Androidをタップでスリープ解除する方法! ダブルタップで画面ロック/起動しよう

スポンサーリンク
Android

本記事では、スマートフォンの画面をタップまたはダブルタップして画面オン or オフする方法を紹介します。

主に以下のメリットがあります。

  • 電源ボタンの故障を回避できる
  • 画面どこからでもディスプレイ点灯/消灯できる

目次から興味のあるパートをご覧あれ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画面ダブルタップでスリープ解除する方法

本パートでは、スリープ状態からダブルタップで画面オンにする、具体的な手順を2つ解説します。

方法メリットデメリット
①:
端末の標準機能を使う
動作が安定している機種によって対応しない
②:
Double Tap Screen On and Offを使う
多くの機種に対応動作が不安定
iPhoneで採用されている機能「タップしてスリープ解除(=Tap to Wake)」と同等機能を体験したい方は、ぜひどうぞ。

方法①:端末の標準機能を使う

機種によっては、標準機能として搭載されます。

例えばPixel 3a XL(Android 12)の場合、Android設定アプリのアイコン設定の システムジェスチャー より、

Pixelで画面ダブルタップでスリープ解除する手順1

画面をダブルタップして通知を確認 をオンにすればOK。

Pixelで画面ダブルタップでスリープ解除する手順2

これでスリープ状態からダブルタップで、画面オンとなります。

Pixelで画面ダブルタップでスリープ解除する手順3

Pixel 3a XLの例。ダブルタップでスリープ状態から復帰できる。

お使いの機種にも搭載されている可能性があるので、Android設定アプリのアイコン設定で”ダブルタップ”等のキーワード検索をしてみて下さい。

OPPOで画面ダブルタップでスリープ解除する手順

OPPO Reno3 Aの例。設定から「ダブルタップして画面をオン」を有効にすればOK。

ただ同じメーカーであっても機種によって対応状況が異なり、例えばボクの所有する検証機は、以下のとおりでした。

機種対応状況同メーカーのうち
対応状況○の機種
Xperia 10 II×Xperia 5・Xperia 1シリーズ
Galaxy A20×Galaxy S シリーズ(詳細:Galaxyヘルプ
AQUOS sense3×AQUOS sense6シリーズ
Pixel 3a XL
OPPO Reno3 A
HUAWEI P20 lite×HUAWEI P40シリーズ(詳細:HUAWEIヘルプ
arrows Be F-04K×arrows 5Gシリーズ
「同メーカーのうち対応状況○の機種」はネットで見つけた情報を掲載しており、ボクも実機で検証できていません。購入を検討している場合、ご留意下さい。

以上、端末の標準機能を使う方法でした。

機種によって状況が異なるため、実際にお使いの端末で確認をオススメします。

方法②:アプリDouble Tap Screen On and Offを使う

Double Tap Screen On and OffのアイコンDouble Tap Screen On and Offというアプリを使えば、画面ダブルタップでディスプレイ点灯/消灯をどちらも実現できます。

本アプリはPlayストアアプリのアイコンPlayストアで配信されないため、apkファイルを入手、インストールします。

ダウンロード APKMirror – Double Tap Screen On and Off

Double Tap Screen On and Offの使い方1

(左)ダウンロード画面 (右)入手したapkからインストールする

最初にDouble Tap Screen On and OffのアイコンDouble Tap Screen On and Offの初期設定をします。

DoubleTap To Lock を選ぶと各種権限の付与が求められるので、画面に従って有効にします。

Double Tap Screen On and Offの使い方2

あとは DoubleTap To LockDouble tap to Screen On の2つを有効にすればOK。

Warning!と表示が出るとおり、常にDouble Tap Screen On and OffのアイコンDouble Tap Screen On and Offが待機状態となるため、バッテリー消費が速くなります。

Double Tap Screen On and Offの使い方3

スリープ状態からタップして、画面オンとなれば成功です。

デフォルトの状態だと、ダブルタップ(=2回連続タップ)ではなく、トリプルタップ(=3回連続タップ)で動作する仕様となっている点にご留意下さい。
Double Tap Screen On and Offの使い方4

Xperia 10 IIの例。ダブルタップでスリープ状態から復帰できる。

また以下2点をオンにすれば、画面タップでスリープモードへ切り替え可能です。

メニュー機能
Double tap to Screen Off on the home screenホーム画面をタップでスクリーンオフ
Double tap to Screen Off on the lock screenロック画面をタップでスクリーンオフ
Double Tap Screen On and Offの使い方5

(右)例えばホーム画面でタップすると、スリープモードへ切り替わる。

ディスプレイ点灯/消灯に必要なタップ回数は、Number of taps to Screen Off より変更可能です。

アプリの名称に反して、デフォルトではトリプルタップ(=3回連続タップ)で動作する仕様となっています。

あまりに少ないタップ回数だと、意図せぬタイミングで画面消灯が実行されるリスクもあるため、なるべく多い回数にしておくと動作が安定してオススメです。

Double Tap Screen On and Offの使い方6

ダブルタップ(=2回連続タップ)はもちろん、最大で12回連続タップへ変更も可能。

なおアンインストールする際は、Double Tap Screen On and OffのアイコンDouble Tap Screen On and Offに許可したデバイス管理アプリを無効にする操作が必要なケースがあります。

Double Tap Screen On and Offの使い方7

デバイス管理アプリを無効にしてから(左)、アンインストールする(右)。

アンインストールに失敗する場合、Android設定アプリのアイコン設定よりデバイス管理アプリのメニューをご確認下さい。

Double Tap Screen On and Offの使い方8

Xperia 10 IIの例。設定の「アプリと通知」→「特別なアプリアクセス」→「デバイス管理アプリ」より表示できる。

以上、Double Tap Screen On and OffのアイコンDouble Tap Screen On and Offの説明でした。

正直、動作は安定しておらず、特に画面を消灯した直後は硬直時間が存在します。

ただPlayストアアプリのアイコンPlayストアで見つかる類似アプリは、いずれも動作が不安定だったり、広告表示が過剰だったりと欠点が多く、他に良いアプリがないのが実状です。

“Double Tap”等で検索すると、いろいろヒットします。

お使いの機種の標準機能に搭載されず、代替えのサードパーティ製アプリをお探しであれば最もマシなアプリですので、お試しあれ。

 

ダブルタップで画面オフする方法

本パートでは、画面の好きな場所をダブルタップでスリープ状態へ切り替える、具体的な手順を3つ解説します。

方法メリットデメリット
①:
端末の標準機能を使う
動作が安定している機種によって対応しない
②:
Nova Launcherを使う
多くの機種に対応ホームアプリが限定される
③:
Double Tapを使う
多くの機種に対応動作が不安定

方法①:端末の標準機能を使う

機種によっては、標準機能として搭載されます。

例えばGalaxy A20(Android 11)の場合、Android設定アプリのアイコン設定の 便利な機能モーションとジェスチャー より ダブルタップして画面をOFF をオンにすればOK。

Galaxy A20でダブルタップで画面オフする手順1

これでホーム画面やロック画面でダブルタップすると、スリープモードへ切り替わります。

Galaxy A20でダブルタップで画面オフする手順2

Galaxy A20の例。ダブルタップでディスプレイ消灯となる。

お使いの機種にも搭載されている可能性があるので、Android設定アプリのアイコン設定で”ダブルタップ”等のキーワード検索をしてみて下さい。

ただ類似の「ダブルタップでスリープ解除」と比較して対応機種は少なく、ボクの所有するXperia 10 IIやAQUOS sense3等に搭載されてませんでした。

該当機種をお使いでない場合、以降で紹介するアプリを使った手順をどうぞ。

方法②:アプリNova Launcherを使う

ホームアプリNova LauncherのアイコンNova Launcherを使えば、ダブルタップで画面消灯できます。ただし有償版限定の機能です。

設定から ジェスチャーと入力ダブルタップ と進み、

Nova Launcherでダブルタップで画面オフする手順1

画面ロック をセットすればOK。

「画面ロック方法」として アクセシビリティデバイス管理 どちらかを選択します。通常のロックであれば前者を、生体認証によるロック解除を制限したければ後者をどうぞ。

Nova Launcherでダブルタップで画面オフする手順2

ダブルタップで画面ロックされれば成功です。

Nova LauncherのアイコンNova Launcherが動作している画面(=ホーム画面)でのみ機能します。ロック画面や別のホームアプリ適用中にダブルタップしても意味ありません。
Nova Launcherでダブルタップで画面オフする手順3

Xperia 10 IIの例。ダブルタップでディスプレイ消灯となる。

以上、Nova LauncherのアイコンNova Launcherの説明でした。

そのほかPlayストアアプリのアイコンPlayストアで配信されるホームアプリのうち、同等機能を持つアプリはいくつかあります(例:Microsoft LauncherのアイコンMicrosoft Launcher)。

“ホームアプリ”等で検索すれば、いろいろヒットします。

好みに合わせて、試してみて下さい。

方法③:アプリDouble Tapを使う

Double TapのアイコンDouble Tapを使えば、ダブルタップで画面消灯できます。

Double Tap
Double Tap
Developer:NorthRiver
Price:Free

最初に初期設定として、画面に従って各種権限を付与します。

あとはトップ画面で Double Tap と「画面を消す」項目 メイン画面 の2つを有効にすればOK。

Double Tapでダブルタップで画面オフする手順1

(左)初期設定の画面 (右)トップ画面から機能を有効にする

ダブルタップで画面ロックされれば成功です。

Double Tapでダブルタップで画面オフする手順2

AQUOS sense3の例。ダブルタップでディスプレイ消灯となる。

また「目を覚ます」項目を有効にすれば、電源ボタン以外の方法でスリープから復帰する機能も提供されます。

Double Tapでダブルタップで画面オフする手順3

例えば「音量ボタン」を有効にすれば(左)、音量ボタン押下でスリープ解除できる(右)。

以上、Double TapのアイコンDouble Tapの説明でした。

基本、ホーム画面でのみ動作しますが、たまに任意アプリ上のダブルタップでも画面消灯となる不安定な側面があります。

PlayストアアプリのアイコンPlayストアには類似アプリがいくつか見つかるので、試してみて下さい。

“Double Tap”等で検索すると、いろいろヒットします。

なお前パートで紹介したDouble Tap Screen On and OffのアイコンDouble Tap Screen On and Offにも同等機能があります(コチラをタップしてジャンプ)。

合わせてどうぞ。

 

シングルタップで画面オフする方法

本パートでは、画面に追加したボタンをタップでスリープ状態へ切り替える、具体的な手順を2つ解説します。

方法メリットデメリット
①:
ユーザー補助機能の
アクセシビリティボタンを使う
動作が安定している2回タップしないと
画面オフできない
②:
アプリ画面ロックを使う
1回タップで
画面オフできる
たまに動作が不安定

方法①:ユーザー補助機能のアクセシビリティボタンを使う

Androidに標準搭載されるユーザー補助機能メニューを使えば、ボタンタップで画面オフできます。

Pixel 3a XL(Android 12)で検証しています。

まず、Android設定アプリのアイコン設定から ユーザー補助ユーザー補助機能メニュー と進みます。

機種によっては、メニューが表示されません。この場合、Androidユーザー補助設定ツールのアイコンAndroidユーザー補助設定ツールをインストールの上、再度お試し下さい。

ユーザー補助機能のアクセシビリティボタンを使う手順1

デバイスのフルコントロールを許可して、機能を有効にします。

ユーザー補助機能のアクセシビリティボタンを使う手順2

画面に表示されるボタンをタップすれば、ユーザー補助機能メニューを使えます。

うち ロック画面 をタップすれば、画面オフできます。

ユーザー補助機能のアクセシビリティボタンを使う手順3

(右)機能一覧。「ロック画面」をタップで画面消灯する。

ほかにも、様々な機能が使えます。

名称機能
アシスタントGoogleアシスタントを起動
ユーザー補助機能の設定ユーザー補助機能の設定を開く
電源端末の電源メニューを表示
音量を上げる/下げる端末のボリュームを調整
最近使ったアプリ最近のアプリ履歴を開く
明るさを上げる/下げる画面の輝度を調整
ロック画面画面ロック
クイック設定クイック設定パネルを開く
通知端末の通知メニューを表示
スクリーンショット画面の静止画撮影

なおAndroid 12未満の場合、ナビゲーションバーのアクセシビリティボタンアクセシビリティボタンがナビゲーションバー上に表示されます(機能面は大差ありません)。

ユーザー補助機能のアクセシビリティボタンを使う手順4

以上、ユーザー補助機能メニューの説明でした。

サードパーティ製アプリを使わない手順をお探しであれば、ぜひどうぞ。

方法②:アプリ画面ロックを使う

画面ロックのアイコン画面ロックというアプリを使えば、ボタンタップで画面オフできます。

ホーム画面にアイコンを設置 より、好きなアイコン画像を選択、ホーム画面に追加します。

アプリ画面ロックの使い方1

(右)ショートカットアイコンのデザインを選べる。

アプリ画面ロックの使い方2

ホーム画面にアイコンを追加する。

また初期設定として、アクセス権限の付与が必要です。画面に従って操作しましょう。

アプリ画面ロックの使い方3

ホーム画面のアイコンをタップして、画面ロックされれば成功です。

アプリ画面ロックの使い方4

アイコンを1タップで、すぐスリープ状態へ切り替わる。

その他、通知領域やクイック設定パネルから画面オフなど、いろいろ機能があります。

アプリ画面ロックの使い方5

(左)通知領域からロック (右)クイック設定パネルからロック

以上、画面ロックのアイコン画面ロックの紹介でした。

たまに動作遅延が起きるため、機種によって相性があります。

PlayストアアプリのアイコンPlayストアでは類似アプリが配信されてるので、”タップ ロック”等のキーワード検索してみて下さい。

ちなみにHuaweiシリーズの場合、標準のウィジェット機能より画面ロックボタンをホーム画面に設置できます。

該当機種をお使いであれば、合わせてお試しあれ。
Huawei標準ウィジェット機能で画面ロックボタンをホーム画面に設置する説明

HUAWEI P20 liteの例。画面ロックのショートカットを追加できる。

 

補足:Androidのディスプレイ表示に関するアレコレ

本パートでは、スマートフォンの画面オン/オフに関連する、細かい情報を補足します。

興味があれば、ぜひどうぞ。

説明の流れ
  • 補足①
    ダブルタップしないと反応しないTalkBackを解除する方法
  • 補足②
    そのほか電源ボタン以外でディスプレイ点灯/消灯する方法
  • 補足③
    画面を常に点灯する方法
  • 補足④
    アンビエント表示で時計や通知を常に表示する方法

ダブルタップしないと反応しないTalkBackを解除する方法

画面に緑枠が表示され、ダブルタップしないと動かない場合、TalkBackが原因かもしれません。

【TalkBackとは?】- トークバック。Googleが開発した視覚障がい者向けスクリーンリーダーのこと。Androidに標準搭載される。

TalkBackをオンにすると、画面を見ずとも操作できるよう、以下の機能が有効となります。

  • 選択中の項目が音声で読み上げられる
  • 左右スワイプで項目間を移動
  • ダブルタップで項目を有効
  • 2本の指でドラッグしてスクロール
逆に言えば、通常タップでは画面が無反応となります。
TalkBackでダブルタップしか反応しない症状の説明

画面例。緑枠が選択している項目で、ダブルタップで反応する。

勝手にTalkBackが有効になっている場合、以下3パターンいずれかの手順でオフにしましょう。

  1. 音量アップ・ダウンボタンを同時長押しする
  2. ユーザー補助設定からオフにする
  3. 「OK Google, トークバックをオフにして」と話しかける

説明が長くなるため、詳細は関連記事【AndroidのTalkBackを解除する方法! スマホの音声読み上げを無効化しよう】で解説しています。

AndroidのTalkBackを解除する方法! スマホの音声読み上げを無効化しよう
この記事では、トークバックをオフにする手順を解説します。スマホが勝手にしゃべる、画面タップが反応しない等の症状を解決できます。

そのほか電源ボタン以外でディスプレイ点灯/消灯する方法

本記事では、画面をタップしてスリープ解除 or 画面ロックする方法をまとめました。

もし”タップ”にこだわりがなければ、代替手段はいろいろあります。

例えばサードパーティ製アプリGravity ScreenのアイコンGravity Screenを使えば、スマートフォンを持ち上げて画面オン or 伏せて画面オフ、どちらも実現できます。

Gravity Screenの使い方1

アプリの画面。

Gravity Screenの使い方2

例えば、スマホをテーブルに置いてディスプレイ消灯となる。

このように、様々なトリガーでスリープモードのオン/オフをコントロール可能です。

詳細については、関連記事【Androidで電源ボタンを押さずにスリープ解除する方法! スクリーン画面オン/オフをアプリでコントロールしよう】で解説しています。

Androidで電源ボタンを押さずにスリープ解除する方法! スクリーン画面オン/オフをアプリでコントロールしよう
この記事は、電源ボタンを使わない画面ON/OFFの手順を解説します。画面タップ、スマホを傾ける、音量ボタンなどでスリープ解除できます。

画面を常に点灯する方法

画面消灯までの時間は、Android設定アプリのアイコン設定で自由に変更できますが、原則スリープ「なし」は選べません。

Androidでスリープ時間を変更する説明

Xperia 10 IIの例。設定の「画面設定」→「画面消灯」で調整できる。

が、主に3パターンの方法で、この制約を突破して、画面を常時点灯できます。

方法常時点灯の条件
①:
サードパーティ製アプリを使う
特になし
(特定アプリのみ限定も可能)
②:
開発者向けオプションを使う
充電中
③:
スクリーンアテンション機能を使う
画面を見ている or 端末を持っている

例えば開発者向けオプションを使えば、充電中はスリープモードに切り替えしない設定が可能です。

開発者向けオプションで画面を常に点灯する方法

Xperia 10 IIの例。「スリープモードにしない」をオンにする。

詳細は関連記事【Androidのスクリーン画面を常時オンにする方法! ディスプレイを常に点灯させよう】で解説しています。

Androidのスクリーン画面を常時オンにする方法! ディスプレイを常に点灯させよう
この記事は、画面を常に消灯させない方法を解説します。スリープ時間になっても、なぜか画面が消えない症状についても触れます。

アンビエント表示で時計や通知を常に表示する方法

Always On Displayアンビエント表示)を使えば、スリープ中も画面上に次のような情報を表示できます。

  • 時計
  • カレンダー
  • バッテリー残量
  • 通知
  • アラーム
消灯中にわざわざ電源ボタンを押さずとも、これら情報をチェック可能となります。

一部の端末にのみ標準搭載される機能ですが、サードパーティ製アプリAlways On AMOLEDのアイコンAlways On AMOLEDを使えば再現できます。

Always On AMOLEDの使い方

(左)Always On AMOLEDのトップ画面 (右)Always On Displayのように表示できる

アンビエント表示の詳細は、関連記事【Always On Displayの使い方! Galaxyのアンビエント表示をAndroid全機種で設定しよう】で解説しています。

Always On Displayの使い方! Galaxyのアンビエント表示をAndroid全機種で設定しよう
この記事では、AndroidでAlways On Displayを設定する手順を解説します。非対応の機種も、アプリを使えばアンビエント表示が可能となります。

 

〆:画面タップで点灯/消灯を制御しよう!

以上、Androidをタップでスリープ解除する方法! ダブルタップで画面ロック/起動しよう の説明でした。

「電源ボタンに不具合が生じている」・「故障を防ぐため、なるべく電源ボタンを使いたくない」というニーズがあれば、画面タップで消灯/点灯する方法を知ってると便利です。

ぜひ、お試しあれ。

参考 Appleサポート – iPhoneで「手前に傾けてスリープ解除」を使う

参考 Pixelヘルプ – ジェスチャーでPixelスマートフォンを操作する

参考 Galaxyヘルプ – ダブルタップして画面をONにする機能について教えてください。

参考 HUAWEIヘルプ – ボタン操作以外でスリープを解除したい【画像付】

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました