Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

AndroidのTaskbarでフリーフォームモードを設定する方法! フローティングウィンドウでアプリを独立表示しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidでは、画面上に複数アプリを表示するマルチウィンドウ機能が3種類あります。

名称機能1画面のアプリ数OS要件
分割画面モード画面を2つに分割してアプリを表示2つまでAndroid 7.0以上
ピクチャー イン ピクチャー モード画面の端に小窓を出してアプリを表示2つまでAndroid 8.0以上
フリーフォームモードアプリをウインドウ化して画面に複数表示制限なしAndroid 7.0以上

このうち、本記事では「フリーフォームモード」について紹介します。

パソコンのようにアプリをウインドウ化する機能で、次の特徴があります。

  • 1画面に3以上のアプリウインドウを同時表示できる
  • ウインドウの位置は自由に移動できる
  • ウインドウのサイズは自由に調整できる

画面サイズの大きなAndroid端末(例:タブレット)で活躍します。

フリーフォームモードでアプリをウインドウ化した例

フリーフォームモードで1画面にChrome・マップ・YouTubeを同時表示した例。

「フリーフォームモード」は、主に2パターンの手順で有効にできます。

方法メリット
PCのadbコマンドを使うアプリのインストールが要らない
Taskbarアプリを使うパソコンが要らない(Android 8以降は除く)
Android 8以降の端末なら前者、Android 7以前なら後者がオススメです。

それぞれ順番に解説します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

adbコマンドでAndroidのフリーフォームモードを有効にする方法

パソコンのadb環境があれば、アプリ不要で「フリーフォームモード」を使えます。

フリーフォームモードを有効にする流れ
  • 手順①
    開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にする
  • 手順②
    PCでAndroid adb環境を用意する
  • 手順③
    adbコマンドを入力する
  • 手順④
    Androidを再起動する
  • 手順⑤
    複数アプリウインドウを開く
  • 参考
    フリーフォームモードを無効化する方法
記事中では、Xperia XZ(Android 8.0)の画面を例に説明します。

手順①:開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にする

Android設定アプリのアイコン設定で ビルド番号 を連続タップして 開発者向けオプション を有効にした後、USBデバッグ を有効にして下さい。

adbコマンドでAndroidのフリーフォームモードを有効にする手順1

より詳細な手順は、関連記事【AndroidでUSBデバッグを有効にする方法! 設定を解除する手順やリスクを解説】で解説しています。

AndroidでUSBデバッグを有効にする方法! 設定を解除する手順やリスクを解説
この記事では、AndroidでUSBデバッグを有効にする方法を解説します。合わせて、USBデバッグの特徴やリスクについて、具体例を交えながら説明しています。

手順②:PCでAndroid adb環境を用意する

お使いのパソコンでadbコマンドを使用できる環境を用意して下さい。

Windows・Macそれぞれにおける手順は関連記事で解説しています。

Windowsでadbコマンドを使う方法! Android SDKを入れてパソコンのコマンドプロンプトから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...
Macでadbコマンドを使う方法! Android Studioを入れてmacOSのターミナルから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...

またパソコンとAndroidを接続するケーブルも必要です。

AndroidのUSB端子の形状(micro USB / Type C)に合わせ、ご準備下さい。

手順③:adbコマンドを入力する

AndroidとパソコンをUSB接続の上、下記adbコマンドを実行します。

adb shell settings put global enable_freeform_support 1

adbコマンドでAndroidのフリーフォームモードを有効にする手順2

手順④:Androidを再起動する

Androidを再起動した後、タスクボタンを押して各アプリにAndroidのフリーフォームモードアイコンフリーフォームモードアイコンが表示されれば成功です。

adbコマンドでAndroidのフリーフォームモードを有効にする手順3

(右)Chromeのアプリウインドウに表示されたフリーフォームモードアイコンの例

手順⑤:複数アプリウインドウを開く

Androidのフリーフォームモードアイコンフリーフォームモードアイコンをタップすれば、そのアプリをウインドウ化できます。

続けて、2つ目・3つ目のアプリでAndroidのフリーフォームモードアイコンフリーフォームモードアイコンを実行すれば、画面内にいくつもウインドウを開くことができます。

adbコマンドでAndroidのフリーフォームモードを有効にする手順4

(左)Chromeをウインドウ化した例 (右)Chrome・設定・Playストアを並べた例

参考:フリーフォームモードを無効化する方法

元の状態へ戻すため、「フリーフォームモード」を無効化したいなら下記コマンドを実行すればOK。

adb shell settings delete global enable_freeform_support

adbコマンドでAndroidのフリーフォームモードを有効にする手順5

Androidを再起動した後、タスクボタンを押して各アプリからAndroidのフリーフォームモードアイコンフリーフォームモードアイコンが消えていれば成功です。

 

TaskbarでAndroidのフリーフォームモードを有効にする方法

アプリTaskbarアプリのアイコンTaskbarを使えば、パソコン不要でAndroid上の操作だけで「フリーフォームモード」を設定できます。

ただAndroid 8.0以降の場合、結局はadbコマンドの入力が必須となるため、あまりメリットがありません。

本項目では次の流れで説明をします。

フリーフォームモードを有効にする流れ
  • 手順①
    Taskbarを有効にする(全OS共通)
  • 手順②-1
    フリーフォーム ウインドウ サポートを有効にする(Android 〜7.x向け)
  • 手順②-2
    フリーフォーム ウインドウ サポートを有効にする(Android 8.x〜向け)
  • 手順③
    Taskbarで複数アプリウインドウを開く(全OS共通)
  • 参考
    Taskbarのその他カスタマイズ項目(全OS共通)

手順①:Taskbarを有効にする(全OS共通)

TaskbarアプリのアイコンTaskbarを起動後、画面右上にあるトグルをタップして、アプリを有効にします。

途中、他のアプリの上に表示使用状況へのアクセス など権限付与を求められた場合は、合わせて有効にして下さい。

Taskbarを有効にする手順1

次に フリーフォームモード  で フリーフォーム ウインドウ サポート にチェックを入れます。

Taskbarを有効にする手順2

この後の流れが、Android OSバージョンによって大きく異なるため、2パターンに分けて解説します。

  • Android 〜7.xの機種
  • Android 8.x〜の機種

手順②-1:フリーフォームウインドウサポートを有効にする(Android 〜7.x向け)

OSバージョンがAndroid 7.0以前の場合、次の操作が必要です。

フリーフォーム ウインドウ サポートを有効にする流れ
  • 手順①
    開発者向けオプションでアクティビティサイズの変更を有効にする
  • 手順②
    Androidを再起動する

Android 7以前でフリーフォーム ウインドウ サポートを有効にする手順1

パソコンは不要で、すべてAndroid上の操作で完結します。

記事中では、Nexus 6P(Android 7.0)の画面を例に説明します。

手順①:開発者向けオプションでアクティビティサイズの変更を有効にする

Android設定アプリのアイコン設定で ビルド番号 を連続タップして 開発者向けオプション を有効にした後、アクティビティをサイズ変更可能にする を有効にして下さい。

Android 7以前でフリーフォーム ウインドウ サポートを有効にする手順2

開発者向けオプションの詳細は、関連記事【Android「開発者向けオプション」の基本と表示/非表示にする方法まとめ! デベロッパーモードで隠れ機能を使おう】で解説しています。

Android「開発者向けオプション」の基本と表示/非表示にする方法まとめ! デベロッパーモードで隠れ機能を使おう
この記事では、Androidの隠れ機能「開発者向けオプション」の基本と、表示する方法&非表示にする方法&初期値に戻す方法の3点をまとめて解説します。

手順②:Androidを再起動する

Androidを再起動した後、TaskbarアプリのアイコンTaskbarで フリーフォーム ウインドウ サポート にチェックを入れることができれば成功です。

Android 7以前でフリーフォーム ウインドウ サポートを有効にする手順3

手順②-2:フリーフォームウインドウサポートを有効にする(Android 8.x〜向け)

OSバージョンがAndroid 8.0以降の場合、次の操作が必要です。

フリーフォーム ウインドウ サポートを有効にする流れ
  • 手順①
    開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にする
  • 手順②
    PCでAndroid adb環境を用意する
  • 手順③
    adbコマンドを入力する
  • 手順④
    Androidを再起動する

Android 8以降でフリーフォーム ウインドウ サポートを有効にする手順1

この操作内容は、先述した「adbコマンドでフリーフォームモードを有効にする方法」とまったく同じです。詳細はそちらをご覧下さい。

adbコマンドを実行して、Androidを再起動した後、TaskbarアプリのアイコンTaskbarで フリーフォーム ウインドウ サポート にチェックを入れることができれば成功です。

Android 8以降でフリーフォーム ウインドウ サポートを有効にする手順2

手順③:Taskbarで複数アプリウインドウを開く(全OS共通)

Android OSバージョンごと最適な方法で フリーフォーム ウインドウ サポート にチェックが入れば、TaskbarアプリのアイコンTaskbarでアプリをウインドウ化できます。

事前にタスクボタンより開いているアプリ一覧をすべて消去します。

Taskbarで複数アプリウインドウを開く手順1

後は画面に常駐するTaskbarのフローティングアイコンフローティングアイコンより任意のアプリをタップすれば、独立したウインドウで起動します。

Taskbarで複数アプリウインドウを開く手順2

(右)Chromeを独立表示した例

先述の通り、事前にタスクボタンより開いているアプリ一覧をすべて消去していないと、通常のウインドウサイズでアプリが起動します。

この状態で、2つ目・3つ目のアプリを選ぶと、画面内にいくつもウインドウを開くことができます。

Taskbarで複数アプリウインドウを開く手順3

Chrome・設定・Playストアと同時表示した例。

参考:Taskbarのその他カスタマイズ項目(全OS共通)

TaskbarアプリのアイコンTaskbarの 全般 では機能や外観を細かくカスタマイズできます。

Taskbarのその他カスタマイズ項目

一例として下記項目を紹介します。

  • スタートメニューのレイアウトを変える
  • フローティングアイコンの位置を変える

スタートメニューのレイアウトを変える

スタートメニューのレイアウト より表示形式を「リスト」または「グリッド」から選択できます。

Taskbarでスタートメニューのレイアウトを変える手順1

スタートメニューとは、Taskbarのフローティングアイコンフローティングアイコンで表示されるTaskbarのアプリ一覧アイコンアプリ一覧のことで、デフォルトでは「グリッド」となっています。

Taskbarでスタートメニューのレイアウトを変える手順2

フローティングアイコンの位置を変える

画面での位置 では、Taskbarのフローティングアイコンフローティングアイコンの位置を調整できます。

左下・右下・左上・右上にそれぞれ横・縦の計8パターンからカスタマイズできます。

Taskbarでフローティングアイコンの位置を変える手順1

デフォルトでは”左下(横)”が設定されている。

例えば「左上・縦」と「右上・横」だと下記のような位置となります。

Taskbarでフローティングアイコンの位置を変える手順2

 

フリーフォームモード中のアプリウインドウの操作方法

「フリーフォームモード」で表示したウインドウの操作方法を解説します。

説明の流れ
  • 説明①
    アプリウインドウを移動する手順
  • 説明②
    アプリウインドウを拡大/縮小する手順
  • 説明③
    アプリウインドウを閉じる手順
  • 説明④
    フリーフォームモードを解除する手順
紹介した「フリーフォームモードを有効にする2つの方法」どちらにも共通する内容です。

アプリウインドウを移動する手順

ドラッグで画面上の好きな場所へ移動できます。ウインドウ同士が重なっても問題ありません。

アプリウインドウを移動する手順

アプリウインドウを拡大/縮小する手順

ウインドウ端をドラッグで好きな大きさへ調整できます。

アプリウインドウを拡大/縮小する手順

アプリウインドウを閉じる手順

フリーフォームモードで表示したウインドウのバツアイコンバツアイコンをタップすれば、個別にウインドウを閉じることが可能です。

数が多い場合、タスクボタンより すべて削除 を実行すれば複数ウインドウが消去されます。

アプリウインドウを閉じる手順

フリーフォームモードを解除する手順

フリーフォームモードで表示したウインドウの拡大アイコン拡大アイコンをタップすれば、そのアプリは通常サイズに戻ります。

フリーフォームモードを解除する手順

 

補足:

Androidのウィジェットを常に表示する方法

Androidでは様々なウィジェットをホーム画面に配置できますが、任意のアプリを起動している最中は内容を確認できません。

そこでアプリOverlaysアプリのアイコンOverlaysを使えば、どんな画面でもウィジェットを最前面に常駐できます。

Androidのウィジェットを常に表示する方法

左がホーム画面上、右がInstagram上でウィジェットが表示される例。

少しマニアックなニーズですが、このようなアプリをお探しであればぜひお試し下さい。

設定方法の詳細について、関連記事【Androidでウィジェットを常に前面表示する方法! アプリ起動中も重ねてオーバーレイで配置できる】で解説しています。

Androidでウィジェットを常に前面表示する方法! アプリ起動中も重ねてオーバーレイで配置できる
この記事では、Androidでウィジェットを常に前面表示する方法を解説します。アプリOverlaysを使えば、どこでもウィジェットをオーバーレイ表示できます。

Androidの便利なマルチタスク機能まとめ

「1つの作業をしながら別の作業を行う」マルチタスクに関する豆知識をまとめて、関連記事【Androidの便利なマルチタスク機能まとめ! 複数アプリを同時に動かす生産性の高い裏ワザ】で解説しています。

Androidの便利なマルチタスク機能まとめ! 複数アプリを同時に動かす生産性の高い裏ワザ
Androidには「マルチタスク機能」を便利にする様々な豆知識があります。 特に最近では、Android 7.0で標準機能として「複数アプリを同時に動かす機能」全般が強化されており、うまく使いこなすことで生産性の向上が期待できます。 ...

 

〆:画面の大きいAndroidデバイスで大活躍!

以上、AndroidのTaskbarでフリーフォームモードを設定する方法! フローティングウィンドウでアプリを独立表示しよう の説明でした。

「フリーフォームモード」を有効化すればアプリをウインドウ化できるため、画面の大きなタブレット端末や6インチ以上のスマートフォンで活躍します。

ぜひお試しあれ。

参考 Android Developers – マルチウィンドウのサポート

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

  1. はしもと より:

    「Taskbar」の設定
    Android8で導入しようと思いインストールしましたが、
    記載どおり進めても

    「開発者向けオプション」の「アクティビティをサイズ変更可能にする」にチェックを入れ、一度Androidを再起動します。

    その後再び「Taskbar」を開き、「フリーフォームモード」内のすべてにチェックを入れます。

    ここで、つまずきます。

    チェックを入れることができませんでした。
    開発者オプションを開くのポップアップが開き次に進めません。
    仕様が変わったのでしょうか?

    • おるくすおるくす より:

      ご指摘ありがとうございます。どうやら仕様が変わったようです。

      Android 8.x〜の場合、パソコンのadb環境を用意の上、adbコマンドを入力しないとフリーフォームモードを有効にできません。

      詳細は記事中に追記しました。

タイトルとURLをコピーしました