Xperiaをリカバリーモード不要で強制初期化する方法! パスワード不明でもデータ削除できる [Android]

スポンサーリンク

もしお使いのAndroidの端末暗証番号が分からなくなった場合、通常はデータを消去せずに画面ロックを解除する方法はなく、本体を初期化(リセット)するしかありません。

この「初期化」作業は、通常Androidの「設定」から実行できますが、今回のケースでは画面ロック解除ができないため使えない方法となります。

関連記事

スマートフォンやタブレットの個人情報を完全に消去する方法まとめ [iPhone/iPad/Android]

そこでパスワードが分からずともAndroidをリセットできる「強制初期化」が必要となりますが、その際に必要となる「リカバリーモード」に日本版Xperiaの多くは対応していないため、Xperiaユーザーにとって悩ましい部分でもありました。

が、実はXperiaには代わりにリカバリーモード不要で強制初期化する方法が2つ存在します。

そこで本記事では、その内容について紹介します。

photo by Maurizio Pesce

スポンサーリンク

Xperiaをリカバリーモード不要で強制初期化!

Androidの一般的な強制初期化方法は大きく2つ

Androidでパスワードが分からなくなった等で強制初期化を実行したい場合、大きく下記2つの方法が一般的です。

①:MDM系アプリで遠隔から強制初期化する – 例:Find My Device

②:端末の操作で強制初期化する – 例:リカバリーモード

関連記事

[Android] 端末暗証番号(画面ロック/パスワード)を忘れたスマートフォンやタブレットを強制初期化する方法

前者はGoogle公式の「Find My Device(旧称:Androidデバイスマネージャー)」が有名で、他にも「MDM」と呼ばれるスマートフォン管理ソフトを使った方法もありますが、共通する仕様として、事前にアプリを設定したAndroidに対し、遠隔からデータ削除指示を出して強制初期化する特徴があります。

関連記事

Find My Device(旧Androidデバイスマネージャー)で紛失(盗難)時に遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法!

そのため、事前設定が施されたアプリがAndroidに入っていなかったり、インターネットに接続できない場合は実施できない方法となります。

そのようなケースで有用なのが、後者の端末の操作で強制初期化する方法で、Androidを「リカバリーモード」という状態にすることで、事前設定不要かつオフライン環境でもデータを削除することが可能です。

関連記事

[Android] リカバリーモードの起動手順と強制初期化する使い方 [Galaxy / Nexus]

が、なぜか日本版Xperiaシリーズはこのリカバリーモードが解禁されていないケースが多いため、「端末操作で強制初期化できずに困っている」という声をよく耳にします。

そこで下記より、リカバリーモードの代わりとなる手段を使って、Xperiaでも端末操作で強制初期化できる方法を2つ紹介しています。

①:初期化モードでXperiaを強制初期化する

②:Xperia Companionで強制初期化する

それぞれ順番に解説します。

①:初期化モードでXperiaを強制初期化する

1つ目が「初期化モード」と使った強制初期化の方法です。

日本版のXperiaシリーズでは「リカバリーモード」を使えない代わりに「初期化モード」という機能が搭載されており、ロック解除していない状態でも強制的に初期化することができます。

下記よりこの初期化モードを使う手順を解説します。

まずXperia本体の電源を落とし、再度起動します。

最初にSONYやXperiaのロゴが表示され、

その後、キャリアやAndroidのロゴが表示された時点から「電源キー」と「音量下キー」を同時に押し続けます。

「防水に関する注意文」の画面が出ても同時押しを続け、

最終的に「初期化モード」という画面が表示された時点で、ボタンを離します。

後は画面に表示される「本体のリセット」をタップし、初期化を開始すればOK。

「ようこそ」の画面が出れば初期化成功です!

AndroidがGoogleアカウントにログインしている状態で強制初期化を実施すると、最初にログインしていたアカウント情報が求められます。

今回紹介した「初期化モード」を使って手順は、ボクが所有する下記2機種で再現を確認しています。

Xperia X Performance SO-04H(Android 7.0)

Xperia Z1 SO-01F(Android 4.4.2)

もしお使いのXperia機種でうまく動作しなかった場合、コメントでご連絡下さい。

②:Xperia Companionで強制初期化する

2つ目が「Xperia Companion」というソフトを使った強制初期化の方法です。

事前設定不要かつオフライン環境でもデータを削除することが可能ですが、代わりに当該ソフトをインストールしたPCとUSBケーブルが必要となります。

まず、「Xperia Companion」の基本的な使い方については下記記事でまとめているので、お使いのPCにソフトを準備して下さい。

ダウンロード  Xperia Companion

関連記事

Xperia Companion – XperiaとMacをUSB接続でファイル転送/操作できる無料アプリ

下記からはMac版ソフトを例に說明をしています。

ソフトを準備できたらさっそく起動します。

この時点では、まだ初期化したいXperiaをUSB接続しないで下さい。

そして機能一覧から「ソフトウェアの修復」を選択します。

初期化したいXperiaのタイプを選択します。一般的なスマートフォンなら上の「携帯電話もしくはタブレット」で良いでしょう。

次に「ソフトウェアの修復」に関する注意点が表示されます。ここで記載のある通り、Xperiaは十分バッテリー残量がある状態にしておきましょう。

また初期化に伴いGoogleアカウントの取り扱いについても注意点が表示されます。

これはAndroid 5.1(Lollipop)以降で導入された「Device Protection(端末保護機能)」により、強制初期化実施後にそれまでログインしていたGoogleアカウント情報を入力できなければ先に進むことができない可能性があるためです。

事前に現在ログインしているGoogleアカウント情報をチェックしておきましょう。

その後、しばらくの間(1分ほど)準備中となり、

「ソフトウェアの修復」実施の手順が表示されます。

①:機器とコンピュータを接続するUSBケーブルを取り外してください。

もしこの時点で初期化したいXperiaとPCが接続されているなら、解除して下さい。

②:機器の電源を切って、5秒お待ちください。

指示の通り、電源を一度落とします。

③:機器の音量下キーを長押ししてください。

④:キーを押しながら機器をコンピュータに接続してください。

指示の通り、電源がオフになった状態でXperiaの「音量下キー」を押したままPCとUSB接続します。

⑤:アプリケーションが自動的に次のステップに進むまでお待ちください。

ここまでうまく進めれば、画面が切り替わり、「ソフトウェアの修復」の実施内容を選択します。

今回は初期化をするため、「ソフトウェアの修復 + 個人データの初期化」にチェックを入れ次へ進み、

さらにデータ削除に関わる注意文が表示されるので、「理解しました」にチェックを入れて次へ進みます。

ようやくここまできて「ソフトウェア修復」実施の準備が整うので、次へ進み、

「ソフトウェア修復」が実行中のステータスとなります。修復には時間がかかり、ボクが検証した際は20分ほどこの画面のままでした。

最終的に「ソフトウェアの修復は完了しました。」という画面になれば初期化は成功です!

〆:Xperiaでも強制初期化の選択肢はある

以上、Xperiaをリカバリーモード不要で強制初期化する方法! パスワード不明でもデータ削除できる [Android] の說明でした。

事前にアプリ等の設定をしていないXperiaでも、本記事で紹介した2つの強制初期化方法があります。

パスワードが分からなくなった等、通常の初期化手順を実施できずに困っている方は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい