タッチショット – 電源物理ボタンを押さずに画面タップでスクリーンショットを撮影 [Android]

スポンサーリンク

Androidでスクリーンショットを撮影する場合、同じAndroid OSでも機種によってその方法は異なります。

関連記事

Androidでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影する方法まとめ [Xperia/Galaxy/Nexus]

ただ、ほとんどの機種で「電源ボタン」を始めとする本体の物理ボタンを押す必要があるため、壊れているとスクリーンショットを実行できません。

そこで本記事では、物理ボタンを使わずに画面タップだけでスクリーンショットを撮影できるAndroid向け無料アプリ「タッチショット」を紹介します。

photo by geralt

スポンサーリンク

タッチショット – 画面タップでキャプチャ撮影できる!

手順①:アプリを入手する

まず「タッチショット」アプリをインストールします。

Android 要件:5.0 以上

価格:無料

インストール完了後に起動すると、初回のみメディアへのアクセス権付与が求められます。

その後、アプリトップ画面が表示されます。

手順②:画面タッチでスクリーンショットを撮影する

さっそく「タッチショット」でスクリーンショットを撮影してみましょう。

アプリトップより「スクリーンショット」を選択すると、初回のみ撮影手順のガイダンスが表示されます。

その後、画面キャプチャの許可を行うと、画面上にアシスタントメニューが表示されます。

メニュー内でカメラアイコンをタップすると、スクリーンショットを撮影できます。

ちなみに、先ほどのアシスタントメニューはカメラアイコンを長押しすることで、当該アイコンだけ独立したメニュー表示にもできます。

単純な画面キャプチャが多いなら、この状態にした方が使い勝手が良いでしょう。

手順③:さらに応用的な使い方も

以上が「タッチショット」の基本的な使い方でしたが、さらに様々な応用的な機能も搭載されています。

下記よりその一端を紹介します。

キャプチャ後の画像をそのまま加工する

「タッチショット」ではスクリーンショット撮影後、そのままアプリ内で加工作業に入ることもできます。

まず、アシスタントメニューのうちカメラアイコン隣のピクチャアイコンをタップすると、スクリーンショットを撮影でき、そのまま画像の加工画面が表示されます。

ここでは、ペンで文字や図を描写できるブラシオプションや、ハートやキャラクターを挿入できる画像スタンプ、テキスト入力などを実施でき、編集後の画像はそのまま保存したり共有が可能です。

音声付き画面録画を撮影する

さらに「タッチショット」は静止画の画面キャプチャに加え、画面録画機能も搭載されており、音声まで取り込むことが可能です。

アプリトップ画面より「スクリーンレコード」を選択し、再生アイコンで「画面の動き」と「周囲の音声」を録画することができます。

補足:その他のアプリ

本記事では「電源物理ボタンを押さずにスクリーンショット撮影できる」を主旨に「タッチショット」アプリを紹介しましたが、他にも同様の機能を持つアプリは様々あります。

例えば、iOS(iPhone / iPad)でおなじみの「AssistiveTouch」機能をAndroidにも再現する「Assistive Touch」アプリを使うことで、画面上のボタンをタップすることでスクリーンショット撮影を実行できます。

Assistive Touch OS 11
Assistive Touch OS 11
Developer: Flash Alerts
Price: Free

関連記事

Assistive Touch – iPhoneのAssistiveTouch機能をAndroidにも追加する無料アプリ

また、スマートフォン画面を動画で撮影できる「AZスクリーンレコーダー」は本来、録画を目的としたアプリですが、サブ機能として画面上のボタンをタップすることでスクリーンショット撮影も実行できます。

関連記事

AZスクリーンレコーダー – スマートフォン画面を動画で撮影できる録画無料アプリ [Android]

〆:画面撮影のトータルアプリ!

以上、タッチショット – 電源物理ボタンを押さずに画面タップでスクリーンショットを撮影 [Android] の說明でした。

「タッチショット」を使えばAndroidの物理ボタンを押すことなく画面撮影ができ、かつスクリーンショット画像のみならず録画撮影までカバーしているため、キャプチャ系の機能を広くカバーしています。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい