Androidを初期化する方法まとめ! スマートフォンやタブレットの個人情報を消去しよう

Android

Androidを友人にプレゼントしたりオークションで販売する際、気になるのが「個人情報をしっかり削除できているか」という点です。

Androidを売却する際に実施すべき作業! スマートフォンを他人へ譲渡するならデータを完全に消去しよう
ボクは2013年に購入したAndroidスマートフォン「Xperia Z1」を検証用としてずっと利用していましたが、MacBook Air(2013)を売却するタイミングで、一緒にXperiaも下取りに出すことにしました。 ただPC同...

万が一「削除漏れ」があると、譲渡先の第三者に対し思わぬプライバシー情報が伝わるリスクがあるため、慎重に対処する必要があります。

そこで本記事では、Androidを初期化する方法をまとめて紹介します。

「Androidが手元にあるか」・「画面ロックを解除できるか」など、状況に応じた方法も解説しているので、ぜひご覧あれ。

photo by Google Play

 

スポンサーリンク

Androidを初期化する方法まとめ

まず、初期化する前に必要なデータは予めバックアップしておきましょう。

Androidのデータをバックアップする方法として、Android公式の「Googleアカウント」を使った方法と、個別に主要データごとバックアップする方法と2パターンが代表的で、それぞれ長所・短所があります。

詳細は関連記事【Androidのデータをバックアップする方法! スマートフォンのデータを保存する特徴と使い方まとめ】で解説しています。

Androidのデータをバックアップする方法! スマートフォンのデータを保存する特徴と使い方まとめ
日頃から使っているAndroidスマートフォンやタブレットでバックアップは行っていますか? 昨今のスマートデバイスは役割が広がり、写真や動画、メッセージなど膨大なデータが保存されているため、もしもの時に備えしっかりバックアップしておく...

バックアップができたら、続いて初期化を実施していきます。

Androidの場合、機種やOSバージョンによって初期化の手順も若干異なりますが、共通して下記3パターンに大別されます。

  • 設定から初期化する方法
  • Find My Device(旧称:Androidデバイスマネージャー)で遠隔初期化する方法
  • リカバリーモードから初期化する方法

それぞれ解説します。

設定から初期化する方法

最もオーソドックスなのが、Android標準の「設定」アプリから初期化を実行する方法です。

条件として「Androidが手元にあること」・「Androidの画面ロックを解除できること」を満たしている必要がありますが、操作手順はシンプルなので一番オススメです。

機種やAndroidバージョンによって「設定」内の表示項目に差異がありますが、たいていは「リセット」項目より 「データの初期化」と進むと実行できるパターンが多いです。

そこで例として、ボクが検証できた下記の機種について、

  • Xperia Z3(Android 6.0.1)
  • Galaxy S7 edge(Android 7.0)
  • Nexus 6P(Android 8.1)

それぞれ実際に初期化を実行するまでの手順を解説します。

Xperia Z3(Android 6.0.1)

「設定」→「バックアップとリセット」より「データの初期化」へ進み、

「携帯電話をリセット」より実行できます。

Galaxy S7 edge(Android 7.0)

「設定」→「一般管理」より「リセット」へ進み、

「工場出荷状態に初期化」→「端末をリセット」より実行できます。

Nexus 6P(Android 8.1)

「設定」→「システム」より「リセットオプション」へ進み、

「すべてのデータを消去」→「モバイル端末をリセット」より実行できます。

参考 Googleサポート – 端末を出荷時の設定にリセットする

Find My Deviceで初期化する方法

もし「Androidが手元にない」・「Androidの画面ロックを解除できない」なら、「Find My Device(旧称:Androidデバイスマネージャー)」を使った方法がオススメで、遠隔より強制的にAndroidの初期化ができます。

Find My Device
Find My Device
Developer: Google LLC
Price: Free

条件は対象デバイスでログインしているGoogleアカウントを把握していること。同アカウントで別のAndroidデバイスやPC等のブラウザ上より遠隔でデータ消去指示を飛ばすことが可能です。

元々は紛失(盗難)したAndroidスマートフォン / タブレットを遠隔初期化するための機能として搭載されていますが、端末暗証番号が分からなくなった場合でも活用することができます。

「Find My Device」の詳細や具体的な操作方法は、関連記事【Find My Deviceの使い方! 旧Androidデバイスマネージャーで紛失/盗難時に遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法】で解説しています。

Find My Deviceの使い方! 旧Androidデバイスマネージャーで紛失/盗難時に遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法
万が一Androidスマートフォンやタブレットを紛失 / 盗難した場合、すぐに警察へ連絡するのはもちろん、個人情報を守るために、遠隔でロックや初期化をする必要があります。 ただそのための対策として、サードパーティ製アプリをインストール...

リカバリーモードから初期化する方法

もし「Androidの画面ロックを解除できない」・「対象デバイスでログインしているGoogleアカウントが分からない」なら、Android特有の「リカバリーモード」機能を使った方法がオススメで、画面ロックを解除できずとも強制的に初期化できます。

条件は「Androidが手元にあること」と「リカバリーモードを実行できる機種であること」で、リカバリーモードは、電源起動時に側面の「電源ボタン」や「音量ボタン」で特定の操作を行うことで入ることができ、初期化含め一般的に下記メニューを実行できます。

  • Reboot system now:端末を再起動=リカバリーモードから戻る
  • Reboot to bootloader:ブートローダーを起動
  • Apply update from ADB:ADBからOSをアップデート
  • Apply update from SD card:SDカードからOSをアップデート
  • Wipe data / factory reset:強制初期化(工場出荷状態に戻す)
  • Wipe cache partition:キャッシュを削除
  • Mount /system:「/system」をマウント
  • View recovery logs:リカバリのログを確認
  • Power down:電源オフ

これらメニューは「画面操作」&「画面ロック解除」不要で実行できるので、最後の手段としてリカバリーモードを使えば強制的に初期化することができます。

ただリカバリーモードは、メーカーやブランドによって起動手順が異なるため、自分が所有する機種ごとにその方法を調べる必要があります。

詳細は関連記事【[Android] リカバリーモードの起動手順と強制初期化する使い方 [Galaxy / Nexus]】で解説しています。

[Android] リカバリーモードの起動手順と強制初期化する使い方 [Galaxy / Nexus]
Androidの「リカバリーモード」をご存知でしょうか? 画面操作ができない場合や端末暗証番号を忘れてしまった場合でも、側面の電源ボタンや音量ボタンの操作で本体の再起動や端末初期化を実行できるAndroid特有の機能で、トラブルが起き...

また日本版Xperiaシリーズなど、リカバリーモードが使えない(or 使うのが難しい)機種もあるため、必ずしも有用な手法ではない点に注意が必要ですが、別途代替の強制初期化方法もあります。

Xperiaをリカバリーモード不要で強制初期化する方法! パスワード不明でもデータ削除できる [Android]
もしお使いのAndroidの端末暗証番号が分からなくなった場合、通常はデータを消去せずに画面ロックを解除する方法はなく、本体を初期化(リセット)するしかありません。 この「初期化」作業は、通常Androidの「設定」から実行できますが...

 

補足:

強制初期化後に求められるGoogleアカウントについて

Android 5.1以降の端末では新たに「Device Protection(端末保護機能)」が実装され、今回紹介したような「強制的な初期化方法」を実行した場合、アクティベーション(初期設定)の途中にそれまでログインしていたGoogleアカウント情報が求められます。

イメージとしてはiOSのアクティベーションロックに近い考え方で、紛失・盗難に遭った端末を強制的に初期化しても勝手に使用されないことを目的とした機能となるため、当然「Device Protection(端末保護機能)」を突破する方法は用意されていません。

iOSでアクティベーションロックの有無を事前に確認する方法! 「iPhoneを探す」オンオフを調べよう
iPhoneで「アクティベーションロック」がかかると、解除するにはサインインしていたApple IDとパスワードが必須となります。 この機能は第三者からiPhoneを譲り受ける際に注意が必要で、ロックがかかったままだとiPhoneをま...

ただ、オークション等で中古端末を売却・調達した際にトラブルになるケースも多く、「Device Protection(端末保護機能)」がかかった状態で第三者に渡ると解除のしようがなくなってしまいます。

参考 Googleヘルプフォーラム

一部サイトでは、端末製造メーカーであれば「Device Protection(端末保護機能)」を解除してくれる、といった情報も掲載されているため、最後の手段として相談してみるのも良いかもしれません。

そのほか空き容量不足を解消する情報まとめ

もしAndroidを初期化する目的が空き容量不足の解消であるなら、内部ストレージ不足を解消するワザは他にも色々とあります。

例えば、Androidで内部ストレージ容量不足の犯人として挙がることの多い「.thumbnails」フォルダを削除するだけで、数GB単位で空きが増えるかもしれません。

Androidの内部ストレージ容量を圧迫する「.thumbnails(thumbdata)」フォルダの削除方法まとめ
Androidの内部に生成される「.thumbnails」フォルダをご存じでしょうか? 内部ストレージ容量不足の犯人として挙がることの多いフォルダで、中には「.thumbnails」だけで数GBまで膨れ上がっているケースもあり、処理に...

また、Android 6.0からの新機能「Adoptable Storage」を利用すれば、挿入しているSDカードを本体の内部ストレージとして設定できるので、容量不足対策になります。

本来設定できない「Xperia Z3(Android 6.0.1)」でSDカードを内部ストレージ化した例。

全てのAndroidでSDカードを内部ストレージとして使う方法! 容量不足の機種でもアプリを保存できる
Androidで内部ストレージの容量不足に悩んでいるなら、SDカードが有効な解決策となります。 ただ純粋な内部ストレージではなく外部ストレージとして認識されるため、例えばアプリデータを完全にSDカードへ保存できないなど、解決策として不...

それ以外にも様々な豆知識を関連記事【Androidの空き容量不足を解消する豆知識まとめ! 内部ストレージを節約してメモリを増やす設定方法】でまとめて解説しています。

Androidの空き容量不足を解消する豆知識まとめ! 内部ストレージを節約してメモリを増やす設定方法
本ブログでも過去、「Androidの”内部ストレージ不足”対策」に関わる豆知識を色々と紹介してきました。 この問題はスマートフォン利用者にとって長年の悩みであり、解決策は大きく下記2種類に分類されます。 不要なファイルは...

 

〆:状況に合わせて個人情報を削除しよう

以上、Androidを初期化する方法まとめ! スマートフォンやタブレットの個人情報を消去しよう の說明でした。

いくつか方法を紹介しましたが、一番ラクなのは本体を操作して「設定」から初期化する手順です。

基本的にこの方法で初期化を行い、もし何らかの理由で本体操作ができない場合は、これ以外に紹介した方法を使って、データ削除を試して下さい。

ぜひ、ご参考あれ。

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント