iPhoneの独自機能をAndroidで再現する方法まとめ! 最新のiOS機能をいち早く体感しよう

スポンサーリンク

本ブログでも過去、iPhone特有の独自機能をAndroidで擬似的に再現する様々な豆知識を紹介してきました。

iOSとAndroidではそれぞれ違った良さがありますが、今回紹介するワザにより両者の「いいとこ取り」を実現するカスタマイズも可能です。

そこで本記事では、「iPhoneの独自機能をAndroidで再現する方法」をテーマに、過去当ブログで取り上げた豆知識をまとめて紹介します。

まさにAndroidならではユニークなアプリも多く登場するため、ぜひご覧あれ。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

iPhoneの独自機能をAndroidで再現する方法まとめ!

本記事では、iOS特有の機能をAndroidで擬似的に再現する様々な豆知識を說明しています。

下記より順番に解説しています。

①:iPhone Xのジェスチャーを再現する

最新のiPhone Xでは、物理ホームボタンが撤廃されたため、ホーム画面に戻るには「画面の一番下から一回スワイプする」という動作に変更となりました。

この独特のジェスチャーは、「All in one Gestures」というアプリを使うことで、Androidでも再現することができます。

All in one Gestures
All in one Gestures
Developer: YS Liang
Price: Free+

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

iPhone Xの「画面下からスワイプでホームを表示」操作をAndroidで実現する方法! 最新のジェスチャーを体験しよう

②:iPhone Xの全画面ディスプレイを再現する

最新のiPhone Xでは、全画面ディスプレイを採用した一方で、ステータスバー中央に3Dセンサーやフロントカメラを搭載するエリア(切り欠き)がせり出すため、画面の最上部には独特の「空白」が存在するようになります。

この独特の画面は、「Smartphone upgrader 2017」というアプリを使うことで、Androidでも再現することができます。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

AndroidをiPhone X風デザインにする方法! 全画面ディスプレイを体感してみよう

③:iPhone X専用サウンド「反射」を再現する

iPhoneではiOS 7 以来、デフォルト着信音として「オープニング」が設定されていましたが、iPhone Xより専用の着信音「反射(リフレクション)」が導入されています。

この独特の着信音は、別途音源ファイルを用意することでAndroidでも設定できます。

ダウンロード 反射(Reflection) – mp3ファイル

ちなみに同様の理屈で、別のiPhoneシリーズでも「反射(リフレクション)」を着信音として設定可能です。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

iPhone X専用サウンド「反射」を全てのiOS/Android機種で設定する方法! 着信音リフレクションを試そう

④:iPhoneのAssistiveTouchを再現する

iOSでは以前より標準機能として「AssistiveTouch」が搭載されており、バーチャルボタンで様々なコントロールが可能となっています。

この独特の機能は、「Assistive Touch」というアプリを使うことで、Androidでも再現することができます。

Assistive Touch OS 11
Assistive Touch OS 11
Developer: Flash Alerts
Price: Free

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Assistive Touch – iPhoneのAssistiveTouch機能をAndroidにも追加する無料アプリ

⑤:iOS 11のコントロールセンターを再現する

Androidの「クイック設定」に相当する機能として、iOSでは「コントロールセンター」が採用されており、iOS 11よりそのデザインや機能面が大幅に変更されました。

この独特の機能は、「コントロールセンターIOS 11」というアプリを使うことで、Androidでも再現することができます。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

AndroidでiOS 11のコントロールセンターを再現する方法! 自由にカスタマイズもできる

⑥:iPhone Xの「タップしてスリープ解除」を再現する

最新のiPhone Xでは専用ジェスチャー「タップしてスリープ解除」が導入されており、ディスプレイ消灯状態で画面をタップすると点灯させることができます。

この独特の機能は、「Double Tap Screen On and Off」というアプリを使うことで、Androidでも再現することができます。

Double Tap Screen On and Off
Double Tap Screen On and Off

画面タップでスクリーンがオフとなり、再タップで点灯状態となる。

実はこの機能、一部Android機種(例:Xperia Z5 Premium)では標準で提供されているため、機能が用意されていないAndroid向けのアプリとなります。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

[Android] 画面をダブルタップでロックする方法! 点灯と消灯を電源ボタン不要で実行できる

参考:MacBook Proの「Touch Bar」を再現する

本記事の主旨である「iPhoneの独自機能」からはズレますが、近年のMacBook Proで採用される「Touch Bar」機能も、「TouchBar for Android」という使うことで、Androidでも再現することができます。

TouchBar for Android
TouchBar for Android

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

AndroidにMacのTouch Barを導入する方法! 各種機能の変更や指定アプリ起動が超ラクチンに

〆:iOSの良さをAndroidにも取り入れよう!

以上、iPhoneの独自機能をAndroidで再現する方法まとめ! 最新のiOS機能をいち早く体感しよう の說明でした。

iPhoneで気に入っている独自機能があれば、今回紹介した方法でAndroidでも再現できる場合があります。

ぜひ、iOSの良さをAndroidへ導入してみて下さい。お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい