Custom Navigation Bar – Androidナビゲーションバーをカスタマイズ(配置変更/ボタン追加)

Androidアプリ

Androidの次期最新OS「Android O」では、「ナビゲーションバー」のカスタマイズが標準機能として用意されており、ボタン配置を変えたり、新たなボタンを追加することもできます。

参考 juggly.cn – Android Oの新機能 : ナビゲーションバーのカスタマイズが可能に

【ナビゲーションバーとは】 – Androidで基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)が表示される領域のこと。

特に最近のスマートフォンで多い「ハードキーを持たない端末」において、画面上にその代わりとなる「ナビゲーションバー」が配置されています。

が、実はこの次期機能、既存のAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)でも、とあるアプリとadb操作環境さえ準備できれば、導入することができます。もちろんroot不要。

そこで本記事では、Androidのナビゲーションバーを劇的にカスタマイズできるアプリ「Custom Navigation Bar」を紹介します。

ナビゲーションバーのボタン配置を変更したり、新しいボタンを追加できるほか、ステータスバーやナビゲーションバーを隠したりもできるなど、Androidの見た目を大きく変更できます。

 

Custom Navigation Barの使い方

本記事前半で「Custom Navigation Bar」アプリの導入方法を、後半で導入後の設定内容について順番に說明をします。

手順①:adbコマンドの環境を用意し「USBデバッグ」をオンにする

今回紹介する「Custom Navigation Bar」は、Androidのroot化やXposed機能は不要な手軽に利用できるアプリとなっていますが、その代わりパソコンとAndroidを接続してadbコマンドを打つ必要があります。

Windows・Macそれぞれでadbコマンド環境を用意する手順は関連記事で解説しています。

Windowsでadbコマンドを使う方法! Android SDKを入れてパソコンのコマンドプロンプトから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...
Macでadbコマンドを使う方法! Android Studioを入れてmacOSのターミナルから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...
記事中ではMacを使用したケースを例に説明しています。

また今回の方法ではパソコンとAndroidを接続するケーブルも必要です。

AndroidのUSB端子の形状(micro USB / Type C)に合わせ、ご準備下さい。

adb環境を用意できたら、さっそく「Custom Navigation Bar」をAndroidにインストールします。

Custom Navigation Bar
Custom Navigation Bar
Developer: paphonb
Price: Free

続いて初期設定に必要な事前準備として、Android側で「USBデバッグ」をオンにします。

「設定」より「開発者向けオプション」を開き、「USBデバッグ」トグルをタップして有効にすればOK。

もし「開発者向けオプション」をまだ表示していなければ、関連記事【Androidで「開発者向けオプション」を表示する方法! デベロッパーモードで隠れ機能を使おう】で解説しています。

Androidで「開発者向けオプション」を表示する方法! デベロッパーモードで隠れ機能を使おう
Androidの「開発者向けオプション」をご存じでしょうか? 通常の設定では変更できない部分まで、ユーザーによるカスタマイズを許可するAndroidの隠れ機能で、ある操作をすることで使用できるようになります。 そこで本記事では、...

手順②:アプリの初期設定を行う

さっそく「Custom Navigation Bar」を起動し「GET STARTED」をタップすると初期設定の開始となります。

パソコンとAndroidを接続し、パソコン側ではadbコマンドを操作する準備をします。

例えばボクはMacのターミナルでadb操作を行った。

パソコンと接続した際、Android機種によっては「USBデバッグを許可しますか?」と表示されるので、許可を選択します。

例えばXperiaでは表示された。

次に下記コマンドを入力して、adbでシェルを起動。

adb shell

そして下記コマンドを入力して、アクセス権限を付与します。

pm grant xyz.paphonb.systemuituner android.permission.WRITE_SECURE_SETTINGS

その後Android側で初期設定画面を進んでいき、「Compatibility test(対応テスト)」にてナビゲーションバーに矢印(→)アイコンが表示されタップできれば成功です。

ボクの所有しているAndroid 7.0対応の機種の場合、Nexus 6PとXperia X Performanceは対応していましたが、Galaxy S7 edgeは非対応でした。

最後に「All done」と表示され、アプリ設定画面となれば初期設定は以上となります。

手順③:ナビゲーションバーをカスタマイズする

アプリトップ画面より「Navigation bar」へ進むと、ナビゲーションバーに関する様々なカスタマイズが用意されています。

下記より、その中でも無料で使える基本的な機能を紹介します。

Layout – ナビゲーションバーの配置を調整する

「Layout」へ進むと、ナビゲーションバーの配置について6種類からレイアウト変更ができます。

デフォルトの「Normal」から、左寄りの「Left-leaning」、右寄りの「Right-leaning」、中央に集めた「Compact」などなど、自身の使い方に合わせてカスタマイズできます。

Inverted – 戻るとタスクボタンを入れ替える

「Inverted」トグルをオンにすると、「戻る」ボタンと「タスク」ボタンの位置を入れ替えることができます。

Experimental tweaks – カスタムボタンへ変更する

「Experimental tweaks」へ進むと、既存の「ホーム / 戻る / タスク」ボタンについて、別のボタンへ変更することができます。

例えば、

  • 「戻る」ボタン→「ホーム」ボタンへ変更
  • 「ホーム」ボタン→「戻る」ボタンへ変更
  • 「タスク」ボタン→「戻る」ボタンへ変更

とすると、ナビゲーションバーの左端に「ホーム」ボタンを配置し、中央と右端に2つの「戻る」ボタンを配置する、といったことも可能。

組み合わせは自由自在です。

Immersive mode – ステータスバーとナビゲーションバーを隠す

「Change immersive settings」トグルをオンにし、それぞれ「Hide status bar」と「Hide navbar」トグルを有効にすると、上部・下部に表示されてるステータスバーとナビゲーションバーを隠すことができます。

例えばホーム画面の場合、通常時と比べステータスバーとナビゲーションバーを隠すことで、より画面が広くなった気がします。

さらにこの機能は、ステータスバーとナビゲーションバーを「非表示」にするのではなく、あくまで「隠す」だけなので、上部または下部を上下にスワイプすることで、一時的に表示させることができます。

従って、例えば普段はナビゲーションバーを隠しておき、「戻る」や「タスク」ボタンを使いたい時は、一時的に表示させてタップすればいつも通り機能します。

Android 6.0以降の標準設定として、ステータスバーのアイコンを非表示にする機能はありますが、

ステータスバーをカスタマイズする方法! 各アイコンの表示/非表示のオンオフを切り替える設定
Androidで「ステータスバー」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? ディスプレイ最上部に表示される横長のバーを指しており、通知アイコンや各種機能(例:Wi-Fi)が表示されるため、ひと目で現在のAndroidの状態を判断できる...

今回の「Immersive mode」ではステータスバーの領域ごと隠すことができるので、その分画面をより広く表示させることができます。

Extra button – ナビゲーションバーのボタンを追加する

「Extra left / right button」より、基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)とは別に、さらに最大2ボタンをナビゲーションバーに追加することができます。

例えば「Extra left button」で、「Type」を「Notifications」、「Icon」を「Chevron down」とすると、

ナビゲーションの左端に新しいアイコンが追加され、タップすると通知領域を表示させることができるようになります。

「Type」では他にも「Media volume dialog(音量調整バーの表示)」や「Launch app(特定アプリの起動)」など、様々な機能から設定することができるので、自分だけのナビゲーションバーへカスタマイズ可能です。

ボクの例。左端に「Notifications」を、右端に「設定」アプリを配置してる。

Normalize button size – ボタン間隔を統一する

最後に、「Normalize button size」トグルを有効にすることで、ナビゲーションバーに並ぶボタンの間隔を統一することができます。

「Layout」のナビゲーションバー配置や「Extra button」のボタン数などの設定によって表示の仕方が変わりますが、例えば前者をデフォルトの「Normal」、後者でボタン追加している場合に、「Normalize button size」を有効にすることで5つのボタンを綺麗な間隔で並べることができます。

参考:

以上が基本的なアプリの說明ですが、最後に「Custom Navigation Bar」アプリの補足事項を說明します。

Profiles – 状況に応じてパターンを設定しておく

ナビゲーションバーの配置を変えたりボタンを追加しても、Androidを利用する状況によってその内容を変更したい場合、その度に設定を変えるのは非常に面倒ですよね。

そこで便利なのが「Profiles」設定で、右上+(プラス)ボタンより設定パターンをいくつも用意しておくことで、

状況に応じてナビゲーションバーを変更するのがラクになります。

初期設定に戻す

「Custom Navigation Bar」アプリでカスタマイズしたナビゲーションバーの設定は、トップを画面右上メニューの「Reset」より初期設定に戻すことができます。

上記手順で「Reset」を行わず、「Custom Navigation Bar」アプリをアンインストールした場合に、カスタマイズしたナビゲーションバーは元に戻らず変更されたままとなります。

もちろん、もう一度「Custom Navigation Bar」アプリを入れ直すことで解決できますが、面倒なので注意して下さい。

 

補足:そのほかナビゲーションバーをカスタマイズするアプリまとめ

今回取り上げた以外にも、Androidのナビゲーションバーをカスタマイズするアプリは沢山あります。

例えば、「Muviz」というアプリを使えば、流れている音楽に合わせてお洒落なビジュアライザーをナビゲーションバー上で表示することができます。

ナビゲーションバーに音楽ビジュアライザーを表示する方法! デザインも自作できる [Android]
音楽の「ビジュアライザー」というワードを聞いたことはありますか? 再生中の楽曲を「可視化」する機能を指し、具体的には曲のテンポやビートに合わせて上下するバーを意味する場合が多いです。 この「ビジュアライザー」を、楽曲や動画を再生...

また「Navbar Apps」というアプリを使えば、起動するアプリに合わせて自動的にカラフルなナビゲーションバーへ変化させることが可能です。

Navbar Apps
Navbar Apps
Price: Free

ナビゲーションバーの色をカスタマイズする方法! アプリのテーマカラーへ背景を変える [Android]
最近のAndroid機種では、ホームボタンを始めとする基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)は、物理キーではなくソフトキー(仮想キー)で表示されている場合がほとんどです。 これらソフトキーが表示される領域は「ナビゲーションバー」...

このようなナビゲーションバーをカスタマイズする方法は、関連記事【Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう】で解説しています。

Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう
本ブログでも過去、Androidのナビゲーションバーに関する記事を多数記載してきました。 【ナビゲーションバーとは】 – Androidで基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)が表示される領域のこと。 特に最近のスマー...

 

〆:ナビゲーションバーが劇的に使いやすくする!

以上、Custom Navigation Bar – Androidナビゲーションバーをカスタマイズ(配置変更/ボタン追加) の說明でした。

adbコマンド環境の用意など、「Custom Navigation Bar」アプリをインストールするまでの準備が少し面倒ですが、一度設定できればナビゲーションバーの使い勝手が劇的に向上します。

もしお持ちのAndroid機種がアプリに対応していれば、ぜひ一度お試しあれ。

Androidアプリ
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント