音量の優先機能 – 音量ボタンで着信音ではなくメディア音量を変更できる
  • アプリ別調整の機能 – 各アプリの音量をそれぞれ独立して変更できる
  • 音質とエフェクト機能 – イコライザーなどで音質をカスタマイズできる
[Galaxy限定] アプリごと音量調整や曜日別サウンド自動変更をする方法! Androidボリューム機能を超カスタマイズしよう
Androidはシステム設定に関わる部分までカスタマイズできるのが魅力の1つですが、特にGalaxyシリーズは独自機能が搭載されるケースも多く、Galaxyにしか存在しない設定や限定アプリを利用可能となっています。 本記事ではその内の...

このような情報の詳細は、関連記事【Galaxy限定機能の使い方と再現方法まとめ! Samsung専用の設定やアプリでAndroidを超カスタマイズしよう】でまとめて解説しています。

Galaxy限定機能の使い方と再現方法まとめ! Samsung専用の設定やアプリでAndroidを超カスタマイズしよう
Androidはシステム設定に関わる部分までカスタマイズできるのが魅力の1つですが、特にGalaxyシリーズは独自機能が搭載されるケースも多く、Galaxyにしか存在しない設定や限定アプリを本ブログ上でも紹介しています。 そこで本記事...

そのほかMacroDroidの便利なマクロまとめ

本記事で紹介したマクロ以外にも、MacroDroidの便利な設定は無限に存在します。

例えば、自宅や会社周辺のGPS検出可否をトリガーに、Wi-Fi機能のオン / オフ切り替え設定を自動化できます(2種類のマクロを作成し、同時に動かします)。

マクロ①

  • トリガー:場所のトリガー(自宅周辺に入ったら)
  • アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを有効化)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)

マクロ②

  • トリガー:場所のトリガー(自宅周辺を出たら)
  • アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを無効化)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)
AndroidでWi-Fiオン/オフを自宅や会社周辺で自動化する方法! 特定エリアをGPSで検知して設定を変更しよう
契約している携帯キャリアのプランによって1ヶ月で利用できるデータ通信上限量が決まっているため、自宅や会社などWi-Fiを利用できる環境ではなるべくモバイルデータ通信の使用を控えるべきです。 が、ついWi-Fiが使えるにも関わらずWi-...

それ以外にも多数のマクロ設定例を、関連記事【MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう】でまとめて解説しています。

MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう
Android向けの自動化アプリは色々とありますが、直観的に自動化の設定ができる初心者にオススメな「MacroDroid」がボクのお気に入りです。 基本機能とその設定手順については、関連記事【MacroDroid – Andr...

 

〆:定期的な再起動を自動化しよう!

以上、Androidを定期的に自動再起動する方法! スマートフォンの電源オン/オフをスケジュール予約しよう の說明でした。

今回の方法は条件に合致するAndroidに限定される内容となりましたが、もし該当するなら設定する価値ありです。

ぜひ、お試しあれ。

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント