Galaxyスマートフォン「戻る/タスク」左右ボタンを入れ替え通常のAndroid標準配置とする方法

Android使い方

Androidのナビゲーションバーに位置する基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)は、中央が「ホーム」ボタン、左が「戻る」ボタン、右が「タスク」ボタン、というのが通常配置となっています。

ただし、Galaxyシリーズのスマートフォンやタブレットは、伝統的に「戻る」ボタンと「タスク」ボタンの位置が逆になっており、左が「タスク」、右が「戻る」ボタンとなります。

ずっとGalaxyシリーズをお使いの方なら慣れているかもしれませんが、他のAndroid機種利用経験がある人にとって、非常に紛らわしい特徴となっています。

そこで本記事では、Galaxyシリーズの「戻る / タスク」ボタンの配置を、Androidの標準位置に入れ替えることができる無料アプリ「All in one Gestures」を紹介します。

photo by Kārlis Dambrāns

 

All in one Gesturesの使い方

下記より「All in one Gestures」アプリを使って、Galaxy スマートフォン / タブレットの左右ボタン機能を入れ替える方法を紹介します。

また後半では、本アプリによる他機能への悪影響の有無や、アプリの応用的な使い方まで参考情報として記載しています。

手順①:アプリの初期設定を行う

Galaxyに「All in one Gestures」をインストールします。

All in one Gestures
All in one Gestures
Developer: YS Liang
Price: Free

インストールできたら、さっそく起動し初期設定を行います。

最初に各種権限の許可を求められるので、画面にそって「許可」を選択したり、トグルをオンにして進んでいきます。

自動的に進む設定がすべて終わると、アプリのトップ画面が表示されます。

次に上部に表示されるタブのうち「HARD KEYS」に移動すると、Android基本3ボタンに関するカスタマイズ画面となります。

ここで、さっそく「Enable」のトグルをオンにしようとすると、画面下に「ユーザー補助」を有効にすることを求められます。

「設定」→「ユーザー補助」より「All in one Gestures」へ進み、

ユーザー補助を有効にすればOKです。

以上で初期設定は完了です。

手順②:戻る/タスクを入れ替える

再び「HARD KEYS」設定画面へ戻り、「Enable」のトグルをオンにして機能を有効にします。

続いて画面内にある「Back Key(=戻るボタン)」と「Recent Apps(=タスクボタン)」の設定をカスタマイズしていきます。

「Back Key」:「Recent Apps」へ変更

まず、「Back Key」の「Single Tap」にチェックを入れ、機能を「Recent Apps」へ変更します。

実際にGalaxyの右に配置されている「戻る」ボタンを押してみると、「タスク」ボタンに機能が入れ替わっています。

「Recent Apps」:「Back Key」へ変更

同様に、「Recent Apps」の「Single Tap」にチェックを入れ、機能を「Back」へ変更します。

実際にGalaxyの左に配置されている「タスク」ボタンを押してみると、「戻る」ボタンに機能が入れ替わっています。

 

参考:

All in one Gesturesを使う上での補足事項を紹介します。

Galaxy S7 edgeの場合 ボタンが光らなくなる

実際にGalaxy S7 edgeで試したところ、「All in one Gestures」アプリを使っていて現時点まで不具合は発生していません。

ただし、Galaxy S7 edgeでは左右のボタンを押すと、それぞれ「タスク」アイコンと「戻る」アイコンが光る仕様となっていますが、

今回の手法で左右の機能を入れ替えたところ、アイコンが光らなくなりました。

機能面では問題ありませんが、見た目の変化を気にされる方は注意が必要です。

他Android機種をGalaxyの配置にもできる

今回紹介した「All in one Gestures」は、OSバージョン条件さえ満たせば、Galaxyシリーズ以外のAndroid機種にインストールできるため、例えばXperiaやNexusのボタン配置をGalaxyシリーズに合わせる、という使い方もできます。

そのため、「今までずっとGalaxyを使ってきたから、新しいAndroidもGalaxyと同じボタン配置にしたい!」という本記事の主旨とは逆パターンの要望にも応えることができる、面白いアプリとなっています。

 

補足:

Galaxy限定機能の使い方と再現方法まとめ!

今回紹介したようなGalaxyを対象にした有益情報はほかにもあります。

例えばGalaxy限定アプリ「SoundAssistant」を使えば、下記機能を使えるので音量調整の幅が広がります。

  • スケジュール機能 – 時間帯に応じてサウンドを自動変更できる
  • フローティング機能 – 様々な音量調整可能なSoundAssistantボタンを使える
  • メディア音量の優先機能 – 音量ボタンで着信音ではなくメディア音量を変更できる
  • アプリ別調整の機能 – 各アプリの音量をそれぞれ独立して変更できる
  • 音質とエフェクト機能 – イコライザーなどで音質をカスタマイズできる
[Galaxy限定] アプリごと音量調整や曜日別サウンド自動変更をする方法! Androidボリューム機能を超カスタマイズしよう
Androidはシステム設定に関わる部分までカスタマイズできるのが魅力の1つですが、特にGalaxyシリーズは独自機能が搭載されるケースも多く、Galaxyにしか存在しない設定や限定アプリを利用可能となっています。 本記事ではその内の...

このような情報の詳細は、関連記事【Galaxy限定機能の使い方と再現方法まとめ! Samsung専用の設定やアプリでAndroidを超カスタマイズしよう】で解説しています。

Galaxy限定機能の使い方と再現方法まとめ! Samsung専用の設定やアプリでAndroidを超カスタマイズしよう
Androidはシステム設定に関わる部分までカスタマイズできるのが魅力の1つですが、特にGalaxyシリーズは独自機能が搭載されるケースも多く、Galaxyにしか存在しない設定や限定アプリを本ブログ上でも紹介しています。 そこで本記事...

そのほか通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作するアプリまとめ

本記事の内容以外にも、通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作するワザは色々あります。

例えば「Fingerprint Quick Action」というアプリを使えば、指紋認証で「ホームボタン」・「戻るボタン」・「タスクボタン」押下時と同じ動作を実行できるようになります。

Fingerprint Quick Action - Androidの指紋認証を超強化する方法! ジェスチャー機能を追加して便利にしよう
Googleが発表した新ブランド「Pixel」では、新たに指紋認証リーダーにジェスチャー機能をサポートしており、現時点では指紋認証リーダーをスワイプダウンすると、通知バーを表示する機能が搭載されています。 そこで本記事では、この機能を...

また「Assistive Touch」というアプリを使えば、iOS標準の「AssistiveTouch」機能をAndroidでも使えるようになり、仮想の「ホームボタン」・「戻るボタン」・「タスクボタン」を実行できます。

Assistive Touch OS 11
Assistive Touch OS 11
Developer: Flash Alerts
Price: Free

Assistive Touch - iPhoneのAssistiveTouch機能をAndroidにも追加する無料アプリ
iPhoneやiPadの「AssistiveTouch」機能をご存知でしょうか? AssistiveTouch を利用して、デバイスをコントロールしたり、ピンチ、複数の指でのスワイプ、3D Touch といったジェスチャの実行に役立てたり...

他にも基本3ボタンを操作するワザについて、詳細は関連記事【[Android] 通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作する方法まとめ! ホームや戻るを素早く実行】で解説しています。

[Android] 通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作する方法まとめ! ホームや戻るを素早く実行
本ブログでも過去、Androidの基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)を通常とは異なる方法で操作する豆知識を紹介してきました。 普通は基本3ボタンが表示される「ナビゲーションバー」上より実行するのが一般的ですが、様々なアプリを...

そのほかナビゲーションバーをカスタマイズするアプリまとめ

今回取り上げた以外にも、Androidのナビゲーションバーをカスタマイズするアプリは沢山あります。

例えば、「Navbar Apps」というアプリを使えば、起動するアプリに合わせて自動的にカラフルなナビゲーションバーへ変化させることが可能です。

Navbar Apps
Navbar Apps
Price: Free

ナビゲーションバーの色をカスタマイズする方法! アプリのテーマカラーへ背景を変える [Android]
最近のAndroid機種では、ホームボタンを始めとする基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)は、物理キーではなくソフトキー(仮想キー)で表示されている場合がほとんどです。 これらソフトキーが表示される領域は「ナビゲーションバー」...

また「Custom Navigation Bar」というアプリを使えば、ナビゲーションバー上のボタン位置を変更したり、4つ目 / 5つ目のボタン追加が可能となります。

Custom Navigation Bar
Custom Navigation Bar
Developer: paphonb
Price: Free

Custom Navigation Bar - Androidナビゲーションバーをカスタマイズ(配置変更/ボタン追加)
Androidの次期最新OS「Android O」では、「ナビゲーションバー」のカスタマイズが標準機能として用意されており、ボタン配置を変えたり、新たなボタンを追加することもできます。 参考 juggly.cn - Android O...

このようなナビゲーションバーをカスタマイズする方法は、関連記事【Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう】でまとめて解説しています。

Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう
本ブログでも過去、Androidのナビゲーションバーに関する記事を多数記載してきました。 【ナビゲーションバーとは】 – Androidで基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)が表示される領域のこと。 特に最近のスマー...

 

〆:Androidを使いやすいボタン配置にしよう!

以上、Galaxyスマートフォン「戻る/タスク」左右ボタンを入れ替え通常のAndroid標準配置とする方法 說明でした。

今回紹介した「All in one Gestures」のボタン配置を変えるアプリのように、難しい改造をせずとも一般的なアプリで機能面を劇的に変化できるのが、iPhoneと比べたAndroidのメリットだと感じます。

それぞれの好みに応じて、Androidを使いやすいボタン配置にしましょう。

ぜひ、ご参考あれ。

Android使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント