[Mac] 通知センターを完全に停止する方法! メニューバーのアイコンも無効にして受信を防止

Mac使い方

Macに搭載されている「通知センター」を使っていますか?

様々なアプリの通知履歴をチェックできるため便利である反面、全く利用していないなら煩わしい機能でしかありません。

そこで本記事では、Macの通知センターを「ターミナル」をうまく活用することで、完全に無効化する方法を紹介します。

 

「ターミナル」より通知センターを完全に無効化!

今回紹介する「ターミナル」を使った方法は、Mac OS X El Capitan以降の場合、SIP(System Integrity Protection)と呼ばれるシステムガードを無効にする事前準備が必要です。

SIPを解除する方法は別記事でまとめています。

関連記事

MacでSIPを解除する方法! macOSのSystem Integrity Protectonを無効にしてシステム設定を変更しよう

SIPを無効にしたら、下記に掲載する手順を実施下さい。

なお「通知センター」を無効にできた後、再びSIPを有効化するのを忘れずに。

2018年3月現在、macOS High Sierraで「通知センター」を無効にした後、再びSIPを有効化すると「通知センター」が強制的に有効化することを確認しています。

「通知センター」の無効状態を維持するためにはSIPを解除したまま、とする必要がありますが、セキュリティ上オススメできません。

 

ターミナルで「通知センター」を無効にする手順

ターミナルを使った方法なら、新たにアプリをインストールすることなく「通知センター」を無効にできます。

まず「ターミナル」を起動します。

アプリケーション一覧より、「ユーティリティ」→「ターミナル」と選択しましょう。

続いて、ターミナル上で下記コマンドを入力し、 enter で実行します。

launchctl unload -w /System/Library/LaunchAgents/com.apple.notificationcenterui.plist

以上で完了。メニューバーに残った「通知センター」アイコンをクリックしても何も反応せず、無効化されています。

ちなみに、元の状態に戻す(通知センターを有効にする)場合は、先ほどと同様の手順でターミナルに下記コマンドを入力すればOKです。

launchctl load -w /System/Library/LaunchAgents/com.apple.notificationcenterui.plist

 

補足:

OnyXで「通知センター」を無効にする方法

以前であれば、サードパーティ製アプリ「OnyX」を使って「通知センター」を無効にできました。

が、macOS High Sierra向けOnyX 3.4.3では、「通知センター」をオフにする機能が削除されているため、先述したターミナルを使った方法をお試し下さい。

もしmacOS Sierra向けOnyX 3.3.1を使うなら、下記より記載する方法が有効です。

まず、MacにOnyXをインストールします。

ダウンロード OnyX – ダウンロードページ

macOSバージョンによって異なるため気を付けて下さい。

dmgを展開してアプリケーションフォルダへ移動します。

インストーラーはMacのセキュリティ設定によってはそのまま開けないので、「システム環境設定」より許可をしましょう。

関連記事

[Mac]「開発元が未確認のため開けません」を解決しApple Storeにないアプリを開く方法

OnyXを起動し、「各種設定」→「その他」内にある通知センターの項目より「停止」をクリックします。

注意ポップアップが表示されるので「続ける」を選択。

以上で完了。メニューバーに残った「通知センター」アイコンをクリックしても何も反応せず、無効化されています。

ちなみに、元の状態に戻す(通知センターを有効にする)場合は、先ほどと同様の手順でOnyXを起動し、通知センターの項目より「開始」を選べば、再度有効化されます。

ネット上では「OnyX」以外にも「Notificationcenter Toggler」というアプリで無効にする方法が紹介されていましたが、macOS Sierra環境下ではうまく動作しませんでした。

一時的に「通知センター」を無効にする方法

本記事で紹介した「ターミナル」を使った方法では、「通知センター」の有効 / 無効の切り替えに時間がかかるため、一時的に無効にしたい場合は不向きです。

そのようなケースでオススメなのが「おやすみモード」を使った方法で、カンタンな設定変更で一時的に「通知センター」を無効にできます。

詳細な手順は別記事で解説しているので、合わせてどうぞ。

関連記事

[Mac] 通知センターをオフにする方法! 「おやすみモード」で半永久的に表示を消そう

補足:その他メニューバー関連の便利な豆知識

本記事以外にも、macOSのメニューバーをカスタマイズするワザは色々とあります。

例えば、メニューバー上のアイコンは  を押したままドラッグ&ドロップで「並び替え / 削除」が可能ですが、

関連記事

[Mac] メニューバーのアイコン表示を変える方法まとめ! [並び替え/削除/復活(元に戻す)]

この方法で「並び替え / 削除」ができない「Spotlight検索」アイコンは、「ターミナル」より指定コマンドを実行することで消せます。

関連記事

[Mac] Spotlightアイコンを非表示にする方法! macOSメニューバーのスポットライトを消そう

また、沢山アプリを開くとメニューバー上のアイコンがごちゃごちゃしますが、「Vanilla」を使えばキレイにまとめることができます。

関連記事

Vanilla – Macメニューバーの常駐アイコンを非表示にする方法! サードパーティー製アプリも消せる

他にも知ってると役立つメニューバー関連の情報を別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

macOSメニューバー関連の便利な豆知識まとめ! Macの機能/アイコンをカスタマイズしよう

 

〆:通知センターを使わないなら設定してみよう

以上、[Mac] 通知センターを完全に停止する方法! メニューバーのアイコンも無効にして受信を防止 の說明でした。

もし通知センターを全く使う予定がないなら、ぜひお試しあれ。

Mac使い方
おるくす

会社員兼業ブロガー。ガジェットネタと旅ネタを中心としたブログ「あっとはっく」を主宰し、日々役立つ(?)情報やどうでもいい情報を発信中。夢は現代版スナフキン。横浜出身のO型。

おるくすをフォローする
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント